<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

バスは一路、北杜市明野へ向けて出発。

ひまわり畑に到着です。
中村師道、竹内結子主演の『いま会いにゆきます』で一躍有名になりました。

c0004750_12151424.jpg



以前から来たかった場所だったので、シャッター押しまくりましたが、意外と写真は難しい・・・。

c0004750_12154073.jpg



c0004750_12155996.jpg



c0004750_1216196.jpg



ひまわり3人娘!?
今回のツアーの準備に奔走してくれたkemiちゃん、Cちゃん、陽子ちゃん。

c0004750_12163739.jpg



ひまわり畑の隣にあるブルーベリー農園でのブルーベリー狩りも堪能。
甘酸っぱくて美味しい!!

c0004750_12165334.jpg



最後はミサワワイナリー
での試飲を楽しみました。

c0004750_12171174.jpg


充実した一日を過ごし、リフレッシュしました。
お世話になった穴山の皆さん、講師の山本さん、ラ・アンジェの中野さん、
まかないまで担当したkemiちゃん、Cちゃん&陽子ちゃん、
そしてご一緒した皆さん、ありがとうございました。


皆さんのブログもご紹介♪

 Dream Writerさん

 落合邦子さん@フラワー・プロデューサー
[PR]
by leonpyan | 2010-07-26 12:17 | 旅行 | Comments(14)
暑中お見舞い申し上げます。

連日猛暑が続いておりますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?
すっかりブログ更新も滞り気味ですが、私はとりあえず元気です。
実家の母の人工股関節の手術も無事に終わり、
今は張り切ってリハビリに励んでいます。

私も毎日病院通いをしていて、なかなか自由な時間が取れませんが、
この週末はちょっと自分に休みをもらって、
ラ・アンジェ主宰の桃の実狩りツアーに行ってきました。
企画・アレンジは「今年はツアコンやるわ!」と飛び回っているkemiちゃんです。
今回はラ・アンジェのツアー組と韮崎市穴山の皆さんとの交流も兼ねており、
桃狩りの後は穴山ふれあいホールでの講座、そして流し素麺ランチが待っています。

東京出発組は新宿から高速バスでゆったりと穴山へ向かいます。
バス旅行はラクチンです。大人の遠足も楽しいものです。

途中、穴山でも講師を務めてくださる俳優の山本東さんによる呼吸法のミニ講座がありました。
いつもは意識していない呼吸のやり方、インナーマッスルの鍛え方、姿勢についてなど、
とてもためになる講座でした。
これを実践すれば綺麗な立ち振る舞いができるようになりそうです!

盛り上がっているうちに、穴山の山寺農園に到着しました。

7月半ばの集中豪雨で桃の生育が遅れたそうですが、
赤く可愛い桃たちが歓迎してくれました!
早速皮付きの新鮮な桃を試食させていただき、生き返るようでした。 

桃の実狩りは初めてでしたが、さすがに高級果実なだけに、取る時はちょっと緊張。
傷つけないように、落とさないように・・・。

c0004750_11413782.jpg



各自持ち帰り分を箱詰めして桃農園を後にし、穴山ふれあいホールへ。

バスでプレ講座をしてくださった山本東さんが講師です。
「健康増進 立ち振る舞い講座」。
日頃の呼吸、姿勢、歩き方など、とても参考になりました。
短時間でも効果あり!?心なしか、お腹が少し引き締まったような・・・・(気のせい?)。

c0004750_11453296.jpg



昼食は外にセッティングした流し素麺と、穴山の新鮮野菜のサラダバー。
水と野菜が美味しいので、いくらでもお腹に入ります! 

講座の後でもあり、皆さん立ち姿が綺麗です!

c0004750_11455068.jpg



東京組のアイドル、こうちゃんもたくさん素麺食べたね!

c0004750_1146655.jpg



穴山ふれあいホールは高台にあり、景色も美しいです。
この日は雲が多かったので見えませんでしたが、富士山の絶景スポットもあります。

c0004750_1151115.jpg



緑がうっそうと茂り、春に桜の写真を撮りに来たときとはまた違った趣きがあります。

c0004750_11462779.jpg



穴山ふれあいホールは元小学校の敷地内に建てられています。
校庭と体育館が昔のなごりを伝えています。

c0004750_11464513.jpg



昼食の後は明野方面へ!
つづく。。。
[PR]
by leonpyan | 2010-07-26 11:41 | 旅行 | Comments(2)

トイ・ストーリー3

トイ・ストーリー3 (2010)

【監督】リー・アンクリッチ
【出演】

★★★★☆ [90点]「全てのおもちゃに感謝したくなる」

第1作は15年前で第2作は11年前なのか~と

妙に懐かしい思いに捕らわれながら観ました。

アンディの成長と共に年月を経て、見事な三部作になったと思います。



オープニングのワクワクするような大活劇、

それに続いて、小さいアンディを追う手持ちビデオカメラ風映像が秀逸。

(私はここで涙腺決壊。

息子の成長とリンクしてしまい・・・)



全編ものすごく優しい視点から作られていて、それは単におもちゃの視点からというだけでなく、大人の私たちでも誰でも頭のどこかの片隅に置き忘れているようなあるひとコマを思い出させてくれるストーリーです。

そう、私たちだって小さい頃に一緒に遊んだ人形やぬいぐるみに、役割を与え、セリフを与え、命を吹き込んだ思い出があるはず。

いつの間にか自分も保育園児や幼稚園児だった頃の感覚に呼び戻されているんですね。



アンディがどんなにいいヤツで素直に育っていても、ウッディたちをどんなに大切にしていても、大人になれば、いずれはやって来るお別れ。

でも、こういう着地点で来たか、と拍手喝采したい気持ちで劇場を後にしました。



蛇足。私としては3Dである必要性はあまりなかったかな。

終わってから頭痛かったし。。。

吹き替えで観たので、時間があったら字幕の2Dでじっくりと観たいものです。


Posted by ちょし on 2010/07/24 with ぴあ映画生活

[PR]
by leonpyan | 2010-07-24 12:28 | 映画 | Comments(2)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし