カテゴリ:観劇( 10 )

テアトル・ノウ東京公演

c0004750_20204831.jpg
観劇は大好きなのに、能楽は敷居が高い気がして今まで足を踏み入れませんでした。
叔父が謡と仕舞を長年やっていて、発表会にもしょっちゅう誘われるのですが、
昔一度行って、退屈だったので、それ以来理由をつけて断っていました。
(私の結婚式の時に謡を披露させなかったと言って未だに嫌味を言われます・・・。)

それが、縁あって、ある勉強会の先輩の方に能楽の公演のご案内をいただき、俄然興味がわいてきました。
第三十四回 テアトル・ノウ東京公演。
この公演には事前講座というのがあって、演目のあらすじ、見どころなどの説明を伺えるというのです。
これはいいデビューの機会だわ、と事前講座と公演の両方に申し込みました。

事前講座は神楽坂の矢来能楽堂で6月18日に行われました。
本公演での演目『巴』についてのお話だけでなく、能面についてや、装束の着付けも見せていただき、興味深いものでした。

c0004750_21464576.jpg

そして昨日、本公演に行ってきました。
ただ、ものすごく楽しみにしていたにも関わらず、夏バテとこの数日間の低気圧のせいで頭が重く、
出かける直前まで寝ていたりして、結局着ていく予定だった夏着物も断念したという・・・。
公演も100%堪能したとは言い切れない状態で、出直したい気分でした。

本郷の宝生能楽堂は矢来能楽堂よりも客席が広く、舞台は屋外を模した雰囲気でした。
席は正面の2列目。
初心者のくせにこんなに恵まれたシチュエーションでいいのかしらと思うくらいでした。

まずは「能 『三笑』」。
中国の虎溪三笑の逸話にちなんだ演目です。
慧遠禅師、陶淵明、陸修静のそれぞれの翁姿が面白く、唐子役の谷本悠太朗くんがとても可愛かったです。

続いて「狂言 『舟渡聟』」
船頭役は人間国宝の野村万作氏!
これは本当に面白くて、私は能よりも狂言にハマってしまいそうです。
野村万作さんは御年86歳だそうですが、声も張りがあるし、動きもいいし、何よりとてもチャーミング。
すっかりファンになってしまいました。

その後三演目の仕舞があり、休憩20分。
トイレの列がものすごくてびっくりしましたが、何とか時間には間に合いました。

そして事前講座でも取り上げられた「能 『巴』」。
まさしく幽玄の世界です。
シテ役の味方玄さんが講座で見どころを熱く語ってくださったので、
巴の動きひとつひとつが意味を持って迫ってきました。
衣装も素晴らしかったし、佇まいが美しかった。
最後に巴が振り向いたあの余韻は忘れられません。
お囃子も素晴らしかった!

会場では夏着物の方も多く、眼福でした。
歌舞伎座とはちょっと雰囲気が違い、割と落ち着いた色調の織りの着物が多かったと思います。
上布や芭蕉布など、憧れの夏着物がたくさん。
御髪もご自分でさらっとまとめた方が多くて、着姿が自然で、年を重ねてこんな風に和服を着れたらと思いました。

能楽を堪能できるようになるのはまだ程遠いですが、機会あればまた行きたいと思います。
お声かけくださったS先生に感謝申し上げます。

[PR]
by leonpyan | 2017-07-23 22:56 | 観劇 | Comments(0)

髑髏城の七人 Season鳥

c0004750_21452741.jpg
劇団☆新感線の『髑髏城の七人』花鳥風月シリーズのうち、第二弾の「Season鳥」を観てきました。
第一弾の「花」とは雰囲気も変わって今回は歌と踊りと笑いにあふれた舞台でした。

前回小栗旬の演じた捨之介を阿部サダヲが。
もうそこから違う匂いがします。
シュッとした着流しだったのが、今回は忍者のいでたち。
主演が変わるだけで全体の雰囲気もガラッと変わりますね。
今回は笑いが多い舞台でした。

蘭兵衛役の早乙女太一の立ち姿の綺麗なこと。
殺陣も超速恰好いい。

極楽太夫は松雪泰子。
綺麗なのはもちろんですが、今回は歌う、歌う。結構イケる。

前回面白いところを全部持って行った古田新太の贋鉄斎は池田成志が演じています。
今回もかなり弾けていて、阿部サダヲとの掛け合いも軽快でした。

そして、私が最近注目している森山未來の天魔王!
ビジュアルよし、殺陣よし、演技よし!
爬虫類系のお顔もよいわー(笑)。

今回も楽しめました!
花、鳥、と来て、次は風だけれど、キャストがいまひとつ好みの人がいないので、パスの予定。
最後の月のキャスティングに期待が募ります。


[PR]
by leonpyan | 2017-07-12 22:52 | 観劇 | Comments(0)
c0004750_22033569.jpg
森昌子主演の舞台チケットをいただいたので、行ってきました。
森昌子と言えば懐かしの中三トリオ。
実は同級生であります。私は山口百恵ファンでしたが(^^;)。

『のど自慢』と言えば井筒監督の映画ですよね。
確か室井滋主演。
観たような、観てないような、覚えてないからきっと観てないんでしょう(って観てても記憶にないって最近多いけど)。

ジャニーズのタレントさんも出演しているので、意外と若い女性客も多かったです。

演技は小川菜摘が良かった。
スタイルもいいし、可愛い方ですね。

さすがに皆さん歌の上手い役者さんが揃ってます。
天宮良、上手かった。昔、ちょっとファンだったのよね(笑)。
あ、もちろん森昌子は上手かったです。でもなあ、舞台の上でのオーラがいまひとつかなあ。
のど自慢シーンで『UFO』や『フォーチュンクッキー』がかかったのも楽しかった。
最後の舞台挨拶で上原多香子、湖月わたる、天宮良、河合郁人が4人で踊るんだけど、さすがに皆さん踊りのキレがいいですね。
見どころ満載、楽しめました!

Cちゃん、チケットありがとうございました!

『音楽喜劇 のど自慢 ~上を向いて歩こう~』
原作:映画『のど自慢』
監修・演出=井筒和幸
脚本・演出=モトイキシゲキ
森昌子、河合郁人、湖月わたる、上原多香子、寺西拓人、小川菜摘、モロ師岡、天宮良、前田吟、牧野尚之


[PR]
by leonpyan | 2017-07-03 22:52 | 観劇 | Comments(0)

宝塚 雪組公演


c0004750_23084740.jpg
去年『るろうに剣心』を観て以来、密かにライトなファンになっていた雪組トップスターの早霧せいなさん。
今回の公演を以って、娘役トップの咲妃みゆさんと共に退団されます。

前回の公演も抽選に外れて観れなかったし、
サヨナラ公演は何とか行きたいといろいろ抽選に応募したり
知り合いに頼んだりしましたがことごとくハズれ、
もう諦めようと思っていたところに
友人から回ってきたチケットが!

2階のB席後ろから3列目でしたが
オペラグラスで一人一人の表情は見えましたし、
かえって全体が見渡せてよかったです。
これで3,500円は安いです。

演目は『幕末太陽傳』。
1957年にフランキー堺が主演し大ヒットした映画がベースになっています。

面白かった!
オリジナルの映画の方も探して観たいと思いましたよ。

早霧さんと咲妃さんのコンビ、息がぴったり合っていていいですね。

早霧さんは歌はそれほどでもないけれど(失礼!)、ルックスが抜群、声も好き。
踊りも演技の動きにもキレがある。

咲妃さんはとにかく演技がうまい。
見た目はほわっと可愛いのに、今日のような女郎役をするとなんとも色っぽくて格好いい。

そして次期トップを務めるであろう望海風斗さんがまた素敵。
早霧さんと咲妃さんが退団するのは寂しいけれど、これからの雪組も期待できます。

宝塚のこの新陳代謝がいい体質は考えてみればハロプロやAKBの元祖とも言えるかも?
若手や新人に夢や目標を身近にさせるシステムですよね。

でもずっと見守ってきたファンにとってはサヨナラ公演は本当に切ないだろうなあ。
レビューの『Dramatic "S"』では、これで最後という気持ちが伝わってきて、
何だかウルウルしてしまいました。

宝塚は本当に究極のエンターテインメントだわ。
チケットを譲ってくれたCちゃん、一緒に行ったMちゃん、Gさん、ありがとうございました!

[PR]
by leonpyan | 2017-06-30 23:10 | 観劇 | Comments(0)

髑髏城の七人 Season花

c0004750_12511467.jpg

「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演、『髑髏城の七人』を観てきました。

360度繰り広げられるステージ、中央で回転する客席。
アジア初のエンターテインメント劇場を体感したかったのと、劇団☆新感線が初めてだっだので、とても楽しみにしていました。

テーマパークのアトラクションと劇場が合体したような感じ。
舞台だけでなく、幕をスクリーンに見立てて映像を映し出し、劇場全体が髑髏城の世界観の中に没入していきます。

時は信長の死から8年目、秀吉の時代のまだ荒野ばかりの関東が舞台。
殺陣も多く、演出も凝っていて、アクション映画好きの私はとても楽しめました。

特に好きな俳優が出ていたわけではありませんが、豪華なキャスト。
やっぱり古田新太は美味しいところをすべて持って行きますね。
山本耕史は立ち姿が綺麗。殺陣もいい。でも悲しい役でした。
小栗旬も着流しが似合っていて恰好よかった。
清野菜名は最近よくいい役に抜擢されているので、特に美形でもないのに何故、と思っていましたが、アクションはとても上手い。
ただ、3カ月の長丁場のせいか、喉がつぶれ気味でセリフが聞き取りにくかったのがちょっと残念。

来月にはSeason鳥を観に行きます。
キャストがガラリと変わり、演出も少し違うみたいで、こちらも楽しみです。

[PR]
by leonpyan | 2017-06-03 14:11 | 観劇 | Comments(0)

宝塚 宙組公演

c0004750_21001527.jpg
初めての宙組公演!
やっとイープラス貸切の抽選に当たりました。
それも前から9列目、ほぼ中央の席というくじ運の良さ。
去年『エリザベート』が外れて涙を飲んだことはこの際忘れることにしよう(笑)。

今回はお茶仲間の順子さんをお誘いして、着物で観賞。
順子さんは宝塚=すみれを意識して紫色のお召し。
私は普段はあまり袖を通すことがないベージュピンク地に蘭の柄の訪問着。
宝塚は着物の人はそれほど多くはありませんが、この華やかな場所にはオシャレをして行きたくなります。

前半の『王妃の館』、コミカルでとても面白かった!
トップの朝夏まなとさんは歌も上手いし、ユーモアのある演技もできるし、
手足が長くて特に手の動きがとても素敵。
指先まで神経の行き届いた動きで、見惚れてしまいました。
娘役トップの実咲凛音さんも歌も踊りも上手くてこの公演で引退というのは残念。

レビューの『VIVA! FESTA』もエネルギッシュで素晴らしかったです。
特に「ソーラン節」が良かった。
客席に降りてきて、ハイタッチをしてくれるのも嬉しいファンサービスだよね。

順子さんも初宝塚を堪能してくださったようで、お誘いして良かったです。

次は雪組公演のチケットを狙っているのだけれど、
トップ二人の引退公演でもあるので争奪戦になりそう。
私ごときのくじ運では難しいかも・・・。

[PR]
by leonpyan | 2017-04-21 22:04 | 観劇 | Comments(0)
c0004750_21480051.jpg
恒例になっている高校の同級生観劇グループの招集。
今日は『不信~彼女が嘘をつく理由』を観てきました。

作・演出 三谷幸喜
出演 段田安則 優香 栗原英雄 戸田恵子

会場の東京芸術劇場シアターイーストは真ん中に舞台を設け、観客席は左右8,9列のみ。
とても密接な空間で、臨場感あふれる舞台でした。

役者さんはたったの4人。
舞台装置も椅子が動くだけ。
役者のセリフと表情だけで魅せる心理劇です。
三谷幸喜の脚本はシリアスで緊張感漂う場面にも笑いがあって2時間飽きさせません。

段田さんはさすが安定の上手さ。
優香さんは顔が小さい!可愛い!
栗原さん、声が渋くて素敵。
戸田さんはあの細い身体にどんなパワーが隠されているのか・・。

あー、面白かった!

[PR]
by leonpyan | 2017-03-15 22:22 | 観劇 | Comments(0)

宝塚 月組公演

c0004750_00020604.jpg


今年初めての宝塚!
宝塚のチケットはカードサービスの貸切抽選で申し込むのですが、
今のところ勝率は五分の二くらいでしょうか。
なぜか月組は取りやすい・・・・。

去年は家人が一緒に行ってくれたけれど、今年は劇場の椅子が狭すぎると言うので拒否されました(苦笑)。
宝塚のチケットは歌舞伎に比べるとお手頃感があるので(決してお安くはないですが)
都度誰かを誘って行こうかと思っています。
今回はうらりんさんを誘ってみました。

トップが珠城りょうさんになって新生月組公演です。
ファンの方に怒られそうだけれど、前のトップさんの引退公演は私的にはいまひとつ・・だったので
今回はどうなのかしら、とちょっと心配でしたが、
ザ・ミュージカル『グランドホテル』もレビュー『カルーセル輪舞』もとてもよかったです。
特にレビューは皆さん歌も踊りもお上手な方ばかりで見ごたえありました。
華やかなフィナーレはやはりテンションが上がりますね~。
楽しかったです!

[PR]
by leonpyan | 2017-03-15 08:43 | 観劇 | Comments(0)

足跡姫

c0004750_20182854.jpg

今年は一月から飛ばしています、今月の観劇3作目。
でも今日一緒に行った観劇仲間(高校の同級生たち)は既に4回とか5回とか言ってたから上には上がいる。

今日はNODA・MAPの『足跡姫 時代錯誤冬幽霊』。
野田さんの舞台は「夢の遊民社」時代に友人が遊民社の女優をやっていた関係でよく観に行きました。
NODA・MAPになってからは初めてかもしれません。
笑って、笑って、最後には一点に昇華していく野田さんの舞台。
やっぱりすごかった。

キャストは豪華メンバー。
 宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太、佐藤隆太、鈴木杏、池谷のぶえ、中村扇雀、野田秀樹

りえちゃんはあの細い体にどれだけパワーがあるの、ってくらい大きな演技でした。
古田さんは相変わらず美味しいところを持っていきます。

今回は野田さんは「勘三郎へのオマージュ」として書いたそうです。
勘三郎という役が出てくるわけではありませんが、
出雲阿国の子孫から歌舞伎につながっていくという江戸時代を背景に
花道あり、早変わりあり、お囃子など歌舞伎の要素も取り入れて、
勘三郎さんが出演した野田版歌舞伎を彷彿とさせるような台詞回しと動き。

確かに、舞台には勘三郎さんがいたね、、、と友人の一人が終わった後につぶやきました。




本日はリサイクルショップで手に入れた結城紬。
確かに暖かい。

c0004750_20212600.jpg




[PR]
by leonpyan | 2017-01-25 21:22 | 観劇 | Comments(0)

2016年観劇リスト

1月 国立劇場
  『通し狂言 小春穏沖津白波 ―子狐礼三ー』
   尾上菊五郎、中村時蔵、尾上菊之助
   
   久しぶりの歌舞伎。
   通しで観たのは初めてだったので、導入としては大正解。
   時蔵さんの上手さが印象的でした。

3月 歌舞伎座
  「五代目中村雀右衛門襲名披露 三月大歌舞伎」
   雀右衛門さんはじめ大御所多数

   呉服屋さんからのいただきチケットで、前から2列目!
   舞台も雀右衛門さんの衣装も素晴らしく美しかったけれど、演目としてはちょっと退屈め。
   お隣に座っていらした超豪華な訪問着をお召しの踊りのお師匠さんはずっと船を漕いでいらっしゃいました(苦笑)。

4月 東京宝塚劇場
   『るろうに剣心』 雪組公演

   宝塚も本当に久しぶり。
   昔から周りには結構コアなファンが多いので、何回か誘われて行っています。
   行くたびにステキ!とは思うけれど、ハマり込むことはないんですねえ。
   今回の舞台もとっても楽しくて素敵でした。
   主演の早霧せいなさんの声が好き。

5月 歌舞伎座
   「團菊祭五月大歌舞伎」

   昼の部を観賞。
   そうそうたるメンバーでしたがあまり印象無し。。。ごめんなさい。

6月 渋谷・コクーン歌舞伎
   『四谷怪談』

   カード会員先行予約でベンチ席をゲット。
   勘九郎の汗が飛ぶ!
   七之助は美しいけれどデカイ・・・
   扇雀は確かに扇千景にそっくりだ。
   そして私は亀蔵が好き(亀だけに)。

6月 歌舞伎座
   「六月大歌舞伎」
   『義経千本桜』第一部『碇知盛』

   染五郎頑張りましたの巻。
   猿之助が出ていれば自分は満足するのだとこの時自覚する。

7月 歌舞伎座
   「七月大歌舞伎」
   夜の部『荒川の佐吉』『鎌髭』『景清』

   猿之助と海老蔵が大活躍、私的にはとても美味しい舞台でした。

8月 歌舞伎座
   「八月納涼歌舞伎」
   第二部『東海道中膝栗毛』『艶紅曙接拙』
   
   私にとっては2016年ベスト舞台賞。
   古典を愛する歌舞伎ファンにとってはどうなの?でしょうが、
   エンターテインメントとして考えれば時代と共に変わっていくことも必要かもしれません。
   この時点で亀ちゃんに一生付いていくと決めました(笑)。

8月 東京宝塚劇場
   『NOBUNAGA<信長>‐天下の夢‐』『Forever LOVE!』 月組公演

   月組トップの龍真咲引退公演。
   うーん、これはいまひとつでした。
   そういえば大地真央の引退公演もいまいちだった覚えが。
   引退公演は必ずしもベストな演目とは言えない!?

9月 歌舞伎座
   「秀山祭九月大歌舞伎」
   夜の部『吉野川』『らくだ』『元禄花見踊』

   予習も知識も何もなく観たので、『吉野川』の展開がどうしても理解できず・・
   何で息子と娘を殺さなくてはいけないの・・と思ったのですが、この時代は仕方なかったのかな。
   そうは言ってもとても見応えがあって、面白かった。
   玉三郎はさすがに老け役が板についてきましたが、踊りの演目になると艶やかで美しい。

10月 歌舞伎座
   「中村芝翫・橋之助・福之助・歌之助襲名披露 芸術祭十月大歌舞伎」
   夜の部『外郎売』『襲名披露 口上』『熊谷陣屋』『藤娘』

   すみません、橋之助父子にはあまり興味ないんですが、『外郎売』と『藤娘』が観たくて。
   そのちょっと前に玉三郎さんの講演会を聴きに行って、藤娘を踊る話をされていたので。

10月 国立劇場
    『仮名手本忠臣蔵』第一部 (大序~四段目)

    10,11、12月と三カ月に渡って上演されるあまりにも有名な通し狂言。
    この機会に観なくては、ということで三カ月チケットを購入。
       
11月 新橋演舞場
    『三婆』
     大竹しのぶ、渡辺えり、キムラ緑子、安井謙太郎、福田彩乃、段田安則

    久しぶりに高校時代の友人たちに誘われての観劇。
    いつもたいてい一人で観るので、大勢でワイワイ行くのも楽しい。
    舞台はもちろん大爆笑とホロリ。
    これだけ役者が揃えば面白くないはずがないですね。

11月 国立劇場
    『仮名手本忠臣蔵』第二部 (道行旅路の花聟~五段目~七段目)

12月 世田谷パブリックシアター
    『エノケソ一代記』
     市川猿之助、吉田羊、浅野和之、山中崇、水上京香、春海四方、三谷幸喜

    猿之助ファンクラブではチケットを扱わないということだったので、カード会員の先行抽選にトライ。
    何とかチケットは取れたけれど、一等席の最後尾列でちょっとがっかり。
    でも行ってみたら、一番後ろでも十分に楽しめる劇場でした。
    開幕2日目だったので、亀ちゃんはまだノリ切っていない印象でしたがテンポの良さは裏切りません。
    吉田羊さん、きれいでした。山中崇さん、面白すぎる。
    そして三谷幸喜が久々に演者として登場、美味しいところをぜーんぶ持っていきました。 

12月 国立劇場
    『仮名手本忠臣蔵』第三部  (八段目~十一段目)

    討入り!やはり見どころたっぷり。
    それにしても全部上演すると長いんですね~。

[PR]
by leonpyan | 2016-12-31 00:00 | 観劇 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし