人気ブログランキング |
ブログトップ

閑遊閑吟 

<   2019年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

万作狂言会

c0004750_22112606.jpg
楽しみにしていた「万作狂言会」、セルリアンタワー能楽堂は初めてでした。
地下二階にあってロビーもそれほど広くはない感じ。
今日は頑張って正面2列目のチケットを取ったので、演者の方々の表情も良く見えました。

最初に野村万作さんのお話。
御年88歳、さすがに声の張りも衰え、呼吸も若干きつそうでいらっしゃいますが、
この歳で立ったり座ったり歩いたり、それだけでもすごいのに、しっかり演じていらっしゃるのは本当に素晴らしい。
歌舞伎役者さんにも80歳過ぎの大御所がいらっしゃいますが、大丈夫?という方が結構多いですからね。

お話は狂言の修行は「猿に始まり、狐に終わる」と言われることについて。
幼少の頃から稽古を始め、初舞台は『靭猿』の小猿であるのが大体の習わし。
この小猿がなかなか大変だけれど、可愛い盛りの子供が演じるといいところを全部持って行ってしまうとのこと。
最近の野村家では4歳のお孫さんが演じているそうです。
一度観てみたいものですね。
狐に終わる、というのは『釣狐』のこと。
この演目ができるようになると狂言師として一人前と認められるのだそう。
万作さんの十八番でもありますね。

『仏師』。
すっぱ 高野和憲
田舎者 石田淡朗
ある田舎者がお堂を建立し、本尊の仏像を用意するため都に仏師を捜しに来ます。
往来で大声で探しているとすっぱ(詐欺師)が自分は真仏師であると騙し、
仏像の注文を受け、翌日までに仏像を作ると約束してしまいます。果たして・・・。

とても分かりやすく面白い狂言。
ちょっと漫才のようなドタバタな内容ですが、狂言にかかると何とものんびり大らか。

『合柿』
柿売り 野村万作
参詣人 中村修一、内藤連、飯田豪、岡聡史
参詣の後、市場見物をしていた人々が宇治の柿売りの前で立ち止まります。
柿を試食した参詣人は渋いと文句を言いますが、柿売りは甘いはずだと自分でも食べてみるのですが・・・。

渋い柿を何とか売ろうとする柿売りの表情が面白い。
困ったりごまかそうとしたりする演技は万作さんの得意とするところですね。


私も年をとったのでしょうか、M-1グランプリのような疾走感のある笑いもいいのですが、
こういうまったりした笑いの方がスーッと心に染み入るような気がしてきました。
狂言の様式美もだんだんと理解できるようになり、それがとても心地よく感じるようになってきました。
やっぱり年?(笑)

by leonpyan | 2019-03-30 23:50 | 観劇 | Comments(0)

翔んで埼玉

翔んで埼玉 (2018)

【監督】武内英樹
【出演】二階堂ふみ / GACKT / 伊勢谷友介 / ブラザートム / 麻生久美子 / 島崎遥香 / 成田凌 / 中尾彬 / 間宮祥太朗 / 加藤諒 / 益若つばさ / 武田久美子 / 麿赤兒 / 竹中直人 / 京本政樹


★★★★ [80点]「ちょっと羨ましい」

すごいねーGACKT様がここまでやるとは。
面白かった!笑った!
特に前半が秀逸。
西葛西を当てる麗様、さすが一流芸能人。

埼玉から橋をちょっと越えただけの場所に住んでいる千葉県民としては何だか羨ましい愛に溢れた映画だった。
でも、千葉には故市原悦子氏がいる!!ふなっしーも!!


Posted by ちょし on 2019/03/24 with ぴあ映画生活

by leonpyan | 2019-03-24 20:32 | 映画 | Comments(0)

ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

c0004750_23332370.jpg
楽しみにしていた音楽劇、愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」にYちゃんと行ってきました。
私はレキシのファンなので独りでも行くつもりでしたが、
高田聖子好きのYちゃんがチケットを取ってくれて、なかなかいいお席で鑑賞することができました。

レキシご当人は出演はないということでしたが、幕間にはPVや音楽も流れていたのが嬉しかった。
舞台の始まりには映像でちょっと登場したりして、ファンとしてはテンション上がりました。

何せレキシの楽曲をベースに作られた新作ミュージカルです。
この曲がこんな風に使われてる~~っていちいち反応してしまう自分もかなりマニアックですが、
よくこんなお話を考え付くな~~と感心しきり。
主人公の名前が山本耕史演じる織田こきんと言うのだけれど、こきんって何?と思っていたらまさかのあのこきんだったという・・。

山本耕史は本当に何でも器用にこなすタイプですね。
歌も上手かったし、ニートでコミカルな役もしっかり演じてました。
松岡茉優ちゃんはとてもキュート。顔小さいし。
高田聖子さんはもちろん安定の歌と演技。
藤井隆は最近結構舞台で観るんだけど、いい役者さんですよね。
佐藤流司は刀剣の雰囲気がそのままって感じではあったけれど、格好よかった。
井上小百合も可愛かった。役としては地味目でしたが。
八嶋智人はさすが“劇団シキブ”のレキシネームを持つだけに舞台をしっかり引っ張っていました。

面白かった!
レキシを知らない人でも楽しめる舞台だと思います。
もちろんレキシを知っていると10倍面白いけれどね!
ああ、私もレキシネームが欲しい~~~。

by leonpyan | 2019-03-21 00:19 | 観劇 | Comments(0)

三月大歌舞伎

c0004750_23593927.jpg
2カ月ぶりの歌舞伎鑑賞。
亀ちゃんが弁天小僧を演じるとなれば行かないわけにはいきません。

1.盛綱陣屋
  佐々木盛綱 片岡仁左衛門
  篝火 中村雀右衛門
  早瀬 片岡孝太郎
  高綱一子小四郎 中村勘太郎
  盛綱一子小三郎 寺嶋眞秀
  北條時政 中村歌六
  微妙 片岡秀太郎
  和田兵衛秀盛 市川左團次

この演目は初めて観ましたが、見どころが多くて面白いですね。
内容はそれはそれは哀しいのですが、子役が可愛いし、何と言っても仁左衛門が上手い。
でもなあ、高綱(登場しませんが)はどーよ、その作戦は!

2.雷船頭
  船頭 松本幸四郎
  雷 中村鷹之資

船頭と落ちてきた雷小僧との舞踊。
雷のユーモラスな表情が見せ場。

3.弁天娘女男白浪
  弁天小僧菊之助 市川猿之助
  南郷力丸 松本幸四郎
  鳶頭清次 市川猿弥
  忠信利平 中村亀鶴
  赤星十三郎 市川笑也
  日本駄右衛門 松本白鷗

定番中の定番ですね。
亀ちゃんと染ちゃんのコンビは安心して観ていられます。
ただねえ、白鷗さん、何言ってるかわかりにくいのよねえ。。。

「知らざぁ言って聞かせやしょう」
いよっ、待ってました!!

by leonpyan | 2019-03-09 00:35 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31