人気ブログランキング |
ブログトップ

閑遊閑吟 

吉例顔見世大歌舞伎 第一部

吉例顔見世大歌舞伎 第一部_c0004750_20294509.jpg
コロナ禍第三波、冬が近づくにつれてどんどん大きくなってきますね。
歌舞伎座は相変わらず四部制総入れ替え、座席は一つ置き。
こんな形で採算とれるのか、、と心配しておりましたが、
何と、半沢効果!?のせいか、今回は結構入りがいいのだとか。

今月は前々から「あら船」で知り合った着物のお友だちとご一緒する約束をしておりまして、
第一部の亀ちゃん主演の演目を選びました。

蜘蛛の絲宿直噺(くものいとおよづめばなし)

女童熨斗美 
小姓澤瀉
番新八重里   市川猿之助
太鼓持彦平
傾城薄雲

源頼光 中村隼人
碓井貞光 中村福之助
金時女房八重菊 市川笑三郎
貞光女房桐の谷 市川笑也
坂田金時 市川猿弥

源頼光をねらう蜘蛛の妖怪五変化を亀ちゃんが演じ分け。
やっぱりうまいよね~。
最初の童女は顔が大きすぎてどうなの!?と思ったけど(笑)
舞いはピカいちだし、表情の変化も素晴らしい。
歌舞伎座での歌舞伎初体験のMさんも喜んでくださったようで、何より。

それにしても半沢人気で亀ちゃんの舞台は盛況です。
これを機に歌舞伎ファンが増えるといいな。

by leonpyan | 2020-11-22 12:18 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30