硫黄島からの手紙

クリント・イーストウッド監督の二部作後編。
前編である「父親たちの星条旗」は観ていません。
戦争映画は観ると辛いのであまり好んで足を運ばないんですが(レンタルすることが多い)、
他にちょうどいい時間帯の映画がなかったし、
なかなか評判もいいようなので観ることにしました。

モノトーンに近い画面。硫黄島の灰色を敢えて強調するような色調です。
ストーリー展開も淡々としてトーン抑え目、泣かせようとしていないところがかえって胸に響きます。

嵐の二宮くん演じる本郷を初めとして、結構セリフが饒舌なんですが、
この戦争や硫黄島のことを知らない世代が増えたこと、
アメリカ向け(何せハリウッド映画ですから)には多少説明的な語り口も必要なことを考えれば仕方ないことかもしれません。

リアルな戦闘シーンはもちろん挿入されていますが、ことさらそれをアピールしてはいません。
ただ、自決のシーンはかなりショッキングでした。
あんな風に自決するのは初めて見ました。

それにしても現代の若者が戦争に借り出されたとしたら、みんな二宮くん状態になるんじゃないだろうか。
二宮くんの役は、観ている私たちの視点を代弁しているのかも?
中村獅童も結構ツボ。あの憎たらしさは美味しいですね。
渡辺謙は文句のつけようがありません。世界のケン・ワタナベですから!

硫黄島からの手紙@映画生活
[PR]
Commented by at 2007-01-04 11:31 x
世界のケン・ワタナベ゚・:,。★\(^-^ )♪ありがと♪( ^-^)/★,。・:・゚ってなんで私がお礼をいうんだ?・・・こんな日が来るとは・・・陰から応援するしかない・・・売れる前にサインもらっておけばよかった(T_T)
Commented by leonpyan at 2007-01-04 21:02
>鴨さん
え?知り合い?ケン・ワタナベ、特に好きじゃないけどやっぱり存在感はすごいよね。もらう役もいいんだけどね~。
Commented by うーすけ at 2007-01-05 04:34 x
この作品は、本当にすごい作りでした。なんで日本人の監督じゃないのに、あそこまで描ききったの?って驚き。 イーストウッドは俳優さんとしては実はあんまし好きじゃないけど、監督さんとしてはいい味ですね!・・・ほとんどモノクロに近い色彩 (『父親たちの星条旗』との対比=勝った国と負けた国!?)も、良かったなぁ。
Commented by leonpyan at 2007-01-05 21:05
>うーすけさん
イーストウッドの映画作りって職人肌ですよね。
そーか、『父親たちの星条旗』との対比があるんですね、やっぱり観なくては。
Commented by うーすけ at 2007-01-08 01:34 x
いえね、 両方観ちゃうと、 やはり対比って感じになっちゃうんだけど、 それぞれ「別物」として捉えていい、 両作品なんです~。
でも、 お暇があれば、『星条旗』もご覧になってみてくださいね!
折々、 リンクするシーンもありますよん。
Commented by leonpyan at 2007-01-08 22:22
>うーすけさん
イーストウッドの映画はやはり見逃せないので、DVDが出たら必ずレンタルするつもりでーす(^^)。
Commented by ruko at 2007-01-12 00:42 x
ちょしさんこんばんは。

私も「父親たちの星条旗」をまだ観てないのですが観ないうちにロードショーを終わってしまいそうです…。

いろんな意味で現代的な味のする戦争映画だなぁと思いました。二宮パン屋君の小銃射撃訓練でまるっきりダメなのを上官が殴りつけてる場面で「銃の手入れだろ、手入れ」と栗林中将に言わせてたり。

ただ、日本の監督たちが歴代描いてきた甘ったるいセンチメンタリズムを押し付けられる感じのある戦争映画(CG技術の差はあっても「連合艦隊」と「男たちの大和」と、語り口一緒では…みたいな)とは違い、気持ちが引き締まりました。
Commented by (・ε・)ヾ at 2007-01-12 10:08 x
お久しぶりです。
へんに泣かせようとせず、銃撃戦も派手にせず、淡々と話が進むので、なおさら自決のシーンが不気味でした。
獅童が極限状態で逃げ出すのも、誰もいなければありえると思いました。
Commented by leonpyan at 2007-01-12 20:22
>rukoさん
実際にあの現場であのような会話がなされていたのか?となると疑問はありますが、硫黄島での戦闘は事実だったわけで、その事実を外国の監督がここまでしっかり日本サイドから描いてくれたってことにちょっと驚きます。日本の監督さんたちにも刺激になったでしょうね。
Commented by leonpyan at 2007-01-12 20:49
> (・ε・)ヾさん
お久しぶりです♪
自決のシーンはホント、怖かった。。。
獅童はいい演技でしたね。でも、彼は帰国してから、どう生きるんだろう?とちょっと心配になったりして。
by leonpyan | 2007-01-04 00:18 | 映画 | Comments(10)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし