人気ブログランキング |
c0004750_21564317.jpg
今回のレキシの特別公演、東京は国際フォーラムと中野サンプラザのみ。
ゲストが完全に入れ替わるので、やはりどちらも行きたくなるじゃないですか。
特に中野はプラチナチケット化していたのですが(2000ちょっとのキャパに2万の応募があったとか)
何とか手に入れて行ってきました。

ゲストは旗本ひろしこと秦基博とかえらの清盛こと木村カエラ。
2人の歌はそんなに知らないのですが、さすがにソロで歌ってくれた曲は大ヒットしていたので知っていました。
カエラちゃん、歌上手いし、顔小さくて(池ちゃんの半分だった)可愛い。
秦さんは池ちゃんへの突っ込みがなかなか鋭い。歌も感動したなあ。
2人ともノリが良くて、会場は最高に盛り上がっていましたよ。

でも、2人のソロ曲、出だしの演奏が間違ってやり直し入ったんだけど、バンドさんたちのミス、珍しい。
全国各地を回る特別公演も折り返し、ちょっとお疲れ気味かしら?

とは言え、期待を裏切らない、いえ、それ以上のサイコーのパフォーマンスでした。
レキシライブ、バンザーイ。



セットリスト
by leonpyan | 2019-05-14 22:25 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

レ・ミゼラブル

c0004750_21515275.jpg
レ・ミゼラブル、初体験!
橋本じゅんさんが出るというのでいろいろなサイトで先行抽選に応募したけれど、ことごとく落選。
レミゼって人気すごいのね・・・と諦めていたところに、またもや救世主Chakiのお誘いが。
ありがたや~~。

Chakiはかなり昔からレミゼは観ているそうなんですが、最初の頃は満席にならないことも珍しくなく、
こんなに人気が出たのは、やはり映画『レ・ミゼラブル』で有名になったことと、
山口祐一郎さんがジャン・バルジャンを演じて大人気だったあたりからなんだそうです。
今ではレミゼマニアや役者のファン、ミュージカルファンでチケットはプラチナ化していますね。

ジャン・バルジャン 吉原光夫
ジャペール 伊礼彼方
ファンテーヌ 濱田めぐみ
エポニーヌ 唯月ふうか
マリウス 海宝直人
コゼット 熊谷彩春
テナルディエ 橋本じゅん
マダム・テナルディエ 森公美子
アンジョルラス 小野田龍之介

劇団四季も観ないし、ミュージカルには疎い私ですが、このキャストは比較的知っている人が多いかな。
全編歌で台詞はほとんどなし。
さすがに皆さん歌唱力がある。
舞台はプロジェクションマッピングを使ってかなり工夫されています。

濱田めぐみさんの歌声をもっと聞きたかったけれど、ファンテーヌは早々に退場してしまうので、ちょっと残念。
じゅんさんと森久美コンビは弾けてました。
吉原さんのジャン・バルジャン、迫力と包容力があって良かったです。

気が付けば引き込まれ、頬を伝う涙のつぶ・・・。
哀しいお話ですが、コゼットとマリウスの存在がこの頃のフランスの未來を象徴しているのでしょう。
一番共感するのはエポニーヌだけどね・・・。

by leonpyan | 2019-05-09 22:35 | 観劇 | Comments(0)
c0004750_21514067.jpg
何だかレキシが最近売れている。
テレビCMも出てるし、ミュージカル楽曲にも採用されたし、この勢いで打って出てるのか(笑)。

今回は『特別公演~豪華絢爛 レキシ歌絵巻』と銘打って、全国7都市での9公演。
東京は国際フォーラムと中野サンプラザの2箇所、残念ながら中野サンプラザは抽選に当たりませんでした。

国際フォーラムホールAは結構箱が大きいのにしっかり満員。
ゲストはかんぱくんことさだまさしと邪馬たいこちゃんこと石川さゆり、大御所です!

かんぱくんも話好きなので、いつにも増してMC長いし、めちゃくちゃ面白い。
邪馬たいこちゃんも自由な感じでチャーミング。
とにかく二人の生歌がすごかった!!
石川さゆりの「ウィスキーがお好きでしょ」「津軽海峡冬景色」には魂が震えましたよ。
池ちゃんもいつもよりも少し緊張気味だったかな?
でも大御所への突っ込みもボケ受けも忘れず、さすがな池ちゃん。
3人で歌う「狩りから稲作へ」「最後の将軍」「キラキラ武士」の豪華なこと!!!

あ~~~楽しかった(^^♪



セットリスト
by leonpyan | 2019-05-08 22:25 | 音楽鑑賞 | Comments(0)
c0004750_12580315.jpg

今週の半ば頃、教室のKさんにお誘いを受けて
エリック・クラプトンのライブに行ってきました。

クラプトンは特にファンだったというわけではありませんが、
何曲かは知っているし、御年74歳ということで、私にとってはこれが最初で最後かもしれないと。

武道館の会場はほぼ満席。
年齢層も高め、男性の比率も多い。
二階席の東側でしたが、上からステージの様子も良く見えました。

ほぼ時間通りに開演。
バンドのメンバーも年齢層高め。

クラプトンは見た目はおじいさんですが、立ち姿も格好良く、声もしっかり出るし、もちろん演奏は素晴らしい。
生涯現役、ってこういうことを言うのね、プロってこうよね、と感動しました。

曲目の中では"I Shot the Sheriff"が一番好き。
ボブ・マーリーの曲なので、音楽的にはクラプトン派ではないのですが、
伝説のギタリストのステージを堪能することができました!



More
by leonpyan | 2019-04-20 12:58 | 音楽鑑賞 | Comments(0)
c0004750_22132933.jpg
昨年末の中野サンプラザに続き、Sさんが見事チケットを入手してくださって、行ってきました。
レキシ TOUR2019 まんま日本ムキシばなし at 横浜アリーナ 一日目(1月22日)!
何と一列目でした!!!素晴らしいチケット運。

内容は基本的には中野と一緒。
でも今回はゲストが4人も!
シャカッチ、足軽先生、劇団シキブ、齋藤谷津衛門。
(でもね、23日はビッグ門左衛門だったのよね。ショック・・。)

最高だったわー横アリは広いけれど、会場が一体化していました!
一列目だから今回はイルカが触れる!って思ってたら、投げ込まれたときは一列目なんてとうに越して5列目くらいに飛んでたわ・・。




ネタバレ
by leonpyan | 2019-02-03 22:34 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

涂善祥 中国琵琶の世界

9月の半ば、中国出身の琵琶奏者、涂善祥氏のリサイタルに行ってきました。
日中国交正常化45周年記念公演と謳われたコンサート。
古琴の姜小青さん、ピアノのマリ・リーさん、藤原新治さん、チェロの松崎安里子さん、アコーディオンの細井豊さん、
テノールの包金鐘さん、ソプラノの矢野留美さん(奥さま)とのコラボレーションも素晴らしく、
本当に聴きごたえのあるコンサートでした。
特に最後の白帝城追想は李白の漢詩の朗詠もはさみ、宮田雅之画伯の遺作「白帝城」をバックに
想像力をかきたてられるような演奏でした。
音楽に国境はない、涂さんが何回もおっしゃった言葉が胸に響きます。

by leonpyan | 2017-09-17 17:33 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

Ken's Bar

c0004750_237160.jpg


鴨ちゃんのお誘いを受けて、
埼玉アリーナへ平井堅のコンサートを聞きに行ってきました。

やっぱり歌が聴き応えありますなぁ。
小さなピアノバーでじっくり聴きたい雰囲気でした。
by leonpyan | 2009-12-23 22:53 | 雑談 | Comments(4)

IL DIVO東京公演

c0004750_13345724.jpg


ロンドン・パリ旅行日記の最終回の前に、ちょっと小休止。

行ってきましたよ~~
クラシカル・クロスオーバー・ヴォーカルイケメングループ(そんな呼び方している人がいるかどうかは?)
「IL DIVO」のコンサート!!

久しぶりの武道館は、ヨン様ファンもびっくりの年齢層の高いご婦人でいっぱいでした!(含む自分)

オトモダチのかっこちゃんがイル・ディーヴォの大ファン。
いつもイル・ディーヴォの素晴らしさを聞かされているので(笑)、
来日公演が決定した時には、私もついついチケット発売日にポチッとしてました。

でも実は私もCDは3枚ほど持ってます。
かっこちゃんに薦められる前から(笑)。
証拠の記事

でね、やっぱり生はものすごかった~~☆
セバスチャンの声があんなに甘いこと。
デイヴィッドが日本語だけでMCしてくれて、すごくナイスガイだってこと。
ウルスはギリシャ彫刻みたいに端整でクールだけど、話すとフレンドリーでチャーミングなこと。
カルロスは想像通り、セクシーで明るいラテン男だってこと。

歌はもう、半端ないですね。
特にデイヴィッドとカルロスはあれだけ声を出し切ってるんだ~とびっくり。
4人がそれぞれ完全燃焼系で実力を出し切り、
絶妙なバランスでじっくり聞かせると言うのはまさに奇跡のコラボでしょう。

行ってよかった~~。
これこそ寿命が伸びました、っていう感じですか!?(笑)

コンサート前にお食事ご一緒した皆様、
コンサート一緒に楽しんだ皆様、
イル・ディーヴォの素晴らしさを教えてくれたかっこちゃん、
そして、素敵な夜をプレゼントしてくれたイル・ディーヴォ、
ありがとう!
by leonpyan | 2009-09-15 13:44 | 雑談 | Comments(14)
c0004750_032066.jpg


富士吉田、二日目はホテルをチェックアウトして、
ukai河口湖オルゴールの森美術館」に行きました。

オルゴール美術館と言うのだから、
小さなオルゴールがたくさん展示されているのかと思ったら、とんでもない。

中世ヨーロッパの王侯貴族たちが愛した自動演奏楽器などが贅沢に集められているんですね。

タイタニックモデル(実際にはタイタニック出航に間に合わず、積まれなかった)を始め、
大型の自動演奏器が舞台の上に置かれ、
コンサート形式でそれを愉しむショータイムもあり、意外と面白かったです。

精巧にできた自動オルガンや自動人形なども説明付きで動かしてくれます。

敷地内ではウェディングもできるようになっています。
自動オルガンや館内レストランを使ったヨーロピアンなウェディングも素敵かも?
by leonpyan | 2009-02-10 00:43 | 旅行 | Comments(0)

素敵なコンサート

c0004750_9104510.jpg



昨日は横浜の港の見える丘公園内にあるイギリス館へコンサートを聴きに行って来ました。
mixiつながりの出身校同窓生が中心となって開催したその名も「ルーシーバイオレットと仲間たちの愉快なコンサート」。
歌とピアノの大好きな仲間が集まって歌曲やオペラから歌いたい歌を選んで構成する、という趣旨。

私自身は(カテゴリに音楽、がないことからもわかるように)音楽的素養が皆無に等しく、
オペラもクラシックもちゃんと聴きに行ったことがない、という人間です。

でも、すっごく愉しくてハッピーなひと時でした。
歌ってこんなにドラマティックで明るくて情熱的で楽しいんだ、って。

何だか『のだめカンタービレ』ののだめのサロンコンサートを思い出しましたよ。
皆が「楽しかったね、素敵なコンサートだったね」と言いながら帰途につくことができるって本当に素晴らしい。
またこういう機会があったらいいなあ♪
by leonpyan | 2008-11-19 09:40 | 雑談 | Comments(14)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし