<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

La Patate

中国茶サロンの先生主宰の食事会に行ってまいりました。
グルメな先生イチオシのお店です。
場所は代々木駅西口から徒歩5分ほど、「La Patate(ラ・パタータ)」。
c0004750_845571.jpg



ちょっとわかりにくい場所にありますが、青い看板が目印。
道に面して厨房があり、お店の中に入るとそこはビストロ。

ここに来たら必ず食べましょう、リエットとレバーパテ。
c0004750_9284820.jpg

c0004750_9291089.jpg

パンにたっぷり塗って食べると何個でもお腹に入ってしまいます。
お持ち帰り用も準備中だそうです。



海の幸の盛り合わせ・クスクス サラダ仕立て。
c0004750_9312048.jpg


燻製したタコが絶品でした。クスクスももちろん美味しい。



うずらのつめもの・ラタトゥイユとマッシュポテト添え。
c0004750_9325644.jpg


付け合せのラタトゥイユはほのかなカレー風味。マッシュポテトもフワフワ。
c0004750_9343141.jpg

うずらは肉厚でジューシー。詰めてあるのは五穀米、クルミ、レーズンなど。



デザートはジンジャーのブランマンジュとイチゴのグラタン。
c0004750_9355842.jpg
ブランマンジュは舌触りがびっくりするほど滑らかで、ジンジャーが驚くほど合ってます。
シャーベットはヨーグルトベースにシャルトリューズというリキュールが入っていて、サッパリと美味しい。
イチゴはもっと食べたい~。


フランスの家庭料理に工夫とひと手間を加え、
どこでも食べられそうなメニューなのに、どこでも食べられない美味しさです。
わざわざ代々木まで足を運ぶ価値あり!
ランチは1000円台から。

「La Patate」
東京都渋谷区代々木1-43-2 メトロビル1F
℡03-5333-5150
[PR]
by leonpyan | 2007-03-30 09:52 | グルメ | Comments(2)

ドリームガールズ

観る前からワクワクしていました。
ブラック・ミュージック大好きで、モータウン&ディスコ世代としては待ってました!という感じ。

冒頭のオーディションシーンからノリノリです。
静かに座って劇場で観るのは何だか勿体無い気がする。
巨大ディスコ(死語?)に巨大スクリーンを張ってそこで踊りながら観たい!

ジェニファー・ハドソンの迫力に圧倒され、
ビヨンセの美しさに見とれ、
エディ・マーフィーは何故アカデミー助演男優賞が取れなかったんだ?と不思議に思いながら
画面に釘付けになりました。

そう、途中までは今年度マイベストだ!と興奮して鑑賞していたんですよ。
ただ、後半のストーリーテリングが少々尻つぼみ。

ビヨンセの押さえた演技は悪くないんですが、
ディーナの描かれ方が何とも物足りない。
内面の葛藤や野心があまりに希薄。
ダイアナ・ロスがモデルだとしたら
本当はもっとものすごく自己主張が強いはずなんだけど
まだご存命だし、遠慮もあったのか?

ジェイミー・フォックスも『レイ』ではあれほどソウルがあったのに、
今回はパッとせず、カーティスの人物像がいまひとつはっきりしない。
これは脚本のせいかもしれませんが。

そのあたりがすっきりすれば完璧だったのだけれど。
とは言え、個人的には今年のベスト10に加わることは間違いありません。
『ディパーテッド』より好きだよ、やっぱり(^^)。

ドリームガールズ@映画生活
[PR]
by leonpyan | 2007-03-26 22:37 | 映画 | Comments(2)
杭州レポもこれで最後。

今回食べた物の中で美味しかったもの、珍しいものをピックアップ。

杭州の特産物、筍がちょうど旬でした。
皮を剥いて、このままガツガツ食べます。美味!
これは「紅泥大酒店」にて。
c0004750_21244453.jpg



ハーゲンダッツにて。
日本ではまだお目見えしないチョコフォンデュー。まいぅ~~。
c0004750_2125202.jpg



これも杭州の名物料理。
新茶の龍井茶と川海老を炒めた龍井蝦仁。好吃!
c0004750_21255167.jpg

[PR]
by leonpyan | 2007-03-23 21:25 | グルメ | Comments(4)

西湖の風景

今回は自由になる時間が一日半ありました。
曇りがちのお天気でしたが、半日かけて西湖の北側にある白堤を歩き、
孤山という小さな島を通って岳廟の前から遊覧船に乗ってホテル近くの湖畔まで帰りました。
延べ2時間くらい歩いたかな・・・。久々に疲れました。

白堤。湖の中に孤山という島に渡して作られた道。唐代の詩人、白楽天が杭州に赴任した時に修復したのでこの名があります。
c0004750_2153289.jpg



中国風建造物があちこちに。
c0004750_21581614.jpg



金石篆刻で有名な西泠印社で見つけた亀の石碑。これも印章をかたどっています。
c0004750_2159282.jpg



遊覧船に乗ると、途中の島、「三潭印月」で一度船を降ります。
ここも西湖十景の一つになっています。
c0004750_2265045.jpg

[PR]
by leonpyan | 2007-03-21 22:14 | 旅行 | Comments(0)

杭州の春

杭州の西湖湖畔には「西湖十景」と呼ばれる観光名所があります。

その一つが「柳浪聞鶯」と呼ばれる場所で、
しだれ柳の枝でさえずるウグイスが素晴らしいのですが、
春には桃の花も満開となります。

残念ながら桃にはちょっと時期が早くて、
まだウグイスも鳴いていなかったので「柳浪聞鶯」を堪能することはできませんでした。

「柳浪聞鶯」とはちょっと違うのですが、桃が咲いている場所を発見。

c0004750_1359321.jpg



しだれ柳と桃のコントラストはこんな感じ。
ここは西湖の西側にある「茅家埠」と言う場所です。

c0004750_1402695.jpg



西湖湖畔の桃が満開の頃は観光客もピークになると思われるので、
その時期に行くのは大変かもしれません。
でも、やっぱり桃の盛りの時期の西湖も見てみたいなあ。
[PR]
by leonpyan | 2007-03-19 14:04 | 旅行 | Comments(3)

張生記大酒店

今回の杭州旅行で一番美味しかったお店はここ、「張生記大酒店」。
二晩も行ってしまいましたよ。

c0004750_2135645.jpg


元はもっと小さな場所でやっていたらしいのですが、
大きなビル一棟を建ててしまうほど繁盛していたようで。
1階から4階まですべてこのお店です!
小さいお店を大きくすると味が落ちたりすることがありますが、
ここはますます大繁盛、上海、南京、蘇州、北京にも支店があるそうです。
でもやっぱり本店のここが一番美味しいとの噂。

c0004750_21353160.jpg


店の中はこんな風に体育館に丸テーブルを所狭しと置いたような賑わい。
それでも従業員の数が多いし、テキパキとしているので、サービスもOK。
味よし、値段よし(たらふく食べても1人日本円にして千円行きませんでした)、
サービスよしで繁盛するのも頷けます。

さて、頼んだ料理は

c0004750_21355223.jpg
栗のシロップ漬け。
ただの栗と侮るなかれ。
料理が進むと小休止でつまむのにちょうどいいんです。

c0004750_21361269.jpg
特色甜豆。
グリーンピースのように見えるけど、味はコーンに近い。
後を引く、不思議な豆。

c0004750_21363246.jpg
そしてメインがこれ、張生記風鴨スープ。
鴨が一匹丸ごと、そして杭州名産の筍が入っています。
脂っこそうに見えるけれど意外と重くありません。
毎日販売数が決まっているので、遅く行くと売り切れの可能性もあり。
これがないとここに来た甲斐がない!

c0004750_21365054.jpg
酔鶏、鶏の紹興酒漬けです。
お酒のおつまみにもいい感じ。

c0004750_2137737.jpg

白菜とハムの蒸し物。
これも絶品!
白菜の甘みとハムの塩味が絶妙に生きています。

杭州を訪れたらこの店ははずせません♪
[PR]
by leonpyan | 2007-03-17 21:37 | グルメ | Comments(4)

飛行機で観た映画

今回の旅行の行き帰りに飛行機の中で観た映画をメモします。

★ナイト・ミュージアム (2006年アメリカ)

日本では明日から公開。
ベン・スティラー主演のファンタジー・コメディで、アメリカで大ヒットしています。

 ニューヨークに住む冴えないバツイチ男、ラリー・デリー。現在は失業中で、最愛の息子ニッキーにも愛想を尽かされてしまう始末。そこで新しい職探しを始めたラリーは、自然史博物館の夜警の仕事にありつく。さっそく先輩の老警備員から仕事を引き継ぎ、夜の博物館で勤務初日を迎える。ところが見回りを始めたラリーは、誰もいないはずの展示室から不思議な物音を聞く・・・。

それほど期待せずに観たんですが、面白かった!
こういうファンタジー、大好き。
ベン・スティラーの間抜けさ加減もいいし、特撮もワクワクしました。

『24』でジャックの恋人役オードリーを演じている美女キム・レイヴァーがダメ男ラリーの元妻、というのはあり得ない気がしましたが、脇もいい役者さんが締めています。
春休みの子供連れでの映画鑑賞にはイチオシですね。

★武士の一分 (2006年日本)

まあ、アレです。キムタクの映画です。
山田洋次監督の時代劇は『たそがれ清兵衛』はよかったんですが、
二本三本と時代劇が続くと敢えて映画館に足を運ぶのも億劫になって未見のまま。
でもキムタクは別としても脇役がよさそうなので観てみることに。

前半は退屈です。
山田洋次監督はきっと日常生活の細かい部分を見せたかったんだろうと思いますが、
そういうのは飛行機のイスについている画面では堪能できないのよねえ、残念ながら。
ひとつだけ、当時のアイロンの仕方には感心しましたけど。

でも、後半は盛り上がってきます。
そして、最後のクライマックス。
一体どうなるのか!?
ってところで、着陸してしまいました~~。

杭州ー成田って、帰りは2時間半しかかからないのよね。
この映画121分あるんですよ。
離着陸の時間やアナウンスの時間、席を外す時間などをひっくるめると
映画を観ることが出来る時間は2時間もありません。
・・と言うわけで、肝心の決闘の結果がわかりませんでした。クゥ~~~~。
そのためにレンタルしてくるのも悔しいしなあ。

どなたかラストをご存知の方、教えてください!!
[PR]
by leonpyan | 2007-03-16 21:50 | 映画 | Comments(4)
c0004750_0275933.jpg

無事に帰国しました~。

行ってきたのは中国の水の都、杭州。

今回は中国茶の資格試験研修のために行ったのですが、
1週間あったので、美味しい物もいただきました。

写真もたくさん撮ったので、ゆっくりとUPしていきます。
[PR]
by leonpyan | 2007-03-16 00:33 | 旅行 | Comments(6)

低調気味

このところ何となく慌しいのと、いろいろな失敗が続いて、かなり不調です。

ブログも書く気にならなくてサボってました。

まあ、こういう時もあるよね。

本当は庭のツバキが盛りなので、写真UPしたいなと思っていたんですが、
もう余裕がなさそうです。

明後日から一週間、海外に出ます。
今回はお勉強がらみなので、グルメレポはあまりできないかも。
でも綺麗な風景写真が撮れていたらUPします。

帰った頃にはツバキも終って、そろそろ桜の開花が囁かれているでしょう。
春はもう目の前ですね!

元気出して、行ってきまーす。
[PR]
by leonpyan | 2007-03-07 21:25 | 雑談 | Comments(5)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし