<   2008年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

9年間ありがとう

9年乗った車を昨日、手放しました。
軽のスバル、プレオ・ネスタ。

c0004750_22515151.jpg



今まで同じ車で9年と言うのは一番長かったかもしれない。
でも・・・・9年で15,000キロ行ってない・・・・
よく言えば車に頼らないエコ生活だったんだけど、
やっぱり軽は遠出をする気になれなかったというのが正直なところ。
駐車もしやすいし、維持費もかからなくてラクチンだったんだけど、
乗り心地はラクチンではなかったし、運転が楽しいという車ではなかったんだな。

10年目の車検が来て、どうしようか迷ったけれど、
あと何年かしたら息子も免許の取れる年になって共有になるだろうし、
実家の母をお墓参りや温泉に連れて行くには
やはりもう少ししっかりした普通車が欲しいな、と思い、
買い換えることにしました。

新しい車は今、海の上、だそうです。
納車にはあと1ヶ月近くかかりそう。
で、昨日代車が来ました。
フィアット・プント(8/31訂正)。
私が契約したFIAT500よりもこっちのほうが速いんだろうなあ。

c0004750_2256765.jpg


[PR]
by leonpyan | 2008-08-29 23:01 | クルマ | Comments(12)
縁とは奇なるもの。
新しい出会いには時として不思議な導きがあったりします。
きっかけは一冊の本でした。
やすらぎの森―北軽井沢からのカウンセリングメッセージ』 
この本の著者、広瀬尚子さんに会いに、北軽井沢まで行ってきました。

と言っても、私は友人のkemiちゃんとかっこちゃんに便乗して行ったというのが実際のところ。
広瀬さんは私たち3人の中高の大先輩であり、かっこちゃんのお母様の同級生でもあります。
広瀬さんの著書に共鳴した二人のおすすめに従って、私もすぐにAmazonで購入、
そのパワーと癒しを体感して、「北軽井沢のカフェフルールに広瀬さんに会いに行く!」という計画を心待ちにしていました。

そして当日。
天気予報は雨、でもこのトリオの行く手に雨はなし(笑)。
いつもの如く日帰りドライブですが、何故か慌しさを感じないゆったりした道行きでありました。

カフェフルール」は北軽井沢の森の中にあるオーガニックカフェ。
広瀬さんは12年前にこの地に移り住み、「カフェフルール」を営みながら、
日本トランスフォーメーションゲーム協会会長としての活動もされています。
c0004750_0144855.jpg



c0004750_015358.jpg



オーガニックな素材にこだわった日替わりランチをいただくことができます。
この日は営業日ではなかったため、お料理を取り仕切っていらっしゃる店長の堀江知子さんにはお会いできませんでしたが、
オーナー広瀬さんの畑で取れた野菜を中心とした季節の野菜たっぷりカレーをいただきました。
ご飯は長岡式酵素玄米。
美味しくて、ペロリ!
c0004750_0151192.jpg



知子さん手作りのバナナケーキとオーガニックコーヒー。
c0004750_0155335.jpg



畑で咲いていたと言うダリヤ。
c0004750_0161053.jpg



c0004750_0162589.jpg



庭にはハンモックが。
ここでひと寝入りして帰るお客さんも多いとか。
c0004750_0171638.jpg



周りは静かな森に囲まれています。
c0004750_0164078.jpg



広瀬さんは驚くほどの若々しさで、暖かい雰囲気の方でした。
「生きるのがラクになるのよ」という言葉がとても印象的でした。


帰路、横川のサービスエリアにて。
c0004750_0173735.jpg


[PR]
by leonpyan | 2008-08-28 00:17 | 旅行 | Comments(18)

お見それしました・・

c0004750_21462973.jpg



今、大人気の花畑牧場の生キャラメル。

北海道旅行から帰る時、千歳空港で売り場を見つけるのも面倒だったので
目の前にあった某ホテル製生キャラメルを購入、
そんなに味に違いはないだろう、と思ってました。
(あとで友人に聞いたら、花畑牧場の売店でも購入まで一時間半待ち、
千歳空港でも一時間並んで買えるかどうか確かではないそうです。)

買って来た生キャラメルはバニラビーンズが利いていて、柔らかくて美味しい。
生キャラメル、なかなかいいね!と思っていたら、
ネットの楽天で花畑牧場の生キャラメルが買えるのを発見。
ただし、毎日3回販売するんだけれど、開始数分で完売してしまうというすごさ。
ダメもとでポチッとやってみたら、おお、何故か購入成功。

そして・・・数日後、宅配が届きました。

食べてみると・・・ええっ!!何と言う美味しさ!
これはキャラメルではないっ!
舌の上でトロンととろけるキャラメル味のバターというか・・・
はっきり言って、某ホテル製の生キャラメルとは別物でした。

田中義剛どの、あなどってゴメンナサイ、でした。
[PR]
by leonpyan | 2008-08-23 21:59 | グルメ | Comments(10)

南青山はオトナの街

今日は高校の大先輩graceさんオススメのお店でのランチ会。
graceさんの地元、青山に集合です。
東京ミシュランで☆を獲った「赤寶亭」さん。
c0004750_2251097.jpg



ランチはコースのみ5,250円。
旬の食材を上品に味付け。彩りも素晴らしく、フォトジェニック。
どのお皿も本当に感動の美味しさ。
椀物はとにかくお出汁が効いていて、のど越しがいい。
サービスも満点です。

c0004750_22512128.jpg



c0004750_2251383.jpg



c0004750_22515564.jpg



c0004750_2253598.jpg



c0004750_2254224.jpg



c0004750_22543725.jpg



c0004750_22545624.jpg



食後に抹茶と和菓子のセットを追加しました。

c0004750_22551347.jpg



c0004750_22553245.jpg



たいへん美味しゅうございました。ご馳走様でした♪


この後はベルコモンズの向かいに4月にできたばかりのパサージュ青山の中にある
ラメゾンドゥタカギ青山店」へ。

c0004750_22561247.jpg



「赤寶亭」でもデザートはいただいたんですが、ケーキやパフェは別腹ですよね!
アイスクリームが6種類入っているというパフェ!
こちらはノーマルサイズ。
c0004750_22563060.jpg



こちらはハーフサイズ。私はこちらをいただきました。
c0004750_2256493.jpg



青山はオシャレで落ち着いていて、ファッションもグルメも楽しめる大人の街♪
まだまだ美味しいお店が目白押しのようです。
次回のランチ会も今から楽しみ~♪
[PR]
by leonpyan | 2008-08-21 22:57 | グルメ | Comments(16)

ダークナイト

ダークナイト (2008)

【監督】クリストファー・ノーラン
【出演】クリスチャン・ベイル / アーロン・エッカート / ゲイリー・オールドマン / マギー・ギレンホール / ヒース・レジャー / マイケル・ケイン / モーガン・フリーマン / エリック・ロバーツ

★★★★☆ [90点]「ラスト、何故か涙が溢れそうになった」

最初から画面がめちゃくちゃ暗い。

そしてお話もかなり暗い。

んで、長い。



途中、あまりの狂気と理不尽さに耐え難いものを感じて、一瞬観たのを後悔した。

これは後味が悪そうだ、と。



が、想像もつかなかった展開にグッと引き戻され、最後には「これはすごい傑作」としばらく席を立てなかった。



病んだ社会の中で一筋の光のように差す良心、それはヒーローのものではなく、私たち一人一人の心の中にある。

しかしそれとは相反するように邪悪な心もまた存在する。

バットマンとジョーカー、表と裏、一般客船と囚人船、どちらが白でどちらが黒、どちらが善でどちらが悪、すべてはっきりしていそうで実はそうではない、その混沌に心が揺さぶられた。


Posted by ちょし on 2008/08/19 with 映画生活


ここからは映画を観た人だけ読んでね!
[PR]
by leonpyan | 2008-08-19 21:19 | 映画 | Comments(4)

デジイチ練習中。。。

ヒマを見つけてはパシャパシャ練習してます。
難しいけど面白~い。
最初のうちは構図とか考えず、対象をしっかり撮る練習をしようかと。
ピントをしっかり合わせるだけでも大変なのに、その他諸々設定をマスターするのは至難の業。

まずはオーちゃんにモデルになってもらいました。
c0004750_231052.jpg



甲羅が脱皮中なので汚い(笑)。
c0004750_2311898.jpg



クモにピントを合わせるのは難しい!まだまだですなあ。
c0004750_2313556.jpg



夏の空。
c0004750_2315181.jpg



月を撮るのも楽しい!
c0004750_232854.jpg


要修行(^^;)。
[PR]
by leonpyan | 2008-08-18 23:13 | カメラ | Comments(8)
さて、いよいよ北海道の夏休みは最終日となりました。
午後のフライトなので、午前中はホテルで自転車を借りて市内廻り。
札幌の中心街は坂もなく、歩道も広いので自転車で回るのが便利。
途中電気屋さんの店頭で北島康介の200m決勝を見物することも忘れません。

まずは憧れの北海道大学へ。
クラークさんに挨拶してから、ポプラ並木をパチリ。
c0004750_195457.jpg



来た道を戻り、北海道庁旧本庁舎を見学しました。
c0004750_1952538.jpg



道には観光用の馬車が走っていました。でもお客さんはいなかったなあ。
c0004750_1954166.jpg



札幌市時計台。記念撮影スポットになってますね。
c0004750_1955666.jpg



昼食はやっぱりラーメンでしょう。
「らーめん初代一国堂」のみそラーメン。
c0004750_196983.jpg



空港に行く前にタクシーで羊ケ丘へ。
札幌市街を見渡せる、気持ちのいい場所でした。
c0004750_1962316.jpg



羊さんたちが放牧されていました。
園内にはジンギスカンレストランが併設されていて、この羊さんを眺めながら食す、っていうちょっとシュールなシチュエーション。
c0004750_1963899.jpg



北海道は雄大で清々しくていいですねえ。
タクシーの運転手さんが、雪が無ければ札幌は日本一住みやすい場所です、っておっしゃっていました。
さもありなん。
またゆっくり遊びに来たいです!
[PR]
by leonpyan | 2008-08-18 19:06 | 旅行 | Comments(4)
三日目の朝は早めに出発して摩周湖へ向かいましたが、あいにくの霧雨。
第一展望台に着いた時には濃霧で視界50mくらい?
今回は縁がなかったのかな、とすごすごと引き返しました。

天気予報では一日中曇り。
それでもここまで来たのだから、と阿寒湖へ向かいます。
阿寒湖まで降りてくると霧はなく、全景が見渡せました。
雄阿寒岳はちょっと雲に隠れてしまっています。
c0004750_22244656.jpg



阿寒観光汽船に乗ってチュウルイ島に上陸。
ここには「マリモ展示観光センター」があります。
c0004750_222687.jpg



大きな水槽でマリモの生息している様子を見ることができます。
c0004750_22262812.jpg



阿寒湖は一部は観光地化されていますが、それでもほとんどが原生林で囲まれています。
c0004750_22265990.jpg



阿寒国立公園を後にして、網走に向かいます。
午後の便で女満別空港から札幌に行く予定なので、
それまでの時間を利用して、「博物館網走監獄」に寄りました。

ここは昔の網走刑務所の建物を移築して一般公開している刑務所の博物館です。
北海道の開拓と大きく関わってきた監獄の歴史と生活を体験することができます。
ここはなかなか面白かった!すごく勉強にもなります。
時間が合えばガイドツアーに参加することをお奨めします。
c0004750_22272515.jpg



食堂で監獄食をいただきました。
結構美味しい。今時東京では秋刀魚定食は500円では食べられません!
向こう側に座っている受刑者たちと立っている看守は蝋人形です。
c0004750_22274435.jpg



明治45年に建てられた獄舎が移築されたもの。
看守さんはもちろん人形。すごくリアル。
c0004750_2228532.jpg



さて、女満別空港から一路札幌へ。
宿泊は東武ホテル。すすきのからも近く、二条市場のすぐそば。
夕食はサッポロビール園へ。
c0004750_22283082.jpg



ビール園限定のビール、ファイブスター。美味い!
c0004750_22291166.jpg



ジンギスカンです。肉!肉!肉!
c0004750_22293690.jpg


[PR]
by leonpyan | 2008-08-17 22:29 | 旅行 | Comments(8)
二日目の午前は知床半島の突端、知床岬までクルーザーで行って帰ってくるという知床クルーズ。
知床岬までは車道はないので、船か徒歩のみ。
でもクマも出るし、結構険しい道のりで時間がかかるので徒歩はちょっとね。
知床クルーズは知床半島の自然を海から望む、というもの。

ウトロのオロンコ岩のてっぺんから見た観光船乗り場。
ここから出発。
c0004750_21473714.jpg



知床クルーズには大型観光船とクルーザーの二種類があります。
これは観光船。
私たちが乗ったのはクルーザー。スピードが出るので、お先に~~。
c0004750_21475930.jpg



知床半島はオホーツク海からすぐに断崖絶壁となっています。
その断崖は冬には流氷がやってきます。
長い年月かけて流氷に侵食された岩場は様々な形をした奇岩となります。
これは「象の鼻」と呼ばれる岩。

c0004750_21481615.jpg



海側から望む知床連山。
c0004750_2148322.jpg



前日訪れた「カムイワッカの滝」はここで海に落ちているんですね。
c0004750_21484956.jpg



浜辺にはクマも出没。
c0004750_2149374.jpg


親子グマなんですが、見えますでしょうか?
c0004750_21492344.jpg


洞窟の上から滝が直接海に落ちている「カシュニの滝」。
c0004750_21494249.jpg



「知床岬」です。
ギターを弾いて「知床慕情」を歌っているオジサンはいませんでした。
現在灯台は修復中。太陽電池を設置中だとか。
c0004750_2150079.jpg



午後はウトロを後にし、斜里までバスで出て、そこでレンタカーしました。
まずは屈斜路湖へ。
天気はいまいちでしたが、湖のほとりの「砂湯」で足湯しました。
砂を掘ると熱いお湯が出てきます。湖水と混ぜて適温にして浸かります。
c0004750_21502254.jpg



この日の夜の宿は摩周駅近くの「温泉民宿 北の大地」。
夕飯はエゾシカのしゃぶしゃぶでした。
昨日、エゾシカに出会ったばかりだったけど・・ゴメンネ、でも美味しかった。。。
c0004750_21504535.jpg


[PR]
by leonpyan | 2008-08-16 21:50 | 旅行 | Comments(4)
11日の早朝羽田を出発、女満別空港に到着。
10時過ぎにバスでウトロへ向かいます。
その時間は北島康介が出場する100m平泳ぎ決勝があったので
家族揃ってワンセグに集中。
そうこうしているうちに、お昼頃にウトロに着きました。

宿に荷物を置き、まずは昼食!
「道の駅うとろ・シリエトク」の正面にある「荒磯料理 熊の家」にて。
特製荒磯丼。新鮮で美味しい!
2,850円と値段は高め。ウトロでは結構外食にお金がかかります。
c0004750_159295.jpg



ウトロバスターミナルからバスでカムイワッカの滝へ。
ここは硫黄山から直接流れてくる温泉の川。
手をいれると水温が30度くらいあります。
上流の滝壺はもっと湯温が高く、昔は自由に入浴できたそうですが、
今は転落の落石の危険があるため上流は登ってはいけないようです。
c0004750_1594840.jpg



カムイワッカの滝付近の谷の中腹にキタキツネを発見。
バスの中からの撮影なので、はっきり撮れなかったのが残念。
c0004750_15101167.jpg



知床五湖の探索へ。
現在、熊の出没の恐れがあるため、三~五湖の遊歩道は閉鎖になっていました。
一湖湖畔から望む知床連山。
c0004750_15103754.jpg



知床二湖は五湖の中でも一番大きな湖。
c0004750_1511473.jpg



このへんではエゾシカにもよく遭遇します。
c0004750_15112244.jpg



湖のまわりの散策路にはいろいろな植物が。
ここはトドマツの森。
c0004750_15114616.jpg



知床五湖レストハウスからは高架式の木道があり、展望台へと続いています。
ここからは知床連山をパノラマで鑑賞することができます。
c0004750_15122056.jpg



この日の宿は温泉民宿旅館「酋長の家」。
部屋は3人にしてはちょっと狭く、夜も蒸していましたが、
私たちの泊まったのは民宿タイプの部屋。
旅館タイプの新館の部屋を選べばエアコンの付いたお部屋もあるようです。
何よりもアットホームな感じがいい♪
夕食も手作りで美味しい!旅館やホテルの食事よりも温かみがあります。

c0004750_15123618.jpg

[PR]
by leonpyan | 2008-08-15 15:12 | 旅行 | Comments(8)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし