八月納涼歌舞伎

c0004750_20474816.jpg
八月のお楽しみと言えばこれ!
去年に続いて染五郎・猿之助の弥次喜多珍道中。

八月の歌舞伎座の演目は本当は第一部、第二部、第三部と全部観たいのだけれど、
このところ宝塚や新感線まで手を出していてちょっとお財布も寂しくなりそうなので、第二部だけで我慢です。

でも、第二部だけでも十分満足。
期待を裏切らない面白さでした。

1.修善寺物語
  夜叉王 坂東彌十郎
  姉娘桂 市川猿之助
  源頼家 中村勘九郎
  晴彦  坂東巳之助
  妹娘楓 坂東新悟
  下田五郎 中村萬太郎
  金窪兵衛 片岡亀蔵
  修善寺の僧 坂東秀調

初世坂東好太郎と二世坂東吉弥の追善狂言。
伊豆国修善寺村に住む面作師夜叉王のもとへ将軍源頼家が依頼していた自分に似せた面の政策の催促にやってきます。
夜叉王は納得のいく面ができていないと言い張りますが、頼家の怒りを買い、見かねた娘桂が打ちあがっていた面を差し出します。
その面は死相が現れていると躊躇する夜叉王の言葉も聞かず、頼家はその面を気に入り、娘桂を連れ修善寺の御座所に戻ります。
果たしてそこには北条が放った追手が・・・。
源頼家暗殺を背景に、夜叉王の名人気質を描いたお話。
彌十朗の夜叉王がいいですね。勘九郎の頼家も締まります。もちろん猿之助の桂も艶っぽくて良い。

2.東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖
  弥次郎兵衛 市川染五郎
  座元釜桐座衛門 市川中車
  瀬之川伊之助 坂東巳之助
  中山新五郎 坂東新悟
  芳沢綾人 中村隼人
  女房お蝶 中村児太郎
  関為三郎 坂東竹三郎
  喜多八 市川猿之助

染五郎・猿之助の宙乗りに始まり宙乗りに終わる、エンターテインメント活劇。
今回は二階席の前から二列目だったので、宙乗りが良く見えて楽しかった!
染五郎さんは来年には幸四郎さんになってしまうので、もうこんなドリフっぽいコントはやらないかしら。
このコンビ、最高なんですけどね。
お話は歌舞伎座で起こる殺人事件の謎解き物語。
この時かかっている演目は『義経千本桜』。
前半の巳之助さんがサイコーです。巳之助さん、猿之助さんにこういう役をもらえて幸せだわ。
今回特に良かったのは児太郎さんでしょうか。
あ、でもこの演目、ラストが2通りあるんだとか。観客の拍手でAかBか決めるんです。
今日はBだったので、あの人が犯人だったけど、Aだと反対になるのかな?うーん、気になる~。

[PR]
# by leonpyan | 2017-08-17 21:46 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)
c0004750_09320632.jpg
トランスフォーマー/最後の騎士王 (2017)

【監督】マイケル・ベイ
【出演】マーク・ウォールバーグ / アンソニー・ホプキンス / ジョシュ・デュアメル / ローラ・ハドック / サンティアゴ・カブレラ / ジェロッド・カーマイケル / イザベラ・モナー


★★★ [60点]「バンブルビーはやっぱり可愛い」

10年前の第一作目以来観ていなかったのだけれど、こんな壮大なお話になっていたとは(笑)。
でもストーリーはもうこの際あまり関係ないですね。
感動するとかしないとかも関係ない。
とにかくオートボットの映像の格好良さだけ確認しに行った感じ。
テレビの宣伝で、今回はスローモーションを多用したのでオートボットの変身の動きがわかりやすくなっている、って言ってたけど、問題はそっちじゃなくて、どれが味方でどれが敵なのか判別しにくいことかな。
オプティマスプライムとバンブルビーだけ認識してればいいのかな。


Posted by ちょし on 2017/08/10 with ぴあ映画生活

しょーもない感想でスミマセン。
スカッとしたいと思って観に行ったけど、いまひとつスカッとはならなかった。
三部作仕立てでこれから続くようですが、もう観に行かないなー。


[PR]
# by leonpyan | 2017-08-11 09:34 | 映画 | Comments(0)
心が叫びたがってるんだ。 (2017)

【監督】熊澤尚人
【出演】中島健人 / 芳根京子 / 石井杏奈 / 寛一郎 / 荒川良々 / 大塚寧々


★★☆ [50点]「期待していたよりは・・」

期待していたよりは心が動かなかった。
青春映画は嫌いじゃないんだけど・・
何だろう、ストーリー上の設定にいまひとつ入り込めなかったからかな。
主演の芳根京子さんの演技もあまり好みではないかも。
石井杏奈さんがわりと好きで観に行ったのもあるんだけど、彼女の良さもあまり感じられなかったし。

セリフの中には心の残る言葉があったし、
ミュージカルの歌も悪くなかったし
秩父の風景も綺麗だった。
そこに各15点ずつ。


Posted by ちょし on 2017/08/01 with ぴあ映画生活

[PR]
# by leonpyan | 2017-08-02 10:57 | 映画 | Comments(0)

空海の風景

c0004750_22384336.jpg

空海関係の小説や伝記は遠い昔に読んだ気もするけれど、ほとんど覚えていません。
今回はある勉強会の先生にお借りしました。

先生は以前空海が若い頃に修行したという室戸岬にいらしたことがあるそうです。
その洞窟に入って外を見ると、まさしく空と海の青だけが目に入ってきた、とのこと。

そのお話を伺って、なぜかとても空海に興味を持ちました。
去年空海の自筆の書を目にする機会があったことも一因かもしれません。

司馬遼太郎の最高傑作とも言われる本作、上下二巻で最初の方はちょっと読みにくく、
結局読み終わるまでかなり時間がかかってしまいました。
それでも退屈というわけではなく、むしろ最初からかなり面白いのですが、
内容が少し難しい部分もあって読む速度は最後までそれほどUPしませんでした。

二箇所とても印象的な部分がありました。

ひとつは弘法大使はまだ高野山の奥の院で生きていらっしゃる、とされているということ。
入滅したとは言わず、入定したとされているらしいです。

もうひとつは空海の遣唐使としての留学時代の描写。
長安はそのころ世界第一級の都市であり、文化も最先端を行っていました。
そこで空海はその才能を存分に発揮します。
書の巧みさ、漢文の上手さ、知識の広さ。
長安の文人たちともかなり交流があったとされています。
空海は生涯に渡ってこの2年の留学時代を懐かしく思っていたに違いない、と司馬遼太郎は強調しています。

この空海の留学時代については、チェン・カイコー監督が製作中の映画『空海ーKU-KAIー』が来年公開されます。
原作は夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』、主演は染谷将太。
こちらもとても楽しみです。

最後に、この本は当然のことながら最澄と空海の関係性にも重きを置いています。
この二人の偉人、どちらにより惹かれるかと言えば、私はやはり空海でしょうか・・・。

[PR]
# by leonpyan | 2017-07-29 21:17 | 書籍 | Comments(0)

十年

c0004750_18105911.jpg
十年 (2015)

【監督】クォック・ジョン / ウォン・フェイパン / ジェヴォンズ・アウ / キウィ・チョウ / ン・ガーリョン
【出演】


★★★★☆ [90点]「香港の霧は晴れるのか」

低予算、ノースター、無名の監督たちのオムニバス。
にもかかわらず2016年の香港金像奨に輝いている。

香港がイギリスから中国へ返還されて20年がたった。
そして、この映画は10年後の未来を描いている。

社会派問題作である本作は日本でどのくらい受け入れられるのだろうか。
若干難解な部分もあるが、アジアに注目している人は是非観てほしい。
エネルギッシュでミステリアスな香港を知っている人、愛している人は見逃してはならない。
カンフー映画や黒社会映画やウォン・カーウァイ映画だけを観て香港映画通と思ってはいけない。

第1話『エキストラ』でため息をつき、
第2話『冬のセミ』で暗澹たる気分になり、
第3話『方言』で苦笑する。
第4話『焼身自殺者』はさらに辛くなる。
しかし、第5話『地元産の卵』では少しだけ霧の晴れ間から日が差してくる。
この構成が見事だと感じた。


Posted by ちょし on 2017/07/26 with ぴあ映画生活

[PR]
# by leonpyan | 2017-07-26 18:11 | 映画 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし