タグ:映画 ( 132 ) タグの人気記事

王妃の紋章

王妃の紋章 (2006)

【監督】チャン・イーモウ
【出演】チョウ・ユンファ / コン・リー / ジェイ・チョウ / リィウ・イエ

★★★ [60点]「あっけに取られるチャン・イーモウの怪作」

目に痛いくらいの極彩色、主演二人の濃過ぎるくらいの演技、唐突かつ必然性のない派手なアクション、そして寄せてあげる胸のオンパレード、金と銀の甲冑のせめぎ合い。全てに目を見張った。

評価以前に、これは劇場で観るべき映画。お金を払って損をしたとは思わない。



はっきり言ってストーリーはオリジナルが戯曲であるから舞台向き。本来ならセリフの妙や演技の駆け引きが見所なのではないだろうか。(確かにユンファもコン・リーも素晴らしい演技だったが、何だかゴテゴテの装飾でそれが薄まってしまったような気さえするのだなあ。)

それをここまで絢爛豪華に映像化したのはチャン・イーモウ、資金力に物言わせて力を見せ付けたかったのか、はたまた北京オリンピック前の打ち上げ花火か。

深読みすれば、母国に対する彼の複雑な愛憎の現われとも言えるのか。

いや、多分、「やっぱりコン・リーはオレが一番美しく撮るのさ」と言いたかったのに違いない、と思う。



余談であるが、チケットを買うときに「王家の紋章1枚」と言ってしまって、カウンターのお姉さんに聞き返されたのがちょっと恥ずかしかった。
映画が終ってトイレに行ったとき、「ねえねえ、あの王様って『パイレーツオブカリビアン』で中国人の海賊やった人じゃない!?」「え?そう言えば似てるかしら?」と話す二人連れの女性に遭遇。
「その通りですよ」と言ってあげたかった。でも、ユンファさまがあの役で認識されているのはちょっと悲しい・・・・。
Posted by ちょし on 2008/04/22 with 映画生活

[PR]
by leonpyan | 2008-04-22 20:14 | 映画 | Comments(2)

ダージリン急行

ダージリン急行 (2007)

【監督】ウェス・アンダーソン
【出演】オーウェン・ウィルソン / エイドリアン・ブロディ / ジェイソン・シュワルツマン / アンジェリカ・ヒューストン / ビル・マーレイ / ナタリー・ポートマン

★★★★☆ [90点]「インドに行きたくなる」

映画ファン仲間にかなり評判の良かった『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』にいまひとつノリ切れず、ウェス・アンダーソンは苦手なのかも?と思い、それ以来この監督作品は観ていなかった。

けれども『ダージリン急行』はトレイラーを観た時から行くぞ!と思ってしまった。

まず、あの青い急行列車が何ともカワイイ。

紅茶のダージリンが大好きなので、タイトルで持って行かれた感じもあるな。

そして、何やらコメディの雰囲気プンプンなのに、エイドリアン・ブロディが出るではないか!

密かに公開を楽しみにしておりましたよ。



観た感想は・・・いやいや、ツボにはまってしまいましたわ。

終わり近く、展開がちょっとアララ?という面がないでもないんだけれど、それを補って余りある面白さ。

その面白さも爆笑できるような弾けた笑いじゃないんだけど、何となく微笑ましいと言うか。三兄弟揃いも揃ってヘンな奴なんだけど、どうにも憎めないと言うか。



エイドリアン・ブロディ、期待に違わずいい味出してたし、オーウェン・ウィルソンも相変わらずだし、ジェイソン・シュワルツマンは冒頭の短編から好演。ナタリー・ポートマンがちょっとびっくりな登場だったのも意外なオマケ。

ダージリン急行って言ってもダージリン登山鉄道は出てきませんのであしからず。


前作『ライフ・アクアティック』も観たくなりました。
ただ単に『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』と相性が悪かっただけかもしれない。
DVD借りてこようっと。

Posted by ちょし on 2008/04/17 with 映画生活

[PR]
by leonpyan | 2008-04-17 20:59 | 映画 | Comments(2)

魔法にかけられて

魔法にかけられて (2007)

【監督】ケヴィン・リマ
【出演】スーザン・サランドン / ジェームズ・マースデン / エイミー・アダムス / ティモシー・スポール / レイチェル・カヴィ / パトリック・デンプシー

★★★☆ [70点]「シンデレラコンプレックスをぶっ飛ばせ」

ディズニーのおとぎ話には苦い思い出がある。

白雪姫、シンデレラ、眠れる森の美女、、、、

小さい頃から大人になるまで、私もご多分に漏れず、いつかは白馬に乗った王子様が現れてプロポーズしてくれるものと思っていた。



そんな現実はありゃしないのに・・・・。



そんなシンデレラコンプレックス崩れにとってはある意味溜飲が下がるようなセルフパロディ。

白馬の王子が意外とオバカなキャラだったというのも微笑ましい。

まあ、運命の出会いとか、永遠の幸せとか、そのあたりの夢は壊さずに現代のエスプリを混ぜこんだような感じかな。

お約束の展開も用意されているけれど、ところどころファンタジーの世界を茶化すような演出が効いている。



ジゼル姫は王子様を待っているだけのノーテンキお姫様と思いきや、ポジティブで周りをハッピーにするオーラを持っている。

マイナス志向になりがちな現代に生きる我々は大いに学ぶところアリ、だね。



でも、実写シーンの俳優たちの平均年齢が意外と高いのも笑えました。

確実に30代過ぎてます。

おとぎ話の主人公たちって、皆10代だと思っていましたよ。

そんなところも好感度大、かもね。



映像も凝っていて、歌も楽しめるエンターテインメント性の高い作品だけど、お話の着地点がちょっと安直(それがおとぎ話か!?)にも感じられるのが少し残念。


TOHOシネマズ流山おおたかの森にて吹替版で鑑賞
Posted by ちょし on 2008/04/13 with 映画生活

[PR]
by leonpyan | 2008-04-13 11:39 | 映画 | Comments(4)
風を聴く ~台湾・九イ分物語~ (2007)



★★★★ [80点]「九イ分を通して知る、台湾の過去・現在・未来」

台北から北へ車で1時間ほど、海に面した美しい街、九イ分。今では茶店や屋台が立ち並ぶ観光地として有名だけれど、その歴史は栄枯盛衰があった。

1927年、九イ分で生まれ、この街で生きてきた江さんが語り部となるドキュメンタリー。

九イ分の歴史だけではなく、台湾の近現代史を知る上でも参考になる。ある意味、九イ分の歴史は人の一生を象徴しているようでもある。

日本統治時代は金鉱の街として栄えるが、太平洋戦争時代を経て、日本の敗戦、国民党軍隊の上陸、二二八事件、と政変に翻弄される。1971年には金鉱が閉山。

最盛期には3~4万人の人口があったのが、閉山後は人口流出が進み、今では4000人ほど。

しかし、スクリーンには九イ分を愛する人たちの人情が溢れている。美しい風景、どこか懐かしさを感じさせる佇まい。そこは故郷の原風景とも言えるような暖かさがある。ラストに流れる一青窈の『大家』が胸に響く。


Posted by ちょし on 2008/04/03 with 映画生活

[PR]
by leonpyan | 2008-04-03 17:15 | 映画 | Comments(2)

トゥヤーの結婚

トゥヤーの結婚 (2006)

【監督】ワン・チュアンアン
【出演】ユー・ナン

★★★★ [80点]「過酷な選択」

切ない。

たまらなく切ない。



砂漠化が急速に進む内モンゴルの草原地帯で放牧生活を営む一家。

そこでは水を汲むために、10キロ以上の道のりを毎日往復しなくてはならない。

羊たちに餌を食べさせるため、遠くまで放牧に行かなくてはならない。

事故で半身不随になった夫と二人の子供を養うため、トゥヤーは毎日重労働を強いられる。

しかし、トゥヤー自身も腰を痛め、無理はできなくなってしまう。



そこでトゥヤーの選んだ道は、、、

生きていくためとは言え、切な過ぎる。



こうやってストーリーを追っていくと、暗くて悲しいように感じるけれど、スクリーンの中はモンゴルの荒野と同じようにカラッとしていて明るい。

トゥヤーのたくましさ、美しさが光を与えている。



映画の中ではトゥヤーと夫の間の愛は語られない。

でも、画面の向こうから熱い思いが伝わってくる。

心の奥が揺さぶられる佳作。



トゥヤーの家の壁にはチンギス・ハンの肖像画とラマ僧の写真が。
(若いダライ・ラマ?よくわからず。中国政府の検閲が通らないだろうから、違う活仏のお写真だと思う。)
内モンゴルは中国とは文化が全く違うんだなあと再確認。

ル・シネマの劇場には大楠道代さんがいらしてました。
やっぱりすごく綺麗。
Posted by ちょし on 2008/03/28 with 映画生活

[PR]
by leonpyan | 2008-03-28 20:27 | 映画 | Comments(2)

ノーカントリー

ノーカントリー (2007)

【監督】ジョエル・コーエン / イーサン・コーエン
【出演】トミー・リー・ジョーンズ / ハビエル・バルデム / ジョシュ・ブローリン / ウディ・ハレルソン / ケリー・マクドナルド / テス・ハーパー

★★★★☆ [90点]「怖面白い」

都心の某劇場の午後の時間帯に行ったら、かなり満席に近い状態で、両隣は体の大きなオジサマ2人、その間に挟まって決して小さくない体をはみ出さないように気を使いながらの鑑賞。

内心「ちっ!右のオヤジはお腹が鳴っていてうるさいし、左のオヤジは靴を脱いで足を前の席の背に載せている、何て運が悪い席なんだ!集中できないじゃないか!!」

・・・全くの杞憂でした。

こんなに病んだ、暗い、重い映画なのに、最初から最後まで目一杯堪能してしまいましたよ。

映像、脚本、役者どれを取っても一級品でした。

荒涼としたテキサスの大地、遠くに見える木と人の影あたりからゾクゾクしました。

アントン・シガーが出てくるだけで完璧にホラー映画となりますが、ベル保安官が出てくると一転して「黄昏」的なムードがかもし出される。緩急がうまいんですな。

殺人鬼と保安官に追われるルウェリンの妙な自信もアメリカ的で清々しささえ感じましたが、通り一遍の結末とは違うところが人生の不条理さ、残酷さを痛感させて鑑賞後どよ~~んとした気持ちにさせる。それがまた散弾銃の破片のように残るんですよね。でも、この感覚嫌いじゃありません。



右のオジサン、途中で舟こいでましたが、「こんなに面白い映画でどうして眠れるのか私は理解できない」と思っていると、例のドア錠を○○するところでびっくりして起きていらっしゃいました。



怖いアメリカのイメージの映画に私的にスピルバーグの『激突!』があるんですが、この映画を観た後はトラックの運転手の顔がハビエル・バルデムに固定されてしまいました。コンビニでもハイウェイでも絶対に会いたくない!


Posted by ちょし on 2008/03/26 with 映画生活

[PR]
by leonpyan | 2008-03-26 09:33 | 映画 | Comments(2)

ガチ☆ボーイ

とある大学(舞台は北海道学院大学となっている)のプロレス研究会にまつわるお話。
プロレスにはとんと興味がないのでスルーするつもりだったのだけれど、
映画生活での評判が良かったので、観てきました。

コメディタッチで笑える映画なんだろうと思っていたのが、
正直言って、序盤は寒いギャグにちょっと冷えていました。
音響もやけにうるさくて、はずしたかな?と一抹の不安が。

ところが、ただのスポコンコメディではなかった。
中盤から主人公の秘密が明かされ、
ジグソーパズルがどんどんとはまっていくように、いろいろな疑問やイライラさせられた部分が埋められて行く。

そうだったのか、だからだったのか、なるほど。

気がついたら主人公五十嵐を応援している自分がいる。
すっかりやられた。
人生はガチンコ勝負、生きている証を求めて突き進む五十嵐の姿に胸を打たれます。

久々に母を誘って行ったのですが、TOHOのサービスデーで、プレミアスクリーンが1,000円でした。ラッキー。

ガチ☆ボーイ@映画生活
[PR]
by leonpyan | 2008-03-15 21:17 | 映画 | Comments(0)

ラスト、コーション

巷ではアカデミー賞が発表になって、映画ファンが盛り上がっています。
日本では賞が決まってから上映される作品も多いので、いまひとつわからない。
でも、今年観たい映画の参考にはなるので、やはりチェックしないとね。

とは言え、私的には今年はハリウッドよりも中国映画に期待がかかります。
やっぱりオリンピックの年だからかなあ。当たり年のような気がする。
先日観た『胡同の理髪師』も良かったし、春以降はチャン・イーモウやチェン・カイコーの作品もかかるはず。
ピーター・チャンの新作は今年中に公開されるかまだわからないけれど・・。
そうそう、チャウ・シンチーの映画も来るかもしれない!もう今から興奮。

そんな中、一番期待していた作品がこれ、『ラスト、コーション』。
私はアン・リー作品に今のところハズレなし(『ハルク』だけ観てないけれど)なので、
これは前評判もすごいし、ワクワク、と胸躍らせて行ってまいりました。
(違った意味でもいろいろと噂になっているのでドキドキしながら・・)

よかったです!今年のベスト5入りは間違いないな。
(『胡同の理髪師』もベスト入り確実なので、今年は出足好調です)
満点つけたいくらいなんですが、このジャンルの映画にしては158分は長過ぎると思うので、
その点を僭越ながら減点させてもらうと95点でしょうか。
もう一度観たいと思うんだけど、この長尺だとちょっとね。

とにかくディープです。
ストーリーは当時の中国の時代背景さえ分かっていればそれほど複雑ではないんですが、
人物の感情の動きが複雑。
(性描写の動きも複雑ですが・・・^^;)
このへんはアン・リーのお家芸みたいなものだけれどね。

トニー・レオンはこの役には向かないのでは?と最初は思ったけれど、
目で演技する役者はこの人の右に出るものはなし、ということでやはり適任。

無名から抜擢されたタン・ウェイは清純な学生から妖艶な女スパイまでを演じ分け、
これからの活躍はもう約束されたようなもの。
チャイナドレスをこれだけ着こなして昔の女性を演じることができるのはマギー・チャンと彼女が双璧かもしれません。

ワン・リーホンは二枚目で情熱的だけど中身がまだ伴わない若造を上手に演じていたと思います。

学生仲間役に故エドワード・ヤン組のクー・ユールン、
ワン・リーホンの兄の友人役にアクション俳優のチン・カーロッが出ていたのもウレシイ。

何を書いてもネタバレになるし、まっさらで観たほうが絶対に楽しめるので詳しくは書かないけれど、
ストーリーも楽しめるし、細部に渡って作りこんだ演出、役者の表情、衣装、小物、何をとってもエンターテインメント。

中国の原題は『色・戒』。
欲望と戒め。
一人の女性が時代に翻弄され、感情のはざ間で揺れ動く、美しくも悲しい物語。
後を引く映画です。

ラスト、コーション@映画生活
[PR]
by leonpyan | 2008-02-26 17:05 | 映画 | Comments(4)

胡同の理髪師

久々に岩波ホールに行ってきましたよ~。
実のところ、この映画館、あまり好きじゃないんだよね。
座席の並びがフラットで前の人の頭が気になるし、スクリーンが舞台の奥にあるのでなんだか小さく感じるんだわ。
でも、中国映画を上映する確率が高いので、年に一回くらいはお邪魔することになるのよね。

今回の上映作品は『胡同(フートン)の理髪師』。
ものすごーく楽しみにしていたので、上映開始第一週でまだ込んでいるけれど、時間を捻出して行きました。

いやいや、久々に心の奥にじーんとくる映画を観たな、という感じ。
時々中国映画はクリーンヒットがあるのでやめられないんだな。
1年半ぶりの☆5つですよ。

でもね、万人受けするかどうかはちょっとわかりません。
ドキュメンタリータッチで、なにしろ主役が93歳のおじいさんですからね、
テンポがかなりゆっくりなんですよ。
これと言った大事件が起きるわけでもなく、日常を綴っているだけのストーリーだし。
私のまわりに座っていたお客さんの30%くらい(数えたんかい!)は途中寝てましたね。

私は「老人」「古い町並み」「動物」この3つが出てくるだけで条件反射のようにウルウルしちゃう性質なんで、かなり点数が加算されちゃってますけど。

93歳のチン大爺は朝6時に起き、午前中は三輪車で出張散髪に出かけ、午後は仲間とマージャンを楽しみ、夜9時には床につく毎日を送っています。
チン大爺の住む家は北京の古い町並みの一角にあり、入り組んだ細い路地を中国語で胡同(フートン)と呼びます。
オリンピックを控え、再開発の進む北京では、この胡同地区を取り壊す作業が行われており、チン大爺の家もいつかはその波に飲まれてしまうことでしょう。
そんな変化のもとでもチン大爺は不平をもらすでもなく、時代に反発することもなく、ただ自分の生き方だけは頑固に貫いています。
清貧とはこういうことを言うのでしょう。中国の伝説で言えば仙人の域?

人はいかに生きるのか、いかに死んでいくべきか、を静かに考えさせられます。
心に染み入る佳作。

胡同の理髪師@映画生活
[PR]
by leonpyan | 2008-02-14 20:50 | 映画 | Comments(0)
ドリーム・ワークスのクレジットから既にティム・バートンワールドが炸裂!
オープニングがもうオドロオドロしくて、わ、ヤバイ?と思ったけど、
やっぱりかなりスプラッターでした(^^;)。
こういうホラーチックな映画が動員者数一位になるって珍しいよね。
ジョニデ効果?来週は『母べえ』に抜かれるんでしょうか?(笑)

でも、ティム・バートンの世界はすごいね。
画面の隅々まで作りこんでいる。
これは劇場で観ないとね。
個人的には船が到着して、トッドがパイ屋に行くところまでの映像がブラボー!だった。

ジョニーはもちろんのこと、芸達者で揃えて、皆歌も上手い。
大好きなアラン・リックマンのいやらしいことと言ったら!(愛してます)
ティモシー・スポールやサシャ・バロン・コーエンは何であんなに怪しいの。(褒めてます)
掘り出し物は何と言ってもアンソニー役のジェイミー・キャンベル・バウアーでしょう。(眼福です)
うっつくし~~~。

暗く悲しいお話だけれど、不思議と鑑賞後の後味は悪くない。
歌と映像に酔いしれる2時間。
でも、血に弱い人はご用心。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師@映画生活
[PR]
by leonpyan | 2008-01-25 21:26 | 映画 | Comments(4)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし