<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

宝塚 雪組公演


c0004750_23084740.jpg
去年『るろうに剣心』を観て以来、密かにライトなファンになっていた雪組トップスターの早霧せいなさん。
今回の公演を以って、娘役トップの咲妃みゆさんと共に退団されます。

前回の公演も抽選に外れて観れなかったし、
サヨナラ公演は何とか行きたいといろいろ抽選に応募したり
知り合いに頼んだりしましたがことごとくハズれ、
もう諦めようと思っていたところに
友人から回ってきたチケットが!

2階のB席後ろから3列目でしたが
オペラグラスで一人一人の表情は見えましたし、
かえって全体が見渡せてよかったです。
これで3,500円は安いです。

演目は『幕末太陽傳』。
1957年にフランキー堺が主演し大ヒットした映画がベースになっています。

面白かった!
オリジナルの映画の方も探して観たいと思いましたよ。

早霧さんと咲妃さんのコンビ、息がぴったり合っていていいですね。

早霧さんは歌はそれほどでもないけれど(失礼!)、ルックスが抜群、声も好き。
踊りも演技の動きにもキレがある。

咲妃さんはとにかく演技がうまい。
見た目はほわっと可愛いのに、今日のような女郎役をするとなんとも色っぽくて格好いい。

そして次期トップを務めるであろう望海風斗さんがまた素敵。
早霧さんと咲妃さんが退団するのは寂しいけれど、これからの雪組も期待できます。

宝塚のこの新陳代謝がいい体質は考えてみればハロプロやAKBの元祖とも言えるかも?
若手や新人に夢や目標を身近にさせるシステムですよね。

でもずっと見守ってきたファンにとってはサヨナラ公演は本当に切ないだろうなあ。
レビューの『Dramatic "S"』では、これで最後という気持ちが伝わってきて、
何だかウルウルしてしまいました。

宝塚は本当に究極のエンターテインメントだわ。
チケットを譲ってくれたCちゃん、一緒に行ったMちゃん、Gさん、ありがとうございました!

[PR]
by leonpyan | 2017-06-30 23:10 | 観劇 | Comments(0)

六月大歌舞伎

c0004750_22555974.jpg
歌舞伎座、6月大歌舞伎の昼の部を観てきました。

今日はね、単衣の結城を着て行ったんですが、幕間にトイレに行き、ちゃんと帯は直したんだけれど
そのあとに後ろのおはしょりをちょっと整えたら帯のたれが跳ね上がっちゃったんでしょうね、
ロビーで携帯を見ていたら後ろから来たおばさまが「帯が上がってる!!」と言いながらパシッとたれを下してさっさと歩いて行かれました。
ええ、有り難いことです。「ありがとうございます」も言いました。
でもちょっとびっくりというか怖かった・・・。

そうかと思えばトイレで化粧直ししていたら、隣に立っていたおばさまが
「あぶら取り紙いります?ホテルに泊まると貯まっちゃって」って1セットくださいました。
私、油っぽかったでしょうか(笑)。

ついでに書いちゃうと、今日もカメプロクラブでチケットを頼んだので、たぶん私の周りは亀ちゃんファンが多かったろうと思います。
亀ちゃんは3つの演目のうち、前の2つだけの登場でした。
隣りに座っていたおばさまはその向こう隣りの2人のおばさまと一緒にいらしていたのですが、2番目の亀ちゃんの舞踊の演目が終わったら
「あー、楽しかった。満足したわ。もう帰りたい。帰るわ。ビール引っかけて」とお1人で帰ってしまわれた。
お友だちのお二人は「私は吉右衛門さんも好きだから観ていくわ」と残ってらっしゃいました。

歌舞伎座、何だか面白いです。

1.名月八幡祭
  縮屋新助 尾上松緑
  芸者美代吉 市川笑也
  藤岡慶十郎 坂東亀蔵
  魚惣 市川猿弥
  魚惣女房お竹 坂東竹三郎
  船頭三次 市川猿之助

新潟から商いに出てきた新助が深川の芸者美代吉に惚れ込みお金を工面しますが結局けんもほろろにされてしまう。
純朴で一途な男は怖いわよ~というお話。
いや、美代吉とか三次とかひどすぎるでしょ。新助さん、お気の毒・・。
笑也さんの芸者姿は艶やかで、これじゃあ新助も夢中になるわね、説得力があります。
亀ちゃんのいい加減で調子のいいダメンズぶりもなかなかでした。
雨と雷の舞台効果が素晴らしかった。

2.浮世風呂
  三助政吉 市川猿之助
  なめくじ 中村種之助

亀ちゃんの舞踊には元気をもらえる気がします。
今日の演目はテンポもよくコミカルで楽しめました。
なめくじが「なめくじ」と書いた着物を着ているのは笑いました。

3.御所桜堀川夜討 弁慶上使
  武蔵坊弁慶 中村吉右衛門
  侍従太郎 中村又五郎  
  卿の君・腰元しのぶ 中村米吉
  花の井 市川高麗蔵
  おわさ 中村雀右衛門
 
弁慶が頼朝の命を受け、義経の正室の首を討ちに侍従太郎の館を訪れますが、
懐妊中の卿の君の身代わりとして同じ年恰好の腰元しのぶを身代わりにすることに。
実はしのぶは弁慶の娘であった、という悲しいお話。
吉右衛門さんの号泣シーンはグッときます。

[PR]
by leonpyan | 2017-06-09 23:35 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

花戦さ

c0004750_23210599.jpg

花戦さ (2017)

【監督】篠原哲雄
【出演】野村萬斎 / 市川猿之助 / 中井貴一 / 佐々木蔵之介 / 佐藤浩市 / 高橋克実 / 山内圭哉 / 和田正人 / 森川葵 / 吉田栄作 / 竹下景子


★★★★ [80点]「花が主役は新鮮」

この時代のお話は歴史上の人物それぞれに先入観や思い入れがあったりして、なかなか素直な見方ができないのだけれど、今回の主役は花、そして初めて聞く池坊専好という僧侶である。
よくある戦国時代の信長や秀吉や利休を軸としたお話とは少し違うところが新鮮に感じた。
池坊専好のキャラクターが野村萬斎にぴったりと合っていて、ともすれば重苦しいストーリーが明るく救いのあるものとなっている。

利休が専好を草庵に招き茶を点てるシーンは印象的だ。
利休に心を開き癒される専好。
そして対照的に利休の茶室で我儘なふるまいをする秀吉@猿之助。
名だたる戦国武将たちが魅了された利休の秘密がそこにはある。
素直に悩みを打ち明け泣くのも、困らせようと駄々をこねるのも本質的には変わらない。
利休は黒樂に象徴されるように懐深く客人をもてなし包み込み受け入れる。
しかし利休自身は決してぶれることはない。
私の中で様々な利休像が交錯していたが、佐藤浩市の利休は自分の中でスッと穏やかに着地した。

最後に、華道というのは茶道から派生したもの、と思いこんでいた私。
たいへん浅薄でした。ごめんなさい。


Posted by ちょし on 2017/06/05 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2017-06-05 23:23 | 映画 | Comments(0)

髑髏城の七人 Season花

c0004750_12511467.jpg

「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演、『髑髏城の七人』を観てきました。

360度繰り広げられるステージ、中央で回転する客席。
アジア初のエンターテインメント劇場を体感したかったのと、劇団☆新感線が初めてだっだので、とても楽しみにしていました。

テーマパークのアトラクションと劇場が合体したような感じ。
舞台だけでなく、幕をスクリーンに見立てて映像を映し出し、劇場全体が髑髏城の世界観の中に没入していきます。

時は信長の死から8年目、秀吉の時代のまだ荒野ばかりの関東が舞台。
殺陣も多く、演出も凝っていて、アクション映画好きの私はとても楽しめました。

特に好きな俳優が出ていたわけではありませんが、豪華なキャスト。
やっぱり古田新太は美味しいところをすべて持って行きますね。
山本耕史は立ち姿が綺麗。殺陣もいい。でも悲しい役でした。
小栗旬も着流しが似合っていて恰好よかった。
清野菜名は最近よくいい役に抜擢されているので、特に美形でもないのに何故、と思っていましたが、アクションはとても上手い。
ただ、3カ月の長丁場のせいか、喉がつぶれ気味でセリフが聞き取りにくかったのがちょっと残念。

来月にはSeason鳥を観に行きます。
キャストがガラリと変わり、演出も少し違うみたいで、こちらも楽しみです。

[PR]
by leonpyan | 2017-06-03 14:11 | 観劇 | Comments(0)
第三日目の朝はホテルのビュッフェで。
せっかくのオークラプレステージ台北での宿泊ですから、一日くらいはホテルで豪華な朝食をいただきたいですからね。
写真を撮りませんでしたが、オムレツもデニッシュもサラダも美味しかったです。
ホテルのビュッフェには和食も中華もありますが、ついつい洋食に走ってしまいます。

この日の午前中は私だけ自由行動を取らせてもらって、台北を北上し、ある茶人のサロンに行きました。
その間Kemiちゃんたちは買い物をしたりマンゴーかき氷を食べたりしていたようです。

午後に台北101の『鼎泰豊』で合流。
私は茶人のお宅で端午節のちまきとアップルマンゴーをご馳走になっていたのでお腹いっぱいでしたが、
皆は定番の小籠包やワンタンやちまきを食べました。

午後4時に台北101の正面玄関で知り合いのタクシー運転手さん、北哥と待ち合わせ。
この日は午後から夜まで観光貸切をお願いしていました。
まずは十份へ。

c0004750_12504877.jpg
ランタン(天燈)飛ばし体験で賑わっていました。
もともとは元宵節のランタン祭りでランタンを飛ばしていたのが始まりですが、
今ではすっかり観光スポットです。
私たちも思い思いの願い事をランタンに書いて飛ばしました。
お店のお兄さんが写真を撮ってくれるのですが、手慣れたものでいい写真が撮れました!

c0004750_12505192.jpg
さっきまでランタンを飛ばしていた線路にしっかり電車が入ってくるんですよね。
電車の来る時間になると駅員のお姉さんが怖い顔で線路から離れるように注意して回ります。

c0004750_12502278.jpg
想像以上に盛り上がった十份を離れ、九份へ。
少しずつ陽が落ちていき、上に登ったころには夜景の時間になっていました。

c0004750_12510056.jpg
昼食が遅めだったのでまだあまりお腹が空いておらず、とりあえずデザート系を。
『阿柑姨芋圓』の芋圓をいただきました。

c0004750_12505655.jpg
『九份茶房』で蜜香烏龍をいただきます。
観光地の喧騒の中で、ここでは静かなひと時が過ごせます。

c0004750_12502604.jpg
九份の風景も堪能したので、帰路につきました。

ホテルに帰ると台中の日出から日本で頼んだ通販の荷物がどっさり届いていました。
それを各自分けて荷物整理をしていたらすっかり疲れてしまい、この日はこれでお開き。
最後の台北の夜は荷物との格闘でした(笑)。
でも美味しい荷物をどっさり抱えての帰国もまた幸せなものです。

c0004750_12511042.jpg
最終日の朝は少し遠出をして光復市場にある『周家豆腐捲』で
この店の看板メニュー豆腐捲と豆乳をいただきました。

c0004750_12510594.jpg
市場は朝から賑わっていました。
新鮮な魚や野菜がたくさん並んでいます。

ホテルに戻り、チェックアウトをして松山空港へ。
楽しかった台北旅行も終わりです。

帰国してもまたすぐに行きたくなる台湾。
今回もたくさんの台湾の方にお世話になりました。謝謝!

[PR]
by leonpyan | 2017-06-03 13:22 | 旅行 | Comments(0)
台北二日目の朝は『阜杭豆漿』へ。
思ったほど並んでいませんでした。
c0004750_23180123.jpg
定番の鹹豆漿と厚餅夾蛋をいただきました。
安定の美味しさ!

c0004750_23180632.jpg
そして、早朝の龍山寺へ。
大勢の尼さんの読経が心地よく響きます。
長くて太いお線香を持ち、それぞれの神様のもとへ御礼とお願い事に回ります。

c0004750_23181193.jpg
そのまま胡椒餅を買いに行きました。
まだ開店前だったので整理券をいただきます。2番!
ちょっと時間をつぶしてから熱々の胡椒餅を公園でいただきました。
昔、油が手の甲に飛んで火ぶくれになったことがあるので、注意、注意・・。

c0004750_23181517.jpg
ホテルに戻り、少し休憩してから次の目的地、迪化街へ。
青木由香さんのお店『你好我好』です。
お土産にぴったりの可愛い小物がたくさん。
ジェンさんの服も売っています。

c0004750_23181975.jpg
茶友まりちゃんに教えてもらったお店『夏樹甜品』で杏仁豆腐をいただきました。
これも絶品!

迪化街は北側がどんどん発展して新しいオシャレな店が増えていますね。
定番のドライフルーツ、カラスミを購入。
今回は籠バッグは諦めました。。。

c0004750_23182303.jpg
ホテルに戻り、一階のバーで一休み。
宿泊サービスの紅茶をいただきました。

c0004750_23083545.jpg
そして茶藝館『小慢』へ。
一緒に行った友人は麗茶の生徒さんでもあります。
皆さんお茶淹れは問題ありません。

c0004750_23182859.jpg
夕食は永康街の『秀蘭小吃』にて。
上海料理のお店は台北には多いのですが、ここの「白菜獅子頭」はNO.1の美味しさでした。
野菜料理も美味。

この日もマッサージへ。
「豪門世家理容名店」で全身マッサージと顔マッサージをやってもらいましたが、
顔マッサージがなかなか当たりでした。
毛穴の掃除や産毛の処理もしてくれて、翌日は顔がツルツルでしたよ。

[PR]
by leonpyan | 2017-06-01 23:17 | 旅行 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし