カテゴリ:グルメ( 167 )

伊勢グルメ

伊勢のソウルフードと言えば伊勢うどんでしょうか。
Hさんによればそれぞれの家庭の味があるそうな。

今回の旅行では伊勢に到着後すぐ五十鈴川沿いの野あそび棚で伊勢うどんとてこね寿司セットを食べました。

c0004750_12522412.jpg



外宮のお参りの後には赤福ぜんざいを。
この日は風が強く寒かったので、暖まりました!



c0004750_12523696.jpg

夕食はHさん行きつけのフレンチ・レストラン「Bon Vivant」に連れていっていただきました。
重厚で雰囲気のある建物は大正12年に逓信省の山田郵便局電話分室として建てられたもの。

c0004750_12530933.jpg

ミニョンコースをチョイス。
いろいろな味を楽しめるアミューズに感激。
シーフードの前菜にはアコヤガイが。



c0004750_12533075.jpg

メインには松阪牛のいちぼ肉。希少部位です。
チーズのワゴンサービスも充実しています。
c0004750_12535073.jpg
デザートもワゴンサービスで。
全種類を少量ずつ。別腹ですから(笑)。

c0004750_12541356.jpg
この量と質でこのお値段は伊勢ならでは。
サービスもアットホームでとても心地よく、素敵なお店でした。
思い出深い夜となりました。



翌朝は内宮でご来光を見てから、参拝前に一度身体を温めるためにおかげ横丁の赤福へ。
やはり赤福を食べないことには伊勢に来た気がしませんよね。

c0004750_12544079.jpg

二日目のランチは秩父のお茶屋「茶sasa茶」さんご紹介の「ココット山下」へ。
外宮前の通りにあり、向かいには直営のパン屋「山下製パン所」もあります。

人気店ということで、お昼11時半に到着して正解。
フロア席は予約で満席。カウンターが3席かろうじて空いていました。
行くことが決まっている場合は予約を入れた方が確実かもしれません。

私たちはメインが魚か肉かをチョイスできるコースを選びましたが、
後の席の人たちが食べているココット鍋の伊勢うどんも美味しそうだった!
シェフとフロアの方お二人でお店を切り盛りされていますが、その手際の良さが見ていて気持ちいい。


c0004750_12550470.jpg

ゆったりとできた今回の旅、美味しいものもたくさんいただいて、大満足でした。

Hさんご夫妻には本当にお世話になり、ありがとうございました。

一緒に行ったkemiちゃん、かっこちゃんもありがとう。Cちゃん、次は一緒に行きましょうね!

[PR]
by leonpyan | 2015-02-21 14:27 | グルメ | Comments(0)
毎年1月戸隠の初詣の帰りと、秋の栗の季節、年に二回は訪れる小布施。
今年は早くも二度目のプチツアーをしてきました。

小布施堂」の究極のモンブラン”朱雀”は秋限定ですが、
小布施堂直営のイタリアンレストラン「傘風楼」では”和栗のモンブラン「朱雀」”がいただけます。
こちらは洋風にアレンジしたケーキタイプのモンブランです。

かき氷仲間でもあるkemiちゃん、Yちゃん、Hちゃんは私の栗好きにいつも付き合ってくれます。
今回は私の誕生日祝いも兼ねて傘風楼の朱雀ランチセットを予約してくれました。

c0004750_18094693.jpg
当日はいいお天気。
秋に比べて道行く人もまばらな小布施。
静かな時間が流れています。

c0004750_18065308.jpg
ランチセットはサラダ、スープ、パスタorリゾット、和栗のモンブラン「朱雀」、飲み物で2,100円というお得な期間限定コースを頼みました。
どのお料理も美味しくて、さすが小布施堂のクオリティははずしません。

c0004750_18070393.jpg
そして、これが和栗のモンブラン「朱雀」。
ランチコースとセットで頼んだ人には量を加減して出すこともできます、と言われましたが、全員オリジナルサイズで(笑)。

本店の「朱雀」は外側の栗のペーストに甘さは全く加えていませんでしたが、
こちらはほんのり甘いモンブランペースト。
中は生クリーム、クラッシュキャラメル、栗の甘煮がいい具合にハーモニーを奏でています。
カシスソースをアクセントに。

ケーキのモンブランとしてはかなり美味しいですね。
本店の「朱雀」とどちらが好きかと聞かれれば本店のほうに軍配が上がりますが、
あちらは私の中では和菓子の分類なので比べられないかも。

小布施はさすがに山から下りてくる風が冷たく感じます。
でもこの寒さを乗り切って、また秋に美味しい栗の実をつけてくれるのでしょうね。
秋の再訪を楽しみに、まだ明るいうちに小布施を後にしました。

幸せなランチタイム、連れてきてくれた友人たちに感謝!です。

[PR]
by leonpyan | 2015-02-05 08:57 | グルメ | Comments(0)
グルメレポはVOL.4で終わりと書いたけれど、やっぱりB級&小吃もあげちゃう。

どちらかと言えば私の台北での食はこちらのタイプのほうがメインなんです。
留学していた頃も、一人旅の時もたいていは小吃店で水餃子&酸辣湯、ビーフン&イカ団子スープ、ジャージャー麺&玉子スープ、なんてメニューが中心でした。

今回、うらりんさんと一日一食は豪華な食事をしましたが、それ以外はちゃちゃっと食べたりしてました。
それが意外と美味しかったりするんですけどね。

台北に降り立って荷物をゲストハウスに置いて、まずは「金峰魯肉飯」。
これは外せない!我がソウルフード。
c0004750_2205985.jpg



ゲストハウスの朝はマンゴー&ライチで目覚めます。
c0004750_2211436.jpg



滞在中一回は食べたい。鹹豆漿と蛋餅。
ここは師大路にある「永和豆漿大王」。
c0004750_2212965.jpg



寧夏夜市の名物、炒米粉と魷魚羹。
c0004750_2214949.jpg



「古早味豆花」にて。
手前は檸檬愛玉。奥はタピオカと芋圓。
私は愛玉を食べましたが、豆花にはやはり甘い味の方が合うかも。。。
c0004750_222920.jpg



「八方雲集」にて、紅油抄手とワンタンスープ。
c0004750_2223424.jpg



そして最後の日には「思慕昔」でマンゴーかき氷。
これはもちろんうらりんさんとシェアしましたよ。
c0004750_2224869.jpg


全て美味しくいただきました!
ごちそうさまでした!
[PR]
by leonpyan | 2014-06-25 22:33 | グルメ | Comments(2)
今回の旅では一日一食はちゃんとしたレストラン、って感じでした。
旅に出ると3食バッチリ、っていうパターンも多いけれど、もうそんなに胃腸も強くないですしね(苦笑)。

4日目はホテルで朝食をとり、うらりんさんのリクエストで龍山寺へ。
結構当たるらしい占いに挑戦するうらりんさん。
私は現時点では占って欲しいことがなかったのでやりませんでしたが、今度来たときはやってみようかな。

そのまま泰順街の「小慢」へ。
店主の小曼さんにお茶をご馳走になってから、ランチに連れて行っていただきました。
このあたりでは一番美味しい、という上海料理のお店、「爾雅書馨一庭廣生食品行」。
名前が長い(笑)。

上海が魔都と呼ばれた時代の雰囲気を醸し出している店内はアンティークがたくさん。

ランチは小菜とメイン、ご飯、スープ、点心がついていてお得です。
3人で3種類のメインを頼み、シェアしました。
もちろんお味もGood。
小曼さんのご推薦に間違いはないですけれどね!

上海料理おなじみの紅焼獅子頭。
c0004750_1762489.jpg



c0004750_1764247.jpg



奥の海老チリもメインのひとつ。
c0004750_1771100.jpg



メインの魚料理はなかなか豪華。
c0004750_1771640.jpg



デザートは芋頭入りタピオカココナツ。
c0004750_1773256.jpg


これで今回の旅のグルメ報告はおしまいです。

ごちそうさまでした!
[PR]
by leonpyan | 2014-06-25 08:56 | グルメ | Comments(0)
茶人にはグルメが多いけれど、我が師匠の工藤先生はその最たるもので、
以前先生のサロンの台北ツアーで連れて行っていただいた豊華小館は本当に美味しかった。
たぶん、先生と一緒じゃないとこのメニューは出てこないだろうというくらい絶妙なオーダー、ブラボー。

その豊華小館のオーナーが淡水の郊外の山上に新しくレストランを開いたと言う。
そこには素敵な茶室もあって、工藤先生のサロンの茶藝クラスの方々が訪台して茶会を開いている。

栗原はるみさんの雑誌「haru_mi (ハルミ) 」の今季号が台湾特集で、その最初のページにも載っていた。
これは是非とも行ってみないと、と言うことでうらりんさんと三日目のランチを予約した。

MRT淡水線に揺られ、終点淡水駅の一つ手前紅樹林駅で降りる。
そこからタクシーで20分ほど。
山の上へ上へと登って行き、注意しないと通り過ぎそうなうっそうとした場所に突如現れた建物。

そこが「春餘園子」であった。
c0004750_23331117.jpg



レストランの建物から離れのように細長く続く茶室。
庭園には流れのある小川が配され、緑豊かな中に美しい蝶たちが訪れる。

料理はベジタリアンコースとおまかせコースの二種類。
メニューのないレストランである。

c0004750_23332583.jpg



私たちはおまかせコースをチョイス。
味付けは薄味で素材の味を引き立てている。
c0004750_23334126.jpg



見た目も美しい。
フレンチのようにソース仕立てになっているが、ベースは浙江料理。

私もうらりんさんもこのホタテ料理が一番のお気に入りだった。
c0004750_2334860.jpg



c0004750_2334276.jpg



c0004750_23344588.jpg



鮑と豚足の醤油煮。上に乗っている香菜ともよく合う。
c0004750_2335149.jpg



青菜ときのこの炊き込みご飯がまた美味しくて。
c0004750_23352962.jpg



スープがまた絶品だった。
c0004750_23354721.jpg



c0004750_2336150.jpg


市内から少し遠いし、コース料金も台湾の感覚で言えばちょっと値が張るけれど、
時間とお財布に少し余裕を持てるなら一度訪れてみて欲しい。
自然と美食を存分に堪能できる場所だと思う。

ごちそうさまでした!
[PR]
by leonpyan | 2014-06-22 20:41 | グルメ | Comments(0)
二日目の夜はうらりんさんのご友人Wさんがアレンジしてくれた広東料理。
君品酒店 ホテル・パレ・デ・シンの17階にある「頣宮ル・パレ」、
西洋の宮殿と中華をミックスしたような雰囲気です。

中華式パーニャカウダ?
c0004750_2317666.jpg



幼鴨のローストはお店の一番人気メニュー。
パリパリでジューシー!
c0004750_23173996.jpg



その幼鴨の骨付き部分を出汁にしたお粥です。美味!
c0004750_23175523.jpg



こちらはセットメニューのお料理。
c0004750_23181685.jpg



マーラーカオと昆布入り緑豆ぜんざい。
c0004750_23183314.jpg



独創的なメニューが多く、店内は満席で若い人たちも目立ちました。

ごちそうさまでした!
[PR]
by leonpyan | 2014-06-22 16:06 | グルメ | Comments(0)
6月半ばにうらりんさんと4泊5日で台北に行ってきました。
年に一回は行っている台北お茶の旅、いつもならグルメはそっちのけでお茶屋さんや友人のサロン巡りをするのですが、
今回は少しゆったりグルメも楽しむ旅をしました。

定番の魯肉飯や豆漿も食べましたが、初めて行ったレストランが多かったので、そちらを載せたいと思います。

まずは第一日目の夕食で行った「客家小館」。
小慢」のオーナー、謝小曼さんが連れて行ってくださいました。

永和市にあるこのお店、タクシーに乗れば10~15分ほど。
青木由香さんのガイドブック『最好的台湾』にも載っていたので、以前から気にはなっていました。

お店の雰囲気もモダンでオシャレ。
何軒か行ったことのある客家料理店の中では店の作りもお味も一番上品な感じです。

九州から旅行で来ていた小曼さんのお友だち3名と合流して、総勢6名、中華は人数が多い方がいろいろ頼めて嬉しい!

入り口に入るとカウンターのショーケースの中に小菜が並んでいます。
九州組が選んでくれた3品、どれも美味!
c0004750_23351552.jpg



オーダーは小曼さんにお任せ。
どれも素材の味を生かしています。
c0004750_23353130.jpg



黄金南瓜。
ねっとり、絶品。
c0004750_23355293.jpg



筍の美味しい季節。スープでいただきます。
c0004750_2336835.jpg



一番のお気に入りはこの客家小菜。
セロリ、スルメイカ、干し豆腐、豚バラ肉のハーモニー。
c0004750_23362875.jpg



デザートはフルーツが盛りだくさん。
仙草ゼリーもうまうまでした!
c0004750_23364712.jpg


ご馳走様でした!
[PR]
by leonpyan | 2014-06-20 15:29 | グルメ | Comments(0)
台北家族旅行もいよいよ最終日。

この日の朝食はホテル近くのワンタンのお店をチェックしていたんだけれど、
朝9時にならないと開かないことが判明。
昼食との兼ね合いもあって、8時には食べたかったので
急遽別のお店を探すことにしました。

前日の失敗でちょっと怖じ気づいている私は家人に選択権を譲渡。
で、家人がガイドブックで探してきたのが「阿妹麺店」。
MRT古亭駅からすぐの場所にあります。

麺と具と調理法(スープ麺、炒麺、汁なし、など)を自由に組み合わせることができます。
ここは無難にワンタン麺を。
味はあっさり目なので、自分で辛味調味料などをいれて調節できます。
お店のお姉さんに勧められたお豆腐も美味しかった。
c0004750_15262685.jpg





最後のランチは「済南鮮湯包」。
小籠包はマストだけれど、たくさんあるお店の中でどこへ行けばいいのかわからない。
今回はMさんオススメでホテルからも近いここにしました。

小籠包は熱々で出てきます。
中のスープもたっぷり。
味はあっさり目なので醤油を少したらして食べると美味しいです。
c0004750_15264543.jpg



Mさんイチ押しメニューはシラス炒飯。
シラスがぱりぱりで美味しい!
c0004750_1527383.jpg


小籠包のお店は台湾の人もご贔屓がそれぞれあるようです。
いろいろ試してみて、自分のお気に入りを探すのも楽しいかもしれません。


少し時間が空いたので、この日は気温が30度を超えていたこともあり、
かき氷の店「Ice Monster」に行くことにしました。
大きいから3人で2つのオーダーでいいんじゃない?と言ったのに、何故かしっかり3個頼んでしまい、最後は結構辛かった(苦笑)。

息子の頼んだのはタピオカミルクティー。
大粒のブラックタピオカが別添えで、ボリューム満点。
c0004750_15272051.jpg



家人のオーダーした季節限定のイチゴ。
これが一番美味しかったかも。
c0004750_15274061.jpg



私は定番のマンゴー。
安定の美味しさですが、氷のかき方が一番粗く、ちょっと頭が痛くなりました。
c0004750_1528023.jpg


こんな感じで幕を閉じた台北Familiy旅行。
よく食べ、よく歩きました。
一人で行く茶旅とはまた違った面白さもあって、何度行っても楽しい台北でありました。

ご馳走様でした!
[PR]
by leonpyan | 2014-04-01 21:57 | グルメ | Comments(0)
二日目の朝ご飯は私がこよなく愛する大安駅近くの「永和豆漿大王」。
朝ご飯の行列と言えば有名なのは「阜杭豆漿」。
どちらも美味しいですが、鹹豆漿はこちらの方が好みです。
家族からも好評。
c0004750_15232234.jpg



この日のメインイベントは故宮博物院。
私も家人も何度か行っていますが息子は初めて。

初心者にとっての目玉はやはり玉と珍玩。
翠玉白菜、肉形石、彫橄欖核舟、象牙多層球などなど。

それらが展示されている3階はものすごい人気で長い行列ができています。
並んでやっとのことでたどり着いても人だかりで見るのも一苦労。

昔はこれほど混んでいなかったと思うのですが、やはり大陸からの観光客が増えたせいでしょうね。
駐車場にも多数の観光バスが停まっていました。
c0004750_15234377.jpg




お昼は中山にある某餃子店。
ここはネットで検索して見つけたのですが、この旅行では唯一の失敗でした。

蒸し餃子を頼むつもりがスープ餃子を頼んでしまった上に
家人が頼んだ牛肉湯麺は牛肉の入っていない牛肉スープの素麺だった・・・
危うくちゃぶ台返しになるところでした。
(こっちが勝手にオーダーミスしたんですけどね)

お店の雰囲気もお料理自体もお眼鏡には適わなかった模様。
なかったことになったランチでした(笑)。


気を取り直して夕食は「吉品海鮮餐廳」。
家人からのリクエストで一回は海鮮を食べたいとのことだったので。
ここもMさんから紹介してもらったお店です。
高級広東料理のお店。サービスも行き届いています。

我が家はみな海鮮好きで広東料理好き。
でも今回はあえて定番のフカヒレやあわびを頼まず、飲茶も封印して、
日本ではなかなか食べられないメニューを選びました。

キャベツと桜エビの炒め物。
こんな何気ないメニューなのに超絶美味しいって・・。
c0004750_1524126.jpg



ハタの清蒸。
家人のチョイス。
c0004750_15242211.jpg



あひるの水かきとなまこの煮物。
息子の一番人気。
c0004750_15243799.jpg



ヘチマと白身魚のつみれを一緒に蒸しあげたもの
c0004750_15245477.jpg



鹹魚炒飯。
c0004750_1525151.jpg



吉品流沙包。
Mさんからここではこれを絶対オーダーするようにと指令をうけていました(笑)。
c0004750_15253543.jpg


どれも上品で絶妙な味付けで素材が生かされていました。
広東料理と言えば広州や香港ですが、ここもかなりレベルが高いと思います。
大満足でお昼の失敗がチャラになってホッとしました(笑)。

ご馳走様でした!
[PR]
by leonpyan | 2014-04-01 00:27 | グルメ | Comments(0)
春休みを利用して久しぶりの家族旅行。
今回は台北ということで、旅行スケジュールは私の担当になりました。

私自身は毎年台北は行ってるけれど、お茶屋さん巡りばかりで観光スポットやグルメスポットには意外と疎い。
特にグルメは一人飯の場所はともかく、レストランに関しては情報が貧弱です。

台北の友人たちに連絡を取ってお店を聞くことも考えたけれど、
きっと案内してご馳走してくれちゃうと思うので、
それは私一人ならともかく家族でおんぶに抱っこは恐縮、
今回は2泊3日と短くて時間もあまりないので、自分で計画を立てていくことにしました。

そこで、4年間台北駐在でついこの間帰国されたお茶友のMさんにおすすめレストランを聴取(笑)。
ネットやガイドブックで検索するよりもずっと信頼できるナマの情報!ありがたや~~♪


フライトは中華航空の朝の羽田-松山便。
午前中に市内に入れるフライトスケジュールです。

ホテルは忠孝復興駅からすぐのロイヤルパレス台北。
今回はほとんどタクシーを使わずMRTで行動しました。
昔私が住んでいた下宿からも近くて、このあたりはとても懐かしい場所です。

第一日目、まずは昼食を。
私の定番、金峰魯肉飯。
これに青菜とスープをつけて完璧な台湾ランチです。
c0004750_13494953.jpg



中正紀念堂。
一応観光も(笑)。
c0004750_13501534.jpg



そして夕飯はと言えば、Mさんご推薦の「東雅小厨」へ。
c0004750_13525293.jpg



紅焼獅子頭(白菜と肉団子の煮物)。
c0004750_13531630.jpg



上海菜飯。
c0004750_1354252.jpg



脆皮豆包(湯葉揚げ)。
これはMさんイチ押しのメニュー。
確かにこれは美味しい!家族で争奪戦になりました。
c0004750_13542397.jpg



蘆筍百合(アスパラとゆり根とパプリカ、海老の炒めもの)。
c0004750_13544555.jpg



このお店はオーガニックにこだわり、素材を生かした味付けです。
今回頼んだものもすべて美味しかったのですが、
壁に写真があった東雅大元蹄と極品佛跳牆がすごく魅力的で、こちらは要予約。
次回は事前に予約してこのメニューを食べたいですね~。

一日目のグルメは外れなしで無事に終了(笑)。
ご馳走さまでした!
[PR]
by leonpyan | 2014-03-31 15:12 | グルメ | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし