以前、ブログは「コミュニケーションが拡がりやすい」と書きましたが、それについてちょっと考えてみます。

ネットは新しいコミュニケーションを生む道具として、進化し続けています。
私自身、メル友募集サイトに始まり、BBS、メーリングリスト、Chat、メッセンジャーなどを通じてたくさんの友人ができました。

同じ趣味を持つ仲間を見つけるのには、ネットほど便利なものはないと感じています。
(その中から本当に気の合う仲間を探すのはまた別の苦労も伴うのですが。)
今ではネットのない生活など考えられないくらいこの世界にとっぷりと浸かっています。

さて、私がブログというものを認識したのは去年の10月でした(遅いっすね!目にはしていましたし、名前も知っていましたが、何たるか、を考えていなかった。ただの日記?くらいに思っていました)。

私のある趣味に関して、その世界ではとても有名な方(仮にBさんとしておきます)がブログを書いていて、私もブラウザの「お気に入り」に入れて、愛読しておりました。

10月某日のBさんの記事に、別のブログ(こちらはAさんとします)へのリンクとその記事の引用文が載っており、それについて意見が述べられていました。
そこまでなら別に普通なのですが、下にコメント欄とトラックバック欄があるのを発見。
え?トラックバックって何?とその中のひとつをクリックしてみると、別のブログに飛びました。そこでは今度はCさんがBさんの記事を引用してあれこれと考えを述べています。
そして、CさんのブログにはDさんからのコメントで「トラックバックありがとうございます」と書いてありました。
どうやらDさんもBさんの記事について意見を書き、Bさんのブログにトラックバックを入れておいたのですが、それを読んだCさんはBさんと同時にDさんにもトラックバックを入れた、ということらしいのです。

こう書くと何が何だかわからなくなりますが、
つまりは

Aさんの記事
     ↑
   Bさんが意見を述べる
     ↑    ↑
     ↑  Cさんが意見を述べる
     ↑    ↓                
   Dさんが意見を述べる

矢印はトラックバックの対象を表しています。
CさんはDさんにも「僕もあなたと同じようにBさんの意見について記事を書きましたよ」ということを知らせているわけです。

私はここに、ブログがこれまでのコミュニケーションツールとは違う面白さや可能性があるように思いました。
確かに誰かの意見について述べるなら、自分のHPのページに書いたり掲示板に書いたりも出来ますが、相手に「あなたの記事を参考にしました」ということを知らせるには、その人にメールか掲示板などで知らせるしかありません。
ブログの場合はそういう手間をかけずに相手のブログに勝手にリンクできてしまうわけです。
相手のブログのコメント欄に意見を書くという方法もあるのですが、それでは自分のログに残らないし、あまり長々と述べるのも憚られます。

トラックバックの面白さはお互いに対等な立場で(掲示板の管理人とゲスト、ではなく)自由な議論を展開できるという点にあります。
コメントと言う形をとると、その元記事に基づいた意見を述べる必要がありますが、トラックバックの場合は極端に言えば、全く違う視点から話を進めることもOKなのです。
そして、それはまた別の議論を展開するきっかけにもなり得るわけです。
掲示板よりもより公共性が強いブログは、より多くの人の目にとまり、それがどんどん拡がっていく可能性もあるのです。

そうは言っても全く面識のない相手に勝手にトラックバックを送るのは気が引けるもの。
(上記のB、C、Dさんもネット上では友人関係にありました。)
やはり初めてトラックバックを送る相手の場合は少し気を遣うことも必要かもしれません。
私はそういう場合はコメント欄に「初めまして。あなたの記事が面白かったのでトラックバックさせていただきました」と書いたりしています。

トラックバックについてはコチラがわかりやすいのでご参考まで。
[PR]
# by leonpyan | 2005-01-12 17:30 | ブログ | Comments(2)

アバターメーカー

ちぇしゃ将軍さんのブログ「3階の休憩室」
にアバターが作れるサイトが紹介されていたので、早速作ってみました。
c0004750_2274790.gif
私の持っているもう一つのブログのアイコンに使わせてもらいます。

サイトはこちら↓
Abi-Stationの似顔絵アバターメーカー

ヨン様も作れるらしい・・・。
[PR]
# by leonpyan | 2005-01-11 22:19 | 雑談 | Comments(2)
「義経」始まりましたですね~っ。

前回の「新選組!」の時と同じように、今回も主役がジャニーズ事務所のタッキーなので、公式HPの登場人物のところに写真がないんですよねー。寂しー。
でもトップページではFLASHで凛々しいお姿が拝めます(^^)。

神木隆之介くん目当ての私は出だしの回は見逃せません。
今回はラスト近くに登場!可愛いですねえ。
「待たれよ!」って言ってくれないかしら(爆)。

隆之介くん、息子と同じ年なんですが、実はうちも赤ん坊の頃、「セントラル子供タレント」に応募したことがあります・・・(^^;)。
青山の事務所に応募者が集められ、そこでカメラテストがあるんですが、その時に大泣きしたとか、通うのにものすごく不便だとかじゃない限り、ほとんどの子供が合格します。
(うちのボウズも人見知りしない赤ん坊だったので、合格。)
そのあと説明会がありまして、旦那に行ってもらったんですが(実は旦那のほうが乗り気だった?)、登録料がその当時9万円ということで、登録するとセントラルプロのアルバムに載せてもらって、お仕事が来るのを待つんだそうです。
うちは・・当然諦めました。
まるまる太っていたうちのボウズ、どう考えても来るとしたら「若貴兄弟物語」の赤ん坊時代とかのお仕事しかないだろうし・・(そんなの、無いし)。
でも頑張らせていたら、隆之介くんと同期だったのかしら・・・( ̄∇ ̄)。

・・と話が脱線しましたが、とりあえず「義経」観てみます。
隆之介くんとタレント同期になり損ねた息子も
syaorunさんのお子さんと同じく、マツケンに喜んでいましたし。

ナレーションがちょっと暗いのが玉に瑕だけど。ナレーションを入れなかった「新選組!」は大河としては画期的だったんだな、と再確認しました。
[PR]
# by leonpyan | 2005-01-11 16:49 | ドラマ(その他) | Comments(4)

RSSリーダーと格闘中

お気に入りのブログが増えると、毎日巡回して購読するのも一苦労です。

エキサイトブログのトップページには自分専用のRSSリーダーにアクセスできるようになっていて、重宝しています。
でも、同じエキサイト内でリンクしたブログについては便利なのですが、外部のブログについてはリストに入れる際、手動でコピー&ペーストしなくてはいけないし、一目で更新がわかる仕組みになっていないので、一つ一つクリックする手間がありました。

今ではいろいろなRSSリーダーが無料で手に入ります。
自分のパソコンにインストールして、ブラウザのような使い方をするものもあれば、webサイトにアクセスして自分のページを持つ形式のものもあります。

ブログリンク集はBlogPeopleを使っていますが、RSSリーダーとしてはいまひとつ使いずらい。

いろいろ調べて、結局Bloglinesを使うことにしました。
最初はコツがわからず大変でしたが、使い慣れてくるとこれがなかなか便利。
ブログを持っていない人でも登録可能です。
ブログはもちろん、RSS配信しているBBSやネットニュースの更新情報も教えてくれる優れモノ。
今後はメールマガジンに取って代わる情報収集方法となりそうな気がします。
[PR]
# by leonpyan | 2005-01-10 20:09 | ブログ | Comments(2)
1st Seasonがやっと観終わりました。

リアルタイム進行というのはすごいアイディアですね。
緊迫感が違います。
登場人物に感情移入しちゃって、次から次へと襲いくるピンチにハラハラドキドキの連続でした。

この主人公ジャック・バウアーに比べたら、「ダイ・ハード」のジョン・マクレーンはそんなに運が悪くないんじゃないかと思っちゃいます。

衝撃のラストも冷めやらず、すぐに2nd Seasonを借りています。
初っ端からすごい展開!あのキャラがあんなことに!
当分「24」症候群は続きそうです。。
[PR]
# by leonpyan | 2005-01-10 00:24 | ドラマ(その他) | Comments(2)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし