<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (2015)

【監督】J.J.エイブラムス
【出演】ハリソン・フォード / キャリー・フィッシャー / アダム・ドライバー / デイジー・リドリー / ジョン・ボヤーガ / オスカー・アイザック / ルピタ・ニョンゴ / アンディ・サーキス / ドーナル・グリーソン / グェンドリン・クリスティー / アンソニー・ダニエルズ / ケニー・ベイカー / ピーター・メイヒュー / マーク・ハミル / マックス・フォン・シドー


★★★★☆ [90点]「突っ込みどころもお愛嬌」

リアルタイムでエピソード4を観たのは学生のとき。

それ以来欠かさずに観て、DVDも全巻揃えているファンの一人ですが、

3部作の最終章が観られるとは思っていなかったので、今回の“覚醒”は本当に嬉しかった。



内容的にも設定的にも突っ込みどころは多々あれど、それをワイワイと家族と論じるのも鑑賞後のお楽しみのひとつ。

普段は映画は一人で観ることが多いけれど、これだけは家族と観ることにしています。



全体的な感想としては、とても無難にまとめたという感じ。

バトンを受けたJ.J.エイブラムスは最大限にスターウォーズファンを気遣いながらこの作品を創りあげたに違いありません。

若干の不満点もないわけではありませんが(特に男性陣に魅力的なキャラがまだ見つからないこと)、最終的な評価はシリーズが終わってからにしようと思います。

今はとにかく次作への期待で盛り上がってます!





Posted by ちょし on 2015/12/28 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2015-12-28 21:54 | 映画 | Comments(0)

山是山 水是水

気が付けばもう師走。
こちらのブログも二か月ぶりの更新です。
慌ただしくしているうちに時間はあっという間に過ぎてしまいます。

振り返ると今年も多くの新しい出会いがありました。
ほとんどがお茶に関わる出会いです。
昔の自分ならとてもご縁がなかったような方々ともつながる機会を得て、とても幸せな一年でした。
そんなとき、中国茶を続けてきてよかったと心から思います。

今月初めにも、お茶のご縁から素晴らしい方をご紹介いただきました。
画家・書家・陶芸家、高仲健一さんです。
ルハンちゃんが来春企画している茶会にご協力いただく件の打ち合わせで
ルハンちゃん、ルハンちゃんのお母さま、Yさんと4人で高仲さんのご自宅兼アトリエを訪問しました。

高仲さんの個展に伺ったことはありませんでしたが、
去年桃居さんから送られてきた
展覧会のお知らせの中の自己紹介文がとても面白かったので、お名前を記憶していました。

大多喜の山の中にあるというご自宅の地図をFAXしていただきました。
そこにはくれぐれも汚れてもいい服装でお越しくださいと書き添えてありました。

自分を含め4人を乗せて大多喜まで行くことになり、
愛車チンクは実質的には2人乗りのため
家人が使っているセダンを貸してくれると言っていたのですが
初めて訪れる山道に多少の不安を覚えて小回りの利くFF車で行くことにしました。

果たして当日は雨模様。
道も狭く、ところどころぬかるんでいて、乗り慣れたチンクにして正解でした。

湖を右手にして細い道に折れ、山道を登り切ると高仲家の駐車場が見えました。
高仲さんが迎えに出てきてくださり、後をついて階段を上りました。

庵風の門が私たちを迎えてくれます。

c0004750_22484566.jpg


家は壁が黒く古民家のような風格でしたが、まだ築10年と伺ってびっくり。
土間にかまどがあり、薪で火を焚くため、家中が黒くなったのだそうです。
天井には茶則にしたいような煤竹がありましたよ。

家の中には犬が2匹、猫が4匹、ナマズが一匹、大歓迎してくれました。
動物たちはのびのびとして、思い思いの場所でまどろんだり、外に出て走ったりしています。
私たちが居間でお茶をいただいていると、猫たちがお気に入りの膝を見つけて乗っかってきます。
奥さまが作ってくださった大学芋と大根餅の美味しかったこと。

高仲さんの書斎と作品ギャラリーと陶芸の仕事場も案内していただきました。
書斎の本棚には漢籍、仏書、日本の古典の書物が所狭しと並べられ、壁には「意在筆前」の文字。
窓からは例えようもないくらい美しい夕日が見えるそうです。

雨も止んだので、外へ。

山羊さんたちも懐っこい!

c0004750_22484986.jpg


写真ではわからないけれど、かなり大きな豚さんです。

c0004750_22485340.jpg


伊藤若冲の絵に出てくるような立派な鶏も。

c0004750_22485550.jpg


周りは竹林で囲まれています。

c0004750_2249048.jpg


窯のある作業場を見せていただいた後、山頂にあるあずまやへ。
ルハンちゃん一番のお気に入りの場所。

c0004750_18333452.jpg


天気が良ければ海も見えるそうです。

そこから少し降りると茶室「破庵」があります。
まさしく二畳の茶室です。

c0004750_2249267.jpg


山の中で自然と接し、半自給自足の生活を送っていらっしゃると言うと
まるで仙人のようなイメージですが、
実際は重労働だそうですし、思わぬ問題が起こったりするようです。

それでもそんな大変さはこの自然の豊かさの前には吹き飛んでしまうのかもしれません。
高仲さんご夫妻の明るさ、フレンドリーな大らかさから
この生活を本当に享受していらっしゃることがうかがえます。

私たちにとっても夢のようなひと時でした。
高仲さんご夫妻、そして高仲家の動物たち、山の生き物たちすべてに感謝いたします。


*****
ここに、高仲さんの創作活動と山の生活のエッセンスが詰まった本があります。

c0004750_2250338.jpg


山是山水是水』(自然堂出版)

山の暮らしを始めてからのエピソードが絵と漢詩とエッセイで綴られています。
この中で好きな言葉を挙げるとしたら、迷いますが、今は「人心知足應終穏」。
宝物にしたいような一冊です。


*****
高仲健一さんの個展は来年2月に西麻布の桃居で開催されます。
山での生活と古書の学びから得た独特の世界。
陶器と書と画と。
今からとても楽しみにしています!

髙仲健一 画陶展
2016年2月5日(金)~2月9日(火)
11:00~19:00
桃居にて


*****
そして、ルハンちゃん主催の茶会は来年3月19日(土)の予定。
台湾出身のルハンちゃんが日本でお世話になっている方々への感謝の気持ちを茶会で表現します。
私もお手伝いをする予定です。
高仲健一さんはその茶会の精神的支柱となってくださることでしょう。
乞うご期待。
[PR]
by leonpyan | 2015-12-19 20:43 | 旅行 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし