ル・ジュー・ドゥ・ラシエット

『ミシュランガイド東京 2008』が出版され、
えー、ネット情報が氾濫する今、ミシュラン?と思っていましたが、
売れ行きはかなりのものらしい。

昔、私が会社勤めをしていた時、上司に接待先を調べるように言われ、
『東京いい店うまい店』(文藝春秋社)を一所懸命めくっていたことを思うと、
そういう情報は今も昔も需要が大きいのね。

ミシュランはまだ購入していない私ですが、
早速行ってきちゃいましたよ、一つ星にランクインした
恵比寿のフレンチレストラン、「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」。

ここは麹町にある「オーグードゥジュール」の系列のお店。
オーグードゥジュールのグループ店はわりと肩肘張らないフレンチという感じだけれど、
ここも雰囲気はそのコンセプトを踏襲しています。

他の系列店との違いは、お料理。シェフ独自のこだわりを感じます。
三年のフランス修行から帰ったばかりの下野シェフのお料理は
繊細かつ斬新かつ美しく、そしてもちろん美味しい!
一皿一皿「わぁ~っ」と会話を止めて感心しちゃうんですよね。
お値段も他の系列店よりほんの少し高めの設定。

白を貴重とした清潔感溢れるセッティング。
無造作に並べられたおはじきで遊ぶお客さんも多いそうです。
c0004750_13283386.jpg



ディナーのコースは9皿8,000円と12皿12,000円があります。
今回は9皿のコースをチョイス。

前菜はバラエティに富んでおり、どのお皿も目でも楽しめるよう工夫されています。
c0004750_1338045.jpg



メインの魚料理。
福井で水揚げされたアマダイのソテー。
ウロコがパリパリでマジ、うま過ぎる!!
c0004750_1342368.jpg



箸休め?口直し?ブドウのグラニテ。
c0004750_13443519.jpg



メインの肉料理。
富士豚です。ジューシーです。旨味バツグンです。
c0004750_13512036.jpg



デザートは2品。
しそのジェラートと温かいモンブラン。
c0004750_1353421.jpg



どれも本当にオススメの美味しさでした。

ディナーはお値段が張るのでスペシャルな感じですが、
ランチは3,500円と5,500円のコースがあります。
夏前に息子の学校のお母様方とランチに行きましたが、
皆さんとても満足されていました。

ミシュラン発売直後から電話が鳴り止まず、
週末のランチはほとんど満席に近いそうですが、
平日ならまだ大丈夫だそうです。
クリスマスランチにいかがでしょうか?
[PR]
Commented by とんきち at 2007-11-26 19:17 x
うへ〜、おいしそすぎます。
こういう豪華なお料理には縁のない暮らしなので、
帰国した時に行ってみたい、、、、と少し気後れしつつ思います。
1月前半の平日にでもランチデートはいかがでしょうかあ。
Commented by leonpyan at 2007-11-27 21:07
>とんきちさん
そういえば今年のお正月はオーグードジュールでランチしましたっけね。
来年はここでランチしてから恵比寿ガーデンプレイスで映画ってのもありますねぇ。
by leonpyan | 2007-11-25 12:42 | グルメ | Comments(2)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし