タグ:歌舞伎鑑賞 ( 26 ) タグの人気記事

壽初春大歌舞伎

c0004750_09514274.jpg
新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月はまったりゆったり過ごしまして、昨日6日に初外出。
某所、某FCの新年会に参加、3時間たっぷり楽しませていただいた後、その足で歌舞伎座へ。

今年も亀ちゃんとみっくんの舞台を中心に足を運びたいと思っております。
まずは亀ちゃん。

1.絵本太功記
  武智光秀 中村吉右衛門
  操 中村雀右衛門
  武智十次郎 松本幸四郎
  初菊 中村米吉
  真柴久吉 中村歌六
  皐月 中村東蔵

  明智光秀をモデルにした演目。
  光秀はここでは逆賊として扱われているんですよね。
  来年は大河ドラマにもなるし、最近は結構人気。
  歌舞伎でも少し内容換えてあげて(笑)。

2.勢獅子
  鳶頭 中村梅玉
  鳶頭 中村芝翫
  芸者 中村雀右衛門
  芸者 中村魁春

  日枝神社の山王祭で賑わう江戸の街の様子を踊りで魅せます。
  見どころは中村福之助と中村鷹之資の獅子舞!

3.松竹梅湯島掛額
  紅屋長兵衛 市川猿之助
  八百屋お七 中村七之助
  小姓吉三郎 松本幸四郎

  有名な『八百屋お七』の歌舞伎版。
  舞台となっているのが本郷から駒込吉祥院にかけてということで、
  私が生まれ育ったあたりなので、妙に懐かしい。
  本駒込の吉祥寺がモデルだと思うのだけれど、小さい頃の遊び場でした。かくれんぼとかね。

  第一幕の吉祥院お土砂の場はドタバタ喜劇。
  こういう演目の亀ちゃんはまるで吉本の人のようです。
  幸四郎とのアドリブもお約束ですね(^^)。
  
  第二幕の四ツ木戸火の見櫓の場は七之助の独壇場。
  七之助と黒子二人の人形振りは最大の見せ場でした。
  玉三郎さんのお七は観たことがないのですが、
  七之助さんはその美しさを踏襲している、と思います。

今年の歌舞伎始めも着物を着て楽しむことができました。
某新年会では某氏の色紙も抽選で当たったし、幸先いいかも!

今年は健康に関しては「無理は禁物」。
身の回りについては「地道な断捨離」。
お仕事については「翔」を心掛けたいと思います。

by leonpyan | 2019-01-07 14:15 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)
c0004750_10371164.jpg
2018年もあと数時間で終わります。
そして平成の終わりもあと数ヶ月。
年を重ねるにつれ、一年過ぎていくのが本当に速く感じるようになりました。

来年は亥年、そして私は還暦です。
自分が還暦を迎えるなんてまだまだ先のことだと思っていましたが、
気が付けばもう目の前。
ここまでそこそこ健康で生きてこられたことに本当に感謝しなくてはいけませんね。

今年も舞台に足を運びました。
歌舞伎10本、宝塚2本、能・狂言3本、演劇19本、舞踊・音楽2本、計36本!
映画は劇場観賞は13本。

まずは映画のベスト3。

   クィーンのリバイバルブームに乗った形になりますが、
   彼らの偉大さを改めて知らされた一本。

   B級テイストで思いっきり笑えるけれど、映画への愛が感じられる秀作。

   美しい。切ない。胸を締め付ける。
   胸キュンも好きだけれど、こういう甘酸っぱくて青いのも好き。

舞台のベストはこの3本。

   石原さとみの透明感と物語の不条理があいまってとても感動的でした。

   やはり本場ブロードウェイのミュージカルは素晴らしかった。
   これぞエンターテインメント!!
   
   文句なく面白かった。岡田将生を見直した一本。

『メタルマクベス』も歌舞伎『ナルト』も『魔界転生』も捨て難いけれど、
舞台の完成度は上の三本が印象的でした。

歌舞伎と狂言は役者優先。猿之助丈と巳之助丈の舞台がメインです。
宝塚は抽選に当たったときに行くので今年はちょっと少な目でした。
舞台は広告を見てビビビッと来るとチケットを手配しています。
あとは友人に誘ってもらった時とか。

映画は基本的に一人で行きますが、舞台は友人が増えました。
もうね、この歳になると、サッカー観戦より舞台に走りますね(笑)。
来年も4月くらいまで観賞スケジュールが決まりつつあります。

本当は母を連れて歌舞伎などに行くのが昔から夢でしたが、
私が時間的に行けるようになった時には
母があまり動けなくなってしまいました。
行けるうちに行かないと後悔するんだ、と実感しています。

先日、遠くに住んでいる友人が半年前に亡くなっていたことがわかりました。
去年会いに行っておいて良かったと思いましたが、
今年になって連絡が途絶えてしまっていたのが悔やまれます。
会いたい人にもちゃんと会わないといけないと思っています。
いつか、そのうち、は駄目なんだなあと。 
 
一日一日を丁寧に愛おしく思いながら生きていきたいですね。

本年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

by leonpyan | 2018-12-31 10:38 | 雑談 | Comments(0)
c0004750_21093030.jpg
懇意にしていただいている呉服店「あら船」の恒例、着物でお出かけ企画。
この秋は「平成中村座 十一月大歌舞伎」でした。
浅草寺の裏手に臨時で作られた平成中村座はまるで〝江戸時代の芝居小屋”。

c0004750_21205494.jpg
中に入ると赤い提灯がずらりと並び、中村座の定式幕。
中村座の色は黒、白、柿色。
歌舞伎座で使用しているのは黒、柿、萌葱色で、あれは森田座の様式らしいです。

客席は松、竹、梅、桜の種類に分れていて、松席は平場席になっています。
二階正面には2席2組のみのお大尽席があり、お料理やお土産、記念写真のサービスもあって、
帰りは御茶子さんが浅草寺の門まで番傘をさして送ってくれるというもてなしぶり。
私たちは花道近くの竹席、椅子席で観やすかった。
木の椅子に座布団で、ちょっと最後はお尻が痛くなったけど。
全てが江戸情緒たっぷりでした。

1.弥栄芝居賑
  中村座座元 中村勘九郎
  中村座女房 中村七之助
  中村座若太夫 中村勘太郎
  中村座若太夫 中村長三郎
  中村座若太夫 中村鶴松
  猿若町名主 中村芝翫
  芝居茶屋亭主 中村扇雀

由緒ある江戸猿若座の木戸前に出演俳優一同が勢ぞろいし、芝居仕立てで「口上」を行います。
花道がすぐそばだったので、男伊達・女伊達の口上も良く見えていい席でした。
勘太郎、長三郎兄弟の口上も可愛かった!
後半は故十八世中村勘三郎の懐かしい舞台映像が流れました。

2.舞鶴五條橋
  武蔵坊弁慶 中村勘九郎
  牛若丸 中村勘太郎
  室町次郎 中村虎之介
  室町太郎 中村福之助
  常盤御前 中村扇雀

昭和49年に十七世・十八世中村勘三郎のために作られた舞踊劇が44年ぶりに演じられました。
勘太郎くん、御年7歳とは思えない立派な牛若丸。
中村屋の将来も安泰と思える一幕。

3.仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場
  大星由良之助 中村芝翫
  遊女おかる 中村七之助
  大星力弥 中村福之助
  斧九太夫 片岡亀蔵
  寺岡平右衛門 中村勘九郎

お馴染み、忠臣蔵七段目。
勘九郎と七之助のコンビによるおかると平右衛門は息もぴったり。
去年観た玉三郎と仁左衛門の型に近いような。
勘九郎は観るたびに成長している気がする。

c0004750_21155846.jpg
着物の人も多く、とても楽しかった!
浅草はいいわあ。

あら船さん、ご一緒した皆様、ありがとうございました。

by leonpyan | 2018-11-13 22:18 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

吉例顔見世大歌舞伎

c0004750_21584809.jpg
亀ちゃんが主役を張る歌舞伎座公演はやっぱり観ないわけにいきません。
何だかポスターを見る限り、あんまり恰好いい役ではなさそうだけど・・・(笑)。
同じ役を故勘三郎が演じていて、シネマ歌舞伎にもかかっています。

1.楼聞五三桐 
  石川五右衛門 中村吉右衛門
  右忠太 中村歌昇
  左忠太 中村種之助
  真柴久吉 尾上菊五郎

母の病院の用事が長引いて、この演目は終わりの5分くらいしか観られず。
舞台装置が豪華絢爛、これぞ様式美。

2.文売り
  文売り 中村雀右衛門

清元の舞踊。
三味線の音色が心地いい。

3.隅田川続俤 法界坊
  聖天町法界坊 市川猿之助
  五百平 坂東巳之助
  おくみ 尾上右近
  野分姫 中村種之助
  手代要助 中村隼人
  大阪屋源右衛門 市川團蔵
  道具屋甚三 中村歌六

とんでもない生臭坊主の法界坊。
小悪党役なので、カリスマ性のある役者でなければ舞台の主役はなりたたないでしょう。
亀ちゃんはこういう役、生き生きと演じるよね。
勘三郎もハマり役だったんだろうなと思います。
右近、隼人、種之助、巳之助の若手も頑張っていましたが、やはり歌六さんがビシッと締めてます。

歌舞伎って役者を観に行くんだなーと実感する公演でした。

by leonpyan | 2018-11-10 10:54 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

芸術祭十月大歌舞伎

c0004750_21581188.jpg
歌舞伎座は席料がお高いので、お友だちを誘いにくく、一人で行くことが多いのですが、
今月は巳之助さんが出演するということで、巳之助ファン友だちでもある香久美さんをお誘いして行ってきました。

1.三人吉三巴白浪 大川端庚申塚の場
  お嬢吉三 中村七之助
  お坊吉三 坂東巳之助
  夜鷹おとせ 中村鶴松
  和尚吉三 中村獅童

三人の吉三が出会い、ご兄弟の契りを結ぶまでの場面。
七之助はこの役がハマりますね。
巳之助さん、もっと悪っぽい感じを出してもいいかも。

2.大江山酒呑童子
  酒呑童子 中村勘九郎
  平井保昌 中村錦之助
  源頼光 中村扇雀

これはものすごく面白かった!
十七世と十八世の中村勘三郎が演じただろう役を勘九郎が見事に演じ切っていました。
お父さんに似てきましたよねー。

3.佐倉義民伝
  木内宗吾 松本白鷗
  おさん 中村七之助
  徳川家綱 中村勘九郎
  幻の長吉 坂東彌十郎
  渡し守甚兵衛 中村歌六

歌舞伎の名作と言われる演目の中には現代に生きる私にとっては???のものも少なくありません。
忠義のために自分を犠牲にしたり家族を裏切ったり、主君のために自分の子供を犠牲にしたり、・・・。
これもそういうお話でした。
終わり方が何だか納得できなくて、後ろの席の人とも「これで終わりなんでしょうかね!?」と声をかけ合ってしまいましたよ。
白鷗さんの演技もいまひとつ好みではないので、どうもこの主人公に共感できなくて。はい、スミマセン。
でも、雪の風景や紅葉の風景のセットは素晴らしかった。さすが歌舞伎座です。

c0004750_21582030.jpg
今日は珍しく小紋で。
帯はこの時期限定、柿です。


by leonpyan | 2018-10-17 23:21 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)
c0004750_11163159.jpg
楽しみにしていた新作歌舞伎『ナルト』、
お茶友のJさんとKさんと行ってきました。

何といっても主演は我らが坂東巳之助丈。
御年28歳、結婚もしてこれからますます油が乗ってくるところ。
そして、新作歌舞伎での大抜擢。
これはもう、母のような思いを携えて観に行くしかない(笑)。

『ナルト』は忍者のお話と言うことしか知りません。
敢えて情報はシャットダウンして、新鮮な気持ちで観ようと思いました。

ビジュアル的にはナルト役の巳之助さんもサスケ役の隼人さんもぴったりな感じ。
脇を固める役者さんたちも澤瀉屋を中心に揃え、キレイカワイイ梅丸さんも登場して楽しみです。

うずまきナルト 坂東巳之助
うちはサスケ 中村隼人
綱手 市川笑也
大蛇丸 市川笑三郎
春野サクラ 中村梅丸
うちはイタチ 市瀬秀和
はたけカカシ 嘉島典俊
自来也 市川猿弥
うちはマダラ 市川猿之助

最初に感想を書きますと、
本当に楽しかった!!感動した!スカッとした!
ストーリーを知らなかったから特に感動できたのかもしれません。
あの人はこんなものを背負っていたのね・・・・的な。
72巻分の漫画をナルトとサスケの物語に絞ってまとめたのが良かったのだろうと思います。
若い演者さんたちが走り回り動き回り、役者たちが見得を切り、見せ場たっぷりの舞台でした。

そして、巳之助さん。
きっと漫画や2.5次元ミュージカルのナルトはもうちょっと軽いキャラなんじゃないかとも思うのですが、歌舞伎らしさを出すということもあるのでしょう。
『ワンピース』歌舞伎の時のようなキャラの演じ分けを楽しむ感じは影を潜め、しっかりと演じ切っている印象でした。
重圧もあったかと思います。頑張りました!良かった!みっくん!!

隼人さんは予想以上に良かった。
すみません、今までルックス先行であまり評価をしていなかったんですよ。
でも暗い過去を背負うサスケをとても繊細に演じていましたし、
ものすごーく恰好良かった。

主演の二人はもちろん素晴らしかったのですが、脇役が良かったですね。
特に猿弥さん、笑三郎さん、笑也さんの三人。しっかりと舞台を締めていました。
梅丸さんのサクラも可愛かった。
亀ちゃんはラスボス役をとても楽しんでいましたね。最近ヒール役がお気に入り?

楽しい舞台でした。
新作から定番の舞台になるといいですね!!

by leonpyan | 2018-08-26 16:58 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

八月納涼歌舞伎 第二部

c0004750_22190640.jpg
この夏はちょっと慌ただしくしているので歌舞伎座は行けないかなと思っていたのですが、
三夏目の「東海道中膝栗毛」があるというので、やっぱりポチってしまいました。

1.東海道中膝栗毛

喜多八 市川猿之助
大岡忠助 中村獅童
女医羽笠 中村七之助
釜桐左衛門 市川中車
伊月梵太郎 市川染五郎
五代政之助 市川團子
弥次郎兵衛 松本幸四郎

このところ納涼歌舞伎恒例となっている、
幸四郎&猿之助の弥次喜多珍道中。
染五郎から幸四郎になってしまったので、こんなアホ役はもうされないのでは、と思いましたが、やってくれましたねー。

今回は若手に活躍の機会を与える舞台にもなっていました。

染五郎と團子はもう中学生になったんですね。
染五郎は美少年だけど、私はわりと團子が好き。
声の通りもいいし、今回は殺陣を頑張っていました。

市川右近くんはずるい、可愛すぎる。

橋之助をはじめとする中村三兄弟も見せ場多し。

10代の若手の中では私は片岡千之助がイチオシです。
仁左衛門さまのお孫さんですからサラブレッドなんですけどね、
ジャニーズ顔負けのイケメンですが、女方もとっても美しい。
舞いの手がとっても好き。

でも今回は中車が美味しいところを全部持って行ってしまった感あり。
獅童、七之助、中車の三人が早替りで何役もこなすんですが、中車はいつも妙な役。
獅童もアドリブで絡まれて笑っちゃってました。

2.雨乞其角

其角 中村扇雀
船頭 中村歌昇
大尽 坂東彌十郎

舟遊びの場面が粋な舞踊劇。
歌昇の船頭がすごく恰好いい。
歌舞伎の男っぽさと女っぽさの仕草はすごくわかりやすくて面白い。


by leonpyan | 2018-08-17 23:08 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)
c0004750_12541814.jpg

4月にこけら落としを終えたばかりの名古屋の御園座で『ワンピース歌舞伎』を観てきました。
去年10月の新橋から数えて5回目の観賞。
こうなると、日本全国どこでも追っかけたくなる(笑)。

今回は日帰りだったので昼公演。
右近さんのルフィ、下村青さんのイワンコフ。
そして、亀ちゃんのシャンクスは初めて!
威厳のある格好いい歌舞いてるシャンクスでした!!

公演の感想はもう十分書いてきたので、今回は名古屋の茶友Sさんに連れて行っていただいた和食のお店をご紹介。
昔ながらの蔵をリノベーションしたお店が多い那古野エリアの和食のお店、『懐韻』さんへ。

c0004750_12542294.jpg

黒を基調とした日本家屋の懐かしい佇まい。
お店は広くはありませんが、椅子席、カウンター席、和室とあり、隠れ家的な雰囲気です。
スタッフは皆さん女性。
繊細で気の利いた懐石スタイル。
品数は多いですが、一皿一皿の量は多くはないので、女性にはちょうどいい感じです。

メニューは季節のコースのみ。
昼は2,200円、夜は5,500円。
リーズナブル!

↑写真はお料理の一部です。
この他に煮物、メインの肉料理、ご飯もの、デザートなどが付きます。

違う季節にまた行ってみたい!


by leonpyan | 2018-05-21 13:07 | グルメ | Comments(0)
c0004750_07553623.jpg
亀ちゃんがルフィで復活!というので、行ってまいりました、大阪公演。
10月の怪我から半年足らず。
脅威の回復力だと思います。

久しぶりの大阪ステイは楽しかったのですが、それについてはまた次回。
道頓堀にある大阪松竹座は大正時代に建てられた外観の雰囲気を残しつつ、1977年に新しく建てられたもの。
着いた時には劇場前にはたくさんの人が集まっていました。

今回も亀ちゃんファンクラブの采配で一番前の花道寄りの席。
新橋の時よりもバージョンアップして、
水避けにポンチョ、ビニールシート、荷物入れ用のビニール袋、手ぬぐいまで付いていました。
劇場も一回り小さい感じなので、水がかかる範囲も広そうです。

今回初めて観る配役は亀ちゃん=ルフィ/ハンコック、下村青=イワンコフ、尾上右近=サディ/マルコ。

ルフィの左手にはうっすらと手術の跡も見えて、大丈夫かしら・・と心配しましたが、
早替りも宙乗りも難なくこなし、見事に復活していました。
右近ルフィの方が動きがあって若々しくてある意味ルフィらしさがありますが、
人を惹きつけるカリスマ性、という意味ではやはり亀ちゃんの方が上かな。
ハンコックはやはり右近ハンコックの方が美しいですが(笑)。

下村イワンコフ、さすがにミュージカル調!
浅野イワンコフとはまた違ったテンションの高さです。
バトントワリングまで登場して、サービス満点でした。

本水シーンでは遠慮なく水をかけられて、
同じ最前列でも新橋の時よりすごいことになっていました。
一緒に行ったkemiちゃんはビニール袋に入れていたバッグがビニールの口を閉じなかったせいか、水がしたたってました(^^;)。

そして、ファーファ―タイム!
大阪公演からタンバリンの交換がなくなってちょっとがっかり。
新橋で交換し損ねたので、大坂では是非、と思っていたのですが、
サイン入りのタンバリンをオークションで売る人が出たりして、禁止になってしまったのでしょう。残念。
でも、たくさんハイタッチしてもらって、盛り上がりました。
この臨場感がいいんですよね。

最前列は舞台を俯瞰できないので観にくいところもありますが、
役者さんの表情が良く見えて別の楽しみがあります。
今回も元気をたくさんもらいました!

これから5月の名古屋まで長丁場。
どうぞ皆さんお怪我無く、ダウンすることもなく、走り続けることができますように。
謝謝!

by leonpyan | 2018-04-14 08:47 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

二月大歌舞伎

c0004750_21063487.jpg
歌舞伎座に行くのはしばらくお休み・・・と思っていたのですが、
高麗屋さんの襲名披露、二月はちょっと一月とも趣向が違うというのを噂で聞き、
また、亀ちゃんが出ているというのも耳にして、どうしても行きたくなってチケットを手配しちゃいました。

行ってよかった!
演目の「熊谷陣屋」と「仮名手本忠臣蔵七段目」は以前も観たことがあるので内容はよくわかるし、
今月の口上は江戸時代の木挽町を再現して襲名披露をするという設定なので、ものすごく華やかで楽しかったです。
亀ちゃんはは木挽町の番頭役で台詞もそれほどありませんでしたが、顔の色つやも良くて元気そうでした!

1.熊谷陣屋
  熊谷次郎直実 松本幸四郎
  熊谷妻相模 中村魁春
  藤の方 中村雀右衛門
  白毫弥陀六 市川左團次
  源義経 尾上菊五郎

年に一回は歌舞伎座でかかるお馴染みの演目。
あまり好きではないというか、面白いと思わなかった演目ですが、今回は初めてグッときました。
私にもやっと古典の味わいがわかってきたのか?今回の役者さんが良かったのか?

2.壽三大歌舞伎賑 木挽町芝居前
  松本白鷗、松本幸四郎、市川染五郎他

江戸の木挽町の様子を再現し、親子孫三代襲名披露を芝居好きの面々がお祝いに訪れるという設定。
右と左に花道を作り、男衆と女衆が並ぶ姿は艶やかでした。
藤十郎の芸者姿が意外に可愛かった・・。

3.仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場
大星由良之助 松本白鷗
大星力弥 市川染五郎
遊女お軽 坂東玉三郎
寺岡平右衛門 片岡仁左衛門
 
忠臣蔵の中でも華やかな七段目。
玉三郎と仁左衛門が楽しんで演じているのが印象的でした。

歌舞伎はまさしくエンターテインメントだと実感した舞台でした。
歌舞伎座はほぼ満席。
でも、ほとんどが高齢層・・・・まあ、私も若い頃は興味がなかったですけれどね。
高麗屋!待ってました!ご両人!など掛け声がかかり(今回は一階席からかけている人がいたけど・・)
目当ての役者を決めて贔屓になる、
これって、現代のジャニヲタやアイドルの追っかけと根っこのところでは変わりませんよね。
変わらないけど、歌舞伎の世界は世襲であるというところが他の芸能とはちょっと違うところで、今回の三代襲名なんて象徴的。
私は高麗屋さんの中では松たか子が一番好きだけど・・・・、あ、違うか。

by leonpyan | 2018-02-17 22:59 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし