カテゴリ:LOST -海外ドラマ-( 65 )

LOST シーズン4始まる

9月から『LOST』のシーズン4放送がAXNで始まりました。

ずっと書いていたレビュー、70話で止まってますが、
あまりにも話が入り組んでいて、ちょっともう1話ずつ追う事はできそうにありません。

シーズン1の衝撃的な面白さから、
シーズン2では少しスローダウンして停滞していた気がしますが、
3から方向が見えてきて、また面白くなってきました。
今回のシーズン4の73話、74話、75話と進んで、
フラッシュバックが過去に加えて未来も挿入されるようになり、
先が見えてきたのと同時にますます混乱しています。

将来、島を脱出するのはオーシャニック6と呼ばれるらしいこと、
ジャック、ケイト、ハーリー、サイードは確定。
何とベンも脱出していますが、彼は6には入らないよね。
あとの二人は誰だろう?ロック?ソーヤー?クレア?ジン?サン?
あんなに島を出たたがらなかったベンが脱出した目的は?

AXNのHPでは「Lostの謎を語ろう」という掲示板ができましたね。
ちょっとのぞいて来ようっと。

c0004750_2124130.jpg


[PR]
by leonpyan | 2008-09-20 21:38 | LOST -海外ドラマ- | Comments(2)
ありり、三話ずつUPするのがデフォルトになってきちゃいましたね。
でも一気に三話書くのも大変だわ。テキトーになるのはお許しを!
何度も書いてますが、決して面白くなくてブログが滞っているのではないんですよ。
シーズン3の後半はかなり私的には面白い。
毎週とっても楽しみにしてるし。
でも昔のように詳しい会話までUPする気力がなくなっちゃったのよね~。すんません。


ネタバレあり。未見の方はご注意を!


68話の主役はロック。
フラッシュバックは8日前、ロックがアザーズに捕らえられた父親と対面したところから。
父、アンソニー・クーパーはこの場所が地獄だと思っている。
それもそのはず、ロックは飛行機事故で死んだことになっているわけだから。

ベンからアザーズの仲間になるためには
父を乗り越えた証として、殺さなくてはいけないと命令される。
ベンは島で奇跡を体験した者として(車椅子だったのが歩けるようになった)
アザーズのメンバーたちがロックを尊敬し始めているのにちょっと危機感を抱いている様子。

ロックはやはり父を殺すことはできない。
その時にヒントを与えてくれたのはリチャード。
ソーヤーのファイルをロックに渡す。

ここからはリアルタイム。
ロックがソーヤーの元に現れ、アザーズの仲間のフリをしてスパイをしていたと話し、
ある場所にベンを閉じ込めたので殺して欲しいと頼む。
疑いながらも付いていくソーヤー、そして到着したのは難破船ブラック・ロック。
そこに捕らえられていたのはもちろんベンではなくクーパー。
見知らぬ男と二人きりにされたソーヤーは話しているうちに
その男こそがソーヤーであると知り、結局殺してしまうのだった。


69話の主役はベン。待ってました!
ロックが父の死体を背負ってアザーズのキャンプに現れ、
ベンに約束どおりアザーズの秘密を教えるように言う。
ベンは自分はこのグループのリーダーではない、真のリーダーはジェイコブだ、と。
ではジェイコブに会わせろ、と迫るロック。
ザワザワし始めるアザーズたち。
どうやらベン以外にジェイコブに会った者はいないらしい。
仕方なくベンはロックを連れてジェイコブのいる場所に出発する。
これを持って行け、と銃をロックに渡すアレックス。

フラッシュバックはベンの誕生から島に来てアザーズに加わるまで。
ベンは父と母がハイキング中に早産で生まれてしまい、母は出血ショックで死亡。
赤ん坊を残されたベンの父は生活に困り、
ダーマ・イニシアチブの事業に加わり親子で島にやって来る。

母が死んだのはお前のせいだとずっと父に言われ続けてきたベンはどこか冷めた子供だった。
島ではアニーという同じ年くらいの女の子の友だちもできた。
でも、島での父との生活も苦痛でしかなかったベンは、ある夜母の姿を見る。
母はダーマの集落と対立する、原住民の居住区に消えていった。

ダーマと原住民の対立は激しく、時として銃撃戦になることもあった。
ダーマは超音波防壁を設置し、境界を作った。
ベンは超音波壁のスイッチを切る暗証番号を覚え、時々母を捜しに境界の向こうへと渡った。
そこで原住民リチャードと知り合う。(リチャードは今と年恰好が変わらないんですが?)

そしてベンは成人し、父も年老いた。
決行の日はベンの誕生日、そして母が亡くなった日。
ベンはワゴン車で各ステーションに物資を運ぶ仕事をする父と一緒に丘へ。
そこで毒ガスを巻き、父を殺し、置き去りにしてキャンプに戻ってみると
(ハーリーとチャーリーがポンコツ車を見つけてエンジンをかけるエピソードがありましたが
あの時の死体はベンの父だったのですね)
ダーマの仲間たちは毒ガスで全滅していた。
そっと毒ガスマスクをはずし、
ダーマ従業員たちの死体を片付けている原住民たちの仲間に加わるベン。
アザーズ、ベンの誕生だった。
フラッシュバックはここまで。

ロックはベンに導かれ、ある古い小屋に入る。
そこには椅子が置かれているだけで誰もいないほこりをかぶった部屋。
ベンはその椅子に向かって話しかける。
ロックはベンのペテンに呆れるが、ベンは君にはジェイコブが見えないのか、と言う。
気の毒に・・と言い残し小屋を出ようとしたロックの耳に
「Help me・・・」というジェイコブの言葉が聞こえる。

驚いたロックは懐中電灯で椅子を照らすが、
文明的なものを嫌うというジェイコブが怒ったのか?
小屋の中でポルターガイスト現象が起こり、ベンが吹っ飛ばされる。
一瞬、ジェイコブの姿が・・・・。

一方、生存者グループ海岸組。
ロックからジュリエットがこっそりベンと連絡を取っていた証拠となるテープを預かってきた
ソーヤーがサイードたちにこのことを告発。
そこへジャックとジュリエットが戻ってくる。
ジュリエットがテープの裏を聞いて、と言うと、
2日後にサンを誘拐するため海岸キャンプに来るので目印をつけるようにという
ベンの指示が録音されていた。
ジュリエットはジャックには全てを話した、とアザーズのスパイであることを否定。
ジャックはこれを逆手にとってアザーズを返り討ちにすると宣言する。


70話の主役はチャーリー。
チャーリーのフラッシュバックは飛び飛びのエピソード。
自分の人生の中で最高の瞬間を順位にしてメモッている。
5位から1位まで。つまりこれが彼の「グレイティスト・ヒッツ」というわけ。

5位はまだ自分たちの歌が売れない頃のドライブ・シャフト、
地方巡業の途中で車のラジオから自分たちの歌が聞こえてきた瞬間。

4位は小さい頃泳げなかったチャーリー、
パパがプールで「勇気を出して飛び込め!受け取ってやるから!」と励ましてくれて
思い切って飛び込んだ時。
(それがきっかけでチャーリーは潜水大得意になったらしい。
この特技は後で生きてきます。『LOST』のホンってこういうところが上手いよね)

3位はお兄さんが先祖代々伝わる指輪を自分に預けてくれた時。

2位は路地裏で暴漢に襲われていた女性を救い、彼女にヒーローだ、と言われた瞬間。
(この時の女性はサイードの恋人だった女性、ナディア)

そして、1位・・・815便が墜落した最初の夜。
お腹の大きいクレアと出会い、話をしたその瞬間。
(これは泣けた・・・)

どうしてそんなことをメモっていたかと言えば、それはクレアに対する遺書。
ナオミが持っていた衛星電話が通じないのは、
ジュリエットの情報によれば海底基地から妨害電波を出し、
島からの通信を遮断しているからだと言う。
ベンの話では、今は浸水してしまっていて誰もいないはずだと。
デズモンドの予知では潜水が得意なチャーリーが海底基地に乗り込んで電波を切れば
ナオミの仲間の船に連絡を取り、救助が来て、クレアもアーロンも助かるというのだ。
チャーリーは覚悟を決めたが、ジャックは行くことを許可しない。

ジャックはアザーズの襲来に備えてダニエルの協力を得てダイナマイトを用意。
ジュリエットが印をつけたテントにダイナマイトを設置してアザーズを返り討ちにするという。

そこへアレックスのBFカールがカヌーで駆けつける。
アレックスから海岸への襲撃が今晩に変更されたと聞いて知らせに来たのだ。
予定を変更して、チャーリーとデズモンドは海底基地へ、
サイード、ジン、バーナードが海岸に残りアザーズを待ち伏せしてダイナマイトを撃つことに。
そして残りのメンバーは電波塔へ避難し、船と連絡をとる。

チャーリーとデズモンドはカールのカヌーで海へ。
デズモンドは自分が海底に行き犠牲になろうとするが
チャーリーはデズモンドを気絶させ、海に潜る。
果たして基地は浸水などしていなかった。
無事に基地の内部に入りホッとしたのもつかの間、
チャーリーは基地の中にいたアザーズの2人の女性に見つかってしまう。。。


シーズン3も佳境です!
分かってきたこともたくさんあるけど、新たな謎も。

ジェイコブは一体存在しているのか?オカルトなのか?それともベンの芝居なのか?
「Help me」の一言と一瞬現れた姿がどうにもわからない。

ロックはあのまま死んでしまうのか!?(そうとは思えないんだけど)

リチャードはなぜ年をとらないのか?
島の原住民は老いないということ?

ベンは何故仲間を騙してまで島を閉鎖しようとするのか?
ベンの幼馴染、アニーはどうなったのか?
(私の想像ではベンとの間に子供が出来て、妊娠中に死んでしまったのでは?
だから、妊婦の研究にこだわるし、アレックスをさらって自分の娘にしているのでは)

島は実在するのか?やっぱり地獄なのか?

そして・・チャーリーはやっぱり死んでしまうのか!?
(多分、そうでしょうね・・)
[PR]
by leonpyan | 2007-10-28 18:20 | LOST -海外ドラマ- | Comments(0)
だいぶ間が空きましたが、ちゃんと観てますよー。
一気に三話UP!
と言っても簡単なメモ程度なんですが(^^;)。

ネタバレあり。未見の方はご注意を!

65話の「新たな仲間」とはもちろんジュリエットのこと。
ジュリエットが815便組に潜入!?
どうやらベンの命令でケイトにくっついてやって来たみたいなんですが。

フラッシュバックもジュリエット。
騙されて、と言うか、うまく言い含められて島に連れてこられた経緯がわかりました。
あのロックが爆破しちゃった潜水艦でやってきたんですね。
アナ・ルシアに殺されたグッドウィンと付き合っていたのもちょっと意外。
頭もいいけど、腕も結構立つし、ジュリエットにはまだまだ謎がありそう。

それにしてもジャックは女性に弱いよね。
彼を見てるとちょっとイライラします。
わかっていてジュリエットに優しくしているならいいんだけど。
ケイトもケイトだけどね(苦笑)。

66話はデズモンド中心のお話。
デズモンドのビジョンも引っ張りますな。
チャーリーはいつ死ぬのかが一つの山?

デズモンドはペニーと知り合う前に一度結婚ドタキャンしているんですね。
逃亡先が修道院だっため、ブラザーが口癖になったわけだ。
ヘリコプターが墜落して、落ちてきたのはペニーではなかった。
でもデズモンドの写真を持っている?

67話はサンが危ない!というお話。
ジュリエットによれば島で妊娠した女性は皆死ぬと言う。
ジャックの質問攻めで疑問を感じたサンはケイトからそのことを聞き、
ジュリエットに問いただします。
ジュリエットによれば島で妊娠したのでなければ大丈夫とのことですが
サンには確信がありません。
ジンが不妊とは言え、島では男性の生殖能力は五倍になるんだとか。
(これではケイトの妊娠は確定的!?かも)

ジュリエットはステーションの隠し部屋にある超音波装置でサンの胎児の月齢を特定、
ジンの子であることがわかり、サンの命もあと二ヶ月ということになってしまいました。

フラッシュバックではジンの本当の母が登場、ジンは娼婦の息子だとサンを恐喝。
このお金をサンが父に無心したことからジンは裏社会の仕事に就かされることになるのね。
諸悪の根源(笑)はジンの母親だったわけね。
それにしてもLOSTメンバーは歪んだ親子関係が多すぎ。
アダルトチルドレンの悲劇がテーマ!?

例の片目のミハイル登場も笑いました。
あんた、どうやって生き返ったのよ?
パラシュートで不時着した女性の最後の言葉が意味深。
815便は既に生存者なし、で見つかっている?
[PR]
by leonpyan | 2007-10-05 17:01 | LOST -海外ドラマ- | Comments(0)
ネタバレあり。未見の方はご注意を!

第63話はシーズン3で唐突に登場した815便の生存者、ニッキーとパウロのエピソード。
唐突に現れて唐突に去っていく・・という気がしないでもないのですが、
これは初めから計画されていた脚本だったのか?
それともこの二人を使いあぐね、こういう形で葬ったのか・・?(苦笑)

本編とはあまりリンクしないエピソードではありましたが、
外伝のような作りで、私はなかなか楽しめました。

ニッキーとパウロ、確か第54話でロックたちと一緒にパールステーションに行きましたよね。
実はこの二人、その前に既にパールステーションの場所を見つけていたんですね。
おまけにパウロは一人でここに入り、トイレにダイヤを隠していた、そしてロックたちと来た時に
そのダイヤを回収していた。

ダイヤと言うのはニッキーとパウロがシドニーで老監督を騙し殺して奪ったもの。
『エクスポゼ』というのはその監督が撮っていた連続テレビドラマで、
ニッキーはそのゲスト出演者だったんですね。

ニッキーはダイヤに目がくらみ、パウロはニッキーを失いたくないために嘘をつき、
結局二人はニッキー自身が放った毒グモで全身麻痺。
(このクモ、あのアルツト博士が研究中だったのをニッキーが色仕掛けで入手!)
二人が死んだと勘違いしたソーヤーやハーリーたちは手厚く埋葬。
ニッキーが目を覚ましたときは既に深い土の中・・・という、かなりブラックなお話でした。

ニッキーが『エクスポゼ』のクランク・アップで監督に
「次のシーズンも生き返らせて出演させよう」と言われたとき
「ゲストは消える運命よ」と返したのは、本編のシャレでしょうかね。
ニッキーもパウロも生き返らないのは決定かな。

第64話はケイトのフラッシュバックでしたが、
何と、彼女はソーヤーの元恋人、キャシディーと接点があったんですね。

ケイトが父を殺し、指名手配になった後、警察に通報した母の真意を知りたいと
アイオワに帰ってきますが、母のまわりには警察の見張りが厳重についています。
偶然知り合ったキャシディーが事情を知り、母と話せるように協力。

別れ際、キャシディーは男に裏切られ、妊娠していることをケイトに告げますが、
それがまさかソーヤーだったとは神のみぞ知る、でした。

タイトルの『二人の女』は過去はケイトとキャシディーを表し、
現在はケイトとジュリエットを表しています。

アザーズに捕らえられていたケイトの前にロックが現れ、アザーズと一緒に行くと告げます。
その後小屋にガスが巻かれ、気を失うケイト。
気がつくとジャングルにジュリエットと手錠をつながれ横たわっていました。
いがみ合う二人をあの黒い煙の怪物が襲います。
逃げる二人の前に超音波フェンスが立ちはだかります。
躊躇するケイトに業を煮やしたジュリエットは手錠の鍵を出してはずし、
フェンスの向こう側に逃げ、超音波のスイッチをいれると黒い煙は去っていってしまいます。

アザーズの村に戻るとジャック、サイードが倒れていました。
あとはもぬけの殻。ロックもルソーも見当たりません。
仕度をして海岸へ戻ることに。
「ジュリエットは連れて行けない」というサイードに
「彼女は大丈夫だ」とジャック。
ケイトは複雑・・・。

ジュリエットは怪しいですよねえ。
手錠の鍵を持っていたわけでしょ?
ケイトを試したとしか思えない。
ベンと何か取引をして、生存者グループに送り込まれたとか・・・?

海岸組のエピソードは和み系でした。
ハーリーの嘘にまんまと騙されたソーヤー、いい人になろうと努力するところがカワイイ。
「韓国票は無理か・・」ってのがツボね。
でも、ハーリーにリーダーは君だっておだてられてその気になりつつあるのに
ジャックとケイトが戻ってきちゃう。どーなる?
[PR]
by leonpyan | 2007-09-10 21:56 | LOST -海外ドラマ- | Comments(2)
ネタバレあり。未見の方はご注意を!

アザーズの暮らしぶりがだんだんとわかってきましたが、
彼らの目的はまだよくわからないですね。
時々話の中に出てくるJacobジェイコブという人物も謎。
偉大な人らしいけど・・・リーダーはベンの他にいるってこと?

61話のフラッシュバックではクレアがジャックの異母兄妹であることが判明。
ジャックのお父さんがシドニーでアナ・ルシアに付き合ってもらって訪れた家で
女性と言い争う場面が以前ありましたが、それがクレアの叔母さんだったわけですね。
ジャックのお父さんの不倫相手=クレアのお母さんは交通事故で意識不明。
お父さんはクレアに生命維持装置をはずすよう薦めていたけど、どうなったんだろう?

チャーリーがデズモンドの予言で死ぬ運命にあることをクレアも知ります。
これでとりあえずクレアはチャーリーに優しくなりそう。
チャーリーがシーズン3で死んでしまうのも確実かな。
カモメを捕まえて足輪に手紙を結びましたが、これは後で出てくるのかな?

さて、ジャックを助けに向かったケイト、サイード、ロック、ダニエルですが、
アザーズの集落を囲むようにして立つ鉄柱群を発見。
防護装置であることは確か。
こうなるとロックの暴走は止まりません。
捕虜にしたミハイルを無理やり押して鉄柱を越えさせると、脳出血で倒れてしまいます。
木を使ってうまく鉄柱の上を越えた4人、アザーズの集落を発見。
そこにはトムと楽しそうにキャッチボールをするジャックの姿が。ケイト、口あんぐり。

61話の終り方はサイコーでしたね。
ジャックはアザーズの仲間になったのか!?てな感じで。
ダニエルはさっさと一人でどこかへ行ってしまいました。
このマイペースが今まで生き延びてきた力になってるんだろうね。

62話では夜になってからケイトがジャックの部屋に侵入。
でもアザーズの監視カメラが動いていて、あっけなく御用。
サイードも捕らえられます。
ロックはベンの部屋に侵入成功。
でもベンの話術に乗せられたと言うか、お互いの目的が一致したと言うか、
島の外の世界との連絡に使っている潜水艇にアレックスの案内でロックが潜入。
ジャックとジュリエットが島から出してもらうというその段階で潜水艇を爆破。

ロックにとってはこの島は奇跡の島であり、外界との連絡は絶ちたいんですね。
ベンもジャックとジュリエットを帰すと約束はしたけれど、本当は行かせたくない。
ベンはロックへの礼として、「魔法の箱」から「タラハシーの男」を連れてきます。
それはロックを8階から突き落とし、車椅子生活にしたあの父、アンソニー・クーパーでした。

ロック、ある意味大迷惑キャラなんですけど、
ベンの言うとおり、島との交信ができる唯一の人物でもある。
(あ、唯一ではありませんね。ローズも島に来て病が良くなっていると言ってたし)
背骨が折れ、車椅子生活だった彼がこの島に来て普通に歩けるようになったのだから。
ベンは手術後の経過は一向によくならず相変わらず車椅子に乗っています。
この差は何故?

今回のフラッシュバックはロックでしたが、もうお腹一杯。
でも、一応車椅子になった理由が明かされてすっきりしたかな。
ロックのお父さんアンソニー・クーパーはほんとうに極悪非道なヤツでした。
でも、まんまとアザーズに捕まっているのはどうしてなんでしょう?
利用価値ありということ?

ダニエルが娘、アレックスを見ることができたのはよかったよね。
ベンはアレックスの小さい頃の写真を飾って本当の娘のように可愛がっているけど、
これも何か裏があるんだろうか?
[PR]
by leonpyan | 2007-08-30 00:36 | LOST -海外ドラマ- | Comments(0)
ネタバレあり。未見の方はご注意を!

今回は3つのお話が同時進行。

1つ目はサイードのフラッシュバック。
イラクを出て、パリでコックの仕事をするサイード。
ある日、同じイラク出身のレストランを経営する夫婦に拉致され、暴行を受ける。
夫人はイラクでサイードに拷問されたのだと言う。
頑として人違いだと主張するサイード。
しかし夫人と二人きりになり、彼女がいかにトラウマに苦しんだかという告白を聞き、
泣きながら拷問したことを認め、謝罪するサイード。
夫人はその様子を見て、許すと言う。

2つ目は海岸でのソーヤーネタ。
ケイトの姿が見つからず苛立つソーヤーは
自分がいない時に隠していた物資を持ち出されたことを抗議。
卓球台を組み立てていたハーリーたちに誰か一人と試合をして自分が勝ったら物資を返せと言う。
サンの提案でソーヤーが負けたら人をあだ名で呼ぶのを一週間禁止にする、と。
自信満々のソーヤーに挑んだのはハーリー。
結果はハーリー圧勝。卓球は大得意だったらしい。

3つ目はジャックを助けに行くケイト、サイード、ロック、ダニエル。
馬と牛を飼う家を発見する。
そこにいた男性はロックたちがパールステーションのモニターで見た片目の男。
サイードが丸腰で交渉に行くが、男に撃たれてしまう。
ケイトとロックが応戦し、男の銃を奪い、サイードの傷を治療させる。
男はダーマの生き残りでミハイルと言い、
アザーズとは不可侵の協定を結んで生活しているという。
サイードはミハイルの嘘を見破っていた。乱闘となり、ミハイルを拘束する。
まだ仲間がいるはずだとサイードとケイトが地下に捜しに行くと、
ケイトがアザーズに捕まった時にハーリーを海岸へ返した女性がいた。
彼女を捕らえて上に行くと、ロックはミハイルに逆に銃をつきつけられていた。
緊迫する中、女性はミハイルと聞き取れない言語(ロシア語?)をしゃべり出し、
ミハイルは女性を撃ってしまう。

その場所はフレイムステーションという名前で、
至る場所にプラスチック爆弾がしかけられていた。
ロックはコンピューターゲームのチェスが気になっていた。
負けが続いた後にやっと勝つと画面が切り替わり、ダーマの博士が登場。
画面に指示されるとおりに入力していくと、最後に「侵入者がいるなら7-7を押せ」と言われそのまま入力。
ミハイルを連れ、ステーションを出ると、突然爆発音が起こり、ステーションは木っ端微塵となった。


今回はまたまた謎が深まってしまった感じ。

サイードのフラッシュバックは辛いね!
共和国防衛隊時代の忘れたくても忘れられない過去。
パリで会った夫人の抱いていた猫は、フレイムステーションでミハイルがナディアと名付けた猫にそっくり!

ハーリーは卓球が上手かった!家に卓球台があったなんて。(一緒に観ていた息子=卓球部が羨ましそうにしていた)

ミハイルは何故あの黒人女性を撃ったのか!?
ロシア語みたいな言葉でしゃべっていたのは、「私を撃って」と言っていたのか?

それにしてもロックは間抜けでしたね。入力せよと言われて素直に入力するのもどうかと。
[PR]
by leonpyan | 2007-08-12 23:56 | LOST -海外ドラマ- | Comments(0)
ネタバレあり。未見の方はご注意を!

今回はハーリーのまったり系フラッシュバック。
まあ、あの呪いの数字で、いかに不幸が立て続けに襲ってきたか、の続きです。

英題は“Tricia Tanaka Is Dead”
そう、日系リポーターのトリシアさん(これがまた美人だけどちょっとお高い)が
ハーリーの買い取ったフライドチキンの店に入っていくと、
よりにもよって隕石が落ちてきて、一瞬のうちに店は燃えちゃうんですね。
ハーリーに関わった人たちは皆犠牲になる、と言うことでしょうか。

『LOST』では登場人物がみんな父親との確執に苦しんでいますが、
ハーリーにも17年前に失踪した父がいました。
(17年前のハーリーは細くてすっごく可愛い男の子でした)
LOTOがあたり、その後不幸続きのハーリーの前にその父親が現れます。
お金目当てだろうと反発するハーリーに、
呪いを解くためにお金は全て処分しろ、と助言。
数字の謎を調べにオーストラリアに旅立つハーリーに「帰りを待つ」と言うのですが・・・。

さて、島でのハーリーはと言うと、
チャーリーもデズモンドから死の宣告を受け、ジャックも捕まったまま、
自分の呪いのせいだと落ち込んでいます。
そこにヴィンセントが古いバンを見つけ、ハーリーを導きます。
バンの中にはダーマの作業服を着たミイラ化した死体。
ハーリーはジンとソーヤーの協力を得て倒れていたバンを起こし、
チャーリーを乗せ、バンで坂道を降り、途中でエンジンがかかれば吉、
かからなければ岩に激突して終わり、という賭けに出ます。
果たしてハーリーとチャーリーは間一髪のところで吉と出ますが、
これで呪いは解けたのか・・?チャーリーは死なずに済むのか?

ケイトは一人でジャックを助けるためにルソーを捜しに行きます。
ロックとサイードが合流。
現れたルソーは警戒しますが、アレックスの名前を聞き、顔色を変えます。
仲間ゲット?
[PR]
by leonpyan | 2007-08-09 21:57 | LOST -海外ドラマ- | Comments(0)
ネタバレあり。未見の方はご注意を!

何だか一話一話レビューを書くのが億劫になって滞りました。
ドラマの展開は面白くなっているんだけどね、謎が増えて訳わからないので感想も書きにくくて・・・(汗)。

とりあえず、第57話。
デズモンドの話が中心。
彼がハッチの鍵を回した時から、素っ裸でハーリーに会うまでのフラッシュバック。
デズモンドはどうやら未来に起きることが断片的にわかるようになった様子。
クレアを何度も助けたのは、実はチャーリーの死を予感して彼を助けるためだったというオチ。
チャーリー、本当に死んじゃうの!?

第58話は大きな転換を見せます。
フラッシュバックはジャック。
ジャックの左腕の刺青はタイのプーケットでいれたもの、中国語だったんですね。
(「鷹撃長空」、毛沢東の詩から取った、という説が)
アチャラという謎の女性と知り合い、
(アチャラを演じるのは妖艶なバイ・リン。『アンナと王様』に出てました)
彼女の不思議な力を探るうち、彼女が人の本性が見える刺青師であることを知り、
強引に自分に刺青するよう迫ります。
よそ者に刺青することは掟に反すると嫌がるアチャラでしたがジャックの迫力に屈します。
翌日、アチャラの弟等にボコボコにされ、プーケットを追い出されるジャック。

ピケットを殺してしまったジュリエットの裁判が行われようとしていました。
イザベルと言う審議官はジュリエットに酷刑を与えようとしていました。
ジャックはベンにジュリエットを助けるよう、治療を約束します。
ジュリエットは刻印を背中に押されるだけで済み、ベンやジャックたちは島を移ることになります。

驚いたのは、815便の客室乗務員で行方不明となったシンディや、
同じ815便の乗客でアナ・ルシアが世話をしていた子供たちが生きていたこと。
それも、アザーズの中でわりと優遇されているようです。
洗脳されているのか?それとも他に何か理由があるのか?
謎は深まるばかりです。
[PR]
by leonpyan | 2007-07-31 00:10 | LOST -海外ドラマ- | Comments(0)
ネタバレです。未見の方はご注意を!

ここへ来てテンポが速くなって、また面白くなってきました!
もう、ベンがサイコーですよ。このキャラ、おもしれ~~。
彼のフラッシュバックエピソード、そのうちやってくれないかな~。

今回のフラッシュバックはジュリエットでした。
アザーズのエピソードと言うのは初めてですよね。

彼女はマイアミの研究所に勤めていたのが、不妊治療(それも特殊な)の実力が認められ、
「Mittelos Bioscience」という研究機関にスカウトされます。
ジュリエットは姉を実験台として不妊治療の実験を行っており、妊娠に成功したところでした。
ジュリエットにとっては魅力的なリクルートでしたが、
彼女は元夫で研究所長の管理下から抜けることができないという理由で一旦断ります。
その時に「彼がバスにはねられでもしない限り・・」と口走ってしまうのですが、これが案の上・・。

ジュリエットの職場にはあのイーサンも登場。
彼はこの研究所に潜入してジュリエットを観察していたのかも?

そしてジュリエットの元夫は彼女の目の前でバスにはねられます。
遺体のそばでガックリと肩を落とすジュリエットの前に現れたのは
「Mittelos Bioscience」のスカウトマンとイーサン。
面接の時には「Mittelos Bioscience」はポートランドにあると言っていたのに、
実はもっと遠くの島にあることもここで語られます。
そして島に連れて来られたわけですね。
半年の約束だったはずが、3年ちょっとたってしまったようです。

さてジャックはベンの手術を条件にケイトとソーヤーを逃がすようアザーズに要求しますが
ジュリエットは強気でこれを受け入れません。
どのみち二人はボートがなければ逃げられないわけです。
ジャックはジュリエットへの報復として、彼女がベンを殺すようジャックに提案したことを暴露します。

海岸まで逃げたケイトとソーヤーはアレックスに助けられ、ボートも提供すると言われます。
ただし、囚われているアレックスのBFカールを救出することが条件。
収容所のような場所の前に見張りが一人、ソーヤーたちは「チューバッカ作戦」で見事に侵入、
個室に監禁され洗脳ビデオを見せられていたカールを救い出します。

一方目を覚ましたベンはジュリエットと二人でなにやら相談し、
ジュリエットはケイトとソーヤーを逃がす代わりにジャックにベンの手術を依頼。
ベンがジュリエットに出した条件は「故郷に帰してやる」と言うことでした。。。


さて、前回ケイトとソーヤーの抱擁を目撃したジャック、
自分が盾になって二人を逃がすことにしたわけですが、
ベンを救ってしまったら、後は自分の立場が不利になるだけ。
覚悟を決めたんでしょうか。
ここで全滅するよりは二人を逃がしてアザーズに対抗することを選んだのか・・?

アレックスは野生的でお母さんのルソーにそっくりです。
でも、ベンの娘と言うことになっています。
赤ん坊の時に拉致されたことは秘密なんでしょう。

この島は何かの組織が何かの研究のためにターゲットを厳選して人を送り込んでいるらしいことがわかりました。
ある種巧妙な拉致ですね。どこかの国を思い出しますが・・・。
[PR]
by leonpyan | 2007-07-16 22:16 | LOST -海外ドラマ- | Comments(0)
なーんとなく更新が遅くなってしまっておりますが・・・
ドラマは佳境を迎え、意外と面白くはなってます。

ネタバレです。未見の方はご注意を!

今回はケイトのエピソード。
逃亡中に一度結婚してるんですね。
それも警官と。
本当に幸せになりたかったみたいだけど、
旦那さんに新婚旅行のためにパスポートを用意するよう言われ、
やはり別れざるを得なくなりました。
妊娠検査薬はシロだったけど、もし妊娠していたら留まるつもりだったのだろうか?

で、囚われのソーヤーとケイト、成り行きで一夜を共にしてしまいました。
それをベンの策略でジャックがモニターから見てしまいます。
ベンの手術を急遽やることにしたジャック、
開始後にケイトとソーヤーを逃がさなければベンを死なせると脅迫。
でもね、この島は逃げ場がないのよね。
ケイトとソーヤーはどうなる?
[PR]
by leonpyan | 2007-07-12 21:30 | LOST -海外ドラマ- | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし