<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

曼珠沙華

一度群生した彼岸花を撮ってみたいなーと思っていたら、
行きつけのガソリンスタンドの店長さんに地元の彼岸花の名所を教えていただきました。

松戸、常盤平駅近くの祖光院。

平日の午前中でしたが、私のように三脚を抱えたカメラマニアの方々がたくさん訪れていました。
c0004750_21215514.jpg


こじんまりとしていますが、境内には石仏もいくつかあって、伝統を感じさせる趣きです。
c0004750_21221883.jpg


竹林に囲まれるようにして、彼岸花が一斉に開いていました。
c0004750_228474.jpg



今回は60mmマクロレンズも持参しました。

c0004750_21224967.jpg



c0004750_2123378.jpg



c0004750_21231667.jpg



うっすらと白にピンクの彼岸花。
c0004750_2123303.jpg



黄色の彼岸花も。
c0004750_21234223.jpg



「彼岸花に囲まれたお墓に入れる人は何だか幸せね」
そんな会話が聞こえてきました。
c0004750_21235461.jpg

[PR]
by leonpyan | 2010-09-29 21:23 | 旅行 | Comments(4)

悪人

悪人悪人 (2010)

【監督】李相日
【出演】妻夫木聡 / 深津絵里 / 岡田将生 / 満島ひかり / 柄本明 / 樹木希林 / 宮崎美子 / 光石研 / 余貴美子 / 井川比佐志 / 塩見三省 / 松尾スズキ

★★★★ [80点]「例えようのない閉塞感」

一つ一つのシーンがものすごく練られていて、

映像、演技とも本当に素晴らしかったです。

地方都市の閉塞感が画面いっぱいに表現されていて、

映画としての完成度がものすごく高いと思いました。



ただ、ストーリーは思っていたよりも単調で

とても既視感を感じたのは、

予告やTVの番宣を見過ぎたせいでしょうか。

敢えて原作を読まなかったのに、

そのあたりはちょっと残念です。



この映画、3日ほど前に観てまして、

普通ならすぐに感想を投稿するんですが、

どうにも気分が重くなってしまい、

そこから抜け出すのに2日かかってしまいました。



観た後ジワジワと来る映画と言うのはたまにありますし、

それはその映画の内容について悶々と反芻していることが多いのですが、

この映画は自分の内面と対峙させるような感じ。

2日間、自分の中の「悪人」と戦ってしまいましたよ。

原作を読もうかどうしようか、迷ってます。

また引きずりそうで(苦笑)。


Posted by ちょし on 2010/09/25 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2010-09-25 09:16 | 映画 | Comments(4)
見事な杉並木を進んでいくとなだらかな上り坂になります。

左右にはうっそうと茂る森。
木漏れ日がキラキラと輝いています。
c0004750_2091248.jpg



傍らを流れる川のせせらぎが耳に心地よく響きます。
c0004750_2093897.jpg



c0004750_2010579.jpg



階段が見えてくると、奥社まではあともう少しです。
c0004750_20102980.jpg



奥社の鳥居に到着しました。
c0004750_20105253.jpg



戸隠山の絶壁を背に、天岩戸伝説を髣髴とさせる力強さを感じます。
c0004750_20112151.jpg



奥社の隣には九頭龍社もあります。
c0004750_20114327.jpg



戸隠の頂に霧が下りてきました。
幻想的な雰囲気はまさに霊山の名に相応しく、思わずシャッターを切りました。
c0004750_20121289.jpg

[PR]
by leonpyan | 2010-09-19 20:12 | 旅行 | Comments(4)
朝の散歩を終え、宿に戻り、朝風呂をいただき、朝食を済ませます。

高山坊の朝のご祈祷に同席し、お清めをしていただいてから奥社へと出発しました。

戸隠神社は奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなっています。
天の岩戸伝説に関係した神様がそれぞれおまつりされています。

中社から奥社までは約4kmの距離。
駐車場に車を停め、奥社の参道口へ。
c0004750_1336216.jpg



JRの吉永小百合さんのCMでも話題の戸隠。
まずこちらでお楽しみください(笑)。


今回も戸隠を案内してくれたのは「心づくしのガイドさん」こと友人のkemiちゃんなんですが、
kemiちゃんは5月にも戸隠に来ていて、
その時は女優の石井めぐみさんとエステティシャンの陽子さんが一緒でした。
奥社に来た時にはちょうど吉永小百合さんのCM撮影と重なったそうです。
その時の様子は↓に詳しいので、どうぞ♪
 kemiちゃんのブログ
 めぐみさんのブログ (下にスクロールしてください。「その1~5」まであります)
 陽子さんのブログ 

鳥居からしばらく歩くと、JRの駅構内のポスターでもおなじみの随神門が見えてきます。
c0004750_13362675.jpg



この先には杉並木が続きます。
c0004750_13371229.jpg



萱葺きと朱塗りの暖かさを感じる門です。
c0004750_13372575.jpg


まだ足が完治していないkemiちゃんはここで引き返し、
鳥居のそばのおそば屋さんで待っていてくれることに。

とんきちさんと私は杉並木を奥へ、奥へと進みます。
c0004750_13384019.jpg


[PR]
by leonpyan | 2010-09-15 13:37 | 旅行 | Comments(6)

戸隠神社 中社

今週の初め、母の見舞いの帰りに長野の戸隠まで足を伸ばしました。

もちろんちょっと立ち寄る・・・と言うような距離ではないのですが、
以前四万温泉にkemiちゃんととんちゃんと泊まったとき、
次は戸隠に行きたいね、と話していて、
それを無理くり実現させちゃいました。

3時半ごろに中之条を出て、6時過ぎには宿泊先の高山坊に到着。

途中、白根山から志賀高原への道がものすごく景色がよくて気持ちいいドライブでした。

その日の夜は早目に寝て、翌日は6時に朝の散歩へ。
すぐ近くの中社へ向かいました。
c0004750_1375756.jpg



朝方少し雨が降ったようで、
見上げると虹が出ていました!
c0004750_1382159.jpg



境内にあるご神木。
まっすぐに伸びています。
c0004750_1383453.jpg



中社の社殿です。
右側では参集殿・宝物殿の新築康司が行われています。
(これはお昼頃に撮った写真です)
c0004750_1384965.jpg



戸隠はとても水が豊かで、社殿の裏にはコンコンと流れ落ちる小さい滝があります。
c0004750_139293.jpg



中社の回りには宿坊やそば処などが軒を並べており、
昔ながらの雰囲気を醸し出しています。
早朝の境内には人の気配がなく、朝日でかやぶき屋根が黄金色に光っていました。
c0004750_1391774.jpg

[PR]
by leonpyan | 2010-09-15 13:09 | 旅行 | Comments(2)

四万の老舗旅館

母が群馬のリハビリテーション病院に8月から入院しているので、
私もかれこれ5回群馬に出向いています。

ついで、と言うか、どうせなら温泉に泊まろう!と言うことで、
四万温泉や草津温泉にも詳しくなりました。

特にお気に入りは四万温泉。
お湯が柔らかくて、周囲も静かで秘境っぽい雰囲気が好き。

一度は泊まってみたいと思っていた「積善館」にも泊まりました!
それも佳松亭の一番上の貴賓室!
立派な茶室付き。トイレも2つ、水屋も2つ付いてます(汗)。
そこしか空いてなかったんですけどね。

ジブリの『千と千尋の神隠し』のモデルにもなったと言われる老舗旅館です。
記念に撮った写真をUPしまーす。
c0004750_817663.jpg



c0004750_8175311.jpg



c0004750_8183181.jpg



c0004750_8193134.jpg


本館から山荘へ続くトンネル廊下。
c0004750_819583.jpg


ここが佳松亭の貴賓室。
kemiちゃんと二人で泊まるには広過ぎでした(笑)。
c0004750_8205154.jpg



待ち合いまでついてるんですよ。室内ですよ。
c0004750_8211860.jpg



これが茶室。
つくばいもあるし、水屋も奥にあります。
ここで茶会をやれば良かった。
でも、誰をどこから招待する?
c0004750_8213488.jpg


母が入院している間は当分温泉三昧になりそうです♪
(母も病院で温泉三昧なんですよ~)
[PR]
by leonpyan | 2010-09-10 08:17 | 旅行 | Comments(2)

瀧原宮

いよいよ伊勢市を後にし、高速道路に乗ります。
・・と、まだ帰途についたわけではありません。

伊勢自動車道から紀勢自動車道に折れ、
樹木で鬱蒼とした小高い山々に囲まれた穏やかな景色がしばらく続きます。

到着したのは内宮の別宮、瀧原宮です。
天照大神御魂をお祀りしています。
c0004750_22302593.jpg



ここは神宮から離れているせいか、静かでほとんど人がいませんでした。
と言っても寂れているというのではなく、
人がいない分、孤高が保たれ、厳かな雰囲気が満ちていると言う感じです。

参道を歩いてしばらくすると、御手洗場へ降りる道があります。
kemiちゃんがこよなく愛する場所。
まるで『もののけ姫』の舞台のような感じがすると言います。
c0004750_22305397.jpg



お社は四つ並んでいます。
その場に立つと、空気の清らかさが違うのがわかります。

6人とも一言も発することなく、静かにお参りしました。
しばらくボーっとその場にたたずんでいたい、そんな気がしました。

これは瀧原宮の正宮です。
c0004750_2231910.jpg



ここは神宮から少し遠いので、普通ならなかなか来ることのできない場所でしょう。
でも、来てみると、その素晴らしさを身体全体で感じます。
‘心づくしのガイドさん’kemiちゃんのお蔭でここまで来ることができました!感謝!

日差しはまだまだ夏でしたが、ふと見上げると秋の気配も。
c0004750_22312736.jpg


この後一路名古屋へ。
途中、刈谷ハイウェイオアシスでえびせん試食もクリア♪
車で清里に向かうkemiちゃん、常滑の自宅に向かう陽子ちゃんと別れを告げ、
Cちゃん、めめちゃん、かっこちゃんと私の4人は名古屋駅から新幹線で帰途につきました。

夢のような2日間。
前の日にSMAPのコンサートを名古屋で見たのがずい分昔のよう(笑)。
充実の伊勢ツアー、大満足で終えました。
~ブログを読んでくださった皆様、ありがとうございました~
[PR]
by leonpyan | 2010-09-08 22:31 | 旅行 | Comments(2)
相差を後にし、伊勢市に戻った頃は既に昼食時。
内宮近くの駐車場は車でいっぱい。
五十鈴川の河川敷の市営駐車場まで誘導されました。

お昼ごはんはおかげ横丁でうどんを食べる予定でしたが、
河川敷の駐車場からは少し歩かなくてはなりません。

ふと見ると、駐車場のそばに、いい感じのお店が。
お腹も空いていたし、おかげ横丁はきっと人でいっぱいだろうから、
ここで食べましょうとCちゃんがナイスタイミングで提案してくれて、
そのお店に入りました。

6人がけのテーブルにすぐ通され、
伊勢うどん・てこね寿司セットもお手ごろ価格で美味しく、大正解。
後で調べたら、このお店はおはらい町に本店がある五十鈴茶屋の五十鈴川店でした。
c0004750_85122.jpg


このあたりは五十鈴川野遊びどころというおかげ横丁の分店街のような場所でした。
河川敷駐車場のそばにあり、おはらい通り~おかげ横丁からは少しはずれているので、
人が少なく穴場だったのです。

五十鈴茶屋の隣には赤福の五十鈴川店もあり、
そこで念願の赤福氷をほとんど待たずに食べることができました。
(後でおはらい町通りの本店に行ったら、ものすごい行列でした。)

赤福氷は夏季限定。
氷の下には餡と赤福餅二つが隠れています。
抹茶シロップも美味しい!
c0004750_1756222.jpg



こちらがおはらい町通りの本店です。
お土産の赤福はこちらで購入しました。
c0004750_853551.jpg



おはらい町通りとおかげ横丁は江戸時代の街並みを再現しており、内宮の参道として賑わっています。
銀行さえも、こんな感じ♪
c0004750_854934.jpg


おかげ横丁のお土産屋さんで買い物をして、ここでのスケジュールは終了。
駐車場へと戻ります。
[PR]
by leonpyan | 2010-09-08 08:05 | 旅行 | Comments(4)

相差(おおさつ)へ

パールロードを折れて、海女さんの町、相差(おおさつ)へ。

ここには女性の願いを必ず一つは叶えてくれるという石神さんがいらっしゃるのです。

神明神社の参道に入ります。
c0004750_2216357.jpg



夏休みと言うこともあって、石神さんは若い女性でいっぱいでした。
(え!?若くない女性も紛れてるって!?)

女性の願いを一つだけ叶えてくれます。
皆は何をお願いしたのかな?
c0004750_22162856.jpg



こちらは神明神社の本殿です。
c0004750_22164396.jpg



梵潮寺の境内にある長寿蘇鉄。
樹齢700年以上の古木だそうです。
相差の観光スポットの一つです。
c0004750_22165679.jpg

[PR]
by leonpyan | 2010-09-06 22:16 | 旅行 | Comments(4)

伊勢志摩パールロード

二見から鳥羽を通って、海を臨みながらパールロードを走ります。

途中ところどころに展望台があり、車を止めて景色を楽しむことができます。

八龍の雲がまだ見えています。

下のホテルはタラサ志摩ホテル&リゾートです。
c0004750_22135469.jpg



c0004750_22141776.jpg



目的地、相差(おおさつ)を眼下に望む展望台から。
c0004750_22143291.jpg

[PR]
by leonpyan | 2010-09-04 22:14 | 旅行 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし