狂言の世界

c0004750_21350005.jpg
「万作の会」の狂言公演を越谷サンシティホールで観賞。

最初に萬斎さんの狂言解説付き。
これがまた面白くてためになります。
狂言はだいたい「このあたりの者でござる」から始まるとか、
狂言の観方をわかりやすく説明してくれます。

素囃子 高砂
 大鼓、小鼓、太鼓、笛の囃子方のみの演奏。
 4つの楽器のベクトルが全て違っていて面白い、とか、ROCKに通じる、という
 萬斎さんの事前説明のお蔭でいつもよりずっと身近に感じました。

福の神
 福の神 野村万作
 参詣人 野村裕基
 参詣人 飯田豪
 万作さん演じる明るい福の神。
 お孫さんと共演も見どころ。

鬮罪人
 太郎冠者 野村萬斎
 主 深田博治
 立衆 石田幸雄
    高野和憲
 祭りの山車の相談でしゃしゃり出る太郎冠者とそれを苦々しく思う主人とのやり取りが面白い。
 萬斎さんは太郎冠者そのものですね。

越谷では毎年「万作の会」があるらしい。
近いし、萬斎さんの解説はとても楽しいので、来年も行こう!と思いました。


by leonpyan | 2018-12-09 22:03 | 観劇 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし