c0004750_23211301.jpg
いよいよ花鳥風月最後の月のシーズンが始まりました。
月はダブルキャストで上弦と下弦が交替で演じます。

まずは上弦の月を観賞!
といいますか、月のキャストが発表になったとき、
いつも一緒に行くYちゃんと「下弦はあまり知っている役者さんがいないのでパスしようか・・」なんて言ってたんですよ。
だからとりあえず上弦のチケットしか手配していなかったのですが、
先月末に先に上弦を観賞したkemiちゃんとCちゃんが上弦の仕上がりを褒めていたので、
じゃあ、やっぱり下弦も観たいよね、ということで1月の下弦のチケットをゲットしたのでありました。

上弦は若手のイケメン集めました感満載。
主演の恰好良さはもちろんですが、荒武者隊がなかなかイケてました。

でも今回一番驚いたのは早乙女太一天魔の弾けっぷり。
鳥で蘭兵衛を演じていた時はクールで寡黙だったのに、
天魔王は何だか嬉々として暴れまくってましたよ。
やりたかったのね、天魔王・・・・。
しかし太一の殺陣は芸術的。

次に注目は須賀健太兵庫。
ああ、須賀くん、大きくなったのね、とおばさんはウルウルしましたよ。
動けるし、テンポはいいし、いい役者に成長したと思います。

舞台を観るとね、背が高いとかイケメンだとか、そういうのに注目する人もいるとは思うのですが、
基本的には演技、そして個性、ですね。
今私が応援している役者さんは歌舞伎は猿之助、巳之助、
演劇では森山未來ですが、そこに須賀健太も加わりそうな勢いです(笑)。
典型的なイケメンは一人もいないですね・・・。

あ、話を上弦に戻しましょう。

今回は早霧♀が霧丸♂に替わったことで、捨之介との関係がどうなるのか?と思いましたが、
霧丸の成長物語的な演出になりました。
極楽太夫と兵庫の年の差はそのまま年の差カップルということでオーライ。
高田聖子極楽太夫は今までになく笑いの取れる極楽太夫でした。
毎回オープニングも違っていて、それも楽しみの一つです。
贋鉄斎も面白かったけれど、捨之介とのからみがちょっと薄かったかな。
三浦翔平蘭兵衛は演技も殺陣も頑張ってました。

そして、今回は花鳥風と来て、ひとひねり加えた演出が随所に見られて楽しかったー。
おお、今回はそう来たか!みたいな。
続けて観ているとそういう見方もできるのがいいですね。

上弦がこれだけの出来ということは下弦も期待できそうです!

今年の観劇は今日が最後。
昔は年末にその年に観た映画のベスト10を決めていたのですが、
今年は観劇でベスト3くらいは決められそうな感じ。
またUPします!

[PR]
# by leonpyan | 2017-12-06 00:04 | 観劇 | Comments(0)
c0004750_22292818.jpg

また行ったのかーい、という突っ込みは受け付けません(笑)。
何度見ても改めて感動する。楽しめる。

やっぱりもう一度観たい!と思い立ち、今回は少し控えめに2階の2等A席をチケキャンで定価で買いました。
2階サイドの一番後ろの列でしたが、舞台を俯瞰できるし宙乗りもよく見えたし、悪くない席でした。
ファーファ―タイムではニューカマーランドのメイドさんがわざわざハイタッチに来てくれましたしね。
(今回のワンピース歌舞伎は3回観て、3回ともハイタッチのできる席だったのは幸せでした!)

何より、この日は風邪を引いていて、
熱はないものの、喉は痛いわ、鼻は詰まるわ、頭は痛いわでフラフラなのを
無理を押してマスクと帽子をかぶり怪しい格好で行ったので、
目立たず最後尾席に座れたのは良かったのかも。

でも本当に行ってよかった。
この日は市川右近くんのチョッパーが観られたのも嬉しかったなー。

そして、そして!カーテンコールには猿之助さんとゆずの北川悠仁さんが登場。
猿之助さん、左手を挙げて挨拶していましたよ。

これからリハビリが大変だろうけれど、4月の大阪には出られるかしら・・。
大阪と名古屋に出演できるようだったら、追っかけます!ええ!
シャンクス役だけでも行くわ!ええ!

とりあえず東京公演終わりました。
尾上右近さん、頑張りました!
そして、巳之助さん!!私はあなたにMVPをあげたい。
隼人さんと一緒にナルトも頑張ってくださいね!

[PR]
# by leonpyan | 2017-12-05 23:19 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)
c0004750_00150316.jpg

ワンピース歌舞伎、二回目の観賞。
当初は一回目を猿之助主演で、二回目の観賞を右近主演でそれぞれ観るつもりでチケットを取っていました。

結局同じ配役になったけれど、何度観ても面白いです!
二回目は細かいところを観られるのがいいですね。

今回は中高時代の仲良しAちゃん、Hちゃんを誘っていきました。
8列目の真ん中近くでなかなかいいお席でした。

今回は右近さんがとっても活き活きと演じていたのが印象的でした。
宙乗りもノリノリ。
浅野さんと巳之助さんの素晴らしさは言わずもがな、ですが、隼人さんの細やかな演技に今日は注目してみました。

この舞台を観ると、何だかすごく勇気をもらえます。
このところ腰の調子も悪く、低調気味だったのですが、少し力が沸いてきました。
来週も実はチケット取っちゃったんですよね。
次回はちょっと俯瞰して観ようと二階席を。
一人で行くので、グッズもゆっくり買おうっと(笑)。




[PR]
# by leonpyan | 2017-11-16 00:26 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

SECRET SPLENDOUR

c0004750_11542860.jpg
TBS赤坂ACTシアターにて『SECRET SPLENDER(シークレットスプレンダー)』を観てきました。

ACTシアターに行ってみたかったのと、今夏宝塚を退団された元雪組トップスターの早霧せいなさんの今後に興味があったので。
まあ、所謂早霧せいなさんのワンマンショーですね。
会場の8割方は宝塚時代からのコアなファンの皆さんのようで、私は傍観者的な感じでしたが・・。

早霧せいなさんの魅力は何といってもその佇まいの美しさ。
陶器のような肌、細いけれど鍛えられた肢体、体育会系の明るさ。
今回のショーではまだ男役から抜けていませんでした(笑)。
あの美貌ですから、これからは幅のある演技でますます魅了してくれるのではと期待しています。

今回の拾い物は原田薫さんのダンス。
ものすごくキレがあって恰好良かった!
JKimさん、海宝直人さんの歌も良かったです。
安寿ミラさん、あの美貌と動きで私と同じくらいの年齢って信じられない!

早霧せいなさん、来年6月にミュージカル『ウーマンオブザイヤー』の主演も決定したようです。
これも面白そうです!

[PR]
# by leonpyan | 2017-11-08 12:18 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

月のおもひ

c0004750_10460202.jpg

週末開かれた「武井欲生 古琴演奏会 『月のおもひ』」に伺いました。
秋の十六夜(いざよい)の夜、古琴にまつわる物語の語りと共に奏でられる音色に酔いしれました。

紀元前の時代に既に中国で存在した古琴。
日本には奈良時代以前に伝来し、平安貴族と江戸時代の文人の間で特に愛されたそうです。

古琴は中国の文人の嗜みの一つとして古くから重用されてきました。
一時衰退期はあったものの、現在また中国での人気は復活しています。
中国の茶人たちの間でも古琴愛好家が増えているのは2年前に訪れた北京でも強く感じました。

武井さん(というよりは高さんとお呼びする方がしっくりくるのですが)は「中国茶倶楽部 春風秋月」の店主でもあり、
現在は一般財団法人日本古琴振興会の代表も務めていらっしゃいます。

古琴教室「東京聴風琴社」も主宰され、生徒の皆さんも最後の演目で合奏を披露されました。
簫(しょう)という中国の長い笛との共演あり、尺八との共演あり、とてもバラエティに富んだプログラムでした。

秋に相応しい雅で穏やかな古琴演奏会。
高さん、社中の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

[PR]
# by leonpyan | 2017-11-08 11:46 | 音楽鑑賞 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし