人気ブログランキング |
ブログトップ

閑遊閑吟 

カテゴリ:音楽鑑賞( 8 )

特別公演〜豪華絢爛 レキシ歌絵巻〜@中野サンプラザ

c0004750_21564317.jpg
今回のレキシの特別公演、東京は国際フォーラムと中野サンプラザのみ。
ゲストが完全に入れ替わるので、やはりどちらも行きたくなるじゃないですか。
特に中野はプラチナチケット化していたのですが(2000ちょっとのキャパに2万の応募があったとか)
何とか手に入れて行ってきました。

ゲストは旗本ひろしこと秦基博とかえらの清盛こと木村カエラ。
2人の歌はそんなに知らないのですが、さすがにソロで歌ってくれた曲は大ヒットしていたので知っていました。
カエラちゃん、歌上手いし、顔小さくて(池ちゃんの半分だった)可愛い。
秦さんは池ちゃんへの突っ込みがなかなか鋭い。歌も感動したなあ。
2人ともノリが良くて、会場は最高に盛り上がっていましたよ。

でも、2人のソロ曲、出だしの演奏が間違ってやり直し入ったんだけど、バンドさんたちのミス、珍しい。
全国各地を回る特別公演も折り返し、ちょっとお疲れ気味かしら?

とは言え、期待を裏切らない、いえ、それ以上のサイコーのパフォーマンスでした。
レキシライブ、バンザーイ。



セットリスト
by leonpyan | 2019-05-14 22:25 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

特別公演〜豪華絢爛 レキシ歌絵巻〜

c0004750_21514067.jpg
何だかレキシが最近売れている。
テレビCMも出てるし、ミュージカル楽曲にも採用されたし、この勢いで打って出てるのか(笑)。

今回は『特別公演~豪華絢爛 レキシ歌絵巻』と銘打って、全国7都市での9公演。
東京は国際フォーラムと中野サンプラザの2箇所、残念ながら中野サンプラザは抽選に当たりませんでした。

国際フォーラムホールAは結構箱が大きいのにしっかり満員。
ゲストはかんぱくんことさだまさしと邪馬たいこちゃんこと石川さゆり、大御所です!

かんぱくんも話好きなので、いつにも増してMC長いし、めちゃくちゃ面白い。
邪馬たいこちゃんも自由な感じでチャーミング。
とにかく二人の生歌がすごかった!!
石川さゆりの「ウィスキーがお好きでしょ」「津軽海峡冬景色」には魂が震えましたよ。
池ちゃんもいつもよりも少し緊張気味だったかな?
でも大御所への突っ込みもボケ受けも忘れず、さすがな池ちゃん。
3人で歌う「狩りから稲作へ」「最後の将軍」「キラキラ武士」の豪華なこと!!!

あ~~~楽しかった(^^♪



セットリスト
by leonpyan | 2019-05-08 22:25 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

エリック・クラプトン@武道館

c0004750_12580315.jpg

今週の半ば頃、教室のKさんにお誘いを受けて
エリック・クラプトンのライブに行ってきました。

クラプトンは特にファンだったというわけではありませんが、
何曲かは知っているし、御年74歳ということで、私にとってはこれが最初で最後かもしれないと。

武道館の会場はほぼ満席。
年齢層も高め、男性の比率も多い。
二階席の東側でしたが、上からステージの様子も良く見えました。

ほぼ時間通りに開演。
バンドのメンバーも年齢層高め。

クラプトンは見た目はおじいさんですが、立ち姿も格好良く、声もしっかり出るし、もちろん演奏は素晴らしい。
生涯現役、ってこういうことを言うのね、プロってこうよね、と感動しました。

曲目の中では"I Shot the Sheriff"が一番好き。
ボブ・マーリーの曲なので、音楽的にはクラプトン派ではないのですが、
伝説のギタリストのステージを堪能することができました!



More
by leonpyan | 2019-04-20 12:58 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

レキシ TOUR2019 まんま日本ムキシばなし@横浜アリーナ

c0004750_22132933.jpg
昨年末の中野サンプラザに続き、Sさんが見事チケットを入手してくださって、行ってきました。
レキシ TOUR2019 まんま日本ムキシばなし at 横浜アリーナ 一日目(1月22日)!
何と一列目でした!!!素晴らしいチケット運。

内容は基本的には中野と一緒。
でも今回はゲストが4人も!
シャカッチ、足軽先生、劇団シキブ、齋藤谷津衛門。
(でもね、23日はビッグ門左衛門だったのよね。ショック・・。)

最高だったわー横アリは広いけれど、会場が一体化していました!
一列目だから今回はイルカが触れる!って思ってたら、投げ込まれたときは一列目なんてとうに越して5列目くらいに飛んでたわ・・。




ネタバレ
by leonpyan | 2019-02-03 22:34 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

レキシ TOUR2018-2019 まんま日本ムキシばなし

c0004750_08530570.jpg
念願のレキシライブに行ってきました!
レキシ研究員が身近にいるとは思わなかった。Special Thanks to Ms. Y.S.!

かれこれ5年ほど前から地道なレキシファンです。
カーラジオから流れてきた『狩りから稲作へ』で覚醒。
それ以来CDを買って車で聴いています。
車に同乗者がいると何気なくかけたりしていたのですがほとんど認識してもらえず(笑)、
もっぱら独りの時に聴きながら一緒に歌ってました。

それが今年発売になった6枚目のCD『ムキシ』あたりからかなりメジャーになってきた。
テレビ番組やCMのコラボが増えてきたからでしょうか。
ビッグ門左衛門こと三浦大知が参加した『GOEMON』がJ-Waveのチャートで一位を獲得するなど快進撃が続いています。

そして、Sさんが取ってくれたチケットでライブ初参加がかないまして、会場入り。
マストアイテムの稲穂は購入、袴Tシャツはまだ初心者なので今回は買わず。
会場には全身レキシグッズの方も結構いる。
今回学習したので、1月の横浜ライブではTシャツ着ようかな。

ライブは最初から最後まで笑いの嵐。
大衆演芸か!?ってくらいのサービス満点ステージ。
バンドメンバーのノリがすごくて、池ちゃんのアドリブに全対応。
ネタ満載ですが、音楽的には実力者揃いとみた。
コスパも最高。

腰痛持ちにはオールスタンディングは大丈夫かと心配でしたが、
気が付いたら稲穂やタオルを振ってガンガン盛り上がってしまいました。
レキシライブ、いとをかし!!




More
by leonpyan | 2018-11-20 09:35 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

SECRET SPLENDOUR

c0004750_11542860.jpg
TBS赤坂ACTシアターにて『SECRET SPLENDER(シークレットスプレンダー)』を観てきました。

ACTシアターに行ってみたかったのと、今夏宝塚を退団された元雪組トップスターの早霧せいなさんの今後に興味があったので。
まあ、所謂早霧せいなさんのワンマンショーですね。
会場の8割方は宝塚時代からのコアなファンの皆さんのようで、私は傍観者的な感じでしたが・・。

早霧せいなさんの魅力は何といってもその佇まいの美しさ。
陶器のような肌、細いけれど鍛えられた肢体、体育会系の明るさ。
今回のショーではまだ男役から抜けていませんでした(笑)。
あの美貌ですから、これからは幅のある演技でますます魅了してくれるのではと期待しています。

今回の拾い物は原田薫さんのダンス。
ものすごくキレがあって恰好良かった!
JKimさん、海宝直人さんの歌も良かったです。
安寿ミラさん、あの美貌と動きで私と同じくらいの年齢って信じられない!

早霧せいなさん、来年6月にミュージカル『ウーマンオブザイヤー』の主演も決定したようです。
これも面白そうです!

by leonpyan | 2017-11-08 12:18 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

月のおもひ

c0004750_10460202.jpg

週末開かれた「武井欲生 古琴演奏会 『月のおもひ』」に伺いました。
秋の十六夜(いざよい)の夜、古琴にまつわる物語の語りと共に奏でられる音色に酔いしれました。

紀元前の時代に既に中国で存在した古琴。
日本には奈良時代以前に伝来し、平安貴族と江戸時代の文人の間で特に愛されたそうです。

古琴は中国の文人の嗜みの一つとして古くから重用されてきました。
一時衰退期はあったものの、現在また中国での人気は復活しています。
中国の茶人たちの間でも古琴愛好家が増えているのは2年前に訪れた北京でも強く感じました。

武井さん(というよりは高さんとお呼びする方がしっくりくるのですが)は「中国茶倶楽部 春風秋月」の店主でもあり、
現在は一般財団法人日本古琴振興会の代表も務めていらっしゃいます。

古琴教室「東京聴風琴社」も主宰され、生徒の皆さんも最後の演目で合奏を披露されました。
簫(しょう)という中国の長い笛との共演あり、尺八との共演あり、とてもバラエティに富んだプログラムでした。

秋に相応しい雅で穏やかな古琴演奏会。
高さん、社中の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

by leonpyan | 2017-11-08 11:46 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

涂善祥 中国琵琶の世界

9月の半ば、中国出身の琵琶奏者、涂善祥氏のリサイタルに行ってきました。
日中国交正常化45周年記念公演と謳われたコンサート。
古琴の姜小青さん、ピアノのマリ・リーさん、藤原新治さん、チェロの松崎安里子さん、アコーディオンの細井豊さん、
テノールの包金鐘さん、ソプラノの矢野留美さん(奥さま)とのコラボレーションも素晴らしく、
本当に聴きごたえのあるコンサートでした。
特に最後の白帝城追想は李白の漢詩の朗詠もはさみ、宮田雅之画伯の遺作「白帝城」をバックに
想像力をかきたてられるような演奏でした。
音楽に国境はない、涂さんが何回もおっしゃった言葉が胸に響きます。

by leonpyan | 2017-09-17 17:33 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30