ALWAYS 続・三丁目の夕日

このところ、月に1、2本のペースになってますね、映画鑑賞。
どうも自分の性分として、仕事を始めると仕事が趣味になっていけない。
映画をたくさん観ている時期って、学生時代とか、留学時代とか、子育て無職時代なんだよね。
そろそろ「映画好き」っていう看板下ろさなくちゃいけないかしらん(汗)。

映画をあまり観に行けない時期って、観に行くのはどうしてもランキング上位のものだとかになりがち。
映画情報に疎くなっているからミニシアター系やマニアック系のアンテナが利かないんだわ。

でも、前作が大好きだったので、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』は行こうと決めていました。
今回の舞台は私が生まれた1959年の東京。
もちろん物心ついた頃はもっと発展しちゃっていたから少し印象とは違うけれど、
駄菓子屋や銭湯のある街並みはものすごく懐かしい。
 
ひとつひとつのエピソードが「泣かせ」のために
ちょっとベタで作り込み過ぎな感じはあるけれど、
やはり観た後はホノボノとします。
たまにはこういう分かりやすい人情味溢れるお話もいいんじゃないの、と思います。

しかし最近は漫画の原作映画とかドラマが多いよね。
日本の文化を背負っているのは今や漫画とアニメですな。

ALWAYS 続・三丁目の夕日@映画生活
[PR]
Commented at 2007-12-24 22:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by leonpyan | 2007-11-29 22:03 | 映画 | Comments(1)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし