リメンバー・ミー

リメンバー・ミー (2017)

【監督】リー・アンクリッチ / エイドリアン・モリーナ
【出演】


★★★★☆ [90点]「写真のない時代はどうしていたのだろう・・」

字幕版で鑑賞。
J-Waveの映画紹介でかなり押していたのでつられて行ってみましたが、期待を裏切らないいい映画でした。
ピクサーは本当に上手い。
いつも泣かせどころをしっかり押さえてますよね。
ギターの音色もとても心地よくて、歌も良かった。
もちろん映像の素晴らしさは言わずもがな。

このテーマはお盆がある日本でもリメイクできそう。
でも日本は火葬だから無理かしら?


Posted by ちょし on 2018/04/02 with ぴあ映画生活

[PR]
# by leonpyan | 2018-04-09 14:01 | 映画 | Comments(0)
空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎 (2017)

【監督】チェン・カイコー
【出演】染谷将太 / ホアン・シュアン / チャン・ロンロン / 火野正平 / 松坂慶子 / キティ・チャン / チン・ハオ / リウ・ハオラン / チャン・ティエンアイ / オウ・ハオ / チャン・ルーイー / シン・バイチン / リウ・ペイチー / 阿部寛


★★★☆ [70点]「原題は妖猫傳」

周りの評判をもれ聞いていたので期待半分で行きましたが、意外と楽しめた。
唐の都を再現したというセット、
女性たちの豪華絢爛な衣装、
中国の懐かしい往年の名優の登場。

空海と白楽天のとぼけたコンビがいいですね。
空海は特殊能力があるという風に描かれていないのも好感が持てましたよ。

宣伝の仕方がね~。
まるでチェン・カイコー監督が空海を主人公に新作を製作中!みたいな映像が散々流れてましたからね。
私も当初はまじめな空海物語かと誤解していました。
封切られてからはすぐに違うと知りましたけれど。
実際はミステリアスファンタジー。
邦題もおいおい、違うだろう~~~という感じ。
時々あるよね、こういうミスリード。

でも最後はちょっとホロリとしましたよ。
空海のオチもなかなか。


Posted by ちょし on 2018/03/30 with ぴあ映画生活

[PR]
# by leonpyan | 2018-04-09 08:00 | 映画 | Comments(0)
ニューヨーク四日目、次の日の午前にはチェックアウトするので、実質的には活動できる最後の日です。

今回の旅の食事はサンドイッチやハンバーガーやタコスで済ませていることが多かったので、
最終日くらいは少し贅沢をして美味しいものを食べよう、ということで朝はダウンタウンまで足を伸ばし、
「クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー」の本店に行きました。

c0004750_21300285.jpg
お店はテーブルを限界まで入れたのではないかと思うくらいぎっしり並んでいて、歩くのも大変なくらい。
開店時間から少し過ぎていましたが、もう店内は満席。
それでも運よく席があり、すぐに座ることができました。

c0004750_21300436.jpg
バナナパンケーキをオーダー。
ブルーベリーパンケーキが看板メニューだったみたいですが。
こちらも美味しかった。

朝からパンケーキをがっつりというのはボリューミーでした。
この後全然お腹が空かなくて、私は夕食まで何も食べられなかった(笑)。
息子は途中ウェンディーズに寄っていましたが。

ニューヨークの食事は正直あまり合わなかったですね。
中華圏に行くことが多い私は海外の食事でげんなりしたことはあまりないのですが、
ニューヨークでは和食にも中華にも行かなかったこともあって、ファストフード攻めにちょっと疲れてしまいました。

c0004750_21300707.jpg
美味しいコーヒーと、チョコレートブティックを求めてブルックリンへ。

c0004750_21301158.jpg
「ブルックリンロースティングカンパニー」のアメリカン。
珈琲のお味はまあまあ。お店の雰囲気はとても良かった。

チョコレートショップは「Jacques Torres Chocolate」へ。
パッケージが可愛くて、お土産用に大人買いしてしまいました。

ブルックリンを後にして、ミッドタウンに戻ります。
4日間、タクシーは一度も使わず、地下鉄と徒歩だけで乗り切りました。
バスを使いこなせればもう少し歩かずに済んだかもしれませんが、結構な距離を歩きました。
地下鉄は決して綺麗とは言えないし、週末は停まる駅や行き先が変わっていて戸惑うこともありますが、とても便利。
7日間フリーパスを買ったのですが、十分元は取ったと思います。

c0004750_21301335.jpg
さて、向かったのはエンパイアステートビル。
86階までのスタンダードなチケットは一人37ドル。

c0004750_21301579.jpg
マンハッタンを北の方向に見た風景。

c0004750_21301819.jpg
南の方向に見た風景。

マンハッタン島はこじんまりしていますが、その中にぎっしりとビルが立ち並んでいます。
昔はマフィアが暗躍し、町にはホームレスが溢れ、一日に人が7人殺されていたという危険な街だったそうです。
ニューヨーク市警の犯罪抑止政策が功を奏してか、1990年代から犯罪発生率がグンと低くなりました。
今回も怖い思いは一度もありませんでしたし、治安が悪いとは感じませんでした。
夜中の緊急自動車のサイレンはしょっちゅうでしたけれどね。

c0004750_21302491.jpg
最後の夜は「ウルフギャングステーキ」タイムズスクエア店で。
ネット予約ができるので便利です。

ポーターハウスを頼みました。
二人でも多いくらいだったけど、フィレがとっても美味しかった。
やっぱりアメリカはステーキですね!肉!肉!肉!


翌日5日目はニューヨークを離れる日。
朝は時間がないのでホテルのビュッフェに行ったのですが、
たいした品数もなく、美味しくもないのに一人5000円くらいした・・。
これならマクドナルドで食べた方がましだったかも・・・。
ニューヨークの食事は本当に油断できません(^^;)。

それでも、憧れのニューヨーク、来ることができて、本当に良かったです。
息子との二人旅もいい思い出になりました。
送り出してくれた旦那にも感謝、です。

アイらぶニューヨーク!

[PR]
# by leonpyan | 2018-04-08 22:33 | 旅行 | Comments(0)

ライオンキング

c0004750_21464138.jpg
せっかくNYに行くのだから、ブロードウェイミュージカルを一本は観たいと思い、
初心者の息子も行くので、内容がわかりやすい『ライオンキング』を選びました。
チケットは自力でも手配できそうだったけれど、口コミを見たらエージェントを通した方がいい席が取れそうだったのでVERTRAで。
少し割高でしたが、前から4列目の席が取れました。

『ライオンキング』はディズニーのアニメ映画は観ていますが、劇団四季の舞台は観ていません。
宝塚は観るけれど、ミュージカルはそれほど観ていないんですよね。

開場時間の30分前からもう既にミンスコフ劇場にはすごい人。
土曜日でしたし、他の劇場にも人が溢れ、ブロードウェイは大賑わいでした。

ワクワクしながら席につきます。
生演奏ですが、指揮者の姿が見えるだけでオーケストラはどこに?と思ったら、舞台の下で演奏するらしい。
休憩時間にはお客さんたちがオーケストラの場所を眺めに前に出てきていました。
二階席前方の左右にはパーカッション席があり、そこからも臨場感あふれる音が奏でられます。

いよいよ開幕。
この劇のテーマでもある「サークルオブライフ」の曲が流れ、
後方から客席の通路を使って動物たちが続々登場してきます。
その動物によって装置が違っていて、役者さんと一体となり、リアルな動きが再現されています。
これは盛り上がるーー。

歌も踊りも迫力満点。
ストーリーも分かりやすく、最後まで楽しめました。
英語も台詞の細かいところは分からない時があって皆の笑いに付いていけなかったりもしたけれど、ほぼ没問題。

息子はねー、時差ボケタイムがちょうど幕間の前後に来て、少し船を漕いでましたね。
私は息子よりも時差にやられて夜はあまり熟睡できていなかったので心配しましたが、
劇場に来る前に30分ほど仮眠を取ったのが良かったのか、目覚めバッチリで楽しみました。

ブロードウェイ、やっぱりいいですね~。
他のミュージカルも片っ端から観たい衝動にかられました。
ああ、でもやっぱりここはお金がないと楽しめない街よね・・・と現実を見つめる(笑)。

[PR]
# by leonpyan | 2018-04-08 12:16 | 観劇 | Comments(0)
さて、三日目はNYのエンターテインメントを満喫する日。
まずは朝食の女王へ!

c0004750_21462993.jpg
タイムズスクエア!
ここから地下鉄に乗って・・・・

c0004750_21462343.jpg
到着したのは「サラベス」セントラルパークサウス店。
OpenTableで予約を入れておきました。
開店前15分くらいで既に人が並んでいます。

c0004750_21462550.jpg
エッグベネディクトを頼みました。
実は私はエッグベネディクトは初めて。
コレステロール高めなので、普段は卵料理はあまり食べないのです。
せっかくNYに来たんだしね。
とっても美味しかった!!日本のサラベスも味は一緒かしら?
でも、NYで美味しいものを食べようとすると高いですねー。
おまけにチップ!いくら払えばいいのよ、と戸惑っていたら、
ご親切にレシートに参考金額10%、15%、20%がそれぞれ書いてあった。
真ん中を取りました。

小一時間で食べ終わり、メトロポリタン美術館へ向かいます。
開館まで時間があったのでセントラルパークを散策。
土曜日だったこともあり、公園内はジョギングをする人、犬の散歩をする人で賑わっています。
犬はリードも付けず、お利口さんに飼い主さんの後をちょこちょこ付いていきます。
多分、パピーの時にしっかりと躾の学校に通っているんだろうな。
そう、セントラルパークで犬のお散歩ができるってことはこの辺りに住んでいるわけですから相当お金持ち。
ワシントンツアーのガイドさんによれば、マンハッタンのアパートの家賃は月50万円を下らないそうですから。

メトロポリタン美術館はとっても広いので、目的を絞らないと半日では回れません。
息子のリクエストは武器と甲冑のコーナー。
私はアジア美術の中の日本コーナー。
ここまで来て日本のもの?と思われるかもしれませんが、琳派や浮世絵など、ここでしか観られない名品が結構あるのです。

c0004750_21463365.jpg
そのあとヨーロッパ絵画のコーナーへ。
フェルメールもゆっくりと立ち止まって観られるのがいいですね。

c0004750_21463818.jpg
エジプト美術のコーナーも充実しています。
こんなに大きな神殿、運ぶのも大変だったでしょう。
これはダムの建設で水没してしまう古代遺跡をアメリカが援助したことでエジプトから寄贈されたのだそうです。

メトロポリタン美術館を後にして、5番街へ。

c0004750_23215639.jpg
トランプタワーです。
中も金ぴかでした。

息子は何故か日本では売り切れてしまった限定品を捜すために5番街のユニクロへ。
ここまで来てユニクロかい、と突っ込みたくなりましたが、
待っている時にここでポケモンGOのアメリカ大陸限定ポケモンをゲットできたので良しとしよう。

c0004750_21463604.jpg

MOMAでは絵画を観賞。
ゴッホの絵の前には人がいっぱいでした。
アンドリュー・ワイエスの絵は10代の頃日本で開かれた展覧会に誘われて観に行って感動した覚えが。懐かしかった。
マチスは「ダンス」はいいと思うのだけれど、それ以外はよく分からなかった(笑)。

そして、夜はブロードウェイへ。


[PR]
# by leonpyan | 2018-04-08 08:00 | 旅行 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし