《蜷川幸雄シアター2『じゃじゃ馬馴らし』》

【監督】
【出演】


★★★★☆ [90点]「筧利夫の汗がほとばしる!」

2010年に上演された故・蜷川幸雄氏演出による舞台のゲキシネ版。
このお話って女性の眼から見れば何とも複雑と言うか、はっきり言えばとんでもない男尊女卑なんだけど、不思議と観賞後に不快感が残らなかった。
オールメールの舞台ということと、二重構造になっている(劇中劇の形を取っている)ので、全てが茶化されているような気もするし、喜劇だと割り切ってしまえばそれほど腹も立たないと言うか。
すごく面白かったですよ。

亀次郎時代の猿之助は若くてお肌もツルツルで美しかった。
動きにもキレがあって時々切る見栄が楽しい。

筧利夫は熱演!
いつ呼吸しているんだろうと思うくらい(笑)。

山本裕典、、、いい役者さんだったのにね。チーン。

驚いたのは月川悠貴ですね。
え、オールメールじゃなかったっけ?と一瞬迷いました。
綺麗だし、細い!

映画だと役者さんの表情の細かいところも見えるのがいいですね。
筧利夫は汗だくなのに、猿之助と月川悠貴は全く汗をかいていない!


Posted by ちょし on 2018/04/26 with ぴあ映画生活

[PR]
# by leonpyan | 2018-04-26 09:31 | 映画 | Comments(0)
グレイテスト・ショーマン (2017)

【監督】マイケル・グレイシー
【出演】ヒュー・ジャックマン / ザック・エフロン / ミシェル・ウィリアムズ / レベッカ・ファーガソン / ゼンデイヤ / キアラ・セトル / ヤヒヤ・アブドゥル=マティーン2世


★★★★ [80点]「躍動感にあふれる画面」

オープニングから身体が動く。
音楽、ダンス、そしてキャストがぴったりとハマって、躍動感あふれる作品になっていると思う。
ストーリーについては興行師の成功と挫折、そして家族愛、とそれほど新鮮味のない内容ではあるけれど、観終わった後、幸せになれるのがいい。

このお話はブロードウェイの舞台向き、とは思うのだけれど、サーカスの臨場感やはやはり映画ならでは。
バーのカウンターや空中ブランコを使ったミュージカルシーンが特に印象に残った。


Posted by ちょし on 2018/04/18 with ぴあ映画生活

余談になりますが、一か月に5~6本は映画を観ていた昔の自分ならこの映画に90点以上を付けていたと思う。
最近は舞台に足を運ぶ回数が増えてきているせいか、ミュージカルは断然ナマ!!と言うのがこの点数になった理由です。
ヒュー・ジャックマンの生舞台、観てみたいわー。

[PR]
# by leonpyan | 2018-04-22 08:12 | 映画 | Comments(0)

大阪の旅!

c0004750_23591329.jpg
先週の大阪でのワンピース歌舞伎鑑賞、夜の部でしたので、一泊で行ってきました。
同行のkemiちゃんの計らいで宿泊はザ・リッツ・カールトン大阪
それもクラブレベル!

c0004750_23591633.jpg
伊丹空港からリムジンバスで梅田駅前へ。
そこから直通電話でお迎えを頼みました。歩いても3分くらいだったんですけれどね(^^;)。

クラブレベルに宿泊すると、34階のクラブラウンジが随時使えます。
朝食、昼食、アフタヌーンティー、軽食、夜食などが自由にいただけるという贅沢な空間。

c0004750_23592043.jpg
早速アフタヌーンティーを。
季節的にイチゴと桜がメイン。何を食べても美味しい!

c0004750_23592686.jpg
部屋にチェックインすると、何とスイーツがサービスで運ばれてきました。
今食べたばかりだけど・・・(笑)、
とりあえず桜餅だけいただきました。これも美味しいっ。

そして、前の記事に書きましたが、ワンピース歌舞伎鑑賞のため、大阪松竹座へ。

c0004750_23592207.jpg
お弁当は松竹座の隣りにあるはり重の和風弁当を購入。
このお店は役者さんたちの御用達みたいです。

c0004750_23592472.jpg
ワンピースの大阪限定弁当にも惹かれたけど、はり重のお弁当はさすがに美味。
牛肉の佃煮は買って帰りたかったほど。ネットショップでも購入できるようです。

c0004750_23592957.jpg
ホテルに戻ってスパークリングワインと夜食をいただきます。
今回はホテルライフを満喫しました!

c0004750_23593229.jpg
朝食もクラブラウンジでビュッフェ。
オムレツの美味しいことといったら。
(美味しいしか表現ができなくてスミマセン。)

kemiちゃんは昼食を食べた後、伊丹空港へ。
私は夕方の便をとったので、大阪散策へ。
ちょうど造幣局の通り抜けで桜まつりをやっていたので、地下鉄で向かいました。

c0004750_23593595.jpg
c0004750_23593741.jpg
c0004750_23594153.jpg
c0004750_23594381.jpg
平日でしたがすごい人。
でも、一方通行の通り抜けなので、混乱することもなく、遅咲きの桜を楽しみました。
八重桜も種類がたくさんあるんですね!

道頓堀でたこ焼きを食べ、また梅田駅方向に戻ります。

c0004750_23594647.jpg
食の情報ならお任せのヒロエちゃんから教えてもらったパン屋さん、「ル・シュクレ・クール」。
帰りの飛行機で食べようとクリームパン ーヴィエノワ(クレーム オ ブール)と家へのお土産にパン ド ミを買いました。
パン ド ミはスーツケースに入れたらつぶれちゃたけど(汗)、小麦粉の香りがしっかり楽しめて美味しかった。
大阪に行ったらまた買いたい!!

伊丹空港は工事中でした。
2025年に誘致を計画している大坂関西万博に備えるようです。
でもしっかり蓬莱551の豚まんは買いました!

このところいろいろなことが慌ただしく過ぎて行ってゆっくりできる時間がありませんでした。
いいリフレッシュになった大阪旅行でした。
同行してくれたkemiちゃん、ありがとう♪

[PR]
# by leonpyan | 2018-04-18 09:28 | 旅行 | Comments(0)
c0004750_07553623.jpg
亀ちゃんがルフィで復活!というので、行ってまいりました、大阪公演。
10月の怪我から半年足らず。
脅威の回復力だと思います。

久しぶりの大阪ステイは楽しかったのですが、それについてはまた次回。
道頓堀にある大阪松竹座は大正時代に建てられた外観の雰囲気を残しつつ、1977年に新しく建てられたもの。
着いた時には劇場前にはたくさんの人が集まっていました。

今回も亀ちゃんファンクラブの采配で一番前の花道寄りの席。
新橋の時よりもバージョンアップして、
水避けにポンチョ、ビニールシート、荷物入れ用のビニール袋、手ぬぐいまで付いていました。
劇場も一回り小さい感じなので、水がかかる範囲も広そうです。

今回初めて観る配役は亀ちゃん=ルフィ/ハンコック、下村青=イワンコフ、尾上右近=サディ/マルコ。

ルフィの左手にはうっすらと手術の跡も見えて、大丈夫かしら・・と心配しましたが、
早替りも宙乗りも難なくこなし、見事に復活していました。
右近ルフィの方が動きがあって若々しくてある意味ルフィらしさがありますが、
人を惹きつけるカリスマ性、という意味ではやはり亀ちゃんの方が上かな。
ハンコックはやはり右近ハンコックの方が美しいですが(笑)。

下村イワンコフ、さすがにミュージカル調!
浅野イワンコフとはまた違ったテンションの高さです。
バトントワリングまで登場して、サービス満点でした。

本水シーンでは遠慮なく水をかけられて、
同じ最前列でも新橋の時よりすごいことになっていました。
一緒に行ったkemiちゃんはビニール袋に入れていたバッグがビニールの口を閉じなかったせいか、水がしたたってました(^^;)。

そして、ファーファ―タイム!
大阪公演からタンバリンの交換がなくなってちょっとがっかり。
新橋で交換し損ねたので、大坂では是非、と思っていたのですが、
サイン入りのタンバリンをオークションで売る人が出たりして、禁止になってしまったのでしょう。残念。
でも、たくさんハイタッチしてもらって、盛り上がりました。
この臨場感がいいんですよね。

最前列は舞台を俯瞰できないので観にくいところもありますが、
役者さんの表情が良く見えて別の楽しみがあります。
今回も元気をたくさんもらいました!

これから5月の名古屋まで長丁場。
どうぞ皆さんお怪我無く、ダウンすることもなく、走り続けることができますように。
謝謝!

[PR]
# by leonpyan | 2018-04-14 08:47 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)
c0004750_23004881.jpg
『髑髏城の七人』と時代設定は同じだけれど、捨之介も蘭兵衛も出てこない。
天海祐希と古田新太のコンビを出すために新しく練られた脚本、という感じ。

極楽太夫(雑賀のお蘭) 天海祐希
兵庫 福士誠治
夢三郎 竜星涼
沙霧 清水くるみ
カンテツ 三宅弘城
狸穴二郎衛門 山本亨
ぜん三 梶原善
天魔王/織田信長 古田新太
清十郎 川原正嗣

今回のツボは髑髏党のミュージカル兄貴!
原慎一郎さん扮する宮毘羅の猛突が登場するたびにミュージカルタッチで歌い上げるのがおかしくて。
結局最後に極楽太夫に「うるさーい!」と撃たれて即退場なんですが。

天海祐希はさすがに綺麗だし、華があるし、男前で恰好いい!
古田新太はちょっと太り過ぎて着流しが似合わない・・・存在感はすごいけどね。
竜星涼は顔が小さくて美しい!演技も良かったです。

役者さんは皆上手いし、小ネタも多くて、笑える場面がたくさんありました。
とっても楽しかった。さすが髑髏城は外しませんね。

でも、仲間内での一致した意見は、やはり捨ロス・・・捨之介と蘭兵衛がいないのは寂しい。
従来の髑髏城とは一風変わっていて面白いけれど、捨之介のイイ奴っぷりと、華麗な100人斬りシーンが懐かしい・・。
「鳥」がもう一度観たい!

[PR]
# by leonpyan | 2018-04-09 14:04 | 観劇 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし