ニューヨーク四日目、次の日の午前にはチェックアウトするので、実質的には活動できる最後の日です。

今回の旅の食事はサンドイッチやハンバーガーやタコスで済ませていることが多かったので、
最終日くらいは少し贅沢をして美味しいものを食べよう、ということで朝はダウンタウンまで足を伸ばし、
「クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー」の本店に行きました。

c0004750_21300285.jpg
お店はテーブルを限界まで入れたのではないかと思うくらいぎっしり並んでいて、歩くのも大変なくらい。
開店時間から少し過ぎていましたが、もう店内は満席。
それでも運よく席があり、すぐに座ることができました。

c0004750_21300436.jpg
バナナパンケーキをオーダー。
ブルーベリーパンケーキが看板メニューだったみたいですが。
こちらも美味しかった。

朝からパンケーキをがっつりというのはボリューミーでした。
この後全然お腹が空かなくて、私は夕食まで何も食べられなかった(笑)。
息子は途中ウェンディーズに寄っていましたが。

ニューヨークの食事は正直あまり合わなかったですね。
中華圏に行くことが多い私は海外の食事でげんなりしたことはあまりないのですが、
ニューヨークでは和食にも中華にも行かなかったこともあって、ファストフード攻めにちょっと疲れてしまいました。

c0004750_21300707.jpg
美味しいコーヒーと、チョコレートブティックを求めてブルックリンへ。

c0004750_21301158.jpg
「ブルックリンロースティングカンパニー」のアメリカン。
珈琲のお味はまあまあ。お店の雰囲気はとても良かった。

チョコレートショップは「Jacques Torres Chocolate」へ。
パッケージが可愛くて、お土産用に大人買いしてしまいました。

ブルックリンを後にして、ミッドタウンに戻ります。
4日間、タクシーは一度も使わず、地下鉄と徒歩だけで乗り切りました。
バスを使いこなせればもう少し歩かずに済んだかもしれませんが、結構な距離を歩きました。
地下鉄は決して綺麗とは言えないし、週末は停まる駅や行き先が変わっていて戸惑うこともありますが、とても便利。
7日間フリーパスを買ったのですが、十分元は取ったと思います。

c0004750_21301335.jpg
さて、向かったのはエンパイアステートビル。
86階までのスタンダードなチケットは一人37ドル。

c0004750_21301579.jpg
マンハッタンを北の方向に見た風景。

c0004750_21301819.jpg
南の方向に見た風景。

マンハッタン島はこじんまりしていますが、その中にぎっしりとビルが立ち並んでいます。
昔はマフィアが暗躍し、町にはホームレスが溢れ、一日に人が7人殺されていたという危険な街だったそうです。
ニューヨーク市警の犯罪抑止政策が功を奏してか、1990年代から犯罪発生率がグンと低くなりました。
今回も怖い思いは一度もありませんでしたし、治安が悪いとは感じませんでした。
夜中の緊急自動車のサイレンはしょっちゅうでしたけれどね。

c0004750_21302491.jpg
最後の夜は「ウルフギャングステーキ」タイムズスクエア店で。
ネット予約ができるので便利です。

ポーターハウスを頼みました。
二人でも多いくらいだったけど、フィレがとっても美味しかった。
やっぱりアメリカはステーキですね!肉!肉!肉!


翌日5日目はニューヨークを離れる日。
朝は時間がないのでホテルのビュッフェに行ったのですが、
たいした品数もなく、美味しくもないのに一人5000円くらいした・・。
これならマクドナルドで食べた方がましだったかも・・・。
ニューヨークの食事は本当に油断できません(^^;)。

それでも、憧れのニューヨーク、来ることができて、本当に良かったです。
息子との二人旅もいい思い出になりました。
送り出してくれた旦那にも感謝、です。

アイらぶニューヨーク!

[PR]
by leonpyan | 2018-04-08 22:33 | 旅行 | Comments(0)
さて、三日目はNYのエンターテインメントを満喫する日。
まずは朝食の女王へ!

c0004750_21462993.jpg
タイムズスクエア!
ここから地下鉄に乗って・・・・

c0004750_21462343.jpg
到着したのは「サラベス」セントラルパークサウス店。
OpenTableで予約を入れておきました。
開店前15分くらいで既に人が並んでいます。

c0004750_21462550.jpg
エッグベネディクトを頼みました。
実は私はエッグベネディクトは初めて。
コレステロール高めなので、普段は卵料理はあまり食べないのです。
せっかくNYに来たんだしね。
とっても美味しかった!!日本のサラベスも味は一緒かしら?
でも、NYで美味しいものを食べようとすると高いですねー。
おまけにチップ!いくら払えばいいのよ、と戸惑っていたら、
ご親切にレシートに参考金額10%、15%、20%がそれぞれ書いてあった。
真ん中を取りました。

小一時間で食べ終わり、メトロポリタン美術館へ向かいます。
開館まで時間があったのでセントラルパークを散策。
土曜日だったこともあり、公園内はジョギングをする人、犬の散歩をする人で賑わっています。
犬はリードも付けず、お利口さんに飼い主さんの後をちょこちょこ付いていきます。
多分、パピーの時にしっかりと躾の学校に通っているんだろうな。
そう、セントラルパークで犬のお散歩ができるってことはこの辺りに住んでいるわけですから相当お金持ち。
ワシントンツアーのガイドさんによれば、マンハッタンのアパートの家賃は月50万円を下らないそうですから。

メトロポリタン美術館はとっても広いので、目的を絞らないと半日では回れません。
息子のリクエストは武器と甲冑のコーナー。
私はアジア美術の中の日本コーナー。
ここまで来て日本のもの?と思われるかもしれませんが、琳派や浮世絵など、ここでしか観られない名品が結構あるのです。

c0004750_21463365.jpg
そのあとヨーロッパ絵画のコーナーへ。
フェルメールもゆっくりと立ち止まって観られるのがいいですね。

c0004750_21463818.jpg
エジプト美術のコーナーも充実しています。
こんなに大きな神殿、運ぶのも大変だったでしょう。
これはダムの建設で水没してしまう古代遺跡をアメリカが援助したことでエジプトから寄贈されたのだそうです。

メトロポリタン美術館を後にして、5番街へ。

c0004750_23215639.jpg
トランプタワーです。
中も金ぴかでした。

息子は何故か日本では売り切れてしまった限定品を捜すために5番街のユニクロへ。
ここまで来てユニクロかい、と突っ込みたくなりましたが、
待っている時にここでポケモンGOのアメリカ大陸限定ポケモンをゲットできたので良しとしよう。

c0004750_21463604.jpg

MOMAでは絵画を観賞。
ゴッホの絵の前には人がいっぱいでした。
アンドリュー・ワイエスの絵は10代の頃日本で開かれた展覧会に誘われて観に行って感動した覚えが。懐かしかった。
マチスは「ダンス」はいいと思うのだけれど、それ以外はよく分からなかった(笑)。

そして、夜はブロードウェイへ。


[PR]
by leonpyan | 2018-04-08 08:00 | 旅行 | Comments(0)
二日目はワシントン日帰り観光バスツアーを予約していました。
ホテルから歩いてすぐの場所に6時45分集合、
朝は開いている店も少ないので、とりあえずマクドナルドでサクッと食べて向かいます。

ガイドさんは流山出身の日本人の方でした。
道中、ニューヨークの歴史を詳しく話してくださり、とても勉強になりました。
ワシントンへは車で4時間ほどの距離。

c0004750_11440810.jpg
まずはアーリントン墓地へ。
国立の墓地で、アメリカ合衆国の戦没者が埋葬されています。

c0004750_11441101.jpg
広大な敷地に並ぶ墓石。
墓石には各宗派毎にマークが彫られています。
さすがにキリスト教が多いですが、ユダヤ教、仏教、イスラム教、などバラエティに富んでいます。

日本の戦没者をお参りする場所と言えば靖国神社ですが、
私は個人的には神社を慰霊の場所とすることには反対です。
神道ではない人たちもいるはず(と言うか、そちらの方が多数では)ですし、
今の靖国神社はHPを見るとわかりますが、特に宗教色が強くなっている気がします。
実は生まれてこの方、靖国神社の鳥居をくぐったことがありません。
それには亡き父の主義と母校の方針が影響していたのですが、現在は自分の意思で足を踏み入れていません。
もちろんお国のために命を落とした方々を慰霊する場所は必要だと思います。
靖国ではない場所に慰霊碑を作ってほしい・・・。
ワシントンでアーリントン墓地や戦没者慰霊碑を回って、その思いを強くしました。

c0004750_11441498.jpg
ケネディ大統領のお墓です。
隣りにはジャクリーンのお墓も。
本当は再婚しているのでケネディ家のお墓には入れないはずなのですが、さすがにお金があるので・・・とガイドさんは説明されてました。

c0004750_11441640.jpg
こちらはベトナム戦争戦没者慰霊碑。
写真ではわかりませんが、黒い花崗岩の慰霊碑に戦没者の方々の名前が彫られています。

c0004750_11443464.jpg
こちらのリアルな石像は朝鮮戦争戦没者慰霊碑です。
朝鮮戦争でも想像以上の人数のアメリカ兵が亡くなっているのですね。

c0004750_11441991.jpg
リンカーン記念堂です。
ギリシャ式の建造物ですね。

c0004750_11442239.jpg
エイブラハム・リンカーン。
ゲティスバーグ演説も壁に彫られています。
「人民の人民による人民のための政治・・・・」

c0004750_11442407.jpg
ワシントンモニュメント。
リンカーン記念堂からワシントンモニュメント、そしてその先には国会議事堂が一直線で並んでいます。
大統領就任式にはこのあたりの広場は人で埋め尽くされるのでしょう。

c0004750_11443765.jpg
そしてホワイトハウスへ。
トランプさんには会えませんでした。

c0004750_11444021.jpg
スミソニアン航空宇宙博物館へ。
月の石やゼロ戦も展示してありました。

c0004750_11501907.jpg
国会議事堂です。
ワシントンDCのシンボルですね。


ニューヨークと比べると全く印象が違います。
ゆったりと空間を生かした美しい街でした。
ニューヨークをアメリカの経済の象徴とすれば、ワシントンは権威の象徴という感じ。
一日の駆け足ツアーでしたが、参加して良かったです。

再びバスでニューヨークに戻り、夕飯はホテル近くのロウNYC内にあるシティ・キッチンへ。
所謂フードコートです。
何となくパン以外のものが恋しくなり、ラーメン「KURO OBI」で黒帯ラーメンを食べました。
パッケージを見たら、一風堂プレゼンツだった。

[PR]
by leonpyan | 2018-04-07 13:11 | 旅行 | Comments(0)
3月半ばにニューヨークに旅行してきました。

3月で院を卒業し、4月から会社の寮に入るため家を出る息子との二人旅。

そして私にとってはアメリカ大陸初上陸。ハワイまでしか行ったことがなかった。

昔からニューヨークに行ってみたいと思いつつ、なかなか中華圏から出られなかったので、息子の卒業旅行に便乗したのでした。


当初は7日の夜便で発つはずが、夕方エージェントから電話が来ました。

それによれば、ニューヨークのJFK空港が雪で発着できず、飛行機が飛べないため、8日の朝10時半発に変更される、と。

ニューヨーク時間では7日の夜に到着する予定が8日の朝9時過ぎにJFK空港に着くことになります。

困ったのは、かれこれ2か月ほど前から予約していた自由の女神の王冠ツアーの開始時間が8日の午前10時。

既に一人21ドルをクレジット決済で払っているのに、とうてい間に合いません。


半分諦めムードで8日の朝、成田へ。

プレミアムエコノミーだったのでラウンジも使えたし、12時間弱のフライトは快適でした。

映画も『シェイプオブウォーター』『オリエント急行殺人事件』を観賞。面白かった。

さて、JFK空港に着いたのは予定通り朝9時頃。

エアトレインと地下鉄を乗り継いで、タイムズスクエアのインターコンチネンタルホテルに無事到着。

チェックインでもあらかじめお願いしていたツインルームを用意してくれていて、出だしは好調。

ホテルの一階に入っている人気のハンバーガーチェーン「SHAKE SHACK」で腹ごしらえをして、とりあえず自由の女神に向かいました。

予約の時間は10時でしたが、着いた時にはもう既に午後1時を回ったところ。

それでも全く問題なく予約番号からチケットを発券してもらい、フェリーでリバティ島へ!


c0004750_23004323.jpg
フェリーからマンハッタンを臨みます。


c0004750_23005559.jpg
自由の女神に到着。

あの王冠の部屋まで登ります。

Crown Accessのチケットは数に限りがあるため、数カ月前から予約をする必要があります。

c0004750_23010077.jpg
中はこんな感じで螺旋階段を登っていきます。

c0004750_23010254.jpg
王冠の部屋に到着。

窓はこんな感じになっています。

c0004750_23010594.jpg
女神さまがトーチを持っているところを王冠の部屋からパチリ。証拠写真。

c0004750_23010819.jpg
女神さまの眼と鼻を内部から撮ったところ。わかりますか?

そんなこんなで自由の女神観光は無事クリア。

これで、私は富士山とエアーズロックと自由の女神に登ったのだということをこれからずっと自慢できます(笑)。


自由の女神を後にして、ワールドトレードセンターへ。

「9/11 MEMORIAL」モニュメントを訪れました。

二棟の建物のあった場所には四角く水が流れているプールの記念碑があり、周りに犠牲者の方々の名前が彫られています。

記念碑に触ってください、と看板に書いてあったので、触れながら祈りを捧げました。

それでも長くそこに留まることはできず、写真も撮れずに離れました。

耳には聞こえないけれど、悲しい叫びが周囲を彷徨っている気がしたのです。

ヒロシマを訪れた時と同じ感覚でした。


そこから地下鉄に乗ってブルックリンブリッジへ。

若干道に迷いましたが、そのおかげで素敵な景色に出逢いました。

c0004750_23011188.jpg
まだ少し雪が残っています。

ブルックリンから見るマンハッタンもなかなか素敵でした。

c0004750_23011507.jpg
ブルックリンブリッジは歩いて渡ることができて、ちょっとした観光スポットになっています。

c0004750_23011836.jpg
こうしてニューヨークの第一日目の夜が更けていきました。


[PR]
by leonpyan | 2018-04-03 23:53 | 旅行 | Comments(0)

京都旅行で食べたもの

2月末のことになりますが、京都小慢の開幕茶会に参加するため一泊で京都へ行ってきました。
ついでと言うかこっちがメインと言うか、グルメも堪能。
京都の達人、ヒロエちゃんの案内で、うらりんさんと私は後をついていくだけのラクチン旅でした。

食べたものをメモしておきます。
お店の名前を伏せているのは紹介者がいるため。申し訳ありません!

c0004750_23142597.jpg
明月堂のニッキ餅。

c0004750_23150405.jpg
M軒の上生菓子。

c0004750_23143985.jpg
かね正のきんし丼。中には鰻が!

c0004750_23144977.jpg
T屋のわらび餅と上生菓子。

c0004750_23152258.jpg
美術鑑賞講座の先生にご紹介いただき、人気のお店Sへ。
居酒屋風だけれど、素材にこだわり、お味は料亭級。
ウニもふぐの唐揚げもノドグロも松葉ガニも最高に美味しかった!

c0004750_23154097.jpg
次の日の朝はヒロエちゃんがこよなく愛するまるき製パンでハムロールとクリームパンを購入。
懐かしい美味しさ。

c0004750_23151335.jpg
山もとのいちご大福は外せません。

c0004750_23153165.jpg
ランチは権太呂で鴨そば。

この後小慢で茶会があり、夕方、駅弁を買って帰京しました。

お土産に買った木乃婦の鯖寿司も超美味しかった!!

ご馳走さまでした。




[PR]
by leonpyan | 2018-03-23 23:38 | グルメ | Comments(0)

新春浅草歌舞伎 第1部

c0004750_18163764.jpg
新春浅草歌舞伎の千穐楽の日に午前の第1部を観てきました。
茶道仲間のJさんとKさんと共に、かなり寒い日でしたが頑張って着物で。
1月で千穐楽ということもあって、お着物姿の方も多かったです。
今回は寒いし体調がいまひとつだったこともあり、カジュアルダウンして結城紬に半幅帯。
たまに訪問着でオシャレも楽しいのですが、私的にはシンプルな紬に半幅帯か名古屋帯というのがやはり落ち着きます。

去年から行き始めた新春浅草歌舞伎、浅草という場所も気に入っています。
若手俳優たちが活躍する舞台、ポスターは若いイケメンを強調するあまりホスト系のようですが(笑)。

お年玉ご挨拶は松也さん。
さすが慣れた感じでしゃべりも上手ですね。

1.義経三本桜 鳥居前
  佐藤忠信実は源九郎狐 中村隼人
  源義経 中村種之助
  静御前 中村梅丸
  逸見藤太 坂東巳之助
  武蔵坊弁慶 中村歌昇

荒事は初めて演じるという隼人さん、頑張ってました。
梅丸さんの姫姿は可愛いわあ。
歌昇さんの評価が私の中ではかなり上昇中。
もちろん巳之助さんのコミカルな演技は安心して観られます。

2.元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿
  徳川綱豊卿 尾上松也
  富森助右衛門 坂東巳之助
  御祐筆江島 坂東新悟
  中臈お喜世 中村米吉
  上臈浦尾 中村歌紓之丞
  新井勘解由 中村錦之助

真山青果作の新歌舞伎。
綱豊と助右衛門との駆け引きが見どころです。
セリフが多くて長いので、この新春浅草歌舞伎の演目としては厳しいものがあるかも?(歌舞伎初心者のお客様も多そうなので)
とは思いましたが、松也さん、巳之助さん、米吉さんの緊迫したシーンは心理劇のようで面白かったです。
若手が新しいことに果敢に挑戦していく姿勢と心意気が感じられる舞台でした。

観賞後は浅草寺横のホッピー通りにあるカフェ「Good Fellows」で一献。
泡が美味しい!
毎年一月は浅草歌舞伎の後、新年の乾杯を恒例にしたいですね!



[PR]
by leonpyan | 2018-01-28 21:44 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)


c0004750_22163623.jpg

最終日の朝は大谷山荘のバイキング。
写真のほかにカレーライスも取ってきちゃいました。

c0004750_22165358.jpg

居心地よくて、チェックアウトぎりぎりの時間までまったりしてしまいました。
温泉はやっぱりいいわぁ。

宿を出発して、向かったのは同じ長門市のとある神社。

c0004750_22170661.jpg
元乃隅稲荷神社。
以前テレビでこの場所が出ていて、行ってみたいと思っていたんです。
最近すごく人気のようで、週末は渋滞がすごいらしい。
月曜日だったのでそれほどでもありませんでしたが、駐車場は混んでいました。
社務所は無人だし、あまり神様がいらっしゃる、という雰囲気ではありませんが(^^;)。

話題のお賽銭箱は鳥居の上の方にあって投げ入れなくてはいけません。
仲間うちで成功したのは一人だけで、私も途中で諦めました。
諦めた人用のお賽銭箱が下にもついています(笑)。
c0004750_22171067.jpg
海の青、樹々の緑、鳥居の赤。
インスタ映えする神社でした!

c0004750_22171857.jpg
長門から秋吉台へ向かう途中にある別府弁天池。
池から地下水が湧き出ていて名水百選にもなっています。
この日は曇りでしたので、コバルトブルーがちょっとくすんでますね。

c0004750_22172367.jpg
秋芳洞。
日本最大級の鍾乳洞です。

c0004750_22172768.jpg
中はヒンヤリ。
閉所恐怖症気味の私にはそれほど楽しめる観光地ではないですが、
広々としているので圧迫感はありません。
でも、あまり長くいたくはない場所だ・・・。

c0004750_22173215.jpg
秋芳洞からエレベーターに乗り出口から少し歩くと秋吉台の展望台に行くことができます。
日本最大のカルスト台地。
夏は緑が鬱蒼としていて石灰岩がちょっと見えにくくなっています。

c0004750_22173657.jpg
飛行機の時間も迫ってきたので宇部で夕食。
何故か餃子の王将(笑)。

c0004750_22174196.jpg
レンタカーも返却し、二泊三日の山口修学旅行、無事に帰途につきました。
次の大人の修学旅行はどこに行こうかな?

[PR]
by leonpyan | 2017-09-21 08:42 | 旅行 | Comments(0)
さて、山口二日目の朝は下関の「唐戸市場」へ。

c0004750_18243872.jpg
金・土・日・祝日は午前中から場内では寿司バトルが繰り広げられています。
取れたての素材を使った握り寿司や海鮮丼が各ブースに並び、好きなものを一貫ずつ買えるのです。

c0004750_18244572.jpg
お店がたくさんあり過ぎて迷ってしまいますが、
私は元気なおじさんのいる福一商店でトラフク、穴子、大トロ、ノドグロ、甘エビなどを買いました。

何となくこの雑多な雰囲気が香港にも似て、私たちは大盛り上がりでした。
ここはまた行きたいですね~。

さて、下関を後にして、宇部まで友人を見送り、旅行組の4人は萩へ向かいました。

途中、宇部在住の友人オススメ、小野湖のそばにあるハーブキッチン「サルワーレ」でランチを。

c0004750_18250221.jpg
眺望も素晴らしい。
回りにはお店もほとんどなく、観光地でもないのですが、このお店は満席。

c0004750_18250699.jpg
シェフのオススメ、四種類のチーズのピザ。
友人のオススメ、生野菜とスモークタンのピザ。
どちらもとっても美味しかったです!

今回カローラのセダンを借りて交替で運転しました。
メンバー4人とも運転できるというのはなかなか珍しい。
運転にもそれぞれ性格が出て、面白かったです。
山口の道は空いていて、とっても走りやすかった!
今回借りたカローラはちょっと力がなくて加速もいまひとつなのが、かえって安全で良かったかも?

c0004750_18251423.jpg
萩に到着。
あまり時間がなかったので、人力車立場に観光案内をお願いしました。
二台揃うまでの時間、「俥宿天十平」でティータイム。
大正時代の洋館を利用したギャラリーとティールームになっています。

c0004750_18252179.jpg
休みの日には車夫の息子さんもお手伝いに入るとのこと。
イケメン父子人力車ですね!

c0004750_18252599.jpg
昔ながらの白壁の続く城下町。
人力車観光は30分ほどでメインの場所をガイドしながら回ってくれます。
いい思い出になりました。

c0004750_18253188.jpg
松陰神社にも行ってみました。

c0004750_18253667.jpg
松下村塾です。
幕末の志士たちの写真が並んでいます。
歴史を感じます。

c0004750_18254825.jpg
この日の宿泊は長門温泉の大谷山荘
かのプーチンもお泊りになりました。

c0004750_18255298.jpg
お料理も美味しかったです。
大型旅館のお食事って量が多いだけで今ひとつ・・的な場所も少なくないけれど、
さすが大谷山荘は違う。
あれだけの部屋数があるのにサービスもしっかりしていて、仲居さんもとってもいい感じ。
鹿児島牛のしゃぶしゃぶは最高のお味でした。
ノドグロの釜飯も美味しかった!
最後のデザートのほうじ茶プリンまでハイレベルでした。

食後は旅館の天体ドームで星を観賞。
時期や時間によっては月や土星も見られるそうな。
温泉も広々としていてお湯も柔らかくて良かったです。
お部屋もアップグレードしてもらってゆったりだったし、
日曜日の宿泊だったこともあるけれど、とてもリーズナブルなお値段でした。
大谷山荘、おススメです!

[PR]
by leonpyan | 2017-09-18 22:13 | 旅行 | Comments(0)
先週末、香港明星迷仲間4人で山口に旅行してきました。
お仲間に宇部と山口にそれぞれ住んでいる方がいて、会いに行くのが第一目的。
どうせなら、と二泊して、主に山口の西側から中部を中心に回ってきました。

山口宇部空港でレンタカーを借り、まずは下関へ。

c0004750_16505617.jpg
関門海峡。九州は近い!
幕末、長州藩はここから海峡を通る外国船に向けて大砲を打ったんですね。

c0004750_16510619.jpg
壇ノ浦。源平合戦最後の戦いの場でもあります。
歌舞伎の演目『碇知盛』は壇ノ浦の戦いで死んだはずの知盛が実は生きていて復習の機会を狙っている、というお話でした。

c0004750_16492362.jpg
ランチはその名も「平家茶屋」。
瓦そば御膳をいただきました。
ドラマ『逃げ恥』の中で山口名物瓦そばが出てきた時から食べてみたかったんですよね!
残念ながら、こちらは本物の瓦ではなかったですが・・・。美味しかったです!

下関から一路北上して角島へ。

c0004750_16511638.jpg
天気がもっと良ければ海が海峡側と日本海側でくっきりと色が違って見えるそうです。
透明でとても綺麗な海でした。

c0004750_16513347.jpg
角島灯台にも登ってみました。
螺旋階段、目が回りそうだったー。

c0004750_16512304.jpg
真夏は海水浴客でにぎわうそうです。

ドライブを楽しんだ後はまた下関へ。
この日の宿泊はドーミーインPREMIUM下関。
部屋はそれほど広いわけではないですが、清潔ですし、最上階に天然温泉もついていて、何より交通の便がいい。

ホテルで山口在住のお二人と合流。
ふく料理の老舗「春帆楼」本店に向かいました。
お部屋の名前は「大納言」。宿泊もできるようになっています。

c0004750_16493790.jpg
春帆楼はふぐ料理公許一号店の歴史を誇ります。
日清戦争の講和条約(下関条約)締結のため、日本側伊藤博文、清側李鴻章がここで会談をおこないました。

c0004750_16514941.jpg

ふく会席をいただきました。
とらふぐ薄造りも一人一皿!

ふぐ唐揚げ、ふぐちり鍋、ふぐ雑炊、全て美味しかった。
お腹いっぱいになりました。

c0004750_16494086.jpg
ヒレ酒もいただきました。
お酒は黄桜辛口を使っているそうです。

c0004750_16494578.jpg
帰りがけにホテルにも近い海峡ゆめタワーに行きました。
下関の夜景と花火も見えて、いい夜でした。

香港明星迷仲間とも知り合ってもうすぐ20年になります。
日本よりも香港で会うことの方が多いのですが、
最近は明星も50歳を迎え、あまりコンサートを開いてくれないので、
これからは日本で修学旅行しましょう、という話になりました。
皆さん旅好きで美味しいもの好き。日本の旅も楽しいですね!

[PR]
by leonpyan | 2017-09-17 18:39 | 旅行 | Comments(0)

鎌倉のあじさい

梅雨の谷間の日、Yちゃんにお誘いいただき、鎌倉にあじさい詣でに行ってきました。

6時半に家を出て、明月院の8時半開門前を目指して。
8時には着いたのですが、既に開門を待つ人々の行列が。
それでもやはり午前中の早い時間に行くのが吉。
御朱印も比較的スムーズにいただけました。

c0004750_13272378.jpg


明月院ブルー。
c0004750_13272742.jpg


「悟りの窓」。
c0004750_13273123.jpg


c0004750_13273575.jpg


c0004750_13273886.jpg


c0004750_1327413.jpg


そのあと東慶寺へ。
こんな八重のガクアジサイもありました。

c0004750_1327449.jpg


一旦鎌倉に出て、江ノ電に乗ったのですが
長谷寺のあじさい散歩道は一時間半待ちという放送があったので今年は諦めました。

久しぶりの鎌倉散策、気持ちよかったl
[PR]
by leonpyan | 2016-06-17 13:40 | 旅行 | Comments(2)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし