<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イップ・マン 葉問

イップ・マン 葉問 (2010)

【監督】ウィルソン・イップ
【出演】ドニー・イェン / サモ・ハン・キンポー / ホアン・シャオミン

★★★★☆ [90点]「これぞ正統派カンフーアクション映画!」

新宿武蔵野館にて鑑賞。

土曜日の午後と言うこともあってほぼ満席に近く、

それほど大きくはない劇場内は熱気に包まれていました。

男性率も年齢層も高く、ドニーファンのみならず、ブルース・リーファンや

往年のカンフー映画ファンがかなり詰め掛けていると思われます。



オープニングからワクワク感最高潮、音楽もよし、

格調高い作品に仕上がっています。



大戦後の香港でのイップ・マンを描くこの映画は原題が『葉問2』で言わば続編です。

日中戦争をはさんだ佛山時代の『葉問』を観ないとわかりにくい設定もありますが、

(『葉問』は日本では『イップ・マン序章』として、

『イップ・マン 葉問』の観客動員数が5000人を超えると上映になるそうです)

『葉問』のほうは反日の色合いがかなり強いので、

日本での公開が逆となってしまったのは仕方ないのかな。



それにしても、こんなに劇場での一体感のある映画は久しぶり。

映画祭の盛り上がりのようでした。

声を出して笑い、ため息をつき、驚きを言葉にする。終了後の拍手。

それが全く耳障りではなく、一緒に映画を楽しんでいる雰囲気、

そう、これぞ映画上映会の醍醐味でしょう。

そして、カンフーアクション映画とはそういう風にして観るのが一番だと思います。

人がまばらなシネコンで観るのは勿体無い。

みんながカンフーアクションを、ドニー・イェンを、サモ・ハンを、イップ・マンを、そしてブルース・リーを愛してやまない雰囲気でした。



ドニーの演じるイップ・マンの型はあくまでも静かで美しい。

またカンフーアクション映画の一つの伝説が生まれました。


Posted by ちょし on 2011/01/30 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2011-01-30 09:38 | 映画 | Comments(0)

グリーン・ホーネット

グリーン・ホーネット (2011)

【監督】ミシェル・ゴンドリー
【出演】セス・ローゲン / ジェイ・チョウ / キャメロン・ディアス / トム・ウィルキンソン / クリストフ・ヴァルツ / デヴィッド・ハーバー / エドワード・ジェームズ・オルモス / ジェイミー・ハリス / チャド・コールマン / エドワード・ファーロング

★★★☆ [70点]「3Dである必要はないと思うが・・」

アクション・コメディと銘打っているし、

予告編でも一応想像はできたので、

それなりに覚悟して観たんだけど、

いやはやこれほどまでのオバカ映画だったとは(苦笑)。



でも、嫌いじゃないです、このノリ。

ある意味、とってもアメリカンヒーローをシニカルに描いてますよね。

一見アジア蔑視的にも思える内容だけど、

メカニックにも腕っ節にも長けたアジア系のカトー

(これがまた、日本名なのに上海生まれの上海育ちってのがよく分からん)

が、ダメダメで我がままで役立たずな(でも性格はとっても明るくてノー天気)アメリカン御曹司をサポートするってのは、

考えようによってはかなり笑えます。

これってオリジナル版もこんな設定なんでしょうか。

監督も主演二人もアメリカ出身ではないということは関係ないんですかね?



でもねぇ、カンフーアクションに3Dは必要ない、と言うか観にくいと思うんですけどね。

本来は面白いB級映画的扱いのジャンルなのに、

大風呂敷広げてしまった感も否めないですね。

そういえば、キャスティングも何気に豪華でしたわ。


Posted by ちょし on 2011/01/27 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2011-01-27 22:14 | 映画 | Comments(0)

モンガに散る

モンガに散る (2010)

【監督】ニウ・チェンザー
【出演】イーサン・ルアン / マーク・チャオ / マー・ルーロン / リディアン・ヴォーン

★★★★ [80点]「躍動感ある青春ノワール」

ここ2年ほどはあまり台湾映画を観ていなかったのだけれど、

舞台が台北の萬華で、80年代後半と言うのに惹かれ、

話題のイケメン俳優が出演と言うことも気になって(笑)行ってきました。



86~7年と言えばちょうど私自身台北に留学中だった頃。

まだ戒厳令も残っており、国民党が一党支配を守っていて、

この映画の通り、本省人と外省人の確執も根強く残っていました。

萬華の奥には赤線と性病専門医院が並ぶ一角があり、

猥雑でとてもローカルな雰囲気が漂っていたのを覚えています。

台北市内全体は徐々に都会化されつつありましたが、まだまだ人が素朴でのんびりしていました。

この後の10年で町並みも変化し、政治的にも大きく動くことになります。

ゲタ親分に象徴されるような古い世代の時代は終わりつつあったのでしょう。



そんな時代背景を踏まえながらも、

この映画は決してノスタルジーに片寄ることなく、

前半は躍動感のある青春映画仕立て、

後半は人間臭く、ストーリー性を重視した極道ドラマになっています。



不良→極道、友情と裏切り、よくあるパターンの題材ではありますが、

見せ方を心得た映画の作りに、最後まで飽きることなく鑑賞しました。


Posted by ちょし on 2011/01/23 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2011-01-23 23:16 | 映画 | Comments(0)
一昨日のことになりますが、写真展「ヨコハマなう。」を見に、横浜山手に行ってきました。

「・・・なう」と言うのはお分かりかとは思いますが
一応説明を付けておきますと(何せ、IT音痴の友人も多い世代なので^^;)、
今流行りのTwitterの専門用語?のようなもので、
なう=now、語尾につけて、今ここにいるよ、とか、今こんなことしてるよ、ということを表します。

以前からブログをよく拝見していたフォトグラファーのすずちゃんこと鈴木知子さんが
Twitter仲間の方々と横浜をテーマにしたグループ写真展を開催する情報を
すずちゃんのツィートでキャッチしまして、出かけてきました。

すずちゃんの写真が好きで、先日買った写真指南書『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!
のカメラマンのお一人でもあります。
本に自筆サインをお願いしたかったのですが、
残念ながら今回はお会いできませんでした。
でも、やっぱり写真はステキで、横浜まで足を運んでよかったと思いました。

展示されている他の方々の写真も生き生きしていました。
テーマや視点がはっきりしているのが素晴らしいです。
きっとすずちゃんの指導もうけていらっしゃるんでしょね。羨ましいです!

会場は横浜山手234館
こんなステキな場所で写真展を開けるって幸せですよね。
c0004750_013281.jpg



横浜山手を歩くのは本当に何年ぶりでしょう。
多分、高校以来じゃないかな。
(どんだけ前なんだ~)
週末にはカメラ女子たちが大勢詰め掛けるそうですよ。
c0004750_0134767.jpg



c0004750_014140.jpg



c0004750_0141671.jpg



c0004750_0143047.jpg

[PR]
by leonpyan | 2011-01-20 00:14 | カメラ | Comments(6)

義兄弟

義兄弟 SECRET REUNION (2010)

【監督】チャン・フン
【出演】ソン・ガンホ / カン・ドンウォン / チョン・グクァン / パク・ヒョックォン / チェ・ジョンウ

★★★★☆ [90点]「ソン・ガンホの独壇場と思いきや・・」

12月は忙しかったこともあるけれど

時間をわざわざ捻出してまで観たい映画が無かったのも事実。

でも、この映画は見逃せない!

六本木シネマートは遠いけど、行く!

だってソン・ガンホ兄だもんね。



で、やっぱりソン・ガンホだった!!

監督が初めからソン・ガンホのキャスティングを想像したと言っていた通り、

この役はソン・ガンホの真骨頂。

気持ちよく大声で笑わせていただきました。

重いテーマでも小市民的なユーモアを含ませながら自然と演じることができる俳優は、いまやこの人を置いて他にはいないでしょう。



とは言え、意外と(と言っては失礼ですが)よかったのがカン・ドンウォン。

眼球鋭い中に優しさを潜ませたたたずまいが美しかったです。



ストーリーはちょっとご都合主義的な部分もあるけれど、

政治的なテーマを扱いながらもメインは人間同志の心のふれあいと思えばこれはこれでありかな、と。



久しぶりに遠くのミニシアターまで足を運んだ甲斐のある映画でした。

今年はアジア映画がなかなか期待できそうなので、結構行っちゃうかも、六本木シネマート!


Posted by ちょし on 2011/01/15 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2011-01-15 15:48 | 映画 | Comments(0)

今年も至福の新年会

去年の同じ頃にも記事をあげたと思うのだけれど、
今年もお招きいただきました!

ステキな先輩graceさまのお節パーティ♪
これはもう一般家庭の領域を超えている!ということで
私たちの間では「高級料亭青山○○○や」とお呼びしてます。

まずはシャンパンとワインで乾杯、オードブルも厳選されたチーズやドライフルーツです。
その後お節の数々が豪華にテーブルに並びます。
オードブルの後ろにちょこっと写っているのは大人しくて可愛いラッキー嬢。
c0004750_734213.jpg



ローストポークは柔らかくてジューシーで美味しすぎる!!
c0004750_7343197.jpg



タコのマリネも大人気でみるみるうちに無くなっていきました。
c0004750_7345716.jpg



鯛めし!!
もう、お腹もいっぱいなのに食べてしまいます。
c0004750_7351620.jpg



でもデザートは別腹ですよ~(笑)。
グレープフルーツのマリネとロゼワインゼリーにショートケーキ。
c0004750_7354014.jpg


ご馳走様でした!!
至福のひと時をありがとうございました。
[PR]
by leonpyan | 2011-01-14 07:36 | グルメ | Comments(4)

戸隠へ

昨日、4日はMagical Carpetの仲間と、アトリエオルタンシアの落合邦子さんと5人で戸隠神社に行ってきました。

戸隠に日帰りで、それも雪の深い冬に行くって言うのは私には想像がつかなかったけれど、
スタッドレス装備でどこへでも運転していくkemiちゃんに完全にお任せ!
いやぁ~~行けるもんですね~
4日は道も空いていたし、天気も良くて、快適なドライブ日和でした。

戸隠の奥社入り口に到着。
さすがに奥社へは今回は行きません。
入り口の鳥居そばにある「なおすけ」にて、昼食をいただきます。
c0004750_11574646.jpg



9月に来た時とは風景が一変。
白く輝く冬景色。
c0004750_115828.jpg



なおすけ」にて、鴨ざるをいただきました。
厚切りの鴨のお出汁がきいた付け汁が美味しい!!
やっぱりそばは戸隠ですね~。
この後、おしるこも食べちゃいました。お正月だし~~。
c0004750_11581720.jpg



中社の本殿にて、特別新春祈祷をお願いしました。
祈祷では鈴祓いというのをしていただいたのですが、
美しい音色の鈴で身も心も清められた気がしました。
本当にスーッと頭から背中へ何かが抜けたような感じで、身体が軽くなりました。
c0004750_11583325.jpg



予定よりも早く山を降りることができたというので、kemiちゃんはNAVIを小布施にセット。
ホカホカの福栗焼きも食べました!
前の晩、わざわざメールで「小布施の栗羊羹買って来て」と言ってきた母にも小布施堂の羊羹を買いました。

夕飯は横川S.A.のおぎのやドライブインで上州豚のしょうが焼き定食を。
上州もち豚が柔らかくて美味~♪
キャベツにかかっているドレッシングも美味しい。
c0004750_1158475.jpg


道中での楽しいおしゃべり、各所でのグルメ、そして美しい風景。
その上kemiちゃんのリーディング付き。
大人の初詣旅行は最高に楽しくて、今年はいい年になる!と確信しました♪
[PR]
by leonpyan | 2011-01-05 11:58 | 旅行 | Comments(0)

新年のご挨拶

新年おめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さん、初詣にはいらっしゃいましたか?

我が家では1日にお雑煮を食べた後、
家族3人で近所の氏神様にお参りに行くのが毎年の習慣になっています。

神社は普段は無人ですが、
元旦には町内自治会の当番が1日の午前0時から12時まで交替でお世話係をします。
私も来年当たり当番が回ってくるかもしれません。

今年は例年に比べて人の出が多かったような。
去年までは無かった臨時おみくじ箱が置いてあって、
きっと要望があったのね、と何だか微笑ましかったです。

去年の無事を感謝し、今年も家内安全を願う。
毎年同じことの繰り返しではありますが、
気持ちを新たに一年の始まりを敬虔な気持ちで迎えることの大切さ、
家族一緒にこうしてまたお参りできることの有難さを
この年になって実感しています。

今年が素晴らしい年となりますように。
[PR]
by leonpyan | 2011-01-05 11:53 | 雑談 | Comments(2)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし