2017年 11月 06日 ( 1 )

和装のヘアーメイク

最近着物を着るようになり、
着付けや着物のお手入れはだいぶ慣れてきましたが
悩みの種はヘアーメイク。

ショートヘアーは楽で良かったんですが、
やはり盛り髪にも憧れるので、現在伸ばし中。

メイクで気を付けているのはアイシャドウに派手な色を使わないこと、
不断は引かないアイラインを入れるようにしていることくらいでしょうか。
でも、何となくパッとしない気がしていました。

そんな時に着物師匠のJ子さんから興味深いイベントのお誘いが!
その名も『40歳からもっと美人!和装で差がつくヘアーメイク講座』
浅草老舗和装履物 辻屋本店」さんの主催です。
(辻屋本店さんでは着物関連のイベントをいろいろと企画されているようですので、ご興味ある方はHPをご覧くださいね。)

講師はシックスセンスの木村智華子先生。
広告、雑誌などでもご活躍されているヘアーメイク&着物スタイリストさんです。
最近はアンチエイジングに特化したナチュラルメイクレッスンに力を入れていらっしゃるとのことで、期待大!

c0004750_21132909.jpg
智華子先生はとてもチャーミングで楽しい方で2時間はあっという間でした。
和装に似合う大人の眉のラインの引き方、アイメイク、チークの場所、ファンデーションの塗り方など、目から鱗の情報満載でした。
ヘアーのヒントもいただいて、教えていただいた秘密兵器も早速通販でポチリました。
すっかり智華子先生のファンになってしまいましたよ。
定期的に着付け教室やメイクアップレッスンも展開されているようですよ。
私もまた講座に参加してみたいと思います!


c0004750_21140741.jpg
講座で眉とアイメイクを習った後の顔。
写真ではあまりわからないかもしれませんが、顔立ちがはっきりしたような気が。

この日の着物は新古品で購入した久米島紬。
名古屋帯はリサイクルの琉球花織。
今一番お気に入りの組み合わせです。

久米島紬は、去年歌舞伎座で着ている方を見て、とても素敵だったのでそれ以来ずっとチェックしていました。
私が着ると何だか昭和の仲居さん風ですが(笑)。

ここぞという時には訪問着や色紋付でオシャレしたいと思いますが、
基本的には織の着物が好き。
子供の頃、お正月に着ていた絣のアンサンブルが自分の原点なんですね。
振袖も着なかったし、20代の頃に母が選んでくれた小紋がどうも似合わなくて嫌いだったというトラウマも(笑)。
昔からの憧れの存在である稲葉賀惠さんが織の着物派というのも影響しているかも。
(著書『マイ・フェイヴァリット きものに託して』は私の着物のバイブルです!)

今回習ったヘアメイクでこれからも着物ライフを楽しみたいと思います!

[PR]
by leonpyan | 2017-11-06 23:05 | キモノ | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし