王妃の紋章

王妃の紋章 (2006)

【監督】チャン・イーモウ
【出演】チョウ・ユンファ / コン・リー / ジェイ・チョウ / リィウ・イエ

★★★ [60点]「あっけに取られるチャン・イーモウの怪作」

目に痛いくらいの極彩色、主演二人の濃過ぎるくらいの演技、唐突かつ必然性のない派手なアクション、そして寄せてあげる胸のオンパレード、金と銀の甲冑のせめぎ合い。全てに目を見張った。

評価以前に、これは劇場で観るべき映画。お金を払って損をしたとは思わない。



はっきり言ってストーリーはオリジナルが戯曲であるから舞台向き。本来ならセリフの妙や演技の駆け引きが見所なのではないだろうか。(確かにユンファもコン・リーも素晴らしい演技だったが、何だかゴテゴテの装飾でそれが薄まってしまったような気さえするのだなあ。)

それをここまで絢爛豪華に映像化したのはチャン・イーモウ、資金力に物言わせて力を見せ付けたかったのか、はたまた北京オリンピック前の打ち上げ花火か。

深読みすれば、母国に対する彼の複雑な愛憎の現われとも言えるのか。

いや、多分、「やっぱりコン・リーはオレが一番美しく撮るのさ」と言いたかったのに違いない、と思う。



余談であるが、チケットを買うときに「王家の紋章1枚」と言ってしまって、カウンターのお姉さんに聞き返されたのがちょっと恥ずかしかった。
映画が終ってトイレに行ったとき、「ねえねえ、あの王様って『パイレーツオブカリビアン』で中国人の海賊やった人じゃない!?」「え?そう言えば似てるかしら?」と話す二人連れの女性に遭遇。
「その通りですよ」と言ってあげたかった。でも、ユンファさまがあの役で認識されているのはちょっと悲しい・・・・。
Posted by ちょし on 2008/04/22 with 映画生活

[PR]
Commented by ルチア at 2008-04-22 21:34 x
確かにこんなキンキラキンは映画でしか見られませんよね。あの饅頭のような胸はいったいどうしたことでしょー?
傑王子はなかなか武将らしくて良かったと思いますが。
Commented by leonpyan at 2008-04-23 20:04
>ルチアさん
イーモウの映画は小品のほうが私は好きなんですよね。武侠大作になると何だかお腹一杯で。
ジェイは良かったですよ!髭も似合っていたし、母思いのいい息子です。でも何で彼が3年もお仕置きに遭っていたのか、結局わからなかったなあ。
by leonpyan | 2008-04-22 20:14 | 映画 | Comments(2)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし