初めてのお伊勢さん 後編

内宮を後にし、車で外宮へ向かいます。

外宮と内宮は6kmも離れているんですって。
この日は夏休み最後の土曜日だったので、昼間であればきっと渋滞だったでしょう。
もちろん私たちはスムーズにビュンッ!と到着。

まだ7時過ぎなのに、駐車場には結構車が停まっていました。
伊勢では早め、早めの行動がいいみたいです。

参道を抜け、御正殿に参拝します。
こちらは豊受大神をおまつりしています。
天照大神の食事の守護神で、私たちの衣食住やあらゆる産業の守り神でいらっしゃいます。
c0004750_21421534.jpg



小高い山の上にある多賀宮です。
豊受大神の荒御魂をおまつりする別宮です。
食べ物の神さまと言うことで、kemiちゃんはこの場所に愛着があるようです♪
c0004750_21424049.jpg



外宮は駅にも近いですし、街中の広々とした神宮と言った雰囲気で、
山と川に囲まれ俗世と少し距離を置いた内宮とは違う趣きがありました。

伊勢に降り立ったら、まずは外宮にお参りして、日々の生活への感謝を告げ、
内宮に行く時には宇治橋を渡って気持ちを新たにし、
五十鈴川でお清めをして御正宮に向かう、と言うのがデフォルトなんでしょうね。

でも、早朝の内宮!
これは本当に素晴らしいです。
私は特に初めてだったので、神宮の第一印象がこれで決まったようなもの。
絶対また来たい!と思いました。

初めて伊勢を訪れてみて、その荘厳さ、尊さを実感しました。
それは今流行の「パワースポット」という言葉だけでは表現できない存在感でした。

パワースポットと言うと、そこへ行くとパワーがもらえる、元気になれる、と言うイメージですが、
伊勢は何と言うか、ちょっと違うんです。
結果的に元気をもらえると言うのは同じなんですけどね。

私にとっては、気持ちを新たにし、自分自身を発見できる場所、
自分の一番大切なものが何なのか、改めて教えられる場所のような気がします。

自然の中に身を置き、「神」と対峙する。
まずは諸々なことへの感謝の気持ちが沸いてきて、
自分と言う存在がいろいろな力に支えられているのだということを感じます。

2千年の昔から、日本の神話に基づいて、脈々と受け継がれてきた神への畏敬。
それをまさしく体現してきたのがこの神宮なのでしょう。
宗教ということを超えて、
日本のこの地に生まれ、育ってきたことの意味を考えさせ、喜びを感じさせてくれる気がします。



さてさて、外宮の参拝が終わって7時半、コメダ珈琲店の開店の時間です。
4時半起きだし、結構歩いたのでお腹がペコペコ!

開店直後と言うのに、ほぼ満席に近かったのはびっくりでした。

コメダでモーニングセットを頼みます。
せっかくコメダの本場(名古屋だけど)に来たので、小倉トーストをチョイス。
美味しかったー!
c0004750_2143578.jpg




早朝参拝を終え、お腹もいっぱいになって清清しい気分。
この後、二見、相差へと向かいます。
レポートはまた後ほど。
[PR]
Commented by kakko at 2010-09-02 19:03 x
ほんと、同じ気持ちだった、ちょしちゃんと!
Commented by kemi at 2010-09-02 20:15 x
写真素晴らしいよね
文章も素敵だわ!
誕生日にね お伊勢さまに行きたくなって 前泊したんだけれど 朝4時半に目が覚めて 赴くままに参拝させていただいちゃったら これが素晴らしくて 私がいいなって思った場所に皆を連れていきたくてね~
念願が叶って本当に嬉しい!
また行こうね!!
Commented by kemi at 2010-09-03 08:30 x
茶灯さんがおっしゃるように 赤福本店は日の出と共に開店していてね 1日には朔日餅っていう変わり餅を限定販売しているんだよね~
本店の他に大阪の百貨店でも少し売っていて いつか食べてみたい!という野望が…
Commented by leonpyan at 2010-09-03 11:12
>かっこちゃん
内宮を歩いていると、心が空っぽになっちゃうよね!
ここに書いていることは、後から思い出したことばかりです。
Commented by leonpyan at 2010-09-03 11:15
>kemiちゃん
ホント、kemiちゃんのお蔭でステキな旅になりました。
女子高時代の修学旅行のグループ行動が進化したみたいな道中でした(笑)。
でも、十代では多分感じないものを、年を重ねた今、実感できるような気がします。
赤福ってすごいんだねー。次は1日狙い!?(^^)
Commented by 桃色式部 at 2010-09-09 07:18 x
>自然の中に身を置き、「神」と対峙する。
>まずは諸々なことへの感謝の気持ちが沸いてきて、
>自分と言う存在がいろいろな力に支えられているのだということを感じます。

日本人にとっての「神」ってそうなんですよね。
キリスト教の神とちょっと違う…
それは木々の中とか、雲の中とか、あらゆるところにいらして、
外からパワーをくれるというよりは、
内在するものを目覚めさせてくれるみたいな感じ。
伊勢と出雲、行きたいです!
Commented by leonpyan at 2010-09-09 09:33
>桃色式部さん
お参りと言うと、個人的なお願い事をしに行くという感じですが、
お伊勢さんの場合はその場に立つと、
自分自身のご利益のことはさておき、
まずは生かされていることに感謝の気持ちが沸いてくるんですね。
本当にいい経験でした。
桃ちゃんもきっともうすぐ行けますね!
by leonpyan | 2010-09-01 21:43 | 旅行 | Comments(7)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし