カテゴリ:ドラマ(その他)( 60 )

c0004750_08460960.jpg
今週は療養中。暇です。時間を持て余しています。
かといってクリエイティブなことはできないので、結局本を読んだりテレビを観たりして過ごしています。

昨日、中国のドラマを1シリーズ見終わりました。
『似水年華』全23話。
2003年に中国で放送され人気を博したドラマです。

中国語の学習用として日中通信社で販売されていたものを以前購入していました。
キャストもホアン・レイ、レネ・リウ、アンジェリカ・リー、朱旭と馴染みある顔ぶれ。
特にレネ・リウは歌手としても女優としても好きなので。
この中では『大地の子』にも出演した朱旭が日本では一番有名かな。

内容は江南の美しい水郷、烏鎮を舞台に展開するラブ・ストーリー。

烏鎮の美しさと言ったら!
これを見て、すぐにでも行きたくなって調べたら、今は国内旅行者が半端なく多いらしい。
このドラマのような静寂は味わえないのかもしれないですね。
でも、やっぱり一度は行ってみたい。
江南の水郷周遊とかしてみたい。

ドラマは風景の素晴らしさに加えて舞台となる図書館の文人的空間が何ともいい雰囲気です。
朱旭の名演もあるし、脚本もいいので、確かに中国語の勉強にはとても適したドラマでしょう。
欲を言えば日本語字幕オンオフ機能だけでなく、中国語字幕もあるともっと勉強になるんだけれど。

ただ、23話は長すぎる!
ストーリーもキャスティングも悪くないけれど、これは10話くらいでちょうどいいと思う。
途中、展開の遅さ、というか、グダグダさにちょっとイラつきました(笑)。
ジェットコースター的展開を求めるわけではありませんが、冗長な演出部分も少なくなかった。
この筋とキャストで2時間くらいの映画で作り直してもよかった気がする。

とは言え、内容はツボでした。
ラブ・ストーリー大好き。
運命の出会いとか。
一見鍾情・・・ひとめぼれ、って感覚、ずいぶん忘れていました。
ええ、運命論者です。こう見えても、実は(笑)。

[PR]
by leonpyan | 2015-08-21 15:02 | ドラマ(その他) | Comments(0)
NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』、いよいよあと3週となり、盛り上がっております。
個人的には小草若の行く末が気になる~~~しっかり草若を継いで欲しい!

『ちりとてちん』効果で、落語に興味を持つ人が増えているらしく、
今週はNHKでは『ちりとてちんの落語を聞こう』という特別企画で
月曜~金曜まで毎日一演目を流してくれました。

3月3日(月) ・「愛宕山」 桂 文枝
3月4日(火) ・「辻占茶屋」 林家染丸
3月5日(水) ・「ちりとてちん」 桂 南光
3月6日(木) ・「たちぎれ線香」 桂 文枝
3月7日(金) ・「はてなの茶碗」 桂 米朝

いや~~上方落語を意識して聞くのは初めてでしたが、面白いですね。

故文枝師匠の「愛宕山」はちょっとイメージが違ってましたが、
「たちぎれ線香」は素晴らしかったです。
女性を演じるのが上手いとされていたのがなるほど分かりました。
文枝師匠、朝のBS2で再放送している『都の風』に出ているんですが、
ドラマの時はさすがに20歳くらい若かったのでまだ髪が黒々としてました。

染丸師匠の「辻占茶屋」もテンポ良くてよかったです。
はめものとの掛け合いが絶妙。

一番笑えたのは南光師匠の「ちりとてちん」。
ドラマのほうで何度も触りを聞いているにも関わらず、また笑ってしまう。
桂あやめ師匠の芸者に役を替えた「ちりとてちん」もなかなかでした。
女性が落語をするって、やはり苦労も多いんでしょうね。

米朝師匠の「はてなの茶碗」はさすがの貫禄。
あの間の取り方はすごいな~。
枕もかなり面白いですね。

落語は若い頃はたまに聞きに行くこともありましたが、最近はご無沙汰してました。
昔は聞いたと言っても、江戸落語ばかりでしたから、
関西弁で「旦さん」や「喜六」が出てくる上方落語は新鮮です。
何だか落語を聞いていると、江戸時代がのんびりまったりといい時代に思えるんですよねー。
[PR]
by leonpyan | 2008-03-08 00:03 | ドラマ(その他) | Comments(4)

のだめ占い

新春スペシャルの『のだめカンタービレ』、再放送も含めて全て録画撮りして二回も観ちゃいました。
音楽にはとんと才能がない私ですが、のだめは漫画もドラマも大好きです。
コメディタッチがいいのよね。

今流行り(?)ののだめ占いやってみましたよ。

三木清良でした!

「三木清良」なあなたはバイオリニスト。
 プライドが高く、常に高みを目指しているタイプデス。自分をより価値のある存在にしていくために、日々の努力を怠りません。リーダーシップを取るのも得意で、いったんグループの中心になったら、周囲の人々に細やかな配慮を示します。リーダーの座に納まってワガママを言うのではなく、リーダーとしての責任を十分に果たし、グループ全体をさらに良い状態へと導いていける人なのデス。
 あなたはどんな困難にも負けず、着実にキャリアを積み重ねていくことでショウ。恋愛面でも、主導権はあなたのほうに。自分たちがもっと親しくなれるように、みずから二人の関係をリードしていくはずデス。
 一言:人生の成功者のようなあなた。しかし付き合う人はそのひとでいいのですか


う~~ん、私はこんなに立派なヒトじゃありまへんでー。
付き合う人って・・・旦那は峰龍太郎タイプというわけでもないしなあ。
念のため、旦那も占ったら、真澄ちゃんでした。あはは。
[PR]
by leonpyan | 2008-01-19 20:27 | ドラマ(その他) | Comments(4)
『ちりとてちん』の細かすぎる演出が話題!? | Excite エキサイト

ええ、ええ、今期のドラマは一本も見てまへん。
『ガリレオ』も『働きマン』も挫折しました。

だって、『ちりとてちん』を月曜から土曜まで朝の7:30からBSで、8:15から地上波で、
そんでもって時間のある時は昼の12:45からまた地上波で、
気が向いたら夜の7:30からBSで4回も見れるんだから、
他のドラマなんてどーでもええわ(笑)。

エキサイトの記事でも書いてあるように、このドラマが視聴率いまひとつなのは
セリフの妙とか、伏線張りまくりの構成とか、
従来のテレビ小説に比べてちょっとマニアックな作りになっているからかも。
朝の忙しい時間帯に見るには肩の力抜いて見ることが出来て、
2、3回見損ねても筋を追えるようなドラマのほうがいいんでしょうね。

でも『ちりとてちん』、見ていて本当に学ぶことが多いです。
生きていくための知恵や心に響くセリフがいっぱい。

私はマジでこの脚本は『チャングム』に匹敵するんじゃないかと思ってます。
年末には総集編があると思うので、見ていない人もまだまだ間に合いまっせ!
[PR]
by leonpyan | 2007-11-30 21:07 | ドラマ(その他) | Comments(16)

ちりとてちん

10月から新しい朝ドラが始まりました。

私はいつも7:30からBSで観ているのですが、
『ちりとてちん』も再放送の『都の風』も楽しんでいます。

このところ朝ドラは西高東低の傾向があるような。
大阪制作はコメディ要素が入ると成功するのかな?
『ふたりっ子』『てるてる家族』『風のハルカ』『芋たこなんきん』みーんな好きでした。

この『ちりとてちん』も今のところなかなかいい感じです。
ヒロインの貫地谷しほりさん、
外見から賢くてしっかり者に見えちゃうのがこの役にはちょっと辛いところですが、
いい感じでボケと突っ込みの両刀使いをしていてこれからが期待できそう。
(これは天然ボケの和久井映見母さんと
要所の突っ込みで美味しいところを持って行く
松重豊父さんの両方を受け継いでいる設定なのか?)

前回の『どんど晴れ』は正直言ってつまらなかった。
突っ込みどころ多すぎて後半は冷やかしで観ていたようなもの。
ヒロインがあまりにいい子で
最初はまわりから反発されていたと言っても
たかが1年足らずで認められちゃうお話でしたからね。
脚本が練られていなかったという気がします。
主演の女優さんはとっても綺麗でしたけど。

どちらかと言えばドジで間抜けなヒロインが成長していく物語のほうが好きだな。
特に朝ドラはわざわざ新人を使ってまわりを芸達者で固めるのだから、
そういう成長物語の流れのほうが合っているんですよ。

でも、『どんど晴れ』は結構視聴率がよかったらしい。
『ちりとてちん』はいまひとつ。
やっぱり嫁姑のドロドロとか、敵味方のはっきりしている分かりやすいドラマがウケるのかなあ。
今回はまだ相手役にイケメン俳優が出ていないというのもあるかも?
でも、渡瀬恒彦演じる師匠はかなり格好いいし、兄弟子草々も味がありますよん。
[PR]
by leonpyan | 2007-10-29 22:57 | ドラマ(その他) | Comments(0)

受験の神様

本日、最終回でした。

視聴率はいまひとつだったようですが、私は2年前の我が家の中学受験を思い出し、
結構楽しみにして観ていました。

よく名前の知られた塾や学校の名前がパロディのように出てきてクスッと笑えたり
先生役の菅原道子の「今日はここまで」「無駄!」などの定番セリフや
いつもセーラー服、両手に紙袋、といういでたちも何だか面白くて。

広くん、義嗣くん、恵美ちゃんの受験結果は想像していたよりもハッピーでした。

広くんがバーベキューで受験票を燃やしちゃった時、
きっとあとで補欠合格の通知が来て、
受験票が無くってダメ、ってオチなんだろうと思いましたが(苦笑)。

早田中に不合格になって、屋上から広とパパが「早田のばかやろ~~」と叫んだ時、
道子先生も一緒に叫んでくれたシーンが何だか良かったね。

そうそう、先ほどネット検索していたらこんな2chのスレッド見つけました。


 受験の神様で泣けてしまった  
  1:オレも受験生なんだ・・・

    もう梅沢君落ちたところで「あすはわがみ」みたいな感じでさ・・・
    どうしても行きたい学校なんだよ・・・梅沢君と感情がかぶってさぁ・・・

    もうwwww

  3:テレビみてねぇで勉強しろよwwww

  5:>>3
    正論だぬう

  8:>>1
    ファイトファイト!!!


受験生の皆さま、ご検討を心よりお祈りいたします。ファイトファイト!
[PR]
by leonpyan | 2007-09-22 23:01 | ドラマ(その他) | Comments(4)
今期のドラマ、一応出揃ったようですね。
今晩から始まる『受験の神様』は中学受験を終えたばかりの親としてはちょっと興味あるので初回は観てみようかな。

ドラマに関しては肩肘張らずに観られるコメディタッチのものが割と好きなので、
『山田太郎ものがたり』と『ホタルノヒカリ』を続けて観ることにしました。

イケメン好きでしょー?と言われそうですが、『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス』は第二回を観ましたが、ちょっとバカバカし過ぎて乗り切れず脱落。

『山田太郎ものがたり』もバカバカしいんですが、軽い笑いがなかなか心地よいので、
早くもハマッております。
二宮くんは演技上手いね。ものすごいハンサムというわけではないけれど、ホワッとした山田太郎の雰囲気が癒されます。
テーマは貧乏でも幸せに生きる、って感じ?
今の時代に忘れられたものが描かれるかも、なんてちょっと過大評価をしていますが、期待はずれにならないことを祈ってます。

『ホタルノヒカリ』もありえない設定でいかにも漫画なんですが、セリフがなかなか小気味良いのでリラックスして「ながら鑑賞」してます。
藤木直人はあまり好きではないのだけれど、この役はいい感じです。

若手の女優では最近は長澤まさみ、沢口エリカ、堀北真希、新垣結衣、蒼井優、相武紗季、井上真央、上野樹里など、それぞれとても光ってますが
個人的には綾瀬はるかの顔が好き(笑)。
あ、でも整形して誰かの顔になれるっていうなら香里奈がいいな。
(って、もう少し年の近い人を選べよ!って?)

綾瀬はるかが干物女の役やって、ジャージに穴があいてても、立つ時に「どっこいしょーいち!」なんて言ってもしっかり可愛いんだけどね。
看板に偽りあり、だよね。
[PR]
by leonpyan | 2007-07-14 16:50 | ドラマ(その他) | Comments(4)

風林火山

4月から何かと慌しくて、映画も観てないし、ドラマも観てません。
そんな中、NHKの朝ドラと大河ドラマだけはチェックしてます。

大河ドラマは最初のほうは観ていなかったのですが、
家人が面白い!とはまっているのを傍らで眺めていたら、私もはまり始めてしまいました。

主演の内野聖陽が格好よくって上手いのはもちろんなんですが、
自然と目で追ってしまうカリスマ性を感じるのが武田晴信(信玄)役の市川亀治郎!
歌舞伎のテンションが最初はちょっと不思議だったのが、
今ではあの台詞回しが心地よい(^^)。

市川亀治郎、歌舞伎に疎いわたくし、お名前すらも知らなかったのですが、
公式サイトをのぞいてみたら、「亀ニュース」「亀リンク」「亀チャット」など、
亀好きの私にはたまらない♪
妙なところで親近感を持ってしまったのでした。

昨日の第14回では初めてかの「風林火山」の旗が登場したのですが、
孫子の漢文がすべて書いてあったのね。
私は「風林火山」の文字がそのまま書いてあるのかと思ってました。

疾如風 徐如林
侵掠如火 不動如山

[PR]
by leonpyan | 2007-04-09 07:54 | ドラマ(その他) | Comments(4)
毎朝楽しみに観ていたNHK連続テレビ小説『芋たこなんきん』が3月で終わり、
今月から岩手を舞台にした『どんど晴れ』が始まりました。

近年朝ドラの視聴率が低調気味で、
今回の『どんど晴れ』も初回視聴率が良くなかったようですが、
朝、忙しい人も増えただろうし、
録画したりBSで観る人も多いだろうから数字としては伸びないのも仕方ないのかな。

お話は老舗旅館の後継ぎ息子に嫁いだ都会育ちのヒロインの奮戦記、
まあ昔からよくあるお話ではありますが、
朝ドラはいつもながらキャストが豪華なので楽しみです。

ヒロインは沖縄出身の比嘉愛未さん、顔も可愛いですが、足がほっそりしてスタイルがいい~。

弟役で神木隆之介くんが出ています。
大きくなっていてびっくり。
声も『千と千尋の神隠し』で坊の役を演じていた時とは大違いで野太くなりました。
まあ、息子と同じ年なんで、当然と言えば当然ですね。
うちも甲高い声だったのに、今はすっかりドスがきいてます。
声だけは可愛かったのになあ~・・・。
[PR]
by leonpyan | 2007-04-03 21:22 | ドラマ(その他) | Comments(6)

ONE PIECE

我が家のロングランTV番組は何と言ってもアニメ『ONE PIECE』であります。
1999年10月の放送開始から昨日で295回を迎え、ますます盛り上がってます。
今まで見逃した回は数える程度。
とにかく毎週一家揃って楽しみにしております。

原作は週刊少年ジャンプに連載中の尾田栄一郎の漫画ですが、
TVアニメから見始めてしまったせいか、
敢えて漫画のほうは買っていません。
(息子はコンビニで毎週立ち読みしているらしいが・・・。)

以前は夜の7時に放送していたので、プロ野球中継があるたびにお休みになって、怒り狂ってました。
(アニメ制作が追いつかないので、お休みがあるのは好都合だったという噂もありますが)
去年の10月から日曜朝9時半に変更。
休止がなくなったのは嬉しいんだけど、何故だかこの時間帯になってから
中間のCMがやけに長くなり、エンディングテーマも無くなってしまいました。
エンディングはオープニングの元気な曲調に比べてしっとりした曲が多くて気に入っていたのになあ。

キャラクターは全員好きだけど、特にゾロがお気に入り。
新登場のフランキーもいいわー。
とにかく他のどんなドラマが終っても、このアニメだけは終ってほしくない。
お台場のフジテレビの夏のイベント企画、ゴーイングメリー号にも乗りに行っちゃったもんね。
そのゴーイングメリー号もお話の中ではもうすぐお別れだけどね・・・。
[PR]
by leonpyan | 2007-02-12 21:13 | ドラマ(その他) | Comments(6)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし