ヘルマンリクガメ 

我が家で一番古株のペット、トトの成長記録を紹介します。
(以前のHPにupしていた写真を移します)

1997年1月17日 行徳の「PET IN VIP」で購入しました。
ヘルマンリクガメ。生息地はヨーロッパの地中海沿岸地域ですが、この仔はアメリカのブリーダーより輸入されたもの。
サルヴァトーレ(愛称トト)と命名。

1997年2月20日撮影 
甲長5.5cm 体重40g
c0004750_10291523.jpg



1997年8月23日撮影
甲長7.5cm 体重125g
c0004750_10304763.jpg



1998年7月29日撮影
甲長10cm 体重310g
この頃、オスであることが判明。
c0004750_10315663.jpg



1999年11月25日撮影
甲長12cm 体重490g
c0004750_10321815.jpg




2000年4月24日頃
甲長14cm 体重690g
c0004750_10324931.jpg

こうやって伸びをして身体の隅々まで温めます。


c0004750_10332998.jpg



c0004750_10335155.jpg



現在は成長もだいたい止まりました。
甲長15cm 体重780g
c0004750_10342791.jpg

[PR]
# by leonpyan | 2005-01-06 10:42 | ペット | Comments(0)
今日は家族で『カンフーハッスル』吹替版を鑑賞。

ついこの前までは暴力的な映画は観たくないとゴネていた息子も私のしつこ~い説得にとうとう屈しました。

結果は・・・ぜーんぜんオッケーでした。
暴力的ったって、シンチーですから!
だいたいうちの家族は私に(無理やり)『008皇帝ミッション』とか『ファイト・バック・トゥ・スクール(原題:逃学威龍)』とか『超アブない激辛刑事(デカ) カリー&ペッパー』とか、一般家庭は観ないようなシンチー映画を観させられていますから、免疫はできています。

吹替えについてですが、シンチーは前作と同じ山寺宏一さん。
シンチーと言えば山ちゃん、と思えるくらい板についてきました。
他のキャストもしっかりした声優&俳優さんたちで固めているので、安心して観ることができます。
脇役にフジテレビアナウンサーがアテていたらしいのですが、私には誰が誰だかわかりませんでした。

ただ、固有名詞などは漢字にすると何となくニュアンスが伝わるものが吹替えだとよくわからない、というのもあります。
「かうんじゃしん」「ごろうはっけこん」「こうけてっせんけん」とか言われてもなかなかピンと来るものではありません。
意味は知らなくても「火雲邪神」「五郎八卦棍」「洪家鉄線拳」なら何となく想像がつきます。

でもアクション映画の場合、字幕に囚われず細部を見渡すことができるというのは利点ですね。
字幕にしたって、広東語のギャグを完璧に伝えるのは不可能ですから、その点では吹替えのハンデは小さいかもしれません。

残酷シーンが多くて子供にはちょっと・・と躊躇している親御さんも多いかとは思いますが、小学校高学年以上ならまず心配はないんじゃないかな。
何しろ善玉悪玉がはっきりしています。
判断力のある子供なら、これを観たら「何が正義か」はしっかり見極められるでしょう。
いえ、それ以前に大笑いして楽しんで、カンフーに憧れちゃう子が増えるのでは。
息子も帰宅してから、「十二路譚腿」の足技(一度に二人やっつけちゃうヤツ)を練習しています。。。足が開かないんだけどね。

カンフーハッスル@映画生活
[PR]
# by leonpyan | 2005-01-05 00:52 | 映画 | Comments(8)

ハウル、健闘中

私のまわりでは賛否両論が渦巻く『ハウルの動く城』ですが、観客動員数は悪くないようです。

「ハウル」が1000万人突破 東宝

やっぱり私のように「ハウル萌え~」な女性客のリピーターが多いからかしら?
[PR]
# by leonpyan | 2005-01-04 22:52 | 映画 | Comments(0)

僕の彼女を紹介します

今日は家族みんなが出払っていて一人だったので、これ幸いと映画に出かけました。
今年一番は『カンフーハッスル』と決めていたんだけど、私の熱い説得に落ちた息子が後日一緒に吹き替え版に付き合ってくれるというので、今日は『僕の彼女を紹介します』へ。

『猟奇的な彼女』で主演し、アジアで大ブレイクしたチョン・ジヒョンが再度クァク・ジェヨン監督と組んだ作品。
予告編を観る限り、ちょっと暴力的でそれでいて純で魅力的なヒロインという路線は『猟奇的』とほとんど変わらない様子。

クァク・ジェヨン監督の映画は『猟奇的な彼女』が★★★★★、『ラブストーリー』が★★★☆という感じだったので、今回はOKかも?と少し期待して行きました。

以下はネタバレです。観た人だけ読んでね!

続きを読む
[PR]
# by leonpyan | 2005-01-03 18:03 | 映画 | Comments(0)

初詣

初詣に行ってきました。
場所は柴又帝釈天。
『男はつらいよ』に思い入れがあるわけではありませんが、私はここが大好きでよく訪れます。
京成金町線柴又駅から徒歩5分。
参道にはだんご屋さん、漬物屋さん、うなぎ屋さんなどの老舗が並び、本当に寅さんが歩いていそうな雰囲気。
c0004750_21482147.jpg

さすがにお正月の人手はすごいですが、一方通行にしてうまく回しているのでサクサク進みます。
本堂の前もこの通り割合とゆっくり拝むことができます。
c0004750_220532.jpg
お正月と言えばやっぱりダルマでしょう。




大好きな飴屋さんです。
c0004750_21525039.jpg



c0004750_21533977.jpg

実演しています。リズムも軽やかに飴を切ります。
私のお気に入りはきな粉飴。

c0004750_21552752.jpg

『男はつらいよ』の「くるまや」のモデルとなった老舗の団子屋さん。
ものすごい人だったので、看板しか撮れず。

c0004750_2158968.jpg
駅前では寅さんが見送ってくださいました。

2005年、あなたの初詣スポットは?
[PR]
# by leonpyan | 2005-01-02 22:10 | 雑談 | Comments(8)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし