<   2018年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

国立能楽堂夏スペシャル

c0004750_10262386.jpg
去年の夏に宝生能楽堂で野村万作さんの狂言を観てファンになり、
たまに狂言メインの舞台を見つけるとポチっています。

今回は国立能楽堂開場35周年記念の8月企画公演。
【素の魅力】と題され、能も狂言も面装束をつけずに演じます。

舞囃子・新作 智恵子抄
 鵜澤久
 櫻間金記

狂言小謡 花の袖 
 野村又三郎(和泉流)

独吟 泰山府君
 松野恭憲(金剛流)

仕舞 小歌
 宝生和英(宝生流)

一調 放下僧 
 岡久広
 曽和正博

袴狂言 釣狐 前
 野村万作(和泉流)
 野村萬斎

私はまだ修行が足りないので能や謡を楽しむ域には達していません。
幽玄の世界はすごいと思うんですが、あの静謐な空気感がどうしても睡魔を誘う・・・(汗)。

そして、万作さん。
やはり、素晴らしい!!
狐が僧に化けた演技がものすごく愛らしいのです。
クシ、クシ、クシ!!
御年87歳。ありえない、あの動き。
どうしたらあんな風に年を取れるのだろう。
日本一カワイイおじいちゃんだと思う(個人の意見です)。

ご一緒したかっこちゃん、謝謝!

[PR]
by leonpyan | 2018-08-31 10:45 | 観劇 | Comments(0)

宝塚 雪組公演

c0004750_21573554.jpg
今年初めての宝塚観劇。
なかなか当選しないんですよねー。

トップが交替してから初めての雪組。
望海風斗の歌の上手さは知っていましたが、娘役トップの真彩希帆も上手い!

今回の演目『凱旋門』は主演が専科の轟悠。
轟悠が雪組トップの時に主演を務めた役を今回も演じるのだそうです。


第二次世界大戦が激化していく1939年ごろのパリが舞台。
祖国を追われた亡命者たちのお話です。
シリアスなストーリーですが、轟悠の押さえた演技と望海風斗の落ち着いた語りが格調の高さを醸し出していました。
衣裳の華やかさはありませんが、舞台装置が工夫されていて、パリの街の雰囲気を出していました。

ショーの『Gato Bonito』は打って変わって華やかでロマンティック。
雪組の男役陣はスタイルが良くて美形が多いですね。
とても楽しい舞台でした!

ご一緒したJさんもいつもありがとうございます!
宝塚はやはり元気をもらえますねー♪

[PR]
by leonpyan | 2018-08-29 23:15 | 観劇 | Comments(0)

カメラを止めるな!

カメラを止めるな! (2017)

【監督】上田慎一郎
【出演】濱津隆之 / 真魚 / しゅはまはるみ / 長屋和彰 / 細井学 / 市原洋 / 山崎俊太郎 / 大沢真一郎 / 竹原芳子 / 浅森咲希奈 / 吉田美紀 / 合田純奈 / 秋山ゆずき


★★★★★ [100点]「情報を入れるな!」

インディーズ映画がみるみるうちに全国公開。
盗作騒ぎのニュースも加わって話題性抜群。
友人にも面白いと勧められ、これは行かねばと。

とりあえず、これから観る予定の人に言いたい。
全く情報を入れないで観に行って!

でも、一回観た後ではもう一度観に行きたくなる。
いろいろ確認したくなるんだよね。

もともとB級ホラーとか好きなんだけど、この展開は二度美味しい。
映画っていいな、と改めて思わせてくれる傑作。

映画館から出てきて、後ろの男性二人が「最初はマジで怖かったよ・・・」と言っていたのがまた何だか嬉しかった。
実は私もです。


Posted by ちょし on 2018/08/27 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2018-08-27 21:46 | 映画 | Comments(0)
c0004750_11163159.jpg
楽しみにしていた新作歌舞伎『ナルト』、
お茶友のJさんとKさんと行ってきました。

何といっても主演は我らが坂東巳之助丈。
御年28歳、結婚もしてこれからますます油が乗ってくるところ。
そして、新作歌舞伎での大抜擢。
これはもう、母のような思いを携えて観に行くしかない(笑)。

『ナルト』は忍者のお話と言うことしか知りません。
敢えて情報はシャットダウンして、新鮮な気持ちで観ようと思いました。

ビジュアル的にはナルト役の巳之助さんもサスケ役の隼人さんもぴったりな感じ。
脇を固める役者さんたちも澤瀉屋を中心に揃え、キレイカワイイ梅丸さんも登場して楽しみです。

うずまきナルト 坂東巳之助
うちはサスケ 中村隼人
綱手 市川笑也
大蛇丸 市川笑三郎
春野サクラ 中村梅丸
うちはイタチ 市瀬秀和
はたけカカシ 嘉島典俊
自来也 市川猿弥
うちはマダラ 市川猿之助

最初に感想を書きますと、
本当に楽しかった!!感動した!スカッとした!
ストーリーを知らなかったから特に感動できたのかもしれません。
あの人はこんなものを背負っていたのね・・・・的な。
72巻分の漫画をナルトとサスケの物語に絞ってまとめたのが良かったのだろうと思います。
若い演者さんたちが走り回り動き回り、役者たちが見得を切り、見せ場たっぷりの舞台でした。

そして、巳之助さん。
きっと漫画や2.5次元ミュージカルのナルトはもうちょっと軽いキャラなんじゃないかとも思うのですが、歌舞伎らしさを出すということもあるのでしょう。
『ワンピース』歌舞伎の時のようなキャラの演じ分けを楽しむ感じは影を潜め、しっかりと演じ切っている印象でした。
重圧もあったかと思います。頑張りました!良かった!みっくん!!

隼人さんは予想以上に良かった。
すみません、今までルックス先行であまり評価をしていなかったんですよ。
でも暗い過去を背負うサスケをとても繊細に演じていましたし、
ものすごーく恰好良かった。

主演の二人はもちろん素晴らしかったのですが、脇役が良かったですね。
特に猿弥さん、笑三郎さん、笑也さんの三人。しっかりと舞台を締めていました。
梅丸さんのサクラも可愛かった。
亀ちゃんはラスボス役をとても楽しんでいましたね。最近ヒール役がお気に入り?

楽しい舞台でした。
新作から定番の舞台になるといいですね!!

[PR]
by leonpyan | 2018-08-26 16:58 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

八月納涼歌舞伎 第二部

c0004750_22190640.jpg
この夏はちょっと慌ただしくしているので歌舞伎座は行けないかなと思っていたのですが、
三夏目の「東海道中膝栗毛」があるというので、やっぱりポチってしまいました。

1.東海道中膝栗毛

喜多八 市川猿之助
大岡忠助 中村獅童
女医羽笠 中村七之助
釜桐左衛門 市川中車
伊月梵太郎 市川染五郎
五代政之助 市川團子
弥次郎兵衛 松本幸四郎

このところ納涼歌舞伎恒例となっている、
幸四郎&猿之助の弥次喜多珍道中。
染五郎から幸四郎になってしまったので、こんなアホ役はもうされないのでは、と思いましたが、やってくれましたねー。

今回は若手に活躍の機会を与える舞台にもなっていました。

染五郎と團子はもう中学生になったんですね。
染五郎は美少年だけど、私はわりと團子が好き。
声の通りもいいし、今回は殺陣を頑張っていました。

市川右近くんはずるい、可愛すぎる。

橋之助をはじめとする中村三兄弟も見せ場多し。

10代の若手の中では私は片岡千之助がイチオシです。
仁左衛門さまのお孫さんですからサラブレッドなんですけどね、
ジャニーズ顔負けのイケメンですが、女方もとっても美しい。
舞いの手がとっても好き。

でも今回は中車が美味しいところを全部持って行ってしまった感あり。
獅童、七之助、中車の三人が早替りで何役もこなすんですが、中車はいつも妙な役。
獅童もアドリブで絡まれて笑っちゃってました。

2.雨乞其角

其角 中村扇雀
船頭 中村歌昇
大尽 坂東彌十郎

舟遊びの場面が粋な舞踊劇。
歌昇の船頭がすごく恰好いい。
歌舞伎の男っぽさと女っぽさの仕草はすごくわかりやすくて面白い。


[PR]
by leonpyan | 2018-08-17 23:08 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)
ミッション:インポッシブル/フォールアウト (2018)

【監督】クリストファー・マッカリー
【出演】トム・クルーズ / ヘンリー・カビル / ヴィング・レイムス / サイモン・ペッグ / レベッカ・ファーガソン / ショーン・ハリス / アンジェラ・バセット / ヴァネッサ・カービー / ウェス・ベントリー / フレデリック・シュミット / ミシェル・モナハン / アレック・ボールドウィン


★★★★ [80点]「キングカズと並ぶ中高年の星」

お盆休みに家族で鑑賞。
いやー、ハズれませんね。
あまり深く考えずに楽しめて、突っ込みどころも満載なので鑑賞後の会話も進みます。

IMFって何!?国際通貨基金!?
いや・・・「Impossible Mission Force」だってさ。
えええぇえええっ~~!そうだったんだ!

トム・クルーズって何歳!?
56歳らしいよ。
ひえ~~カズもまだ頑張れるね。

トム・クルーズ、あなたはすごい。全速力で走れるだけでも素晴らしい。
MI7があればまた観に行きますからね!


Posted by ちょし on 2018/08/17 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2018-08-17 22:07 | 映画 | Comments(0)

メタルマクベス disc1

c0004750_00023394.jpg
IHIステージアラウンド、劇団☆新感線の二周目の演目は『メタルマクベス』。
去年すっかり『髑髏城の七人』にハマった仲間たちと、今回も完走することになっています。

2006年『メタルマクベス』の初演は内野聖陽、松たか子、森山未來で超豪華。
一応シネマ版で予習はしたんだけど、パーティ中の流し見だったので内容はあまり把握していません。

メタルは全然興味ないし、
disc 1の俳優さんはあまり馴染みはないし、
4時間と言う長丁場、耐えられるかちょっと心配だったのですが、杞憂でした。
パワー全開!シャウト!じわじわ来る世界観!

髑髏城の時と比べて回る舞台が進化していました。
360度続く舞台の特徴を活かしていたし、プロジェクションマッピングも素晴らしかった。
生演奏も入っていて、大音響はちょっと耳に響いたけれど、ド迫力でした。
 
主演の二人は結構年齢高めで大丈夫?と思っていたけれど、
橋本さとしさん、格好よかったし、濱田めぐみさんは歌が上手い!
松下優也も美しかった。
橋本じゅんさんは安定の面白さ。目の前で歌ってくれたのはラッキーでした。
一番好みは山口馬木也さん!美味しい役だったね。

同じ役をdisc2では松也や岡本健一はどう演じるんだろう?ってとても楽しみです。

[PR]
by leonpyan | 2018-08-10 00:24 | 観劇 | Comments(0)

年中無休!

c0004750_21493841.jpg
何でこの劇のチケットを取ったのかと言えば、場所が北千住の「シアター1010」だったということに尽きます。
(1010って、せんじゅ、って読むんだって!)

主演の「ふぉ~ゆ~」というグループのことは全く存じ上げませんでした。
ジャニーズ事務所所属のアイドルグループで、舞台を中心に活動しているんだそうな。

会場はアイドルグループのファン層とはちょっと違っていて、
地元の人たちもかなり多いような感じ。年配の方も多い。
まあ、私も準ジモティ&年配者なんだけどね。

舞台は北千住の古道具屋。
そこで働く社長と5人のスタッフの日常を綴ったお話。
お店の中で起こるエピソードがオムニバス形式で演じられていきます。

テンポのいい会話劇にアカペラやダンスが挿入されて、
さすがに皆さん歌も上手いしダンスも素晴らしい。
見た目はちょっとお笑い入ってそう・・・?なんて思ってスミマセン。

笑える場面も多く、楽しい舞台でした。

でも、ふぉ~ゆ~のメンバーは覚えられそうにない・・・。

[PR]
by leonpyan | 2018-08-01 22:11 | 観劇 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし