<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

黒衣の刺客

黒衣の刺客 (2015)

【監督】ホウ・シャオシェン
【出演】スー・チー / チャン・チェン / 妻夫木聡 / 忽那汐里 / シュー・ファンイー / ニー・ダーホン / ヨン・メイ / レイ・チェンユイ / シェ・シンイン / イーサン・ルアン


★★★☆ [70点]「満足度点数は二度見た平均値」

期待を胸にふくらませて観た一回目。
のっけから状況がつかめず、
え、この人は何?この人とこの人の関係性は?と筋を追うことに終始し疲れ、
え??これで終わり??と、頭の中が???だらけでエンドロール。
復習しようとプログラムを買いに受付に寄ると公開後わずか3日目にして売り切れ。
(きっと皆思うことは同じで、鑑賞後謎を解くために買いに走ったんですね)
一緒に行った台湾出身の後輩によれば、
セリフが古語すぎて意味が取れず、日本語字幕を観ていたと言うし、
原作の『聶隠娘』とも話が違うのでよくわからなかったそうな。
美しい映画で、スー・チーとチャン・チェンの演技も良かったと思うけれど、
やはりストーリーがわかりずらく、観客を置き去りにしてしまうような映画はちょっとどうなの・・と思うので、
このときの満足度は50点だった。

それでも何故か、嫌い、と切って捨てられない思いも残る。
映画の中で使われる調度品(根津美術館のシンボルでもある青銅器、双羊尊も出てくる!)や
女性の身支度シーンは興味深かったし、
一つ一つの情景が切り取って写真にして飾りたいくらい素晴らしい。
いや、画面の中の風の動きや音の演出は細部まで計算され尽くされていて、切り取ってしまうのは勿体ないかな。

そこで、プログラムを友人に買ってきてもらいざっと復習&予習をして、二度目の鑑賞に臨んだ。

今度はストーリーを追うことに神経を使わず、
ゆったりと画面の中の世界観に身を委ね、
隠娘の静かな表情の中に自分の気持ちを重ねながら観た。
すると、最初の鑑賞の時とは全く別の感情が生まれてきた。
何と幸せな108分だったであろうか。
自然の美しさと対比して映し出される人間たちの哀しい運命。
しかし、希望がないわけではない。
これは自立と再生への物語でもある。
二度目の満足度は90点。

・・・というわけで、平均値は70点でした。


Posted by ちょし on 2015/09/28 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2015-09-28 21:54 | 映画 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし