<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

佐賀旅行 第一日目

10月8~10日の連休に学生時代の友人たちと佐賀へ行ってきました。
メインイベントは佐賀の肥前通仙亭で中国茶会を開かせていただくことだったんですが、
(この茶会についてはブログ神融心酔に記事をUPしています。)
せっかく行くなら佐賀を回ろう、という話になり、
私の希望でお茶に関連のある嬉野、有田に行くスケジュールとなりました。

羽田発佐賀有明空港行きのANAに乗り、午後到着。
空港でレンタカーを借り、
今回の案内役兼運転役まで引き受けてくれたMさんに全てお任せで
佐賀ツアーが始まりました。

まずは佐賀城本丸歴史館へ。
佐賀城の建物は消失してしまい、
今あるのは復元されたものですが、
鯱の門は当時のもの。
佐賀戦争時の生々しい銃弾跡も残っています。

c0004750_956166.jpg



本丸歴史館を見学した後は
10日の茶会の打ち合わせのため、肥前通仙亭へ。
こちらの喫茶スペースでは煎茶体験セットをいただくことができます。
お茶は美味しい嬉野茶、お茶請けの干し柿も絶品でした。

c0004750_16515586.jpg



そしてこの日はそのまま武雄温泉に向かいました。
今回は奮発して皇族の方々も泊まったという「御宿 竹林亭」に宿泊することにしました。

第28代武雄領主、鍋島茂義公が3年の歳月をかけて作った御船山庭園の中にあります。

c0004750_9541693.jpg



上質なホスピタリティ。
館内は綺麗に掃除された畳敷きでスリッパは必要ありません。
この日も満室と聞いていましたが、ほとんど他のお客さま方の気配を感じませんでした。
旅館全体の空間に余裕があるのと、部屋数が少ないのでゆったりしているのでしょう。

部屋に入るとまず抹茶と自家製水羊羹で一服。
羊羹は冷蔵庫にしまって翌日食べたのですが、美味しいのなんのって。
私はあまり羊羹は得意ではないのですが、これはペロリでした。

c0004750_9584421.jpg



温泉につかって浴衣でホッと一息。
待ちに待った夕食が始まりました。

食前酒。御通しの錦秋和えといくら。御造里の玄界灘産伊勢海老・鯛・平政。
この梅酒は自家製で御船山で採れる梅を使っているそうですが、
言葉で言い表せないほどの絶品!!
この梅酒をいただくためだけにまた泊まりたいと思わせるほど(笑)。

c0004750_9591628.jpg



御碗は柚子の香りのする清汁仕立。

c0004750_9594341.jpg


焼肴は秋鮭の味噌風味焼き。
昆布の船に乗ってます。

c0004750_100749.jpg


蓋物は白菊饅頭菊花あんかけ。
中には帆立や百合根や栗やむかごなどいろいろ入ってます。

c0004750_100302.jpg


蒸し物は味覚蒸し。
秋の味覚はもちろん松茸~♪

c0004750_100495.jpg


替り鉢は生野菜別盛。佐賀牛ヒレ肉はA5ランクの特上!
酢の物は赤貝と鮃昆布〆。

c0004750_101694.jpg


留碗は伊勢海老の味噌汁。香の物。
御食事は佐賀県産こしひかり。

ご飯の美味しさでその宿の厨房の心意気が見えてくる気がします。
どんな魔法を使っているんだろう。。。

c0004750_1013375.jpg


デザートは水菓子。
手作り豆乳プリンの黒蜜かけです。
感激の美味しさでした!

c0004750_1015442.jpg


何と言ったらいいのでしょう。
大げさではなく、奇をてらったところもなく、丁寧でただただ美味しい。
お料理だけでもわざわざ立ち寄る価値があると思います。
素晴らしいお宿でした!

こうして第一日目の夜は幸せに幕を閉じたのでした。

(つづく)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by leonpyan | 2011-10-21 23:34 | 旅行 | Comments(0)

アジョシ

アジョシ (2010)

【監督】イ・ジョンボム
【出演】ウォンビン / キム・セロン / キム・ヒウォン / キム・ソンオ / キム・テフン / ソン・ヨンチャン / タナヨン・ウォンタラクン

★★★★ [80点]「隣りのおじさん!?」

韓流スターにはそれほど興味ない、と言ってる私だけれど、

よく考えたらウォンビンの出演映画はほとんど観ている。

そして驚くことに、ハズレは一本もない。

いや、正確に言えばウォンビンさえ出ていれば私にとっては絶対ハズレないのかもしれない(笑)。

立っているだけで格好いいシルエット、哀愁を帯びた眼差し、この人の存在感はちょっと特別だと思う。



映画『アジョシ』はそんなウォンビンの魅力を大前提に制作されたのだろう。

ストーリーとしては過去のいろいろな作品からヒントを得ていて特に斬新ではないし、

アクションもカメラワークでごまかしている感じもあって特筆するものではない。

何よりあまりにも残酷なシーンが多くて、血もドバドバ飛ぶし、引いてしまう人も多いだろうと思う。

それなのに、画面にウォンビン演じるアジョシがいると、清涼感すら漂うのである!(笑)



こんな格好いいオジサンが隣りにいたら、ソミちゃんじゃなくても入り浸るよね~と思いながら、

ウォンビンの捨てられた子犬のような表情を堪能いたしましたです。



あ、でも意外な収穫はマンソク兄弟の弟を演じたキム・ソンオの変体チックな演技。

彼はドラマの脇役でブレイクしたらしいけど、韓国俳優の裾野の広さを感じます。


Posted by ちょし on 2011/10/03 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2011-10-03 11:15 | 映画 | Comments(2)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし