<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ラスト、コーション

巷ではアカデミー賞が発表になって、映画ファンが盛り上がっています。
日本では賞が決まってから上映される作品も多いので、いまひとつわからない。
でも、今年観たい映画の参考にはなるので、やはりチェックしないとね。

とは言え、私的には今年はハリウッドよりも中国映画に期待がかかります。
やっぱりオリンピックの年だからかなあ。当たり年のような気がする。
先日観た『胡同の理髪師』も良かったし、春以降はチャン・イーモウやチェン・カイコーの作品もかかるはず。
ピーター・チャンの新作は今年中に公開されるかまだわからないけれど・・。
そうそう、チャウ・シンチーの映画も来るかもしれない!もう今から興奮。

そんな中、一番期待していた作品がこれ、『ラスト、コーション』。
私はアン・リー作品に今のところハズレなし(『ハルク』だけ観てないけれど)なので、
これは前評判もすごいし、ワクワク、と胸躍らせて行ってまいりました。
(違った意味でもいろいろと噂になっているのでドキドキしながら・・)

よかったです!今年のベスト5入りは間違いないな。
(『胡同の理髪師』もベスト入り確実なので、今年は出足好調です)
満点つけたいくらいなんですが、このジャンルの映画にしては158分は長過ぎると思うので、
その点を僭越ながら減点させてもらうと95点でしょうか。
もう一度観たいと思うんだけど、この長尺だとちょっとね。

とにかくディープです。
ストーリーは当時の中国の時代背景さえ分かっていればそれほど複雑ではないんですが、
人物の感情の動きが複雑。
(性描写の動きも複雑ですが・・・^^;)
このへんはアン・リーのお家芸みたいなものだけれどね。

トニー・レオンはこの役には向かないのでは?と最初は思ったけれど、
目で演技する役者はこの人の右に出るものはなし、ということでやはり適任。

無名から抜擢されたタン・ウェイは清純な学生から妖艶な女スパイまでを演じ分け、
これからの活躍はもう約束されたようなもの。
チャイナドレスをこれだけ着こなして昔の女性を演じることができるのはマギー・チャンと彼女が双璧かもしれません。

ワン・リーホンは二枚目で情熱的だけど中身がまだ伴わない若造を上手に演じていたと思います。

学生仲間役に故エドワード・ヤン組のクー・ユールン、
ワン・リーホンの兄の友人役にアクション俳優のチン・カーロッが出ていたのもウレシイ。

何を書いてもネタバレになるし、まっさらで観たほうが絶対に楽しめるので詳しくは書かないけれど、
ストーリーも楽しめるし、細部に渡って作りこんだ演出、役者の表情、衣装、小物、何をとってもエンターテインメント。

中国の原題は『色・戒』。
欲望と戒め。
一人の女性が時代に翻弄され、感情のはざ間で揺れ動く、美しくも悲しい物語。
後を引く映画です。

ラスト、コーション@映画生活
[PR]
by leonpyan | 2008-02-26 17:05 | 映画 | Comments(4)

冬はふぐ

今週は私の誕生日があるので、前倒しでお祝いに家族で「とらふぐ亭」に行ってきました。
先々週の旦那の誕生祝いの時は当日予約が取れず、諦めて中華にしたので、今回は早めの予約を。
昔はふぐを一人五千円で食べるなんて考えられなかったですよね。
養殖ものでもふぐは美味しい♪

ふぐの皮刺し。ポン酢でいただきます。
c0004750_2121157.jpg



ぶつ切りのふぐ刺し。ふぐが見えませんが・・・。
c0004750_21212360.jpg



焼き白子。塩味で。
c0004750_21213810.jpg



一応お祝いなので、シャンパンをいただきました。
c0004750_21215514.jpg



泳ぎてっちり。肉がピクピクまだ動いてます・・・。
c0004750_21221421.jpg



鍋と言っても、IHヒーターに紙製の紙鍋です。
中に鉄板が入っていて、温まるようになっています。
これは後処理がラクでいいね!
c0004750_21224169.jpg



最後はもちろん雑炊です。
c0004750_2123222.jpg



もう誕生日もうれしくない年ですが、口実に美味しいものが食べられるのはいいね♪
(今日の写真は新しい携帯で撮ったもの。まだ使い慣れません。。。)
[PR]
by leonpyan | 2008-02-24 21:23 | グルメ | Comments(8)

胡同の理髪師

久々に岩波ホールに行ってきましたよ~。
実のところ、この映画館、あまり好きじゃないんだよね。
座席の並びがフラットで前の人の頭が気になるし、スクリーンが舞台の奥にあるのでなんだか小さく感じるんだわ。
でも、中国映画を上映する確率が高いので、年に一回くらいはお邪魔することになるのよね。

今回の上映作品は『胡同(フートン)の理髪師』。
ものすごーく楽しみにしていたので、上映開始第一週でまだ込んでいるけれど、時間を捻出して行きました。

いやいや、久々に心の奥にじーんとくる映画を観たな、という感じ。
時々中国映画はクリーンヒットがあるのでやめられないんだな。
1年半ぶりの☆5つですよ。

でもね、万人受けするかどうかはちょっとわかりません。
ドキュメンタリータッチで、なにしろ主役が93歳のおじいさんですからね、
テンポがかなりゆっくりなんですよ。
これと言った大事件が起きるわけでもなく、日常を綴っているだけのストーリーだし。
私のまわりに座っていたお客さんの30%くらい(数えたんかい!)は途中寝てましたね。

私は「老人」「古い町並み」「動物」この3つが出てくるだけで条件反射のようにウルウルしちゃう性質なんで、かなり点数が加算されちゃってますけど。

93歳のチン大爺は朝6時に起き、午前中は三輪車で出張散髪に出かけ、午後は仲間とマージャンを楽しみ、夜9時には床につく毎日を送っています。
チン大爺の住む家は北京の古い町並みの一角にあり、入り組んだ細い路地を中国語で胡同(フートン)と呼びます。
オリンピックを控え、再開発の進む北京では、この胡同地区を取り壊す作業が行われており、チン大爺の家もいつかはその波に飲まれてしまうことでしょう。
そんな変化のもとでもチン大爺は不平をもらすでもなく、時代に反発することもなく、ただ自分の生き方だけは頑固に貫いています。
清貧とはこういうことを言うのでしょう。中国の伝説で言えば仙人の域?

人はいかに生きるのか、いかに死んでいくべきか、を静かに考えさせられます。
心に染み入る佳作。

胡同の理髪師@映画生活
[PR]
by leonpyan | 2008-02-14 20:50 | 映画 | Comments(0)

ブルガリのチョコレート

c0004750_22461542.jpg



噂のブルガリのチョコレート。
表参道、または銀座のブルガリショップで買えるみたいです。

真ん中のチョコは何とひとつ1,500円!!らしい。

このような高級チョコをいただいてしまった旦那は、ホワイトデーには何をお返しするつもりなのか!?

わたくしは自分では買えないので、おこぼれに預かりました。ハイ。
[PR]
by leonpyan | 2008-02-10 22:51 | グルメ | Comments(6)

オ・デリス・ド本郷

本郷三丁目にあるフレンチ・レストラン「オ・デリス・ド本郷」でランチをしてきました。
連れて行ってくれた友人の行きつけのお店。
1Fはカフェ、2Fと3Fがレストランになっています。
今回は2Fでランチコースを頼みました。

アミューズのココットのキッシュ。
c0004750_18555433.jpg



オードブルは有機野菜のサラダをチョイス。
野菜本来の味が生かされていて、美味しい。
c0004750_18562070.jpg



かぶのポタージュ。中にはホタテが入っています。
c0004750_18563730.jpg



メインはエゾシカ。肉がジューシーで柔らかい。
ソースは見た目よりもあっさりとしています。
付け合せはほうれん草とマッシュルームのソテーをパイではさんだもの。
c0004750_18573637.jpg



オレンジとブランマンジェのハーモニー。
c0004750_18591073.jpg



デザートはフォンダンショコラ、バニラアイス添え。
c0004750_18584238.jpg



プティフールも豪華!カヌレとマカロン。
c0004750_18594295.jpg



美味しかったー!ご馳走様でした。

本郷三丁目は小学校を卒業するまで生まれ育った場所の近くなので、
懐かしくて帰りは根津のほうまで歩きました。
昔のお店も意外と残っていて、うれしくなりました。
[PR]
by leonpyan | 2008-02-09 18:59 | グルメ | Comments(4)

広島で食べたもの

今回の広島旅行で食べたものをメモしておきます。

一日目の夜はホテルからも歩いて行ける距離にあった「元祖へんくつや」。
頼んだのはそばスペシャル1,000円ナリ。
これで一人分。お腹一杯になります。
カウンターで食べるときは鉄板からヘラを使って少しずつ切って乗せてそのまま口に運びます。
お店の人とおしゃべりしながらいただいたのもいい思い出になりました。
c0004750_2029729.jpg



二日目、朝はホテルのバイキング。
昼は宮島の「芝居茶寮水羽」で、あなごめし。
これが食べたかったのよ~~。
母は穴子が苦手なので、カキフライ定食を頼んでいました。
c0004750_20293875.jpg



三時のおやつには、宮島の表参道に本店のある「藤い屋」にて、もみじまんじゅうと抹茶のセットを。
出来たてのもみじまんじゅうは美味しい♪
c0004750_21164388.jpg



夜は広島リーガロイヤルホテルの中にある、「日本料理なにわ」。
瀬戸の魚御膳を頼みました。
御造りも美味しいし、カレイの煮付けもいいお味でした。
デザートはカリフラワーのムース。
c0004750_2030896.jpg



最終日、三日目のお昼もお好み焼きを食べちゃいました!
こちらは「みっちゃん総本店」。
これはイカ天そば玉チーズ入り。
ここは椅子席に座ったので、お皿にお箸で食べました。
ソースもマヨネーズもかけ放題。味は濃い目。
c0004750_20303999.jpg



さすがにお腹一杯!!ご馳走様でした!
[PR]
by leonpyan | 2008-02-07 20:30 | グルメ | Comments(6)

縮景園

広島旅行、最終日は広島藩主の別邸として1620年築成された縮景園へ。
回遊式庭園と呼ばれる形式で、ぐるりと一周散歩をして楽しめる作りになっています。
1945年に原爆で壊滅状態になりましたが復元され、
現在は四季折々の花が楽しめるようになっており、毎月花見茶会が催されています。

超然居から、跨虹橋を臨む風景。
c0004750_1404645.jpg



迎暉峰を降りると竹林が出現。
c0004750_1411649.jpg



明月亭を裏から見たところ。
c0004750_1413414.jpg


屋根で日向ぼっこをする猫発見。
c0004750_1415279.jpg



梅林では、紅梅がもう花をつけていました。
c0004750_142967.jpg



縮景園には県立美術館が隣接しており、広島県ゆかりの芸術家作品が堪能できます。
休日を穏やかに過ごすには格好の場所でした。
[PR]
by leonpyan | 2008-02-06 14:02 | 旅行 | Comments(2)

安芸の宮島

広島市内から路面電車とJRを乗り継ぎ、最後はフェリーに乗って宮島へ。

一日かけて島を回る予定でしたが、あいにくの雨模様。
それでも宮島は美しい。
神の島、と呼ばれるのも納得します。
c0004750_10334559.jpg



麓の町には鹿が。
山にはニホンザルが。
動物たちと共生する島。
c0004750_1034892.jpg



去年の奈良東大寺では"凶"スタートだったけれど、厳島神社では"大吉"!
c0004750_10342890.jpg



建物すべてが奥ゆかしい感じがします。
ドーンと大陸的な雰囲気を残す奈良の建造物に比べ、平安時代を経て、楚々とした繊細な日本らしさが定着したということでしょうか。
c0004750_10345679.jpg



厳島神社の裏手から山へ入ると紅葉谷公園があります。
秋にはさぞかし美しいことでしょう。
c0004750_10351469.jpg



紅葉谷公園を奥に入ると宮島ロープウェーがあり、
晴天の時は瀬戸内海を見渡すことができて、素晴らしい景観だそうです。
そう、晴天の時は・・・・・。
登ったら、山頂付近は雪でした・・・。視界ほぼ10mほど・・・。

ロープウェーまでの道は登り坂。
親切な表示が。でも、ときどき走る人っているんでしょうか?
c0004750_10352664.jpg



今回の広島旅行は、「日本三景は宮島だけ行ってない。死ぬまでに一度行きたい」と言う母の願いで実現。
「じゃあ、行ったら死んじゃったりしないでしょうね」と私が聞くと、
「大丈夫。来年は道後温泉、お願いね。」
死ぬまでに行きたい場所はまだ数多くあるようで・・・。
[PR]
by leonpyan | 2008-02-05 10:36 | 旅行 | Comments(8)

平和への祈り

c0004750_21125743.jpg



昭和20年8月6日午前8時15分。
一瞬にして多くの命が奪われ、広島市内は焼け野原となりました。

ここに立ち、四方を見渡すと、
平和記念公園の広さと静寂に身が引き締められるような気がします。
両脇を流れる川も、当時はきっと火傷を負った人たちで溢れたろうと想像がめぐらされ、
胸が締め付けられます。

二度とこの悲劇を繰り返さないよう、私たち日本人は平和を訴えていく義務があるのだ、と今更ながらに実感しました。
合掌。
[PR]
by leonpyan | 2008-02-04 21:29 | 旅行 | Comments(0)

雨に煙る宮島

c0004750_15242852.jpg

天気には恵まれなかったけれど、
母は念願の厳島神社に来ることができて
喜んでいます。
[PR]
by leonpyan | 2008-02-02 15:24 | 旅行 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし