<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さて、二日目の朝です。

前の晩はkemiちゃんと馨子さんがワークショップを開いてくれたり、
みーやがパワージュエル体験施術をしてくれたりと盛りだくさんだったのですが、
夜はぐっすりと寝ることができました。
洞川温泉は怖そうだ!なんてうそぶいていましたが、何事も起こりませんでしたー。

ただ、皆が心配するといけないので黙っていましたが、
私は前の日から首が寝違えたように痛くて、
この日の朝はその痛みに頭痛も加わっていました。
あー、まずいなーと思いながらも、温泉に浸かって自分でマッサージなどしていました。

お宿の朝食も充実していました。
鮎の一夜干しもついています。
c0004750_1012622.jpg



朝食後はすぐ近くの龍泉寺に行きました。
千三百年の歴史を持ち、大峯山信仰の登山基地の役割を担ってきました。
全国の修験道の根本道場として知られています。
八大竜王堂へのお参りも忘れずに。

修験者が入峯の前に身を清める行場です。
c0004750_1014997.jpg



美しいトカゲに出会いました。
しっかりカメラ目線もいただきました!
c0004750_102717.jpg



お土産物屋さんでごろごろ水の手配をして、
洞川名産の陀羅尼助丸も購入し、ホテルを後にしました。


この日の目的地は十津川村の玉置神社
kemiちゃんが2年ほど前に千文さんと行ってものすごいところだったという話は聞いてました。

地図で見ると天川村から十津川村までの距離はたいしたことがないように見えるのですが、
山をいくつも回るため、車でも2時間かかります。

山間を川沿いに走るのですが、
天川近くでは鮎釣りをする人も多くキャンプ場も見られました。

それが十津川村に入ると人家のない道となり、
川もダムによってせき止めらて水位が上がっていたり、
水量を調節して干上がっていたり。
土砂崩れや水害の爪痕が残る場所も散見されました。
過酷な自然の脅威にさらされる地域であることはすぐにわかりました。

十津川村に入ってしばらくすると空は黒雲に覆われ、突然大雨が降ってきました。
車の中の私たち6人も言葉少なくなりがちに。
私は相変わらず首が痛くて頭痛も若干ありましたし、
馨子さんはこのあたりから気分が悪くなってしまっていました。
雨足も激しくなり、通行止めで迂回させられることも数回あり、
私は「今日は行くのは無理かな・・・」と半ば諦めかけていました。

玉置神社は参拝者を選ぶ、とも聞きます。
果たして今回は私たちは歓迎されるのでしょうか・・・?

やっとのことで十津川温泉の道の駅に着き、しばし休憩。
雨も少し小降りになってきました。
馨子さんはかなり具合が悪そうでしたが、
とりあえずこのまま向かうことにして、また車に乗り込みます。

その先の道もかなり過酷で、私が運転していたら、多分途中で心が折れて引き返していたでしょう。
kemiちゃんには本当に感謝です。

車一台通るのがやっとの古びた橋を渡り、玉置山に入ります。
c0004750_1023868.jpg



すれ違うのも難しく、ガードレールもない片側が崖になった道をひたすら登り始めました。
玉置神社は標高1077mの玉置山頂上近くにあるのです。

本当にこんなところに神社があるのだろうか?と思いながら
しばらく車に揺られ続けます。
玉置山の展望台と世界遺産の石碑を通り過ぎて
玉置神社の入り口駐車場に到着しました。
眼下に紀伊山地を見渡すことができます。
c0004750_1025218.jpg



玉置神社は熊野三山の奥の宮とされており、
大峯奥駈道の極めて重要な聖地として世界遺産に含まれています。

熊野の方向には雷雲が立ちこめていましたが、奈良側はきれいな青空が見えてきました。
c0004750_103124.jpg



大きな鳥居が迎えてくれます。
ここから徒歩15分ほどで本殿に着きます。

c0004750_8414722.jpg



この二つ目の鳥居をくぐると空気ががらりと変わります。
このあたりから小雨が降ってきました。
十津川村での雨とは違い、ここは浄化のお湿りを感じました。
c0004750_103316.jpg



玉置神社にはとても珍しいお守りがあります。
その名も「悪魔退散」です!
c0004750_1034614.jpg



水が冷たく気持ちがいい。
手を洗い、口を清めて姿勢を正します。
c0004750_104269.jpg



樹齢3000年と言われる神代杉。
素晴らしいです。
心地よい風を感じました。
c0004750_1041987.jpg



本殿ではここへ呼んでくださったことへの感謝をしました。
不安に思うことはない、自分の道をしっかり進め、と力を授けられた気がしました。
c0004750_1043414.jpg


気がつけば首の痛みも和らぎ、頭痛もなくなっています。
天気の回復と共に目の前がクリアになったような気がしました。

馨子さんも元気になって、皆で一緒にお参りをすることができ、本当に良かった。
まるで夢の中のような、異空間に迷い込んだようなひとときでした。

今回は山頂までいく時間がありませんでしたが、
次回は玉置山をもう少し散策してみたいですね。
でも簡単に行ける場所ではないので、次はいつかな?

不思議なことに帰り道は行きの半分くらいに感じました。
感覚的なものではなく、本当に道が違っていたようです。
行きに通った展望台に寄っていこうと思っていたのに結局通りませんでした。
分かれ道があったわけでもないのですが、まるでワープしたようでした。

帰りも十津川温泉の道の駅で一休み。
行きには気付きませんでしたが、
壁に去年の水害で橋が折れた写真などが飾られていました。
明治時代には村が全滅し、村の住民全体が北海道に移住して
新十津川村を作ったという記事が貼られていました。
玉置山を登るには覚悟が必要という理由の一端がわかったような気がしました。

私は霊感もありませんし、見えないものが見える体質でもありません。
母方の実家は日蓮宗の住職でしたが、私自身はことさらに信心深いわけでもありません。

それでも、人は何かに守られていると思いますし、
私たちの魂は宇宙とつながっていると感じます。
世の中には見えるものよりもはるかに見えないものがたくさん存在しています。
そしてその存在の前に敬虔であるべきである、と思っています。

こうして神社に来るのも私にとってはパワーをもらうというよりは、
感謝の気持ちを思い起こし、自分自身を見つめ直す機会を与えてもらうような感じです。

玉置神社参拝は本当に魂を揺さぶられるような貴重な体験でした。
連れてきてくれたkemiちゃんに心から感謝します。
ご一緒したみんなもありがとうございました!
[PR]
by leonpyan | 2013-07-23 08:45 | 旅行 | Comments(2)
もう10日ほど前のことになってしまいますが、
7月12日(金)~13日(土)の日程で、奈良県の天川村、吉野町、十津川村へ行ってきました。
友人のヒーラーkemiちゃんの「みんなを連れて行きたい!」の一言で仲良し仲間が集いました。

初日は総勢8名でまずは天川村の天河大弁財天社へ。
私は友人のかっこちゃんとANAで伊丹空港まで行き、そこで先に着いてレンタカーを借りて迎えに来てくれたkemiちゃんと馨子さんと合流。
天河までの途中の道の駅「吉野路大淀」で名古屋から来た中村夫妻、らぴゅちゃん、みーやと待ち合わせ。
そして一路天川へ。

天河神社は3年半ほど前にやはりkemiちゃんに連れてきてもらっていますが、
その時は日帰りだったのでとても慌ただしかった覚えがあります。
今回は一泊するので、心なしか時間的にも気持ち的にもゆったり感が(笑)。
お参りした後、本殿でしばらく座って各自思い思いの時を過ごしました。

天河は芸能の神さまとも言われ、また宇宙につながる場所とも言われています。
私はここに来ると気持ちがリセットされるというか、まっさらになる気がします。
ただただ訪れることができたことを感謝しました。

c0004750_9595227.jpg



天河神社の敷地内には天から振ってきた隕石が4個あるとのこと、
2個は囲いがしてあってすぐわかりますが、
1個は何の囲いもないので見つかりにくい。
でも囲いも何もないので、触ってジンジンするのを感じることができます。
c0004750_10095.jpg



天河神社の向かいのお寺の境内にある大銀杏。
鳥居と対峙するようにそびえています。
この周りはゼロ磁場であるとも・・・?
c0004750_9494717.jpg



ここで中村夫妻とはお別れ。
甲子園で阪神戦を観るのだそうです。
翌日が結婚記念日&陽子ちゃんのお誕生日なのです♪


私たちは吉野町へ向かいました。
思ったよりも険しくて狭い山道を通っていきます。
奥千本の入り口で車を降り、そこから山道を徒歩で進みます。

途中、吉野山からの雄大な眺めを堪能しました。
雲が何とも綺麗です。
c0004750_9502669.jpg



c0004750_9504624.jpg



目的地の西行庵に到着。
ここもkemiちゃんの大のお気に入りの場所。
静寂と心地よい風。
春夏秋冬、それぞれの景色が楽しめそうな美しい場所です。
ここで西行さんは何を思い、3年の時を過ごしたのでしょうか。
c0004750_951766.jpg



日もだいぶ傾いて、吉野を後にして洞川温泉に向かいます。
この日の宿泊は「宿 花屋徳兵衛」。
kemiちゃんから吉野と洞川、どちらに泊まりたい?と聞かれ、「怖いほう」と答えた私の一言で決まりました。

以前洞川温泉街を車で通ったとき、とてもおどろおどろしく思えたのと同時に、引かれるものがありました。
群馬の四万温泉もそうなのですが、道が行き止まりの場所にあって山に囲まれ、まるで秘境の中の温泉街のような雰囲気がとても好きです。

お宿は外観は古びていますが、お部屋は新しく、広々としていてとても気持ちのいいところでした。
サービスもてきぱきとしていて素晴らしく、食事も美味しく、もちろん温泉もよかった。
c0004750_951287.jpg



夕食です。しっかり完食しました。
お水の美味しい場所なので、ここには写っていませんが、湯豆腐も美味でした。
c0004750_9515076.jpg



鮎もまるまると太っていて、頭からしっぽまで美味しい!
c0004750_9521162.jpg



道中ずっと運転し続けていたkemiちゃんはよほど喉が渇いたのでしょう、
テーブルに用意されていた水を立て続けに飲み干していました。
おそるおそる「私も水飲んでいい?」と聞いたほど(笑)。
飲んでみると、いやいや、本当に美味しい!
これがかの有名な「ごろごろ水」の汲み立てなんですね。
感動して、翌日ペットボトル入り「ごろごろ水」の配送をみんなでお願いしちゃいました。

お部屋は3人ずつ2部屋に別れました。
東の天空と西の天空。
次の日の‘天空に向かう旅’を象徴するかのような部屋のネーミングです。
c0004750_9523481.jpg


(後編につづく)
[PR]
by leonpyan | 2013-07-22 14:11 | 旅行 | Comments(4)

華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビー (2013)

【監督】バズ・ラーマン
【出演】レオナルド・ディカプリオ / トビー・マグワイア / キャリー・マリガン / ジョエル・エドガートン / アイラ・フィッシャー / ジェイソン・クラーク / エリザベス・デビッキ


★★★★ [80点]「デイジーを理解できるようになったかも」

原作もレッドフォード版映画もものすごく好きなので

ディカプリオ版も楽しみました。

何だかちょっとコミカルな面のあるギャツビーだったけど、

純粋さが出ていて悪くないと思います。

ただ、ギャツビーが激昂するシーンはちょっと残念な感じ。

原作にはない演出ですよね?



若い頃に原作を読んだときはひたすらデイジーが許せない、と思ったんですよね。

でも、今回の映画を観た感想は、私の歳のせいもあるだろうけれど、

デイジーにも少し同情の余地がありました。

決して明るい未来はないだろう、けどね。



久しぶりに原作をもう一度読みたくなりました。

今回は村上春樹翻訳バージョンで読んでみようかな。


Posted by ちょし on 2013/06/29 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2013-07-01 14:03 | 映画 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし