タグ:携帯写メ ( 63 ) タグの人気記事

七月お誕生会@SUGALABO

先週、久しぶりにSUGALABOへ。
7月はお誕生日の友人が多く、kemiちゃん、千文さん、陽子ちゃん、橋ちゃん、4人のお祝いでした。
陽子ちゃんは結婚・出産でしばらく参加できなかったので、4年ぶりに7月組が揃いました。

SUGALABOのお料理とサービスは本当にスペシャル。
日本全国に足を運び、食材を探し求め、その素材を最高に活かす料理を追求しています。
c0004750_12293685.jpg
アペリティフはなんと4種類も。
それぞれが前菜の一品として完成されています。
特に最後の多田さんの生ハムの美味しかったこと。

c0004750_12294047.jpg
京都・宮津漁港 とり貝 北海道・礼文島 雲丹 賀茂茄子

まるで高級美容クリームが入っているようなケースが目の前に来た時から高まります!

c0004750_12294997.jpg
北海道・噴火湾 毛ガニ 千葉 ゴールドラッシュ

蟹コーンクリーム春巻と言ってしまえばそれまでですが、こんなに美味しい春巻は食べたことない!!
大げさではありません(笑)。

c0004750_12295115.jpg
愛知 一色町 鰻 25年熟成バルサミコ

鰻は外側に巻いてあります。
中にはドレッシングで和えた野菜や豚足。
何もつけなくても美味しいのですが、このバルサミコ酢がまた絶品。

c0004750_12295439.jpg
山口・萩漁港 甘鯛 冬瓜 金糸瓜

スープ仕立てになっているのですが、ベースはトマト味。
このトマトがまた超絶美味しい。
甘鯛はカリカリで鱗さえも美味しい。

c0004750_12295880.jpg
仙台 黒毛和牛 青森 野辺地小かぶ 新大蒜

ここに来るまで既にかなりの量を食べているので、
和牛のこのサイズはちょうどいい感じで、とっても美味しくいただけました。
カブも新鮮で甘い!
目玉焼きは土佐ジロー卵です。

c0004750_12300038.jpg
SUGALABO名物、キーマカレー。

めっちゃ美味しいけれど、さすがに私は食べきれず(帯をはずしたかった。。。)

c0004750_12300332.jpg
夕張メロン”夕張キング” ミント

メロンとミントの融合♪
デザートは別腹なので、ペロリといただきました(笑)。

c0004750_12300609.jpg
山梨・一宮町 宝桃園”白鳳”

お誕生日組にはバースデープレートで登場。
桃が軽くコンポートしてあって、とろけるよう。
ミルクアイスもびっくりするくらいミルキーで美味しかった。

c0004750_12301459.jpg
焼き立てマドレーヌ(これはお土産に) 土佐ジロー卵のチョコプリン

最後の一口まで感動が持続します。
ミントティーもとっても爽やかで美味しかったです。

c0004750_12363824.jpg
最高に素敵な夜でした!

Happy Birthday!

[PR]
by leonpyan | 2018-07-15 13:20 | グルメ | Comments(0)

狂言劇場『楢山節考』

c0004750_22441660.jpg
世田谷パブリックシアターにて「狂言劇場」特別版を観賞してきました。
万作さんの狂言を観たいなと思っていて、見つけた演目。かっこちゃんを誘って。

演劇専門劇場に特設能舞台を設置し、いつもとは違った照明や映像の効果を使っています。

狂言『呼声』
太郎冠者 野村萬斎
主 内村連
次郎冠者 中村修一

居留守を使い家から出ない太郎冠者を主人と次郎冠者が平家節だの小歌節だの踊り節だのを使っておびき出そうとしているうちに
太郎冠者もどんどん盛り上がってしまい、バレてしまう、というお話。
単純明快でノリが良く、とても楽しい作品。

狂言『楢山節考』
おりん 野村万作
辰平 深田博治
烏 野村萬斎

深沢七郎原作の『楢山節考』を元にした万作演出による新作狂言(初演1957年)。
笑いの要素がないシリアスな内容を狂言の手法で表現したらこうなるのか、という新鮮さがありました。
舞台と照明を効果的に使って従来の能舞台とは全く違う奥行きを出す演出にも驚きます。
万作さんの演じる老婆おりんは台詞はありませんが、一挙手一投足にその優しさと慈悲深さがにじみ出るようで、さすがです。
老婆を見守るような烏を演じる萬斎さんの動きにもジンと来るものがあります。
それにしても昔は70で姥捨てだったのか・・・と違った意味で胸に迫るものがありました。

[PR]
by leonpyan | 2018-07-01 00:11 | 観劇 | Comments(0)

ニンゲン御破算

c0004750_23155182.jpg
大人計画の松尾スズキが2003年に故勘三郎に当てて書いた幕末時代劇の再演。
キャストも一新し、主演は阿部サダヲ、岡田将生、多部未華子、荒川良々、脇を大人計画を中心に芸達者な役者が固めています。

これは絶対観たい、と髑髏城ラブメンバー5人でMY Bunkamura会員に登録して先行予約抽選に応募しましたが、
当選したのは5人中2人だけだったという、結構な競争率。
それでも1人3席買えたので全員観賞することができました。

上演時間は15分の休憩をはさんで3時間という長尺でしたが、
全く飽きることなく楽しめました。
阿部サダヲの上手さは言わずもがな、
岡田将生がテレビで観るよりずっと恰好よくて生き生きとしていてよかった。
多部未華子は声が綺麗で通りますね。顔小さいー。
大人計画はどの役者さんもキャラが立ってるわ。
アドリブも多いみたいで、役者さんが素で笑ってしまうことも度々。

ストーリーはちょっとシュールで多重構造の劇中劇になっているため、
最初のうちはちょっと戸惑うのですが、
笑っているうちにどんどん展開していき、ラスト近くには、ああ、そういうことだったのか、と気付く。
終わってからも反芻して、余韻に浸っています。

前から5列目でとてもいい席だったのはいいのですが、
隣りの方が最初から最後までものすごい大声で笑うのには引きました。
それも、人より一拍早く笑いだすので、気勢をそがれるというか・・・。
確かに面白かったけど、落語や漫才じゃないんだから、あのげらげらはねー。
休憩後は空いてる席に移動しました。
ホント、それほど、とんでもなくうるさかったのよー。

まあ、そんなことも今ではどうでもいいくらい楽しめたんですけれどね。
やはり舞台はいいですねー。


[PR]
by leonpyan | 2018-06-22 23:30 | 観劇 | Comments(0)
c0004750_22384405.jpg
久しぶりの観劇。
元宝塚雪組トップスター、早霧せいな主演のミュージカルです。

テス・ハーディング 早霧せいな
サム・クレイヴ 相葉裕樹
アレクセイ・ペトリコフ 宮尾俊太郎
ジェラルド 今井朋彦
ヘルガ 春風ひとみ
ジャン 樹里咲穂
チップ 原田優一

宝塚以外のミュージカルはあまり観ないのですが、
早霧せいなさんことちぎさんの明るさと美貌が好きで、注目しています。

ブロードウェイで上演されトニー賞にも輝いた『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』の日本版。
才気と美貌と仕事の成功を手に入れたテスは強いけれど可愛さもある役どころでちぎさんにぴったりでした。
退団後初の主演ミュージカル、脇役をしっかりとベテランで固め、相手役は若手イケメン。
これからのちぎさんの活躍を周りが皆期待しているのが伝わってきます。

舞台もとても楽しかった!
コメディとしてもとても良かったと思います。
歌も踊りも見どころたっぷり、宮尾俊太郎さんのバレエも観られる。
ヘルガ役の春風ひとみさんとジャン役の樹里咲穂さんは宝塚の先輩、さすがに歌も踊りも上手いはずですね。
私はチップ役の原田優一さんがお気に入り。

終演後にちぎさん、春風さん、樹里さんのトークショーがありました。
何だか得した感じ。
ちぎさんが宝塚に二年落ちていたというのも驚いた。
本当に入るのは大変なのね!


[PR]
by leonpyan | 2018-06-08 12:07 | 観劇 | Comments(0)

談ス・シリーズ第三弾

c0004750_09144640.jpg
ここ数年森山未來ブームが来ている私はついついポチってしまいました。
大手町ではなく、浦和公演にしたのは単にいい席が取れそうだったから。
車で行くと断然近いしね。

その目論見はしっかり当り、前から3列目が取れました。
初めてのコンテンポラリーダンス。
音楽に合わせて踊るのでもなく、ストーリーがあるのでもなく
(いや、あるのか?寸劇っぽい流れもあったり)
身体能力の極めて高い3人のオトコが飛んだりくねったり組体操したり・・・
何だろう、何か、すごく面白かった。

ネタバレになりますが、スライムを小道具に使っているのがまたすごい。
(このスライム、彼らが自分で作ったらしい。
会場に漂っていた甘い香りはスライムの香りだったんだろうか?)
どんな形にもなるけれど、どんな形にもならない。

彼らのダンスもそんな感じ。
型にハマらない表現力。
想像力をかきたてられる。
三位一体だったり、三者三様だったり。

観終わった後、身体を動かしたくなりました。
ああ、ぎっくり腰をやってなければ・・・スキップして帰ったのに。

c0004750_09144960.jpg




[PR]
by leonpyan | 2018-05-25 18:14 | 観劇 | Comments(0)

大阪の旅!

c0004750_23591329.jpg
先週の大阪でのワンピース歌舞伎鑑賞、夜の部でしたので、一泊で行ってきました。
同行のkemiちゃんの計らいで宿泊はザ・リッツ・カールトン大阪
それもクラブレベル!

c0004750_23591633.jpg
伊丹空港からリムジンバスで梅田駅前へ。
そこから直通電話でお迎えを頼みました。歩いても3分くらいだったんですけれどね(^^;)。

クラブレベルに宿泊すると、34階のクラブラウンジが随時使えます。
朝食、昼食、アフタヌーンティー、軽食、夜食などが自由にいただけるという贅沢な空間。

c0004750_23592043.jpg
早速アフタヌーンティーを。
季節的にイチゴと桜がメイン。何を食べても美味しい!

c0004750_23592686.jpg
部屋にチェックインすると、何とスイーツがサービスで運ばれてきました。
今食べたばかりだけど・・・(笑)、
とりあえず桜餅だけいただきました。これも美味しいっ。

そして、前の記事に書きましたが、ワンピース歌舞伎鑑賞のため、大阪松竹座へ。

c0004750_23592207.jpg
お弁当は松竹座の隣りにあるはり重の和風弁当を購入。
このお店は役者さんたちの御用達みたいです。

c0004750_23592472.jpg
ワンピースの大阪限定弁当にも惹かれたけど、はり重のお弁当はさすがに美味。
牛肉の佃煮は買って帰りたかったほど。ネットショップでも購入できるようです。

c0004750_23592957.jpg
ホテルに戻ってスパークリングワインと夜食をいただきます。
今回はホテルライフを満喫しました!

c0004750_23593229.jpg
朝食もクラブラウンジでビュッフェ。
オムレツの美味しいことといったら。
(美味しいしか表現ができなくてスミマセン。)

kemiちゃんは昼食を食べた後、伊丹空港へ。
私は夕方の便をとったので、大阪散策へ。
ちょうど造幣局の通り抜けで桜まつりをやっていたので、地下鉄で向かいました。

c0004750_23593595.jpg
c0004750_23593741.jpg
c0004750_23594153.jpg
c0004750_23594381.jpg
平日でしたがすごい人。
でも、一方通行の通り抜けなので、混乱することもなく、遅咲きの桜を楽しみました。
八重桜も種類がたくさんあるんですね!

道頓堀でたこ焼きを食べ、また梅田駅方向に戻ります。

c0004750_23594647.jpg
食の情報ならお任せのヒロエちゃんから教えてもらったパン屋さん、「ル・シュクレ・クール」。
帰りの飛行機で食べようとクリームパン ーヴィエノワ(クレーム オ ブール)と家へのお土産にパン ド ミを買いました。
パン ド ミはスーツケースに入れたらつぶれちゃたけど(汗)、小麦粉の香りがしっかり楽しめて美味しかった。
大阪に行ったらまた買いたい!!

伊丹空港は工事中でした。
2025年に誘致を計画している大坂関西万博に備えるようです。
でもしっかり蓬莱551の豚まんは買いました!

このところいろいろなことが慌ただしく過ぎて行ってゆっくりできる時間がありませんでした。
いいリフレッシュになった大阪旅行でした。
同行してくれたkemiちゃん、ありがとう♪

[PR]
by leonpyan | 2018-04-18 09:28 | 旅行 | Comments(0)
c0004750_07553623.jpg
亀ちゃんがルフィで復活!というので、行ってまいりました、大阪公演。
10月の怪我から半年足らず。
脅威の回復力だと思います。

久しぶりの大阪ステイは楽しかったのですが、それについてはまた次回。
道頓堀にある大阪松竹座は大正時代に建てられた外観の雰囲気を残しつつ、1977年に新しく建てられたもの。
着いた時には劇場前にはたくさんの人が集まっていました。

今回も亀ちゃんファンクラブの采配で一番前の花道寄りの席。
新橋の時よりもバージョンアップして、
水避けにポンチョ、ビニールシート、荷物入れ用のビニール袋、手ぬぐいまで付いていました。
劇場も一回り小さい感じなので、水がかかる範囲も広そうです。

今回初めて観る配役は亀ちゃん=ルフィ/ハンコック、下村青=イワンコフ、尾上右近=サディ/マルコ。

ルフィの左手にはうっすらと手術の跡も見えて、大丈夫かしら・・と心配しましたが、
早替りも宙乗りも難なくこなし、見事に復活していました。
右近ルフィの方が動きがあって若々しくてある意味ルフィらしさがありますが、
人を惹きつけるカリスマ性、という意味ではやはり亀ちゃんの方が上かな。
ハンコックはやはり右近ハンコックの方が美しいですが(笑)。

下村イワンコフ、さすがにミュージカル調!
浅野イワンコフとはまた違ったテンションの高さです。
バトントワリングまで登場して、サービス満点でした。

本水シーンでは遠慮なく水をかけられて、
同じ最前列でも新橋の時よりすごいことになっていました。
一緒に行ったkemiちゃんはビニール袋に入れていたバッグがビニールの口を閉じなかったせいか、水がしたたってました(^^;)。

そして、ファーファ―タイム!
大阪公演からタンバリンの交換がなくなってちょっとがっかり。
新橋で交換し損ねたので、大坂では是非、と思っていたのですが、
サイン入りのタンバリンをオークションで売る人が出たりして、禁止になってしまったのでしょう。残念。
でも、たくさんハイタッチしてもらって、盛り上がりました。
この臨場感がいいんですよね。

最前列は舞台を俯瞰できないので観にくいところもありますが、
役者さんの表情が良く見えて別の楽しみがあります。
今回も元気をたくさんもらいました!

これから5月の名古屋まで長丁場。
どうぞ皆さんお怪我無く、ダウンすることもなく、走り続けることができますように。
謝謝!

[PR]
by leonpyan | 2018-04-14 08:47 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)
c0004750_23004881.jpg
『髑髏城の七人』と時代設定は同じだけれど、捨之介も蘭兵衛も出てこない。
天海祐希と古田新太のコンビを出すために新しく練られた脚本、という感じ。

極楽太夫(雑賀のお蘭) 天海祐希
兵庫 福士誠治
夢三郎 竜星涼
沙霧 清水くるみ
カンテツ 三宅弘城
狸穴二郎衛門 山本亨
ぜん三 梶原善
天魔王/織田信長 古田新太
清十郎 川原正嗣

今回のツボは髑髏党のミュージカル兄貴!
原慎一郎さん扮する宮毘羅の猛突が登場するたびにミュージカルタッチで歌い上げるのがおかしくて。
結局最後に極楽太夫に「うるさーい!」と撃たれて即退場なんですが。

天海祐希はさすがに綺麗だし、華があるし、男前で恰好いい!
古田新太はちょっと太り過ぎて着流しが似合わない・・・存在感はすごいけどね。
竜星涼は顔が小さくて美しい!演技も良かったです。

役者さんは皆上手いし、小ネタも多くて、笑える場面がたくさんありました。
とっても楽しかった。さすが髑髏城は外しませんね。

でも、仲間内での一致した意見は、やはり捨ロス・・・捨之介と蘭兵衛がいないのは寂しい。
従来の髑髏城とは一風変わっていて面白いけれど、捨之介のイイ奴っぷりと、華麗な100人斬りシーンが懐かしい・・。
「鳥」がもう一度観たい!

[PR]
by leonpyan | 2018-04-09 14:04 | 観劇 | Comments(0)

ライオンキング

c0004750_21464138.jpg
せっかくNYに行くのだから、ブロードウェイミュージカルを一本は観たいと思い、
初心者の息子も行くので、内容がわかりやすい『ライオンキング』を選びました。
チケットは自力でも手配できそうだったけれど、口コミを見たらエージェントを通した方がいい席が取れそうだったのでVERTRAで。
少し割高でしたが、前から4列目の席が取れました。

『ライオンキング』はディズニーのアニメ映画は観ていますが、劇団四季の舞台は観ていません。
宝塚は観るけれど、ミュージカルはそれほど観ていないんですよね。

開場時間の30分前からもう既にミンスコフ劇場にはすごい人。
土曜日でしたし、他の劇場にも人が溢れ、ブロードウェイは大賑わいでした。

ワクワクしながら席につきます。
生演奏ですが、指揮者の姿が見えるだけでオーケストラはどこに?と思ったら、舞台の下で演奏するらしい。
休憩時間にはお客さんたちがオーケストラの場所を眺めに前に出てきていました。
二階席前方の左右にはパーカッション席があり、そこからも臨場感あふれる音が奏でられます。

いよいよ開幕。
この劇のテーマでもある「サークルオブライフ」の曲が流れ、
後方から客席の通路を使って動物たちが続々登場してきます。
その動物によって装置が違っていて、役者さんと一体となり、リアルな動きが再現されています。
これは盛り上がるーー。

歌も踊りも迫力満点。
ストーリーも分かりやすく、最後まで楽しめました。
英語も台詞の細かいところは分からない時があって皆の笑いに付いていけなかったりもしたけれど、ほぼ没問題。

息子はねー、時差ボケタイムがちょうど幕間の前後に来て、少し船を漕いでましたね。
私は息子よりも時差にやられて夜はあまり熟睡できていなかったので心配しましたが、
劇場に来る前に30分ほど仮眠を取ったのが良かったのか、目覚めバッチリで楽しみました。

ブロードウェイ、やっぱりいいですね~。
他のミュージカルも片っ端から観たい衝動にかられました。
ああ、でもやっぱりここはお金がないと楽しめない街よね・・・と現実を見つめる(笑)。

[PR]
by leonpyan | 2018-04-08 12:16 | 観劇 | Comments(0)

ムサシ

c0004750_21065426.jpg
蜷川幸雄三回忌追悼公演と銘打たれた舞台『ムサシ』を観てきました。
舞台に足繁く通い始めたのはこの3年くらいなので、蜷川演出のすごさはよくわからないのですが、とにかく面白かった。
キャストが豪華で芸達者がしっかり脇を締めているので安心して観られます。

宮本武蔵:藤原竜也
佐々木小次郎:溝端淳平
筆屋乙女:鈴木杏
沢庵宗彭:六平直政
柳生宗矩:吉田鋼太郎
木屋まい:白石加代子

吉田鋼太郎と白石加代子が上手い。楽しい。
溝端淳平がこれほど舞台で演じることができるとは知らなかった。
初演では小次郎役は小栗旬だったとか。うん、それも観たかったな(笑)。
藤原竜也は声が低く通る。動きが美しい。

能や狂言が出てくるところもなかなか気が利いている。
全体的にとても洗練された演出でした。

何よりも訴えかけるテーマが素晴らしい。
観終わった後、とても穏やかな気持ちで帰ることができる舞台でした。

[PR]
by leonpyan | 2018-03-04 00:03 | 観劇 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし