人気ブログランキング |

タグ:携帯写メ ( 97 ) タグの人気記事

c0004750_22574424.jpg
みなもと太郎の歴史漫画『風雲児たち』を原作とし、三谷幸喜の作・演出による三谷かぶき!!
『月光露進路日本』の開幕です。

始まり方も面白い。
ちょっと三谷幸喜風?の尾上松也が口上役として登場。
会場との掛け合いも上手く、松也のコメディアンとしての力量を感じます。

三谷かぶき 月光露進路日本(つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち
大黒屋光太夫 松本幸四郎
庄蔵/エカテリーナ 市川猿之助
新蔵 片岡愛之助
口上 尾上松也
キリル・ラックスマン/アダム・ラックスマン 八嶋智人
磯吉 市川染五郎
九右衛門 坂東彌十郎
三五郎/ポチョムキン 松本白鸚

登場人物の名前だけ見ると???な内容ですが、あらすじをかいつまんで書くと、
江戸時代後期、伊勢から江戸に向かった商船が嵐で漂流、8カ月後にたどりついたところはロシア領アリューシャン列島の島。
異国の言葉と文化に戸惑い、厳しい生活の中で仲間を次々と失いますが、日本への帰国の希望を捨てず、
帰国の許しを得るために船頭の光太夫らはロシアの大地を奥へ奥へと進み、ついにはサンクトペテルブルグで女帝エカテリーナに謁見することになる・・・というお話。

テーマがね、ぐっと来るんですよ。
日本に、ふるさとに帰りたい、って気持ちが痛いほどわかる。
私も海外に住んだことがあるからかな、それでも現代は飛行機であっという間。
光太夫たちの時代は船しかないし、ましてや鎖国・・・。

幸四郎、猿之助、愛之助ら芸達者揃いですからね、そこに三谷幸喜の脚本とくれば面白くないわけがありません。
笑いあり、涙あり、気が付けば最後はスタンディングオベーション。
もうね、ヤッシー最高でした。かぶいていたし!
若く美しい染五郎も良かったわ。

これは、今年の上半期に観賞した中でベスト舞台だと思います!
今年の舞台は皆レベル高いんですけれどね、その中でもエンターテインメント性抜群でした。
幸四郎・猿之助のコンビ、次は八月の納涼歌舞伎で会えますね!

by leonpyan | 2019-06-11 00:10 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)
c0004750_21564317.jpg
今回のレキシの特別公演、東京は国際フォーラムと中野サンプラザのみ。
ゲストが完全に入れ替わるので、やはりどちらも行きたくなるじゃないですか。
特に中野はプラチナチケット化していたのですが(2000ちょっとのキャパに2万の応募があったとか)
何とか手に入れて行ってきました。

ゲストは旗本ひろしこと秦基博とかえらの清盛こと木村カエラ。
2人の歌はそんなに知らないのですが、さすがにソロで歌ってくれた曲は大ヒットしていたので知っていました。
カエラちゃん、歌上手いし、顔小さくて(池ちゃんの半分だった)可愛い。
秦さんは池ちゃんへの突っ込みがなかなか鋭い。歌も感動したなあ。
2人ともノリが良くて、会場は最高に盛り上がっていましたよ。

でも、2人のソロ曲、出だしの演奏が間違ってやり直し入ったんだけど、バンドさんたちのミス、珍しい。
全国各地を回る特別公演も折り返し、ちょっとお疲れ気味かしら?

とは言え、期待を裏切らない、いえ、それ以上のサイコーのパフォーマンスでした。
レキシライブ、バンザーイ。



セットリスト
by leonpyan | 2019-05-14 22:25 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

レ・ミゼラブル

c0004750_21515275.jpg
レ・ミゼラブル、初体験!
橋本じゅんさんが出るというのでいろいろなサイトで先行抽選に応募したけれど、ことごとく落選。
レミゼって人気すごいのね・・・と諦めていたところに、またもや救世主Chakiのお誘いが。
ありがたや~~。

Chakiはかなり昔からレミゼは観ているそうなんですが、最初の頃は満席にならないことも珍しくなく、
こんなに人気が出たのは、やはり映画『レ・ミゼラブル』で有名になったことと、
山口祐一郎さんがジャン・バルジャンを演じて大人気だったあたりからなんだそうです。
今ではレミゼマニアや役者のファン、ミュージカルファンでチケットはプラチナ化していますね。

ジャン・バルジャン 吉原光夫
ジャペール 伊礼彼方
ファンテーヌ 濱田めぐみ
エポニーヌ 唯月ふうか
マリウス 海宝直人
コゼット 熊谷彩春
テナルディエ 橋本じゅん
マダム・テナルディエ 森公美子
アンジョルラス 小野田龍之介

劇団四季も観ないし、ミュージカルには疎い私ですが、このキャストは比較的知っている人が多いかな。
全編歌で台詞はほとんどなし。
さすがに皆さん歌唱力がある。
舞台はプロジェクションマッピングを使ってかなり工夫されています。

濱田めぐみさんの歌声をもっと聞きたかったけれど、ファンテーヌは早々に退場してしまうので、ちょっと残念。
じゅんさんと森久美コンビは弾けてました。
吉原さんのジャン・バルジャン、迫力と包容力があって良かったです。

気が付けば引き込まれ、頬を伝う涙のつぶ・・・。
哀しいお話ですが、コゼットとマリウスの存在がこの頃のフランスの未來を象徴しているのでしょう。
一番共感するのはエポニーヌだけどね・・・。

by leonpyan | 2019-05-09 22:35 | 観劇 | Comments(0)
c0004750_21514067.jpg
何だかレキシが最近売れている。
テレビCMも出てるし、ミュージカル楽曲にも採用されたし、この勢いで打って出てるのか(笑)。

今回は『特別公演~豪華絢爛 レキシ歌絵巻』と銘打って、全国7都市での9公演。
東京は国際フォーラムと中野サンプラザの2箇所、残念ながら中野サンプラザは抽選に当たりませんでした。

国際フォーラムホールAは結構箱が大きいのにしっかり満員。
ゲストはかんぱくんことさだまさしと邪馬たいこちゃんこと石川さゆり、大御所です!

かんぱくんも話好きなので、いつにも増してMC長いし、めちゃくちゃ面白い。
邪馬たいこちゃんも自由な感じでチャーミング。
とにかく二人の生歌がすごかった!!
石川さゆりの「ウィスキーがお好きでしょ」「津軽海峡冬景色」には魂が震えましたよ。
池ちゃんもいつもよりも少し緊張気味だったかな?
でも大御所への突っ込みもボケ受けも忘れず、さすがな池ちゃん。
3人で歌う「狩りから稲作へ」「最後の将軍」「キラキラ武士」の豪華なこと!!!

あ~~~楽しかった(^^♪



セットリスト
by leonpyan | 2019-05-08 22:25 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

偽義経冥界歌

c0004750_13015448.jpg

あずさ5号に乗って、松本へ!
劇団新感線の書き下ろし『偽義経冥界歌』を観るために遠征してきました。

今年の公演は大阪、金沢、松本のみ。
東京と福岡は来年上演の予定ですが、
武蔵坊弁慶はダブルキャストで、今年は橋本じゅんさん、来年は三宅弘城さん。
三宅さんもいいのだけれど(『いだてん』の代役でも最近話題!)
じゅんさんファンの私はやはりじゅん弁慶も観ないわけにはいきません。
やはりじゅんさんファンのYちゃんと松本日帰り小旅行を堪能してきました。

源九郎義経/奥華玄久郎国衡 生田斗真
黄泉津の方 りょう
奥華次郎泰衡 中山優馬
静歌 藤原さくら
源頼朝 粟根まこと
常陸坊海尊 山内圭哉
遮那王牛若 早乙女友貴
武蔵坊弁慶 橋本じゅん
奥華秀衡 橋本さとし
奥華十三 河野まさと
くくり 新谷真弓

内容はネタバレになるので今回はあまり書きません。
今言いたいのは、来春の東京公演、最低2回は観るぞーーーってこと(笑)。
舞台の華やかさ、殺陣の恰好良さ、話の面白さ、そして役者の素晴らしさ。
何を取っても、本当に観る価値あり!!

松本まで行って良かった!!と断言しますです。
ダブルキャストのじゅん弁慶と新谷くくりを観られただけでも至福でした!

今回は抽選で三階席だったので、次回はもう少しいい席が取れますように・・・。

c0004750_13020692.jpg

by leonpyan | 2019-04-20 13:04 | 観劇 | Comments(0)
c0004750_12580315.jpg

今週の半ば頃、教室のKさんにお誘いを受けて
エリック・クラプトンのライブに行ってきました。

クラプトンは特にファンだったというわけではありませんが、
何曲かは知っているし、御年74歳ということで、私にとってはこれが最初で最後かもしれないと。

武道館の会場はほぼ満席。
年齢層も高め、男性の比率も多い。
二階席の東側でしたが、上からステージの様子も良く見えました。

ほぼ時間通りに開演。
バンドのメンバーも年齢層高め。

クラプトンは見た目はおじいさんですが、立ち姿も格好良く、声もしっかり出るし、もちろん演奏は素晴らしい。
生涯現役、ってこういうことを言うのね、プロってこうよね、と感動しました。

曲目の中では"I Shot the Sheriff"が一番好き。
ボブ・マーリーの曲なので、音楽的にはクラプトン派ではないのですが、
伝説のギタリストのステージを堪能することができました!



More
by leonpyan | 2019-04-20 12:58 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

クラッシャー女中

c0004750_16302147.jpg

久しぶりの本多劇場。
この大きさのハコはいいですね。
客席少ないからチケット争奪戦になりそうだけれど(^^;)。

さて、あまり前情報も入れず、Sさんにお誘いいただき行ってきました、『クラッシャー女中』。
今を時めく中村倫也、趣里ちゃんが出演。

ゆみ子 麻生久美子
義則 中村倫也
静香 趣里
桃代 佐藤真弓
花代 根本宗子
華鹿男 田村健太郎
和沙 西田尚美

最初のうちはお話が回想場面になったり現在になったり、
その上セットは全く変わらないので
どこへ向かっているのかわからなかったんですが、
最後の着地点で、こう来たか!という感じ。

話も面白かったし、脚本がよくできていると思いました。
作・演出は花代役の根本宗子。
まだ29歳という若さですが、ものすごく勢いを感じます。
最後のたたみかけるようなある人物の台詞はちょっと冗長な気もしましたけれどね。

中村倫也は特に好きというわけではなかったけれど、歌は上手いし、声もいいし、いい役者さんでした。
『アラジン』も日本語吹き替えで観に行こうかな。

そして、趣里!
完全にこの役は当て書きだと思うけれど、その存在感は圧倒的だった。

佐藤真弓が最初に登場した時の歌声には酔いました。
最近はミュージカル専門ではない役者さんがふと舞台で歌う歌が上手いとグッと掴まれる(笑)。

by leonpyan | 2019-04-10 18:18 | 観劇 | Comments(0)

万作狂言会

c0004750_22112606.jpg
楽しみにしていた「万作狂言会」、セルリアンタワー能楽堂は初めてでした。
地下二階にあってロビーもそれほど広くはない感じ。
今日は頑張って正面2列目のチケットを取ったので、演者の方々の表情も良く見えました。

最初に野村万作さんのお話。
御年88歳、さすがに声の張りも衰え、呼吸も若干きつそうでいらっしゃいますが、
この歳で立ったり座ったり歩いたり、それだけでもすごいのに、しっかり演じていらっしゃるのは本当に素晴らしい。
歌舞伎役者さんにも80歳過ぎの大御所がいらっしゃいますが、大丈夫?という方が結構多いですからね。

お話は狂言の修行は「猿に始まり、狐に終わる」と言われることについて。
幼少の頃から稽古を始め、初舞台は『靭猿』の小猿であるのが大体の習わし。
この小猿がなかなか大変だけれど、可愛い盛りの子供が演じるといいところを全部持って行ってしまうとのこと。
最近の野村家では4歳のお孫さんが演じているそうです。
一度観てみたいものですね。
狐に終わる、というのは『釣狐』のこと。
この演目ができるようになると狂言師として一人前と認められるのだそう。
万作さんの十八番でもありますね。

『仏師』。
すっぱ 高野和憲
田舎者 石田淡朗
ある田舎者がお堂を建立し、本尊の仏像を用意するため都に仏師を捜しに来ます。
往来で大声で探しているとすっぱ(詐欺師)が自分は真仏師であると騙し、
仏像の注文を受け、翌日までに仏像を作ると約束してしまいます。果たして・・・。

とても分かりやすく面白い狂言。
ちょっと漫才のようなドタバタな内容ですが、狂言にかかると何とものんびり大らか。

『合柿』
柿売り 野村万作
参詣人 中村修一、内藤連、飯田豪、岡聡史
参詣の後、市場見物をしていた人々が宇治の柿売りの前で立ち止まります。
柿を試食した参詣人は渋いと文句を言いますが、柿売りは甘いはずだと自分でも食べてみるのですが・・・。

渋い柿を何とか売ろうとする柿売りの表情が面白い。
困ったりごまかそうとしたりする演技は万作さんの得意とするところですね。


私も年をとったのでしょうか、M-1グランプリのような疾走感のある笑いもいいのですが、
こういうまったりした笑いの方がスーッと心に染み入るような気がしてきました。
狂言の様式美もだんだんと理解できるようになり、それがとても心地よく感じるようになってきました。
やっぱり年?(笑)

by leonpyan | 2019-03-30 23:50 | 観劇 | Comments(0)
c0004750_23332370.jpg
楽しみにしていた音楽劇、愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」にYちゃんと行ってきました。
私はレキシのファンなので独りでも行くつもりでしたが、
高田聖子好きのYちゃんがチケットを取ってくれて、なかなかいいお席で鑑賞することができました。

レキシご当人は出演はないということでしたが、幕間にはPVや音楽も流れていたのが嬉しかった。
舞台の始まりには映像でちょっと登場したりして、ファンとしてはテンション上がりました。

何せレキシの楽曲をベースに作られた新作ミュージカルです。
この曲がこんな風に使われてる~~っていちいち反応してしまう自分もかなりマニアックですが、
よくこんなお話を考え付くな~~と感心しきり。
主人公の名前が山本耕史演じる織田こきんと言うのだけれど、こきんって何?と思っていたらまさかのあのこきんだったという・・。

山本耕史は本当に何でも器用にこなすタイプですね。
歌も上手かったし、ニートでコミカルな役もしっかり演じてました。
松岡茉優ちゃんはとてもキュート。顔小さいし。
高田聖子さんはもちろん安定の歌と演技。
藤井隆は最近結構舞台で観るんだけど、いい役者さんですよね。
佐藤流司は刀剣の雰囲気がそのままって感じではあったけれど、格好よかった。
井上小百合も可愛かった。役としては地味目でしたが。
八嶋智人はさすが“劇団シキブ”のレキシネームを持つだけに舞台をしっかり引っ張っていました。

面白かった!
レキシを知らない人でも楽しめる舞台だと思います。
もちろんレキシを知っていると10倍面白いけれどね!
ああ、私もレキシネームが欲しい~~~。

by leonpyan | 2019-03-21 00:19 | 観劇 | Comments(0)

三月大歌舞伎

c0004750_23593927.jpg
2カ月ぶりの歌舞伎鑑賞。
亀ちゃんが弁天小僧を演じるとなれば行かないわけにはいきません。

1.盛綱陣屋
  佐々木盛綱 片岡仁左衛門
  篝火 中村雀右衛門
  早瀬 片岡孝太郎
  高綱一子小四郎 中村勘太郎
  盛綱一子小三郎 寺嶋眞秀
  北條時政 中村歌六
  微妙 片岡秀太郎
  和田兵衛秀盛 市川左團次

この演目は初めて観ましたが、見どころが多くて面白いですね。
内容はそれはそれは哀しいのですが、子役が可愛いし、何と言っても仁左衛門が上手い。
でもなあ、高綱(登場しませんが)はどーよ、その作戦は!

2.雷船頭
  船頭 松本幸四郎
  雷 中村鷹之資

船頭と落ちてきた雷小僧との舞踊。
雷のユーモラスな表情が見せ場。

3.弁天娘女男白浪
  弁天小僧菊之助 市川猿之助
  南郷力丸 松本幸四郎
  鳶頭清次 市川猿弥
  忠信利平 中村亀鶴
  赤星十三郎 市川笑也
  日本駄右衛門 松本白鷗

定番中の定番ですね。
亀ちゃんと染ちゃんのコンビは安心して観ていられます。
ただねえ、白鷗さん、何言ってるかわかりにくいのよねえ。。。

「知らざぁ言って聞かせやしょう」
いよっ、待ってました!!

by leonpyan | 2019-03-09 00:35 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし