中国の植物学者の娘たち

2008年の初鑑賞、初レディスデーで観た映画は『中国の植物学者の娘たち』。
何だかヘンな邦題ですよね。
わざわざ「中国の」って付けるところがミソで、
中国映画のようであって、中国映画じゃないんですね。

監督は『小さな中国のお針子』のダイ・シージエ。
フランスを拠点として活動しています。
この映画も製作はフランスとカナダ。
舞台は中国の西南地方(昆林市、となっていますが、昆明市と桂林市をもじっているのか?)ですが、
題材が同性愛を扱っているということで中国政府から許可が下りず、
ベトナムの北部で撮っているそうです。
ちょっと雰囲気が南国チックですが、それがかえって幻想的な雰囲気をかもし出しているかも?

映像の美しさ、特に二人の女性を追うカメラワークが素晴らしいです。
ただ、それぞれの人たちの感情の機微が表現し足りなかったのが残念。
撮影時には言葉の壁がずい分あったようなので、それも仕方ないのかな。

二人の女性が美しいのと対照的に
厳格で神経質な学者の父と
無骨で乱暴で気の利かない兄が無性に腹立たしい(笑)。
この二人は束縛する社会の象徴なんでしょう。

アン役のリー・シャオランが特にいいですねえ。
彼女の存在がこの映画に説得力を持たせています。
彼女を観るだけでも価値があるかな。
久々に素敵な中国女優を見つけたという気がしました。

※付け足し:今調べたら、リー・シャオランって、以前私がハマって観ていた
       『像霧像雨又像風』というドラマに出ていたのね。
       この時もはかなげで綺麗な役だったっけ。
       中国の女優はまだまだ層が厚そうですぞ。

中国の植物学者の娘たち@映画生活
[PR]
Commented by ルチア at 2008-01-02 22:48 x
新年好! 今年もよろしくお願いします♪
リー・シャオラン、素敵な女優さんですね。去年見た数少ない香港映画『龍虎門』(かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート)にも出ていました。周迅を美形にしてすらりとさせた感じ? きれいな人だな~と思いました。
この映画もぜひ観に行きたいです。
Commented by みうっちぁ at 2008-01-03 01:02 x
新年おめでとうございます!

おおぉ、さすがはちょし様
中華世界のアンテナ鋭いですね!
すごく興味ある電影でございます
ぜひ観てみたいとおもいます

ことしもどうぞよろしくお願いいたします
Commented by leonpyan at 2008-01-03 08:38
>ルチアさん
新年好♪
『かちこみ』は見逃したので、DVD借りてみてみます!なかなか豪華メンバーですよね。
リー・シャオランはスタイルいいですよねー。ドラマでもチャイナ服がものすごく似合っていましたっけ。
今年も辛口?中国・香港映画レビューで行きますので、どんどん突っ込み入れてくださいね!
Commented by leonpyan at 2008-01-03 08:41
>みうっちぁさん
新年好♪今年もヨロシクお願いいたします。
中国映画はなかなか来ない上に、マイナーな場所で短期間しかやらなかったりレイトショーだったりするので、見逃すことも多いんですよね。この映画も関西では梅田でしかやっていないようです。
今年はりよんさんの映画が舞台挨拶付きであるといいなあ~。
by leonpyan | 2008-01-02 21:55 | 映画 | Comments(4)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし