<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

四月大歌舞伎

c0004750_23384614.jpg
今月は歌舞伎座昼の部に続いて夜の部も。
それも初めての千穐楽。
亀ちゃんの奴道成寺があるからね。

頑張って菖蒲(勝負?)柄の訪問着を着ていきましたよ。
でも、歌舞伎座にお着物でいらっしゃる皆さんはつわもの揃い。
張り合うつもりはとんとないし、目の保養させてもらってますが、何か、気慣れてる感すごいわー。
私もいつかは和服でああいう空気感出せるようになるかしらん。

1.傾城反魂香
  浮世又平 中村吉右衛門
  女房おとく 尾上菊之助
  土佐修理之助 中村錦之助
  土佐将監 中村歌六
  将監北の方 中村東蔵

新春浅草歌舞伎で巳之助と壱太郎が演じた演目ですね。
吉右衛門の又平はさすがという感じ。
喜怒哀楽の表現が素晴らしい。

2.桂川連理柵
  帯屋長右衛門 坂田藤十郎
  信濃屋娘お半・丁稚長吉 中村壱太郎
  義母おとせ 上村吉弥
  隠居繁斎 中村寿治郎
  弟儀兵衛 市川染五郎
  長右衛門女房お絹 中村扇雀

藤十郎さん、御年85歳でいらっしゃるものね。
これが2、30年前だったらめっちゃイイ男の役がハマっていたのかもしれないけれど、
うーん、残念ながら声はよく聞こえないし、お半がなぜ長右衛門にここまで惚れるのか理解できない図式になってしまっている。
そこは脳内補完するしかないのかな。
意地悪義母の吉弥、アホ連れ子の染五郎、鼻たれ長吉の壱太郎はコミカルで良かった。
それにしても長右衛門38歳、お半14歳という設定には驚きます。

3.奴道成寺
  白拍子花子実は狂言師左近 市川猿之助
  所化 尾上右近
     中村種之助
     中村米吉
     中村隼人
     市川男寅

たぶん、私の周りの観客は皆KameProClub会員でチケット手配した人たちに違いない。
それまでの演目では船を漕いでいた人たちが、猿之助が出て来たらしっかり声援を送っていた。
1階12列中央の席。
亀ちゃんと目が合う(ような気がする)席なんだよねー。
ほんと、亀ちゃんの舞は素晴らしかったです。
来て良かった~~。
所化役では右近がとても良かったと思いました。

亀ちゃんの動き、先日の宝塚宙組の朝霞まなとさんの動きに続き、
頭の先から指先まで、そしてその表情、とても勉強になります。
その集中力と緊張感としなやかさ、茶淹れの参考にしたい!

[PR]
by leonpyan | 2017-04-27 00:25 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

宝塚 宙組公演

c0004750_21001527.jpg
初めての宙組公演!
やっとイープラス貸切の抽選に当たりました。
それも前から9列目、ほぼ中央の席というくじ運の良さ。
去年『エリザベート』が外れて涙を飲んだことはこの際忘れることにしよう(笑)。

今回はお茶仲間の順子さんをお誘いして、着物で観賞。
順子さんは宝塚=すみれを意識して紫色のお召し。
私は普段はあまり袖を通すことがないベージュピンク地に蘭の柄の訪問着。
宝塚は着物の人はそれほど多くはありませんが、この華やかな場所にはオシャレをして行きたくなります。

前半の『王妃の館』、コミカルでとても面白かった!
トップの朝夏まなとさんは歌も上手いし、ユーモアのある演技もできるし、
手足が長くて特に手の動きがとても素敵。
指先まで神経の行き届いた動きで、見惚れてしまいました。
娘役トップの実咲凛音さんも歌も踊りも上手くてこの公演で引退というのは残念。

レビューの『VIVA! FESTA』もエネルギッシュで素晴らしかったです。
特に「ソーラン節」が良かった。
客席に降りてきて、ハイタッチをしてくれるのも嬉しいファンサービスだよね。

順子さんも初宝塚を堪能してくださったようで、お誘いして良かったです。

次は雪組公演のチケットを狙っているのだけれど、
トップ二人の引退公演でもあるので争奪戦になりそう。
私ごときのくじ運では難しいかも・・・。

[PR]
by leonpyan | 2017-04-21 22:04 | 観劇 | Comments(0)

四月大歌舞伎

c0004750_22585830.jpg
猿之助のKame Pro Clubから出演のお知らせが来ると、やっぱり行ってしまう歌舞伎座。

1.醍醐の花見
  豊臣秀吉 中村鴈次郎
  豊臣秀次 尾上松也
  北の政所 中村扇雀
  淀殿 中村壱太郎
  三條殿 尾上右近
  前田利家室まつ 市川笑三郎
  松の丸殿 市川笑也
  石田三成 市川右團次

この時期にまさしくドンピシャな演目。
舞台いっぱいの桜、その前に美しい小袖をまとった秀吉の妻たちが並びます。
一献の順、舞いの披露の順を巡って側室の淀殿と松の丸殿が火花を散らす場面が見どころ。
壱太郎も右近も若々しく美しく、笑也さまは凛とした艶やかさがステキ。

2.伊勢音頭恋寝刃
  福岡貢 市川染五郎
  仲居万野 市川猿之助
  料理人喜助 尾上松也
  油屋お紺 中村梅枝
  
妖刀青江下坂をめぐる伊勢を舞台にした物語。
猿之助の意地悪な仲居がまた憎たらしい。
隼人は奴姿が似合います。

3.一谷嫩軍記 熊谷陣屋
  熊谷次郎直実 松本幸四郎
  源義経 市川染五郎
  熊谷妻相模 市川猿之助
  藤の方 市川高麗蔵
  白毫弥陀六実は弥平兵衛宗清 市川左團次

平敦盛の首をめぐっての悲しい物語。
去年も同じ演目を中村芝翫の襲名披露で観ました。
客席では涙する人も多い名作ですが、私はどうしても自分の子供の首を取るというお話に感情移入できず・・。
この手の古典は苦手かも。
  

[PR]
by leonpyan | 2017-04-09 10:35 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし