人気ブログランキング |
ブログトップ

閑遊閑吟 

八月花形歌舞伎

八月花形歌舞伎_c0004750_13210031.jpg
コロナ禍により、三月から公演を中止していた歌舞伎座。
この八月から感染防止対策を万全に整えて、公演再開となりました。

入場時の体温測定、アルコール消毒はもちろんのこと、切符のもぎりも自分で切って箱に入れる。
ロビーには番頭さんたちのデスクもなく、ご挨拶もなし。
席は一つ置き、花道のそばの2列は閉鎖。
帰りも係員の指導に従って、ソーシャルディスタンスを取りながら外に出ます。
演目は一日四部に分け、各部は完全入れ替え制、演者はもちろんスタッフも総入れ替え。
客席やロビーでの私語、大向こうの掛け声も控えるようアナウンスされます。
とにかく公演をつつがなく続けていきたいという歌舞伎界一丸となった意気込みを感じます。

八月は例年若手が中心の演目が多いので、今回も松本幸四郎、市川猿之助、片岡愛之助、中村勘九郎、中村七之助が主演。
私は御贔屓の巳之助の第二部、猿之助の第三部を着物&歌舞伎友だちのJさんと観てきました。

第二部 棒しばり
次郎冠者 中村勘九郎
太郎冠者 坂東巳之助
曽根松兵衛 中村扇雀

狂言をベースにした面白みのある演目。
故勘三郎と故三津五郎のコンビのハマり役をそれぞれの息子たちが演じるというのがまた泣ける。
勘九郎はますます勘三郎に似てきましたね。
二人ともまだ少し硬さがあるかな?
この二人が父君等を意識させずに飄々と演じる日を楽しみに観続けていきたいと思います。

第三部 義経千本桜 吉野山
佐藤忠信実は源九郎狐 市川猿之助
逸見藤太 猿弥
静御前 中村七之助

美しい吉野の桜を背景に、静御前と佐藤忠信が合戦の様子を語り舞う。
七之助@静の美しさは言うまでもないのだけれど、それ以上に猿之助の演技から目が離せない。
猿之助はワンピースや現代劇など新しい試みにも積極的に参加しているけれど、
実は古典を演じたら今は中堅の中ではトップクラスの上手さだと思う。
特にこの佐藤忠信役は十八番と言ってもいい。
武者としての逞しさ、鋭さと狐の可愛さ、怪しさ、すべてを「演じる」という次元を超えて、
そこに本当に忠信狐が存在するかのように、役をまとっている。
今年の一月の連獅子といい、今回の吉野山といい、何だか今の猿之助は突き抜けた感がある。


一月以来の歌舞伎鑑賞、やはり最高のエンターテインメントでありました。
間引きされた座席はスースーした感じでしたが、公演に引き込まれる客席の雰囲気はいつも通り。
樂まで何事もなく、無事に全公演が終えられますように。
そして、来月以降も私たちを楽しませてください!

ご一緒したJさん、いつもありがとう!


by leonpyan | 2020-08-22 14:07 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30