人気ブログランキング |
ブログトップ

閑遊閑吟 

タグ:歌舞伎鑑賞 ( 36 ) タグの人気記事

壽 初春大歌舞伎

壽 初春大歌舞伎_c0004750_08562690.jpg
今年も1月の歌舞伎座に亀ちゃん登場。
それも、團子との連獅子!!
これは見逃せません。
目撃せよ!歴史の瞬間を!って言うくらいの注目舞台です。

1.義経腰越状 五斗三番叟
五斗兵衛盛次 松本白鷗
九郎判官義経 中村芝翫
亀井六郎 市川猿之助
伊達次郎 市川男女蔵
錦戸太郎 松本錦吾
泉三郎忠衡 中村歌六

白鷗演じる五斗兵衛の酔った三番叟が見どころですが、
私のお目当てはもちろん亀井六郎。
六郎は最初の部分しか登場しないので、実は、六郎退場後はちょっとうつらうつらだった・・・。
まだまだ歌舞伎初心者を抜け出せない私、今回学んだことは荒事の力足。
義経四天王の六郎は勇猛果敢な武人。
歌舞伎の荒事の所作では必ず足の親指を立てるのだそうです。
亀ちゃんの親指はどんな時も本当に美しくピン!と立っておりました。

2.連獅子
狂言師右近後に親獅子の精 市川猿之助
狂言師左近後に仔獅子の精 市川團子
僧蓮念 中村福之助
僧遍念 市川男女蔵

会場がこの時を待ってました!という雰囲気に包まれる中、猿之助右近と團子左近が登場。
仔獅子の團子の方が背が大きくなっちゃったんですが、親獅子もそこはさすがの貫禄。
猿之助の舞いは円熟度が増して、優美さもあり、何より親の情感の表現が素晴らしい。
仔を崖から落とした時の不安、再会した時の喜びを全身で感じさせてくれる。
團子は澤瀉屋の古典をしっかり演じていて、将来が本当に楽しみ。
緊張感と初々しさが、仔獅子らしくていい。
側転はちょっと足がぐんにゃりだったかな(笑)。
間狂言の福之助と男女蔵がいい塩梅に会場の緊張をほぐしてくれて、いよいよ獅子の精の舞い。
華やかな赤と白の衣装をまとった親仔獅子の姿に会場は盛り上がります。
連獅子は何度か観ているのだけれど、こんなに引き込まれたのは初めてかもしれません。
囃子方の演奏も素晴らしく、後見の寿猿さんと段之さんの緊張感も伝わってくる。
そして観客が一体となって親仔獅子の毛振りに魅入られています。
もちろん満場の拍手。
後ろの席の女性二人が盛んに「澤瀉屋、すんごいわ!!」と連呼していらっしゃいました(笑)。
いいものを見せていただきました、寿命が延びました、とお礼を言いたい感じです。

3.鰯賣戀曳網
鰯賣猿源氏 中村勘九郎
傾城蛍火 中村七之助
博労六郎左衛門 市川男女蔵
亭主 市川門之助
海老名なみだぶつ 中村東蔵

三島由紀夫作のロマンティックコメディ。
勘九郎のキレのいい所作、七之助の品のある美しさ。
会場は爽やかな笑いに包まれて、大団円。
お正月に相応しい演目でした。


by leonpyan | 2020-01-23 22:34 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

新春浅草歌舞伎 2020

新春浅草歌舞伎 2020_c0004750_21472289.jpg
今年も行ってまいりました、新春浅草歌舞伎!
今回はあら船さんのお誘いで、浅草懐石「瓢庵」が企画する浅草歌舞伎の総見、懐石料理、お座敷遊びのセットに参加しました。
総見の日は初めてでしたが、芸者さんや女将さんたちを始め、男性観客の着物姿も多く、華やかな雰囲気でした。

1.絵本太功記
武智光秀 中村歌昇
武智十次郎 中村隼人
初菊 中村米吉
佐藤正清 中村橋之助
操 坂東新悟
真柴久吉 中村錦之助

明智光秀一家をモデルにした演目。
歌昇さんが恰好良かった。
橋之助も動きにキレがある。
若手の力の入った演技がグッときます。

2.仮名手本忠臣蔵
大星由良之助 尾上松也
寺岡平右衛門 坂東巳之助
お軽 中村米吉
大星力弥 中村橋之助
斧九太夫 大谷桂三

忠臣蔵ではお馴染みの七段目『祇園一力茶屋の場』。
松也の由良之助もいい味を出してましたが、やっぱり巳之助サイコーです。
お年玉ご挨拶も巳之助だったし、今年は幸先いい感じ。

観劇後は瓢庵に移動し、懐石料理をいただきました。
役者さんたちも挨拶に来て、盛り上がります。
芸者さんの踊りや幇間さんの芸を見るのも一興。
新年のいい思い出となりました!

by leonpyan | 2020-01-15 23:00 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

国宝

国宝_c0004750_23282682.jpeg
国宝 (上) 青春篇
国宝 (下) 花道篇』 吉田修一著 (朝日新聞出版)

尾上菊之助がここのところ攻めています。
今年の團十郎襲名披露も意識しているんだろうとは思うけれど、
『風の谷のナウシカ』の座頭、『グランメゾン東京』のライバル役、とメディアに出ることも増えました。
昨年末には小説『国宝』のナレーションを担当し、オーディオブックとして配信するというネットニュースを見て、
そのページに飛んでみたら、作者の吉田修一との対談がUPされていました。

吉田修一の作品は『悪人』しか読んでいないけれど、その作品の多くが映像化されているのは知っています。
『国宝』は吉田修一氏の作家生活20周年を記念する作品として、文体やジャンルをそれまでの作品とガラリと変え、
実際に黒衣として歌舞伎の舞台の裏に入り取材をするなど、新しい挑戦だったそうな。

歌舞伎によく足を運ぶようになってまだ5年ほどではあるけれど、とても興味をそそられて読んでみました。
面白かった!
2巻、700ページ超の大作ですが、数日で読破。
こんなに夢中になって読んだのは劉慈欣の『三体』以来かも。

歌舞伎を知らなくても面白く読めると思いますが、演目を知っていると読んでいてその場面が目に浮かんできて面白さ倍増。
たぶん、この作品も映像化されるだろうと思うのですが、この役は誰がよさそう、なんて考えるのも楽しい。

でも主人公の喜久雄を演じるのはとっても難しいだろうと思う。
菊之助はこの役をやりたいのかも、なんて思いますが、何せ喜久雄はヤクザの息子という出自なので、
梨園の御曹司たちにはなかなかこの雰囲気は出せないのでは、と思います。
一番おいしい役どころは喜久雄をそばでずっと守る徳次でしょうね。
喜久雄と共に芸の道を歩む俊介にも注目。
今から映像化がものすごく楽しみです。

ラストは涙で字が見えないくらいでした。
小説を読んでこんなに泣けるのも久しぶり。
喜久雄の美しさがあまりにも切なく、愛おしく。

映像化が楽しみとは書きましたが、この作品はまず活字で読むべきだと思います。
自分の頭の中にはっきりと映像が浮かび上がるような、それも極彩色の。
そんな稀有な作品です。

by leonpyan | 2020-01-11 12:51 | 書籍 | Comments(0)

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ_c0004750_22583071.jpg
宮崎駿原作の漫画を通し狂言にした新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』を一日がかりで鑑賞してきました。
8日に主演の尾上菊之助が負傷し夜の部が中止になったことでも話題になりましたが、
宙乗りはなし、トリウマに乗るシーンもなし、殺陣も少な目。
それでも骨折しているとは思えないパフォーマンスでした。

ナウシカ 尾上菊之助
クシャナ 中村七之助
ユパ 尾上松也
ミラルバ/ナムリス 坂東巳之助
アスベル/オーマの精 尾上右近
ケチャ 中村米吉
セルム/墓の主の精 中村歌昇
クロトワ 片岡亀蔵
チャルカ 中村錦之助
マニ族僧正 中村又五郎
ヴ王 中村歌六

私は映画も観ていないし、漫画も読んでいないので、新鮮な気持ちで観ようと、敢えて予習はしないで行きました。
が・・・何とも複雑で壮大な世界観。
慌てて幕間でプログラムを買い、解説と人物相関図を確認してしまった(笑)。
このお話を昼夜とは言え一日で演じるのは大変だと思います。
舞台も次から次へと転換し、セットもすごいことになっている。
これはお金もかかってますねー。

内容は一回観ただけでは分からないことも多く、もしかしたらジブリに疎い人は付いていけていないかも(私か!?)。
でも、見終わった後に不思議な感覚が残ります。
生きる、ということの根底的なテーマを垣間見たような、奥にじわりじわりと響いてくる。
原作のパワーを伝えたい、という熱い思いがとても伝わってくる舞台でした。

新作歌舞伎でチケット完売という演目はさすがという他はありません。
今は、たぶん漫画や映画の名場面をなぞることが最優先となっているのでしょう。
これから少しずつ演出や脚本に修正が加わっていけば、新しい古典となるかもしれません。

七之助はいいですね~。
若手の女形では七之助と米吉がやはり見目麗しく発声もいい。
菊之助は姿かたちは綺麗なんですが、どうしても発声が気になる。
舞台って、声が大事だと私は思うんですよ。
巳之助ファンになったのも声からなので。
あ、あとはいつも美味しいところを持って行く亀蔵さんも好き。

ご一緒してくれたKちゃん、Yちゃん、お疲れさまでした&ありがとうございました!

by leonpyan | 2019-12-15 11:43 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

スーパー歌舞伎Ⅱ 新版オグリ 隼人バージョン

スーパー歌舞伎Ⅱ 新版オグリ 隼人バージョン_c0004750_21383057.jpg

先月の猿之助バージョンに続き、今月は隼人バージョンを観賞。
前回は8列目の中央の良席だったのだけれど、演舞場は傾斜がなく、前の人の頭で舞台に死角が!!
今回は最前列。
本水シーンで水がかかるけれど、役者の表情はバッチリ見えます。

前回と異なる配役は小栗判官→中村隼人、遊行上人→市川猿之助、金坊→市川右近。

私は亀ちゃんファンではありますが、オグリは正直、ビジュアル的には隼人丈がドンピシャですね。
新悟照手がタッパがあるので、隼人オグリとのバランスも良い。
台詞回しや表情はもちろん亀ちゃんがずっとうまいんだけれど、やはりビジュアルも大切か・・・。
反対に遊行上人は隼人丈では重みが足りず、説得力がないけれど、亀ちゃんだと落ち着く。

とは言っても亀ちゃんの出番が少ないのはやはり寂しい。
第三幕しか出なかったものなー。
亀ちゃんはどんな役でも登場するだけで場面が引き締まる。
猿之助バージョンは結構埋まっていたけれど、隼人バージョンはかなり空席が目立っていた。
少し値段を下げても良かったのでは・・・。

売店のブロマイドは隼人オグリが売り切れ多数。
コアなファンがいるのでしょうね。
でも、まだ観客をガンガン呼べるまでには行ってないかな。

演出が前回とは少し変わっているようで、上演時間も5分短くなったらしい。
照手が置き屋への恩返しに身を売る決心をする、という設定は無くなっていた。

一番前から見ると、皆さんのお顔が良く見えるわ。
市瀬さん、女形が似合わない~~。
下村さんはめっちゃ綺麗~~。

by leonpyan | 2019-11-09 22:51 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

スーパー歌舞伎Ⅱ 新版オグリ

スーパー歌舞伎Ⅱ 新版オグリ_c0004750_23210317.jpg
新橋演舞場で10月から11月まで上演されているスーパー歌舞伎Ⅱ『新版 オグリ』を観てきました。

主演のオグリは市川猿之助と中村隼人のダブルキャスト。
まずは亀ちゃんバージョンを観賞。
来月には隼人バージョンも観賞予定。

藤原正清後に小栗判官 市川猿之助
小栗一郎 市村竹松
小栗二郎 市川男寅
小栗三郎 市川笑也
小栗四郎 中村福之助
小栗五郎 市川猿弥
小栗六郎 中村玉太郎
照手姫 坂東新悟
横山修理太夫 市川男女蔵
翁 石橋正次
高倉久麿 嘉島典俊
閻魔大王 浅野和之

伝説上の人物として小栗判官の物語は伝えられ、それを元に梅原猛が書いた『小栗判官』がスーパー歌舞伎として初演されたのが1991年。
三代目猿之助の時代です。
今回は更にパワーアップし、プロジェクションマッピングや幻想的な光と闇の効果を駆使し、新しい仕掛けが満載。
一大エンターテインメントに仕上がっています。

『ワンピース』歌舞伎の時にはタンバリンを販売し、会場と一体になって盛り上がりましたが、
今回は光るスーパーリストバンドが販売されています。
三幕目の歓喜の踊りの時に使用しますが、まだちょっと会場のノリはいまひとつかな。

語り継がれてきた物語なので、ストーリーも面白く、とても楽しめました。

照手姫の健気さを坂東新悟がよく演じていたと思います。

今回も美味しいところを浅野さんが持って行った感あり。
浅野さんは普通の舞台の時よりもスーパー歌舞伎の方が面白いような気がする(笑)。

石橋正次が出ていたのはちょっとびっくり。
いいお爺ちゃんになってました。

小栗党には若手を起用、まだぎこちなさはあるものの、頑張っている姿が愛おしい。

亀ちゃんは役者としても好きだけれど、プロデューサーとしての力量が最近は目立ちます。
彼の舞台には「俺が」というような看板役者としての意識みたいなものはあまり感じられなくて、
皆で作りあげていく、というのを大切にしているのではないかと。
三代目猿之助に魅入られて澤瀉屋で頑張った役者さんたちがいた時代を知っている人にはもしかしたら物足りないかもしれないけれど、
亀ちゃんはしっかりと四代目としての体制を作っているんじゃないかな。
これからも応援しますよー!

by leonpyan | 2019-10-22 18:28 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

八月納涼歌舞伎

八月納涼歌舞伎_c0004750_16250579.jpg
夏のお約束、納涼歌舞伎。
今年は第二部のみで。
千穐楽に髑髏城仲間のYちゃんを誘って行ってきました。

『東海道中膝栗毛』
お馴染み松本幸四郎と市川猿之助による弥次喜多珍道中も今年で4回目。
去年、弥次さんも喜多さんも聖天されたので、もうこの演目は終わったのかと思いきや、
去年までの出来事は夢落ちっていう力技的展開で、今年もスタート。

早変わりあり、古典のパロディあり、水芸あり、シャボン玉に本水あり、もちろんラストは主演二人の宙乗りあり。
これでもか、というくらいの見せ場に、ギャグの応酬(たまに滑るw)。
途中、巳之助がすっころんだときにカツラが取れたけど、あれは演出?事故?
周りの笑いがしばらく止まらなかったから、あれはきっとアクシデントなのでしょう。

染五郎と團子もしっかりメインで登場。
いつのまにか大きくなっていて、ずいぶん芸達者にもなりました。
中車と幸四郎の内輪ネタがうるさいくらいだったけど、親としては子の成長が楽しみで仕方ないのでしょうね。

出番は少ないけれど、七之助、隼人、亀蔵さんも出てきて、何とも豪華で得した感じ。
猿弥さんの娘義太夫も最高でした。

宙乗りの時、亀ちゃんが「最後の・・」って言ってたから、さすがに来年はこのコンビは無いのだろうか。
でも、人気演目になっちゃったから、またまたからめ手で攻めてくるかも!?

by leonpyan | 2019-08-28 22:42 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

六月大歌舞伎 ~三谷かぶき

六月大歌舞伎 ~三谷かぶき_c0004750_22574424.jpg
みなもと太郎の歴史漫画『風雲児たち』を原作とし、三谷幸喜の作・演出による三谷かぶき!!
『月光露進路日本』の開幕です。

始まり方も面白い。
ちょっと三谷幸喜風?の尾上松也が口上役として登場。
会場との掛け合いも上手く、松也のコメディアンとしての力量を感じます。

三谷かぶき 月光露進路日本(つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち
大黒屋光太夫 松本幸四郎
庄蔵/エカテリーナ 市川猿之助
新蔵 片岡愛之助
口上 尾上松也
キリル・ラックスマン/アダム・ラックスマン 八嶋智人
磯吉 市川染五郎
九右衛門 坂東彌十郎
三五郎/ポチョムキン 松本白鸚

登場人物の名前だけ見ると???な内容ですが、あらすじをかいつまんで書くと、
江戸時代後期、伊勢から江戸に向かった商船が嵐で漂流、8カ月後にたどりついたところはロシア領アリューシャン列島の島。
異国の言葉と文化に戸惑い、厳しい生活の中で仲間を次々と失いますが、日本への帰国の希望を捨てず、
帰国の許しを得るために船頭の光太夫らはロシアの大地を奥へ奥へと進み、ついにはサンクトペテルブルグで女帝エカテリーナに謁見することになる・・・というお話。

テーマがね、ぐっと来るんですよ。
日本に、ふるさとに帰りたい、って気持ちが痛いほどわかる。
私も海外に住んだことがあるからかな、それでも現代は飛行機であっという間。
光太夫たちの時代は船しかないし、ましてや鎖国・・・。

幸四郎、猿之助、愛之助ら芸達者揃いですからね、そこに三谷幸喜の脚本とくれば面白くないわけがありません。
笑いあり、涙あり、気が付けば最後はスタンディングオベーション。
もうね、ヤッシー最高でした。かぶいていたし!
若く美しい染五郎も良かったわ。

これは、今年の上半期に観賞した中でベスト舞台だと思います!
今年の舞台は皆レベル高いんですけれどね、その中でもエンターテインメント性抜群でした。
幸四郎・猿之助のコンビ、次は八月の納涼歌舞伎で会えますね!

by leonpyan | 2019-06-11 00:10 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

三月大歌舞伎

三月大歌舞伎_c0004750_23593927.jpg
2カ月ぶりの歌舞伎鑑賞。
亀ちゃんが弁天小僧を演じるとなれば行かないわけにはいきません。

1.盛綱陣屋
  佐々木盛綱 片岡仁左衛門
  篝火 中村雀右衛門
  早瀬 片岡孝太郎
  高綱一子小四郎 中村勘太郎
  盛綱一子小三郎 寺嶋眞秀
  北條時政 中村歌六
  微妙 片岡秀太郎
  和田兵衛秀盛 市川左團次

この演目は初めて観ましたが、見どころが多くて面白いですね。
内容はそれはそれは哀しいのですが、子役が可愛いし、何と言っても仁左衛門が上手い。
でもなあ、高綱(登場しませんが)はどーよ、その作戦は!

2.雷船頭
  船頭 松本幸四郎
  雷 中村鷹之資

船頭と落ちてきた雷小僧との舞踊。
雷のユーモラスな表情が見せ場。

3.弁天娘女男白浪
  弁天小僧菊之助 市川猿之助
  南郷力丸 松本幸四郎
  鳶頭清次 市川猿弥
  忠信利平 中村亀鶴
  赤星十三郎 市川笑也
  日本駄右衛門 松本白鷗

定番中の定番ですね。
亀ちゃんと染ちゃんのコンビは安心して観ていられます。
ただねえ、白鷗さん、何言ってるかわかりにくいのよねえ。。。

「知らざぁ言って聞かせやしょう」
いよっ、待ってました!!

by leonpyan | 2019-03-09 00:35 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

新春浅草歌舞伎

新春浅草歌舞伎_c0004750_21590983.jpg

毎年恒例、着物友だちとの新春浅草歌舞伎。
もちろん推しはみっくんです!

1.寿蘇我対面
  蘇我五郎時致 尾上松也
  蘇我十郎祐成 中村歌昇
  小林朝比奈 坂東巳之助
  工藤左衛門祐経

  江戸歌舞伎ではいつも新年に掛けられていたという演目。
  私は初めてだったので、最初は???だったけれど、筋は単純、様式美を楽しむものなんでしょうね。
  単純なだけに、役者の華が要求されるところ。
  これは若手で演じるのはちょっと難しいのでは、と思いました。
  ベテランが演じる舞台も観てみたい。

2.番長皿屋敷
  青山播磨 中村隼人
  腰元お菊 中村種之助
  
  お正月からこの演目?とは思いましたが(笑)。
  隼人さんの演技にいまひとつ入り込めず・・・NARUTOでは成長したなあと思ったんだけど・・・。
  間のとりかた、台詞のない時の目線、立ち姿、年を重ねることで出てくる重みがあるんだなあと実感。
  若手のこれからに期待します。

3.乗合船恵方萬歳
  萬歳 坂東巳之助
  才造 中村種之助
  白酒売 坂東新悟
  若旦那 中村歌昇
  通人 尾上松也

  踊りはやはりみっくんですね!
  安心して観ていられます。
  種之助とのコンビもぴったり。

  

by leonpyan | 2019-01-21 22:48 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪