カテゴリ:観劇( 24 )

シャンハイムーン

c0004750_10082347.jpg

今月はお誕生日月間なので、自分を甘やかしています(笑)。舞台三昧です。
舞台を観に行くと、これから予定されている舞台のチラシをどっさりもらうのですが、
その中で特にアンテナにピピピッと引っかかったのがこれ。
主演の野村萬斎と広末涼子を観たいというのもありましたが、魯迅のお話で内山書店が関係しているというのが決め手でした。

魯迅に初めて触れたのは中学の国語教科書の『故郷』。
そして大学に入ってから原語で読んだ作品集『吶喊』。
大学四年の時に魯迅の故郷の紹興へ行き、『吶喊』で読んだ印象そのままだったことに感動したのを覚えています。
そう、1980年の紹興はまだ本当に魯迅の小説の雰囲気が残っていました。

内山書店は大学時代とOL時代によく通いました。
当時は中国関係の本が欲しければ神保町にある「内山書店」か「東方書店」に行くと相場は決まっていました。
それにしても内山書店がもともとは上海で開業し、文人たちのサロン的役割を果たしていたというのは通っていた当時は知りませんでした。

この舞台は1930年初頭の上海。
国民党の特務機関にマークされた魯迅が内山書店の内山夫妻の元に匿われます。
満身創痍の魯迅の病を治そうと日本人居留地で開業する医者の須藤と歯科医の奥田がやってきますが、魯迅は大の医者嫌い。
その原因を探り、魯迅を救いたいと内山夫妻と日本人医師たちが奮闘するのですが、そこで明らかになった真実とは・・・。

魯迅の苦悩を通して、当時の日本と中国の複雑な関係や中国国内の問題が浮かび上がっていくシナリオ。
内山書店で繰り広げられるお話は、国境を越えた人と人との信頼、そして人としての在り方を考えさせ、深く胸に響きます。

萬斎さんは声がすごく素敵ですね。
去年観たお父さんの万作さんの狂言が素晴らしかったので、万作の会にも行ってみたいのですが、
これ以上範囲を広げると本当に舞台貧乏になりそう(爆)。
広末涼子は舞台では意外と地味。でもそれがかえって好感度をあげているかも。

世田谷パブリックシアターは劇場としてはわりと好きです。
ただ、遠いのよねえ。

[PR]
by leonpyan | 2018-02-20 23:12 | 観劇 | Comments(0)

密やかな結晶

c0004750_23080658.jpg
最近すっかり舞台友だちになってもらっているSさん(もともとは茶友なんだけど)にお誘いいただき、
石原さとみ主演の『密やかな結晶』を観てきました。
小川洋子の原作本は読んでいませんが、原作に痛く感動したというSさん、主人公の雰囲気が石原さとみにぴったりなんだとか。

舞台はとある島。そこでは少しずつ唐突に何かが消滅し、人は何をなくしたのかも思い出せなくなるという現象が起きている。
バラが消え、鳥が消え、小説が消え、最後には人々の肉体までも・・・
その中に一部の記憶をなくなさない人々、レコーダーが存在し、秘密警察の狩りの対象となっている。
小説家の主人公はレコーダーである編集者を自宅にある隠し部屋にかくまうことにする。

主人公の小説家に石原さとみ、主人公の家の執事として働く(年を取らない)おじいさんに村上虹郎、
主人公の小説の担当編集者に鈴木浩介、秘密警察のボスに山内圭哉、主人公の父の友人学者にベンガル。

石原さとみの透明感が素晴らしい。
とても悲しく暗いお話だけれど、彼女の静謐な魅力が舞台に輝きを添えています。
笑える演出も要所要所に盛り込まれていて、鈴木浩介、山内圭哉、ベンガルがそれをしっかり押さえています。
山内圭哉はいいですねえ。

とても不条理で極端な世界のお話ですが、考えてみれば現実の私たちの周りでも「消滅」は絶えず起きています。
ある日突然身近な人が死んでしまうかもしれない。
昔はよく使っていた物が今ではもう影も形も無くなっているというのもある話。
直後は覚えていても、時がたてば記憶も薄れていく。
人生の中で、私たちは大切なものを本当に愛することができるだろうか?
私たちは気づかないうちにたくさんのものを失っているのではないだろうか?
いろいろな思いが交錯して、ラスト近くは涙がボロボロと落ちました。

とてもいい舞台でした。

[PR]
by leonpyan | 2018-02-18 00:04 | 観劇 | Comments(0)

喜劇 有頂天一座

c0004750_00162249.jpg
同級生観劇仲間と渡辺えり、キムラ緑子主演の『喜劇 有頂天一座』を観てきました。
女剣劇一座で繰り広げられる座長の座をめぐる戦い!
座長二代目恵美子役を渡辺えり、出世の機会を狙う弟子にキムラ緑子、
一座のパトロン興行師に村田雄浩、恵美子の情夫で映画スター玉之介に段田安則。

剣劇舞台の場面もあり、楽屋裏の場面もあり、舞台好きにはたまらない展開です。
渡辺えりさん、すごいパワーです。
今までは脇役を演じる舞台を観ることが多かったのですが、主役を張っても素晴らしいわ。
キムラ緑子さん、ここでは20代の役なんですが、若々しくて華があります。

終盤はえりさん、緑子さん、村田さん、段田さん、
そして段田さんのマネジャー役の林翔太さんの5人がしみじみと語り合うシーンがあるのですが、
それがまた皆さん本当に上手い。
林翔太さんはジャニーズJr.のメンバーなのですが、声も演技もすごく良かった。

ラストは宝塚ばりのレビューがあって、えりさんと緑子さんは羽根つきで登場。
センターは林翔太さん。さすがにジャニーズだけあって、ダンスが上手い!
村田雄浩さんも意外と上手い。
段田さんは林さんを見ながら踊ってました(笑)。

笑って笑って最後にはほろりと泣ける、素敵な舞台でした。

Chiaki、いつもチケットの手配をありがとうございます!
段田さんにも楽屋でご挨拶できてとってもハッピーでした!

[PR]
by leonpyan | 2018-02-03 21:55 | 観劇 | Comments(0)
c0004750_21543015.jpg
さて、『髑髏城の七人』、花、鳥、風、上弦の月と観てきて、いよいよ下弦の月!

今日は髑髏城にどっぷりハマったYちゃん、kemiちゃん、Cちゃんの四人が初めて揃って鑑賞、のはずだったのですが、
Yちゃんがのっぴきならない事情で抜け、かわりにかっこちゃんが参戦してくれました。

今回の出演者は宮野真守と羽野晶紀と木村了くらいしか知らなかったのですが、皆とっても上手かった。
演技もいいし、滑舌がいい人が多いというか、台詞回しが良かったですねー。

贋鉄斎役の中村まことさんが体調不良のため、上弦で贋鉄斎を務めている市川しんぺーさんが代役で入りました。
宮野真守演じる捨之介との掛け合いが完全にアドリブになっていて面白かった。

宮野真守の捨之介がとても良かったですよ。
明るくて前向きで優しいけれど弱さもある捨之介でした。
途中、声の調子が悪くなったのが気になったけど、最後には持ち直してホッとしました。
何せ長丁場だからね。冬だし、身体には気を付けてほしいですね。
タッパもあって、着流しが似合っていました。

霧丸役の松岡広大もいい演技でした。
動けるしね。若いってすごいわー。

終盤、髑髏城の七人が並んで後ろからライトを浴びる場面、
ああ、これでステージアラウンドの髑髏城の七人は私にとっては最後なんだなとうるっときました。
まだ「極」があるけれど、内容は全く違うみたいなので。
この一年、本当に楽しませてもらいましたからね。
花鳥風月、どの髑髏城も皆面白かった!

自分にとってのベストメンバーを選ぶとしたら・・・難しいですね。あくまでも私の好みで。
捨之介 ビジュアル的には小栗旬。演技としては宮野真守。面白さは阿部サダヲ。松山ケンイチも捨てがたい・・・。(福士くん、ゴメンなさい。)
天魔王 これはもうごひいきの森山未來一択。
蘭兵衛 殺陣の素晴らしさで早乙女太一。意外と三浦翔平も押し。
極楽太夫 松雪泰子・・綺麗で色っぽい。ファンなので。
兵庫 イメージとしては山内圭哉、でも楽しいのは須賀健太。  
沙霧or霧丸 岸井ゆきの、結構好きです。松岡広大も良かった。
贋鉄斎 これは・・・もう、皆さんサイコーでした。総出でもいいです(笑)。
三五or渡京 粟根まことの印象が強過ぎて・・・。
狸穴二郎衛門 手堅く皆さん上手でした。一人だけ選ぶとすれば好みで生瀬勝久。

髑髏城、バンザーイ。
ステージアラウンド、すごかったー。

[PR]
by leonpyan | 2018-01-17 23:33 | 観劇 | Comments(0)

プルートゥ PLUTO

c0004750_23280185.jpg
今、一番注目している俳優、森山未來!
もう、これは絶対に行かなくちゃとチケットを取って楽しみに楽しみにしていました。

ああ、それが、前日にノロウィルスにやられ、一晩中苦しみ、もはやこれまでか・・と思いましたが、
その日の午前中はキャンセルできない用事があり、その勢いで頑張って渋谷までたどり着きました。
もちろんマスクに手袋にと感染防止には注意しましたが。
ただ、お腹の調子は良くなりましたが熱が上がったようで、身体がきつかったのも事実。
体調万全で観たかった!

内容は浦沢直樹の原作漫画『PLUTO』を事前に読んでいたので、舞台の演出に集中することができました。

シディ・ラルビ・シェルカウイの舞台は観たことはありませんでしたが、さすがダンサーなだけあって、表現が斬新!
ロボット役のキャストには後ろに3人のマニピュレーター役のダンサーが付いているのも面白い。
ダンサーの人たちはパネルを動かしたりロボット操作までしていて、かなり大変。
この舞台はこのダンサーさんたちがいなければ成り立たないのです。

森山未來と土屋太鳳の身体能力の高さも必見です。
ダンスシーンはそれほど多くはないけれど、美しい流れるような動きに目が釘付けになります。
土屋太鳳は二役の演じ分けも見事でした。
未來さまはやはり踊っている時は本当に活き活きしてるーーと思いました。
大東俊介も良かった。身体、鍛えてるし!

『PLUTO』の世界は現実ともリンクして、とても切なくなります。
芸術性のみならず、メッセージ性もとても高い舞台でした。

[PR]
by leonpyan | 2018-01-13 00:19 | 観劇 | Comments(0)

2017年勝手に選ぶベスト

c0004750_21291575.jpg
2017年ももうすぐ終わり。
来年は戌年ですね!
年賀状はきっと愛犬の写真入りが多いのでしょうね(^^)。

今年は舞台をたくさん観に行きました。
歌舞伎10本、宝塚5本、能1本、演劇10本、計26本。
映画は劇場観賞は12本のみ。

各ジャンルでベスト3を考えてみました。

まずは映画から。

   1991年公開のリバイバル上映ですが、私の中の台湾の原点がここにある、という感じ。

   未だに挿入歌の『Another Day of Sun』を聴くと胸が締め付けられるような気持ちになります。

3位 十年
   香港の今と未来。無関心ではいられない。

舞台のベストは・・・1位は2本。甲乙つけたがたい面白さ。

   原作のアニメも大ファン。猿之助の演出で面白くならないわけがない。

   主要キャストが豪華すぎる。完璧なコンビネーション。
   髑髏城シリーズとしてはちょっと亜流かもしれないけれど、歌に踊りに殺陣に、最高でした!

   ちぎみゆの引退公演、二人の演技はとびきり明るい。

   あんなに恰好いい73歳がいるの!?ってくらい仁左衛門さまの悪役が色っぽい。

女性の50代~60代は観劇年齢なんじゃないかと思ったり。

来年もたくさん舞台に足を運んで、感動して、ときめきたいと思います。  

良いお年を!   

[PR]
by leonpyan | 2017-12-29 21:57 | 観劇 | Comments(0)
c0004750_23211301.jpg
いよいよ花鳥風月最後の月のシーズンが始まりました。
月はダブルキャストで上弦と下弦が交替で演じます。

まずは上弦の月を観賞!
といいますか、月のキャストが発表になったとき、
いつも一緒に行くYちゃんと「下弦はあまり知っている役者さんがいないのでパスしようか・・」なんて言ってたんですよ。
だからとりあえず上弦のチケットしか手配していなかったのですが、
先月末に先に上弦を観賞したkemiちゃんとCちゃんが上弦の仕上がりを褒めていたので、
じゃあ、やっぱり下弦も観たいよね、ということで1月の下弦のチケットをゲットしたのでありました。

上弦は若手のイケメン集めました感満載。
主演の恰好良さはもちろんですが、荒武者隊がなかなかイケてました。

でも今回一番驚いたのは早乙女太一天魔の弾けっぷり。
鳥で蘭兵衛を演じていた時はクールで寡黙だったのに、
天魔王は何だか嬉々として暴れまくってましたよ。
やりたかったのね、天魔王・・・・。
しかし太一の殺陣は芸術的。

次に注目は須賀健太兵庫。
ああ、須賀くん、大きくなったのね、とおばさんはウルウルしましたよ。
動けるし、テンポはいいし、いい役者に成長したと思います。

舞台を観るとね、背が高いとかイケメンだとか、そういうのに注目する人もいるとは思うのですが、
基本的には演技、そして個性、ですね。
今私が応援している役者さんは歌舞伎は猿之助、巳之助、
演劇では森山未來ですが、そこに須賀健太も加わりそうな勢いです(笑)。
典型的なイケメンは一人もいないですね・・・。

あ、話を上弦に戻しましょう。

今回は沙霧♀が霧丸♂に替わったことで、捨之介との関係がどうなるのか?と思いましたが、
霧丸の成長物語的な演出になりました。
極楽太夫と兵庫の年の差はそのまま年の差カップルということでオーライ。
高田聖子極楽太夫は今までになく笑いの取れる極楽太夫でした。
毎回オープニングも違っていて、それも楽しみの一つです。
贋鉄斎も面白かったけれど、捨之介とのからみがちょっと薄かったかな。
三浦翔平蘭兵衛は演技も殺陣も頑張ってました。

そして、今回は花鳥風と来て、ひとひねり加えた演出が随所に見られて楽しかったー。
おお、今回はそう来たか!みたいな。
続けて観ているとそういう見方もできるのがいいですね。

上弦がこれだけの出来ということは下弦も期待できそうです!

今年の観劇は今日が最後。
昔は年末にその年に観た映画のベスト10を決めていたのですが、
今年は観劇でベスト3くらいは決められそうな感じ。
またUPします!

[PR]
by leonpyan | 2017-12-06 00:04 | 観劇 | Comments(0)

リチャード三世

c0004750_21383850.jpg
東京芸術劇場で上演中の『リチャード三世』を観てきました。
佐々木蔵之介主演、シェイクスピア・・・Sさんからお誘いいただいた時はそのくらいの認識しかなかったんですが、
観てみたら・・・この舞台は何だかすごかった・・・。

ルーマニアの演出家、シルヴィウ・プルカレーテ氏の演出というのがまずすごいらしいです。
舞台装置も、衣装もとてもシンプル。
でも、ものすごく意味があって、効いている。
音楽もとても印象的。

役者は傍観者役の渡辺美佐子以外はすべて男性。
佐々木蔵之介は身体を作り込んでいて、表情にも動きにも緊張感が漂う。
その極悪非道ぶりは先日観た仁左衛門さんの水右衛門と並んで私から今年の「悪の華」大賞を差し上げたいと思います。

役者さんも舞台で鳴らした芸達者揃い。
演じることが楽しくてしょうがない、役者さんたちにそう思わせるような、そんな舞台でした。
『エノケソ一代記』でもいい味出していた山中崇が今回も頑張っていました。

私事ながら、今週後半はちょっと忙しくて少し寝不足気味だったため、
一瞬意識が飛んでしまうことがあったのが悔やまれます。
こういう緊張感みなぎる舞台は体調万全で観たかった・・・。

[PR]
by leonpyan | 2017-10-22 22:51 | 観劇 | Comments(0)

髑髏城の七人 Season風

c0004750_23375681.jpg


劇団☆新感線の『髑髏城の七人』花鳥風月シリーズもいよいよ第三弾、シリーズ風。
当初は観る予定がなかった風ですが、どうせなら全シリーズ観よう!とYちゃんとも意見が合いまして四度目の登城。

以下、ネタバレありです。
未見の方はご注意を!

いやー、やはり面白いです!
毎回、あ、今回はそうきたのね、とか
あ、ここはお約束だよね、とか、新鮮な面白さがあります。
今回は捨之介と天魔王が一人二役で顔がそっくりという設定。
昔、古田新太や染五郎がこの演出で演じたそうですが、私たちは観るのは初めてでした。
ストーリーとしてはこの方が王道という気がします。

松山ケンイチ、風になびく髪と着流し、明るいあんちゃん風なのもいいですね。
どちらかと言えば憑依体質な役者さんだと思うので、捨之介と天魔王の演じ分けも見どころでした。
殺陣はなかなか良かったけれど、あの側転は何・・・と思ったら、カポエラーらしい(笑)。

向井理・・・う、何も言うまい、と思いつつ、書かずにはいられない。
スーッとした抜群のスタイルにちっちゃなお顔、ビジュアルは、ええ、申し分ありません。
ただ、ただ、時代劇には合わないかも・・特に舞台では映えないというか・・・表情も薄い。
それにも増して、殺陣が・・・その場面は演技すらアウト・・・
前の蘭兵衛役が山本耕史と早乙女太一だっただけに、その差が大き過ぎて、可哀想ですらある。
(ああ、ファンの皆さま、ごめんなさい!)

田中麗奈、いい女優さんになったと思うけれど、この役には線が細すぎるかな・・・
こちらも前の極楽大夫役のりょうと松雪泰子に比べてしまうと少し迫力に欠けると言うか・・。

兵庫役の山内圭哉、狸穴治郎衛門役の生瀬勝久、贋鉄斎役の橋本じゅんさんは文句なし。
今回はこの三人の出番がかなり多くて、風を締めている感じでした。
沙霧役の岸井ゆきのもはつらつとした演技が良かったです。

今回特に脇を固める役者さんたちがよかったですね。
裏切りの三五(河野まさと)、猫好きの猿翁(逆木圭一郎)、天魔王の側近瞬眉(村木よし子)、
遣り手のおえま(保坂エマ)、鎌使いの磯平(磯野慎吾)、
皆さん新感線の役者さんたちです。

それにしても連日満席、同じお話でも花鳥風月全部観るという人は私たち以外にもたくさんいるんでしょうね。
同じお話を違う役者で観る、というのも違った面白さがあります。
(そうですね、同じお茶でも淹れ手が違うと味が全く違ったりする。)
次回は月。若手中心の上弦の月を観る予定。
入城が楽しみです!

[PR]
by leonpyan | 2017-10-13 23:50 | 観劇 | Comments(0)

舞劇『孔子』

c0004750_21113802.jpg
今年は日中国交正常化45周年。
(ということは、台湾との国交が消滅して45年ということ。
台湾びいきの私はどうしてもそちらに気持ちが向いてしまいます。)
来年は日中平和友好条約締結40周年を迎えます。
外務省では、それを記念して開催する行事の認定を行っており、正式に認定されると日中国交正常化45周年のロゴを使えるそうです。

そんな冠ロゴのついた舞劇『孔子』を観てきました。

中国史上最も有名な思想家、教育家の一人である孔子の波乱万丈な人生をセリフなしの舞踊のみで描いています。
中国歌劇舞劇院によるオリジナルで、世界各国で上演され、好評を博しているとのこと。

西洋の舞踊をベースに中国民族舞踊や京劇の要素も取り入れ、中国古来の伝統の継承と革新を理念とした舞踊チームが
美しい衣装に身を包み、躍動的かつ繊細に踊ります。
ダンサーたちの体格の良さ、体幹の強さ、すぐれた身体能力に驚くと共に、厳しいレッスンを経てあれだけの表現ができるのだろうと思いました。

故郷魯国の宮廷では争いに巻き込まれ追放され、孔子は理想の政治への希望を抱きながら弟子たちと共に列国周遊の旅に出ます。
飢餓と寒さに襲われ、民衆の困窮を目の当たりにする中で孔子は信念を捨てず、最後まで自分の理想とする大同の世界を夢見ていました。
思想家・教育家としてとても厳格で確固たる地位にあるというイメージを持っていましたが、
この舞台ではなかなか理解されず迫害され苦悩し、逆境の中で弟子たちと共に励まし合いながら強く学問の道を進む姿が描かれます。

紀元前の春秋戦国時代に生きた孔子、
その孔子の教えが日本の江戸時代に寺子屋で読まれ、日本の300年に渡る平和な武家社会に影響を与えたこと。
そして中国や韓国では今なおその生活の中にその教えが根付いているということ。
感慨深く思いました。

[PR]
by leonpyan | 2017-10-02 20:58 | 観劇 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし