二日目はワシントン日帰り観光バスツアーを予約していました。
ホテルから歩いてすぐの場所に6時45分集合、
朝は開いている店も少ないので、とりあえずマクドナルドでサクッと食べて向かいます。

ガイドさんは流山出身の日本人の方でした。
道中、ニューヨークの歴史を詳しく話してくださり、とても勉強になりました。
ワシントンへは車で4時間ほどの距離。

c0004750_11440810.jpg
まずはアーリントン墓地へ。
国立の墓地で、アメリカ合衆国の戦没者が埋葬されています。

c0004750_11441101.jpg
広大な敷地に並ぶ墓石。
墓石には各宗派毎にマークが彫られています。
さすがにキリスト教が多いですが、ユダヤ教、仏教、イスラム教、などバラエティに富んでいます。

日本の戦没者をお参りする場所と言えば靖国神社ですが、
私は個人的には神社を慰霊の場所とすることには反対です。
神道ではない人たちもいるはず(と言うか、そちらの方が多数では)ですし、
今の靖国神社はHPを見るとわかりますが、特に宗教色が強くなっている気がします。
実は生まれてこの方、靖国神社の鳥居をくぐったことがありません。
それには亡き父の主義と母校の方針が影響していたのですが、現在は自分の意思で足を踏み入れていません。
もちろんお国のために命を落とした方々を慰霊する場所は必要だと思います。
靖国ではない場所に慰霊碑を作ってほしい・・・。
ワシントンでアーリントン墓地や戦没者慰霊碑を回って、その思いを強くしました。

c0004750_11441498.jpg
ケネディ大統領のお墓です。
隣りにはジャクリーンのお墓も。
本当は再婚しているのでケネディ家のお墓には入れないはずなのですが、さすがにお金があるので・・・とガイドさんは説明されてました。

c0004750_11441640.jpg
こちらはベトナム戦争戦没者慰霊碑。
写真ではわかりませんが、黒い花崗岩の慰霊碑に戦没者の方々の名前が彫られています。

c0004750_11443464.jpg
こちらのリアルな石像は朝鮮戦争戦没者慰霊碑です。
朝鮮戦争でも想像以上の人数のアメリカ兵が亡くなっているのですね。

c0004750_11441991.jpg
リンカーン記念堂です。
ギリシャ式の建造物ですね。

c0004750_11442239.jpg
エイブラハム・リンカーン。
ゲティスバーグ演説も壁に彫られています。
「人民の人民による人民のための政治・・・・」

c0004750_11442407.jpg
ワシントンモニュメント。
リンカーン記念堂からワシントンモニュメント、そしてその先には国会議事堂が一直線で並んでいます。
大統領就任式にはこのあたりの広場は人で埋め尽くされるのでしょう。

c0004750_11443765.jpg
そしてホワイトハウスへ。
トランプさんには会えませんでした。

c0004750_11444021.jpg
スミソニアン航空宇宙博物館へ。
月の石やゼロ戦も展示してありました。

c0004750_11501907.jpg
国会議事堂です。
ワシントンDCのシンボルですね。


ニューヨークと比べると全く印象が違います。
ゆったりと空間を生かした美しい街でした。
ニューヨークをアメリカの経済の象徴とすれば、ワシントンは権威の象徴という感じ。
一日の駆け足ツアーでしたが、参加して良かったです。

再びバスでニューヨークに戻り、夕飯はホテル近くのロウNYC内にあるシティ・キッチンへ。
所謂フードコートです。
何となくパン以外のものが恋しくなり、ラーメン「KURO OBI」で黒帯ラーメンを食べました。
パッケージを見たら、一風堂プレゼンツだった。

[PR]
by leonpyan | 2018-04-07 13:11 | 旅行 | Comments(0)
3月半ばにニューヨークに旅行してきました。

3月で院を卒業し、4月から会社の寮に入るため家を出る息子との二人旅。

そして私にとってはアメリカ大陸初上陸。ハワイまでしか行ったことがなかった。

昔からニューヨークに行ってみたいと思いつつ、なかなか中華圏から出られなかったので、息子の卒業旅行に便乗したのでした。


当初は7日の夜便で発つはずが、夕方エージェントから電話が来ました。

それによれば、ニューヨークのJFK空港が雪で発着できず、飛行機が飛べないため、8日の朝10時半発に変更される、と。

ニューヨーク時間では7日の夜に到着する予定が8日の朝9時過ぎにJFK空港に着くことになります。

困ったのは、かれこれ2か月ほど前から予約していた自由の女神の王冠ツアーの開始時間が8日の午前10時。

既に一人21ドルをクレジット決済で払っているのに、とうてい間に合いません。


半分諦めムードで8日の朝、成田へ。

プレミアムエコノミーだったのでラウンジも使えたし、12時間弱のフライトは快適でした。

映画も『シェイプオブウォーター』『オリエント急行殺人事件』を観賞。面白かった。

さて、JFK空港に着いたのは予定通り朝9時頃。

エアトレインと地下鉄を乗り継いで、タイムズスクエアのインターコンチネンタルホテルに無事到着。

チェックインでもあらかじめお願いしていたツインルームを用意してくれていて、出だしは好調。

ホテルの一階に入っている人気のハンバーガーチェーン「SHAKE SHACK」で腹ごしらえをして、とりあえず自由の女神に向かいました。

予約の時間は10時でしたが、着いた時にはもう既に午後1時を回ったところ。

それでも全く問題なく予約番号からチケットを発券してもらい、フェリーでリバティ島へ!


c0004750_23004323.jpg
フェリーからマンハッタンを臨みます。


c0004750_23005559.jpg
自由の女神に到着。

あの王冠の部屋まで登ります。

Crown Accessのチケットは数に限りがあるため、数カ月前から予約をする必要があります。

c0004750_23010077.jpg
中はこんな感じで螺旋階段を登っていきます。

c0004750_23010254.jpg
王冠の部屋に到着。

窓はこんな感じになっています。

c0004750_23010594.jpg
女神さまがトーチを持っているところを王冠の部屋からパチリ。証拠写真。

c0004750_23010819.jpg
女神さまの眼と鼻を内部から撮ったところ。わかりますか?

そんなこんなで自由の女神観光は無事クリア。

これで、私は富士山とエアーズロックと自由の女神に登ったのだということをこれからずっと自慢できます(笑)。


自由の女神を後にして、ワールドトレードセンターへ。

「9/11 MEMORIAL」モニュメントを訪れました。

二棟の建物のあった場所には四角く水が流れているプールの記念碑があり、周りに犠牲者の方々の名前が彫られています。

記念碑に触ってください、と看板に書いてあったので、触れながら祈りを捧げました。

それでも長くそこに留まることはできず、写真も撮れずに離れました。

耳には聞こえないけれど、悲しい叫びが周囲を彷徨っている気がしたのです。

ヒロシマを訪れた時と同じ感覚でした。


そこから地下鉄に乗ってブルックリンブリッジへ。

若干道に迷いましたが、そのおかげで素敵な景色に出逢いました。

c0004750_23011188.jpg
まだ少し雪が残っています。

ブルックリンから見るマンハッタンもなかなか素敵でした。

c0004750_23011507.jpg
ブルックリンブリッジは歩いて渡ることができて、ちょっとした観光スポットになっています。

c0004750_23011836.jpg
こうしてニューヨークの第一日目の夜が更けていきました。


[PR]
by leonpyan | 2018-04-03 23:53 | 旅行 | Comments(0)
今年ももうあと一か月を切った。
思えば今年は訃報の多い年だった。
親しい友人のご親族が亡くなったという知らせは片手では数えきれない。
そういう年回りもあるのかもしれない。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

私にとって一番身近だった訃報はつい最近のこと。
新入社員として新卒で入社したM物産の同期で、同じ中国関係、家も同じ千葉北西部で、
とても仲良くしてもらったSさんが9月末に亡くなったという知らせをもらったのは10月初めのこと。
SさんはM物産には5年ほど在職し、その後天津の南開大学へ留学し、帰国後は母校の大学院に戻り、博士課程修了後はH大学の教壇に立ち、教授となっていた。
知らせをくれたのは共通の友人で現在はSさんと同じH大学の教授をしているO氏。
既に親族のみで葬儀は終えていたとのことで、お焼香もできずに何となくもやもやとしていた。

SさんとはM物産時代は一緒に乗馬部に入り、私が4年目に退社する際には一緒に京都旅行にも行った。
私の台湾留学の時には会社の後輩と一緒に台北に遊びに来てくれた。
その後彼女が中国に留学し、そこで出会ったM氏と結婚するというので紹介され、居酒屋で3人で飲んだこともある。

彼女は本当に頭のいい人で、奥ゆかしく知的で八重歯が可愛くて、会社でもとても人気のあった人だ。
M氏は彼女の趣味とはちょっと違うかなと思ったけれど(笑)、M氏からはものすごいアプローチだったらしい。
その後はご夫婦で研究の道に進まれたので、歩む方向が一致した素敵なカップルだったのだろうと思う。

先週末、H大学で「S先生を偲ぶ会」があるとのことで、私も自分の気持ちの整理をつけるためにもと参列した。
Sさんの思い出の写真アルバムが大きな画面で流されていて、一緒に台湾で過ごした写真もあった。
近年ではSさんとは年賀状のやり取りくらいでもう20数年お会いしていない。
今年17歳になる息子さんとの幸せそうな写真、大学の研究室でのスナップ、中国訪問の写真・・・
私の知らないSさんの笑顔がそこにはたくさんあった。
きっとSさんはSさんらしく、とびきりの笑顔で回りをハッピーにしながら、Sさんらしい人生を送られたに違いない。
偲ぶ会には大学関係者、学生さんたち、日中学院の友人の方々など、大勢の方々が参列していた。

本当に早すぎるお別れだと思う。
一度ゆっくり会って、いろいろお話をしたかった。
私にとっては初めての親しい友とのお別れ。
心より哀悼の意を表します。

c0004750_11354734.jpg
左端がSさん。
台湾の中正記念堂前にて。

[PR]
by leonpyan | 2016-12-05 12:21 | 雑談 | Comments(0)

和服のススメ その3

着物をなるべく安価で手に入れる方法、
次なる手立てはリサイクルである。

ネットでも着物のリサイクルショップはたくさん検索できるが、
何せ自分に似合うものもまだわからないので
実物を肩に当ててみないことには不安がある。
着物のことを相談できるプロも見つけたかったので、
まずは実店舗があり、リサイクル品も扱う呉服屋さんを探すことにした。

そこでヒットしたのが、動坂下不忍通り沿いにある「染と織 あら船」さんだった。
決め手はHPから伺えるアットホームな雰囲気と
私が11歳まで育った文京区向丘にほど近かったこと。
この辺りは昔は噺家さんや芸者さんが多く住んでいて、粋な着物姿がよく見られたのだ。
懐かしい気がした。

とにかく行ってみよう、と訪れたのが去年の7月はじめで、
初めて購入したのは浴衣と半幅帯だった。
今一番着用頻度が高く、どの着物にも合わせやすくて重宝している綴れ帯も
こちらで勧めていただいたリユース帯である。
以来、いろいろな相談にのっていただいている。

もう一軒、店舗に行ったこともないし、購入したこともないが、
目の保養に時々HPを覗いているお店がある。
銀座きもの青木」さんのONLINE SHOP。
上質のリサイクル品が毎週更新されるが、
いいなあ、でも買えないなあ(笑)と指をくわえているうちにすぐにSoldマークになってしまう。
私にとってはコーディネートの教科書的な存在。

伊勢丹や松屋に入っているリサイクル店「ながもち屋」もたまにのぞきに行く。
こちらでは着付けの練習用に手ごろな名古屋帯を購入したことがある。

この他にもアンティークやリサイクルの着物を扱うお店はたくさんある。
品ぞろえは店主さんの好みが反映されるので、
お店選びは自分の趣味と合うかどうかが決め手になると思う。


今年の春は着物で花見も実現。
あら船の女将さんと、六義園のしだれ桜の下で。

c0004750_2143078.jpg

[PR]
by leonpyan | 2016-06-05 09:38 | キモノ | Comments(0)

新江ノ島水族館

箱根の帰りにYちゃんとHちゃんと江ノ島で合流して新江ノ島水族館へ行きました。

相模湾大水槽。
エイがユーモラスな表情を見せてくれます。
c0004750_0101862.jpg



相模湾大水槽。
マイワシの群れ。
c0004750_010362.jpg



クラゲファンタジーホールには様々なクラゲが。
c0004750_0105436.jpg



c0004750_0111010.jpg



c0004750_0112999.jpg



ここへ来た目的のひとつはウミガメの赤ちゃんに会うことでした。
だいぶ大きくなっていましたが、なつっこくてつぶらな瞳がかわいらしい。
元気に大きくなってね!
c0004750_0114448.jpg

[PR]
by leonpyan | 2014-06-08 11:35 | 旅行 | Comments(0)

時を、刻む。

c0004750_13432214.jpg


腕時計をつけなくなって久しい。

20代の頃は時計が大好きで香港に行くたびに手頃な値段のものを購入していた。

今は海外旅行に出かけるときくらいしか取り出さなくなってしまったけれど。

当然のことながら、引き出しの隅から手に取るととっくに電池は切れている。

本当に何年ぶりかで近所の小さな宝石店を訪れた。

ネクタイを締めベストを着た初老の男性がにっこりと迎えてくれた

「これをお願いします」と時計を差し出す。

男性は小さな机に座り、拡大鏡を使いながら電池を替えてくれる。

その丁寧な仕事ぶりを見ていたら、妙に懐かしい気持ちになった。

眠っていた時計を優しくそっと起こすような、そんなまなざし。

この男性は本当にいくつもの時計をこうやって起こしたり直したりしてきたのだろう。

また時を刻み始めた時計の針は心なしか弾んでいるように見えた。
[PR]
by leonpyan | 2014-03-19 13:54 | カメラ | Comments(0)

EOS M2 ミニ講習

カメラを5年ぶりに購入。

5年前まではCANON 50Dを愛用していたけれど、
左手親指の変形関節症をやってからは外出時は一眼レフを持ち歩くのをやめ、
CANON S90を購入し、それを使っていました。。
ハイスペックとは言え、やはりコンデジ。
操作性も機能も絵的にもいまひとつ満足できずにいました。

ここ数年の流行りであるミラーレス、
興味はあったのですが、持っているレンズを考えると選択肢はCANONのみ。
CANONはミラーレスでは後発で評判もいまひとつだったため躊躇してましたが、
昨年末にM2が発売され、Wi-hi機能もついて懸念していたAFも向上したとのことで買うことにしました。

ちょっと高くつくけれどオンラインショップでミニ講習付きのトリプルレンズキットを購入。
ちゃんと操作を習わないとS90のように結局機能を使いこなせずに終わりそうだったので。

昨日がその講習日でした。
3時間ほどの短い時間でしたが、説明書をざっとめくっただけではわからないような操作のコツもわかり、
最後の1時間は外に出て撮影実習を通してカメラの特徴を体感しました。

50Dとはまた違った使い方もできることを発見。
ファインダーを通して撮るデジイチではできなかった高い目線や低い目線から撮ることができるのが一番の特徴でしょうか。

ミラーレス専用のレンズもなかなか優秀。
22mmのパンケーキレンズは携帯性に優れ、スナップ写真も小物もOK。

今回撮影で使った11mmー22mmは風景撮りが楽しくなるレンズでした。
以下はすべて11mmー22mmで撮影。

c0004750_10223576.jpg



c0004750_10225428.jpg



c0004750_10231066.jpg



c0004750_10233347.jpg



c0004750_10235716.jpg



c0004750_1025195.jpg


今年はまたカメラを携えて旅行に出ようと思います。
[PR]
by leonpyan | 2014-03-10 10:42 | カメラ | Comments(0)
一昨日のことになりますが、写真展「ヨコハマなう。」を見に、横浜山手に行ってきました。

「・・・なう」と言うのはお分かりかとは思いますが
一応説明を付けておきますと(何せ、IT音痴の友人も多い世代なので^^;)、
今流行りのTwitterの専門用語?のようなもので、
なう=now、語尾につけて、今ここにいるよ、とか、今こんなことしてるよ、ということを表します。

以前からブログをよく拝見していたフォトグラファーのすずちゃんこと鈴木知子さんが
Twitter仲間の方々と横浜をテーマにしたグループ写真展を開催する情報を
すずちゃんのツィートでキャッチしまして、出かけてきました。

すずちゃんの写真が好きで、先日買った写真指南書『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!
のカメラマンのお一人でもあります。
本に自筆サインをお願いしたかったのですが、
残念ながら今回はお会いできませんでした。
でも、やっぱり写真はステキで、横浜まで足を運んでよかったと思いました。

展示されている他の方々の写真も生き生きしていました。
テーマや視点がはっきりしているのが素晴らしいです。
きっとすずちゃんの指導もうけていらっしゃるんでしょね。羨ましいです!

会場は横浜山手234館
こんなステキな場所で写真展を開けるって幸せですよね。
c0004750_013281.jpg



横浜山手を歩くのは本当に何年ぶりでしょう。
多分、高校以来じゃないかな。
(どんだけ前なんだ~)
週末にはカメラ女子たちが大勢詰め掛けるそうですよ。
c0004750_0134767.jpg



c0004750_014140.jpg



c0004750_0141671.jpg



c0004750_0143047.jpg

[PR]
by leonpyan | 2011-01-20 00:14 | カメラ | Comments(6)

大人の夏休み~白根山

一泊二日の大人の夏休み、
温泉を満喫して、二日目の始まりです。

宿を後にし、病院に寄ってから、一路ロマンティック街道を通って草津方面へ。
途中の大岩で休憩。
手前はひまわり畑です。まだ咲いていなかったのが残念。
大岩はなんとも神秘的な眺めでした。
c0004750_1226119.jpg



ほんの少しだけ咲いていたひまわり。。。
c0004750_12261876.jpg



二日目はどこへ行こうか決めていなかったのですが、
とんきちさんとkemiちゃんが昔子供の頃に行ったと言う白根山に行くことになりました。

「確か、ロープウェイに乗って山頂に行くんだよね」と、途中のロープウェイ乗り場に車を停め、
ごとごと揺られて山頂駅に到着、そこから無料シャトルバスで白根山の山頂へ行くと、
そこにはしっかり大駐車場が・・・・。
道路をそのまままっすぐ走っていけば山頂につながっていたんですね。
子供の頃にはここまで道路がなかったのよね~~と大笑いでした。

白根山の山頂は素晴らしい景色でした。
まわりには湿原が広がり、湖が点在します。
c0004750_12263286.jpg



湖にはカルガモの母子がのんびりと泳いでいます。
人馴れしていて、かなりそばまで来てくれます。
c0004750_12274732.jpg



c0004750_1228913.jpg



c0004750_12264794.jpg



c0004750_12265950.jpg



湯釜と呼ばれる火山湖には20分ほど登っていきます。
結構ハードでしたが、登りきった後には感動の景色があります。
c0004750_12271184.jpg



c0004750_12273310.jpg


白根山を登ってかなり足が疲れたので、
この後草津に戻り、西の河原公園の露天風呂に入りました。
夕飯に横川SAで釜飯を食べ、充実した夏休みは幕を閉じました。
[PR]
by leonpyan | 2010-08-08 12:28 | 旅行 | Comments(8)

大人の夏休み~榛名神社

母が8月初めから群馬のリハビリテーション病院に2ヶ月ほどの予定で入院しているので、
10日に1回くらい面会に行かなくてはなりません。
この機会に温泉巡りだ!と、まず最初は友人のkemiちゃんととんきちさんを誘って
四万温泉に行ってきました。

行く前に、kemiちゃんに「近くにどこかパワースポットはないの?」と聞くと
「榛名神社に行ってみたかったんだ」と返事。
ちょうど寄れる距離にあるので、即決。
私は榛名山は小学校6年の時の林間学校以来です。

榛名神社、ネットで調べてみると、関東屈指のパワースポットらしい。
期待は深まります。

手前の赤い橋は随神橋。
渡ると随神門です。
もうこのあたりから荘厳な空気に包まれます。
c0004750_12201081.jpg



参道の傍らにそびえる杉木立。
そばを流れる川の音が心地よく響きます。
kemiちゃんととんきちさんが「ここは天狗がいるね!」と。
c0004750_12202877.jpg



参道には七福神さまがいらっしゃいます。
c0004750_12204320.jpg



緑の中に楚々と咲く花たち。
c0004750_122125.jpg



神幸殿。
c0004750_12211892.jpg



本殿の手前には双龍門があります。
左の岩は鉾岩(ほこいわ)、別名ローソク岩と呼ばれているそうです。
c0004750_12241858.jpg



本社。
御姿岩に接して建てられています。
岩奥に御神体をお祀りしているそうです。
c0004750_12213233.jpg



「ご神水開運おみくじ」を引いてみました。
大吉♪
本社そばの神楽殿で引き、帰りに参道の途中にある水琴窟で水にぬらすと字が浮き出てきます。
引いたおみくじは廻運灯篭に収めると願いが叶うそうです。
c0004750_12214611.jpg


榛名神社、とても心地よい空間で、ついつい長居をしてしまいました。
気が付いたら結構な時間になり、榛名湖は車で通っただけになりましたが、
『頭文字D』の舞台となり、実写版の香港映画でも使われたコースを一部だけ走りました♪

その後は病院に寄り、四万温泉の「ゆずりは荘」へ。
写真はありませんが、会席料理の夕食を堪能し、露天風呂でくつろぎました!
[PR]
by leonpyan | 2010-08-08 12:21 | 旅行 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし