タグ:携帯写メ ( 77 ) タグの人気記事

c0004750_21093030.jpg
懇意にしていただいている呉服店「あら船」の恒例、着物でお出かけ企画。
この秋は「平成中村座 十一月大歌舞伎」でした。
浅草寺の裏手に臨時で作られた平成中村座はまるで〝江戸時代の芝居小屋”。

c0004750_21205494.jpg
中に入ると赤い提灯がずらりと並び、中村座の定式幕。
中村座の色は黒、白、柿色。
歌舞伎座で使用しているのは黒、柿、萌葱色で、あれは森田座の様式らしいです。

客席は松、竹、梅、桜の種類に分れていて、松席は平場席になっています。
二階正面には2席2組のみのお大尽席があり、お料理やお土産、記念写真のサービスもあって、
帰りは御茶子さんが浅草寺の門まで番傘をさして送ってくれるというもてなしぶり。
私たちは花道近くの竹席、椅子席で観やすかった。
木の椅子に座布団で、ちょっと最後はお尻が痛くなったけど。
全てが江戸情緒たっぷりでした。

1.弥栄芝居賑
  中村座座元 中村勘九郎
  中村座女房 中村七之助
  中村座若太夫 中村勘太郎
  中村座若太夫 中村長三郎
  中村座若太夫 中村鶴松
  猿若町名主 中村芝翫
  芝居茶屋亭主 中村扇雀

由緒ある江戸猿若座の木戸前に出演俳優一同が勢ぞろいし、芝居仕立てで「口上」を行います。
花道がすぐそばだったので、男伊達・女伊達の口上も良く見えていい席でした。
勘太郎、長三郎兄弟の口上も可愛かった!
後半は故十八世中村勘三郎の懐かしい舞台映像が流れました。

2.舞鶴五條橋
  武蔵坊弁慶 中村勘九郎
  牛若丸 中村勘太郎
  室町次郎 中村虎之介
  室町太郎 中村福之助
  常盤御前 中村扇雀

昭和49年に十七世・十八世中村勘三郎のために作られた舞踊劇が44年ぶりに演じられました。
勘太郎くん、御年7歳とは思えない立派な牛若丸。
中村屋の将来も安泰と思える一幕。

3.仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場
  大星由良之助 中村芝翫
  遊女おかる 中村七之助
  大星力弥 中村福之助
  斧九太夫 片岡亀蔵
  寺岡平右衛門 中村勘九郎

お馴染み、忠臣蔵七段目。
勘九郎と七之助のコンビによるおかると平右衛門は息もぴったり。
去年観た玉三郎と仁左衛門の型に近いような。
勘九郎は観るたびに成長している気がする。

c0004750_21155846.jpg
着物の人も多く、とても楽しかった!
浅草はいいわあ。

あら船さん、ご一緒した皆様、ありがとうございました。

[PR]
by leonpyan | 2018-11-13 22:18 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

魔界転生

c0004750_11155582.jpg

今月は舞台づいてます!
日本テレビ開局65周年記念舞台「魔界転生」を明治座で観てきました。
明治座には何回も行ってるはずなんですが、今回は出店が多くて大賑わいにびっくり。
マツケンブースがあったのにも驚いた。

柳生十兵衛 上川隆也
天草四郎 溝端淳平
柳生但馬守宗矩 松平健
お品 高岡早紀
根津甚八 村井良大
由比正雪 山口馬木也
宮本武蔵 藤本隆宏
淀殿 浅野ゆう子

席番から桟敷席?と思ったら、ただの斜め席だったというオチ。
でも一段高いので観やすいと言えば観やすいかも?

舞台はプロジェクションマッピングを駆使して、解説も入れてとても分かりやすくなっています。
アクションも見応えたっぷり。

上川隆也は上手いね!
溝端淳平も純粋な天草四郎と魔界に入ってからの四郎の演じ分けをしっかりしていました。
高丘早紀は小顔で美しい!
馬木也さんも期待通りの怪演。
でも、さすがの大御所、マツケンと浅野ゆう子は舞台に出てくるだけで華がある!
特にマツケンは殺陣も踊りもキレがあって、いいところを持ってくなあという感じ。
私的に今回の推しは甚八役の村井良大。
仮面ライダー出身で戦国鍋に出ていたようですが、これから注目してみよう。
若手は知らない人も多かったけど、結構皆活躍しているらしい。

舞台はやっぱりいいね!
3時間半、楽しみました。
ご一緒してくれたうらりんさん、Hちゃん、Yちゃん、ありがとうございました(^^♪

[PR]
by leonpyan | 2018-11-10 11:45 | 観劇 | Comments(0)

吉例顔見世大歌舞伎

c0004750_21584809.jpg
亀ちゃんが主役を張る歌舞伎座公演はやっぱり観ないわけにいきません。
何だかポスターを見る限り、あんまり恰好いい役ではなさそうだけど・・・(笑)。
同じ役を故勘三郎が演じていて、シネマ歌舞伎にもかかっています。

1.楼聞五三桐 
  石川五右衛門 中村吉右衛門
  右忠太 中村歌昇
  左忠太 中村種之助
  真柴久吉 尾上菊五郎

母の病院の用事が長引いて、この演目は終わりの5分くらいしか観られず。
舞台装置が豪華絢爛、これぞ様式美。

2.文売り
  文売り 中村雀右衛門

清元の舞踊。
三味線の音色が心地いい。

3.隅田川続俤 法界坊
  聖天町法界坊 市川猿之助
  五百平 坂東巳之助
  おくみ 尾上右近
  野分姫 中村種之助
  手代要助 中村隼人
  大阪屋源右衛門 市川團蔵
  道具屋甚三 中村歌六

とんでもない生臭坊主の法界坊。
小悪党役なので、カリスマ性のある役者でなければ舞台の主役はなりたたないでしょう。
亀ちゃんはこういう役、生き生きと演じるよね。
勘三郎もハマり役だったんだろうなと思います。
右近、隼人、種之助、巳之助の若手も頑張っていましたが、やはり歌六さんがビシッと締めてます。

歌舞伎って役者を観に行くんだなーと実感する公演でした。

[PR]
by leonpyan | 2018-11-10 10:54 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

芸術祭十月大歌舞伎

c0004750_21581188.jpg
歌舞伎座は席料がお高いので、お友だちを誘いにくく、一人で行くことが多いのですが、
今月は巳之助さんが出演するということで、巳之助ファン友だちでもある香久美さんをお誘いして行ってきました。

1.三人吉三巴白浪 大川端庚申塚の場
  お嬢吉三 中村七之助
  お坊吉三 坂東巳之助
  夜鷹おとせ 中村鶴松
  和尚吉三 中村獅童

三人の吉三が出会い、ご兄弟の契りを結ぶまでの場面。
七之助はこの役がハマりますね。
巳之助さん、もっと悪っぽい感じを出してもいいかも。

2.大江山酒呑童子
  酒呑童子 中村勘九郎
  平井保昌 中村錦之助
  源頼光 中村扇雀

これはものすごく面白かった!
十七世と十八世の中村勘三郎が演じただろう役を勘九郎が見事に演じ切っていました。
お父さんに似てきましたよねー。

3.佐倉義民伝
  木内宗吾 松本白鷗
  おさん 中村七之助
  徳川家綱 中村勘九郎
  幻の長吉 坂東彌十郎
  渡し守甚兵衛 中村歌六

歌舞伎の名作と言われる演目の中には現代に生きる私にとっては???のものも少なくありません。
忠義のために自分を犠牲にしたり家族を裏切ったり、主君のために自分の子供を犠牲にしたり、・・・。
これもそういうお話でした。
終わり方が何だか納得できなくて、後ろの席の人とも「これで終わりなんでしょうかね!?」と声をかけ合ってしまいましたよ。
白鷗さんの演技もいまひとつ好みではないので、どうもこの主人公に共感できなくて。はい、スミマセン。
でも、雪の風景や紅葉の風景のセットは素晴らしかった。さすが歌舞伎座です。

c0004750_21582030.jpg
今日は珍しく小紋で。
帯はこの時期限定、柿です。


[PR]
by leonpyan | 2018-10-17 23:21 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

日日是好日

c0004750_00025690.jpg

日日是好日 (2018)

【監督】大森立嗣
【出演】黒木華 / 樹木希林 / 多部未華子 / 鶴見辰吾 / 鶴田真由 / 原田麻由 / 川村紗也 / 滝沢恵 / 郡山冬果 / 岡本智礼 / 山下美月


★★★★ [80点]「贅沢な100分間」

原作の大ファンで封切りを心待ちにしていた。

キャスティングも豪華で、出てくるお道具もいい。
神坂雪佳の戌年の茶碗も効いている。
100分の間に季節の美しい移ろいも体感できる。

原作になくて映画にあるものと言えばやはり音、だろうか。
水差しから水を一杓移すと風呂のシュンシュンという音がスッと消える。
掛け軸の「聴雨」の文字と外の雨音がリンクする。

お茶の映画ではあるけれど、女性の成長を描いた映画でもある。
時間をかけてわかってくるもの。それは人生にも通じる。


Posted by ちょし on 2018/10/14 with ぴあ映画生活


余談ですが、映画の中で私のお茶の先生、C先生を見つけました!
エキストラで三渓園にいらしたんですね。
それから、たぶん、ですが、作者の森下先生、映画に登場しましたよね?
何だか映画が身近に感じられて嬉しかった。

[PR]
by leonpyan | 2018-10-14 00:06 | 映画 | Comments(0)

メタルマクベス disc2

c0004750_00034187.jpg

楽しみにしていた『メタルマクベス disc2』観賞してきました。

ランダムスター/マクベス魔Ⅱ夜 尾上松也
ランダムスター夫人/ローズ/村木B 大原櫻子
レスポールJr./元きよし 原嘉孝
グレコ/マクダフ浅利 浅利陽介
グレコ夫人/シマコ/林 高田聖子
パール王/ナンプラー 河野まさと
村木/老医師 村木よし子
エクスプローラー/バンクォー岡本 岡本健一
レスポール王/元社長 木場勝巳

内容はもう分かっているので、今回の注目は主演の松也、エクスプローラー役の岡本健一。
役者への当て書きでどう変わっているのかも楽しみ。

じゅんさんのエクスプローラーの時は「整形しろ」だの顔いじりでしたが、
さすがに美形の岡本健一には使えず、年齢いじりでした。
松也は顔が大きいので舞台映えする!(笑)
顔芸もわかりやすい。演技も歌も良かった。
大原櫻子、可愛いし、歌上手い。
ただ、この役にはちょっと線が細すぎるかな。狂ってからの演技にちょっと物足りなさが。
レスポール王の木場さんがとっても良かったです。舞台に通る声が素晴らしい。

さあ、次はdisc3。
若手俳優たちがどう活躍するのか楽しみです。

[PR]
by leonpyan | 2018-10-11 11:15 | 観劇 | Comments(0)

木下大サーカス@柏

c0004750_22095169.jpg
おらが町にサーカスがやってきた!!

なんて感じで、招待券をいただいたので、家人と行ってまいりました。

場所はセブンパークアリオ柏。
特設会場の大きな赤いテントの周りには団員の方々の住居コンテナがぐるりと並び、その光景は何ともノスタルジック。
この巡業の雰囲気が妙に郷愁をかきたてます。

約2時間のプログラムは最初から最後までスリルと緊張感あふれる素晴らしいパフォーマンスで大満足でした。

高所恐怖症の私には空中ブランコや椅子重ねの逆立ちはあり得ない!すごい!
チラシなどではホワイトライオンのショーが目玉的に宣伝されていましたが、ホワイトライオンのオスはほとんど芸をしない(笑)。
というか、ライオンはやっぱりメスが働き者なのね。
ゾウさんはすごく芸達者でした。
動物のショーはある筋からすれば虐待と取られるのかな。最近は難しいですよね。

ショーの合間にペアの道化師が出てきて、観客とのコミュニケ―ションを取りながら楽しませてくれます。
前の方に座っていたからか、家人が指名されて、他の3名の男性と共に舞台へ。
丸く並べた椅子に4人が座り、それぞれが右隣りの人の膝に横になります。
上から見ると卍のような形になったところで、道化師の二人が椅子をひとつずつ外します。
最後には全部椅子がなくなり、人間椅子の出来上がり!
観客参加型のパフォーマンス、面白かった。
家人はお駄賃に飴をもらって帰ってきました。

久しぶりのサーカス、堪能しました!

[PR]
by leonpyan | 2018-09-23 23:31 | 雑談 | Comments(0)

出口なし

c0004750_21545658.jpg
高校の同級生の観劇仲間に誘われて予備知識なしで行きましたが、緊張感のある心理劇でした。

作・サルトル、演出・小川絵梨子、
登場人物はジャーナリスト・段田正則、郵便局員・大竹しのぶ、富豪の若妻・多部未華子、ボーイ・本多遼。
上演時間は90分。
主演の3人がノンストップで会話を繰り広げる密室を舞台とした一場。

舞台にはソファが3つ置かれているだけ。
この部屋に順番にボーイに連れてこられるガルサン(段田)、イネス(大竹)、エステル(多部)。
それぞれの過去と今の状況がこの3人の会話だけで明かされる。
役者の力量が試されるような舞台です。

大竹しのぶは怪物ですね。
憑依しているとしか思えない。
テレビのバラエティなどに出ている時の大竹しのぶは一体誰!?と思う。

段田さんはもちろん安定の演技です。
今回は多部ちゃんとの抱擁シーンが多くてちょっと観ていて照れくさかったけど。

多部ちゃんも大御所二人に引けを取らずに頑張っていました。
声が通るのは武器だと思う。

ネタバレになるからあまり書けないけど、この密室の状況はある意味拷問だわー。

[PR]
by leonpyan | 2018-09-12 22:45 | 観劇 | Comments(0)

国立能楽堂夏スペシャル

c0004750_10262386.jpg
去年の夏に宝生能楽堂で野村万作さんの狂言を観てファンになり、
たまに狂言メインの舞台を見つけるとポチっています。

今回は国立能楽堂開場35周年記念の8月企画公演。
【素の魅力】と題され、能も狂言も面装束をつけずに演じます。

舞囃子・新作 智恵子抄
 鵜澤久
 櫻間金記

狂言小謡 花の袖 
 野村又三郎(和泉流)

独吟 泰山府君
 松野恭憲(金剛流)

仕舞 小歌
 宝生和英(宝生流)

一調 放下僧 
 岡久広
 曽和正博

袴狂言 釣狐 前
 野村万作(和泉流)
 野村萬斎

私はまだ修行が足りないので能や謡を楽しむ域には達していません。
幽玄の世界はすごいと思うんですが、あの静謐な空気感がどうしても睡魔を誘う・・・(汗)。

そして、万作さん。
やはり、素晴らしい!!
狐が僧に化けた演技がものすごく愛らしいのです。
クシ、クシ、クシ!!
御年87歳。ありえない、あの動き。
どうしたらあんな風に年を取れるのだろう。
日本一カワイイおじいちゃんだと思う(個人の意見です)。

ご一緒したかっこちゃん、謝謝!

[PR]
by leonpyan | 2018-08-31 10:45 | 観劇 | Comments(0)

宝塚 雪組公演

c0004750_21573554.jpg
今年初めての宝塚観劇。
なかなか当選しないんですよねー。

トップが交替してから初めての雪組。
望海風斗の歌の上手さは知っていましたが、娘役トップの真彩希帆も上手い!

今回の演目『凱旋門』は主演が専科の轟悠。
轟悠が雪組トップの時に主演を務めた役を今回も演じるのだそうです。


第二次世界大戦が激化していく1939年ごろのパリが舞台。
祖国を追われた亡命者たちのお話です。
シリアスなストーリーですが、轟悠の押さえた演技と望海風斗の落ち着いた語りが格調の高さを醸し出していました。
衣裳の華やかさはありませんが、舞台装置が工夫されていて、パリの街の雰囲気を出していました。

ショーの『Gato Bonito』は打って変わって華やかでロマンティック。
雪組の男役陣はスタイルが良くて美形が多いですね。
とても楽しい舞台でした!

ご一緒したJさんもいつもありがとうございます!
宝塚はやはり元気をもらえますねー♪

[PR]
by leonpyan | 2018-08-29 23:15 | 観劇 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし