ライオンキング

c0004750_21464138.jpg
せっかくNYに行くのだから、ブロードウェイミュージカルを一本は観たいと思い、
初心者の息子も行くので、内容がわかりやすい『ライオンキング』を選びました。
チケットは自力でも手配できそうだったけれど、口コミを見たらエージェントを通した方がいい席が取れそうだったのでVERTRAで。
少し割高でしたが、前から4列目の席が取れました。

『ライオンキング』はディズニーのアニメ映画は観ていますが、劇団四季の舞台は観ていません。
宝塚は観るけれど、ミュージカルはそれほど観ていないんですよね。

開場時間の30分前からもう既にミンスコフ劇場にはすごい人。
土曜日でしたし、他の劇場にも人が溢れ、ブロードウェイは大賑わいでした。

ワクワクしながら席につきます。
生演奏ですが、指揮者の姿が見えるだけでオーケストラはどこに?と思ったら、舞台の下で演奏するらしい。
休憩時間にはお客さんたちがオーケストラの場所を眺めに前に出てきていました。
二階席前方の左右にはパーカッション席があり、そこからも臨場感あふれる音が奏でられます。

いよいよ開幕。
この劇のテーマでもある「サークルオブライフ」の曲が流れ、
後方から客席の通路を使って動物たちが続々登場してきます。
その動物によって装置が違っていて、役者さんと一体となり、リアルな動きが再現されています。
これは盛り上がるーー。

歌も踊りも迫力満点。
ストーリーも分かりやすく、最後まで楽しめました。
英語も台詞の細かいところは分からない時があって皆の笑いに付いていけなかったりもしたけれど、ほぼ没問題。

息子はねー、時差ボケタイムがちょうど幕間の前後に来て、少し船を漕いでましたね。
私は息子よりも時差にやられて夜はあまり熟睡できていなかったので心配しましたが、
劇場に来る前に30分ほど仮眠を取ったのが良かったのか、目覚めバッチリで楽しみました。

ブロードウェイ、やっぱりいいですね~。
他のミュージカルも片っ端から観たい衝動にかられました。
ああ、でもやっぱりここはお金がないと楽しめない街よね・・・と現実を見つめる(笑)。

[PR]
by leonpyan | 2018-04-08 12:16 | 観劇 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし