LOST 第44話「救済の地」

ローズ&バーナード夫妻って、準レギュラーではあるけれど
ダニエル・ルソーと同じくらいのゲスト扱いかと思ったら
しっかり今回はエピソードの主役になってました。

この夫妻、長年連れ添ったご夫婦だとばかり思い込んでいましたが
オーストラリアに行ったのは新婚旅行だったんですね。
それもある目的を持った。。


ダーマから届けられた食料を整理するローズに
バーナードは不満を漏らす。
飛行機が来たってことは、救助の可能性もあるのに
何故皆諦めているんだ?と。

バーナードは浜辺に空から見えるようなサインをつくることを提案、
人を集めるが統率力の無さから協力するものはどんどん減っていく。
バーナードの提案に最初から反対していたローズには理由があった。

フラッシュバック。
ローズとバーナードの出会いは雪の日の道路だった。
スリップして動かないローズの車を前を走っていたバーナードが
手伝ったことだった。
それからデートを重ね、5ヶ月目にプロポーズ。
しかし、ローズの返事は意外なものだった。
不治の病であと1年の命だと言うのだ。
それでもバーナードの愛は変わらず、二人は結婚する。

新婚旅行で二人はオーストラリアにやってくる。
バーナードはローズに内緒で、難病を治すというので有名な
ウルルのアイザックと言う男に予約をいれていたのだ。
自分は穏やかに運命を受け入れているのだ、とローズは怒るが、
やるだけのことはやろう、とバーナードが説得する。

ローズは渋々アイザックに会うことにする。
どうやって治すのかと聞くと、
地球にはエネルギースポットがある、
地質エネルギーか、磁気的なもので、
ここもその1つ、それを利用する、と言う。

アイザックは治療を始めるが、すぐにやめてしまう。
自分には無理だ、と。
治らないわけではなく、エネルギーには種類があり、
ここのは合わないだけだ、と言う。
ローズはバーナードに治ったと言うことにする。


バーナードの海岸での作業は全くはかどらない。
たった一人残って手伝ってくれていたジンまで怒らせてしまう。

ロックが海岸で休んでいるところにローズがやって来る。
ロックの怪我を差して、
「すぐ治るとあなたも私も知っているはずよ」とつぶやく。

フラッシュバック。
シドニー空港の待合室にいたローズは薬ビンを落としてしまう。
それを拾ってくれたのは、車椅子のロックだった。
(ローズはロックが島に来て、歩けるようになったということを
知っていたんですね)


ひとりでサインを作るバーナードの元へローズがやって来る。
実はアイザックは自分を治してくれていないこと、
しかし島にやってきて確かに良くなっている、
島のおかげなのだ、と言うことをバーナードに告げる。
「島を離れればまた病気になる。ここにいよう」
とバーナードはサインを作るのを止める。
抱き合う二人の傍らには途中まで作った「SOS」の文字が。

一方ハッチ組は、と言えば
ヘンリーがまる二日何も食べず、何もしゃべらすハンストを起している。
痺れを切らしたジャックはヘンリーの話にヒントを得て、
境界線まで行き、ヘンリーを人質にウォルトと交換することを提案してみると言う。
「あの子は渡さない」とヘンリー。

ジャックはケイトを誘い、境界線に向かう。
ロックはその間ヘンリーに壁越しに
数字をいれ、実行を押したかと問いただすが、
ヘンリーは何も答えず、ロックの苛立った声を聞きながらニヤリと笑う。

ジャングルで人形を見つけたケイトはそれを拾い上げようとして
ジャックと二人して罠にかかってしまう。
多分ルソーの罠だが、彼女が来るまで待てないと
銃でロープを撃ち、抜け出す。

歩きながらケイトはクレアと行った医療施設のことを話す。
何故今まで話さなかった、と聞くジャックに
私は仲間はずれにされていた、とケイト。

境界線に到着。
出てくるまでここにいる、と“アザーズ”を呼ぶジャック。
夜になり、二人は境界線で静かに待っている。
いいムードになりかけたところで、火が見えてくる。
それは息も絶え絶えに倒れこんだマイケルだった。


今回の収穫は、どうやらこの島はエネルギースポットであるらしいこと、
ある種の病を治す力があること、でしょうか。
やはり“アザーズ”は何かの実験をしているのでしょうか?

それにしてもマイケル・・・すっかりあなたのことは忘れていましたわ。

小ネタとしては、アナがロックの不在の時に
「あなたのボタン」を押しておいたわ、
と言ったのに対して
ロックが「オレのボタンじゃないけどね」と答えていたような?
字幕ではそれが訳されていませんでしたが。

ラスト、海岸でそれぞれ大切な人と語り合う夜を過ごし
癒されるショットが続く中、
ソーヤーだけが一人で貝を食べようとしている、
そこに現れたのがヴィンセント。
ソーヤーは仕方なく貝をヴィンセントにやる、って図が
何だか妙に微笑ましかった。
いい男なのにねえ、ソーヤー。
(でも予告では次回はアナとちょっとドッキリショットがあるらしいぞ?)

あとは、エコーさんが一所懸命作っていたものが教会で、
それをチャーリーが喜々として手伝っている、ってのも何だか面白かった。
元ヤクザと元ヤク中の二人が信心深くなっている、ってのも
この島のエネルギーのお蔭?
[PR]
Commented by akko at 2006-11-22 11:03 x
ちょしさん

こんにちは^^。

私もボタンの話は聞き取れました。
アナは結局ロックが責任者だと言いたかったんでしょう。
ロックがしなければいけないと思っているから、従っただけだと。
でも、ヘンリーから”ボタンを押していない”と言われた事で
今まで続けてきた作業に疑問を感じ始めているというやり取りだったと思います。

エコーが教会を作っていたり、ジャックとケイトのエピソードがすっかり頭から抜けていました。
こちらに来ると、もう一度ドラマを観たような気持ちになります。
いつもどうもありがとうございますvv。
Commented by かっこ at 2006-11-22 17:03 x
そういやぁ、マイケル、私もすっかり。。。。。すまん!
エネルギースポットときたか、と即座に江原スピリチュアルを思った私。確か彼、ハワイのどっかで、感じる〜〜っていう番組やっていた。
あるのかなあ、やっぱり。
だからって、どうなっているの、この島、の状態。
夫はこのドラマをぜんぜん見ていないんだけど、
ふらふらっと来て、
「今、この島に何日目?」って聞いて、
「1ヶ月半くらい?かな」って答えたら、
「散髪と洋服クリーニングされてるみたいだぞ、みんな」とほざいて退散していった。
さてさて、来週、第2シーズンも終りに近づいてきて、
どうなるの?
テンポアップするかな?
Commented by leonpyan at 2006-11-22 21:09
>akkoさん
ジャックとケイトの二大主役(!?)は最近影が薄いですものね。それ以上に忘却の彼方に置き去りにされていたマイケル登場で、またひと悶着ありそうな予感?
アナは海岸組と合流してからかなり大人しくなりましたよね。ロックにもずい分気を遣ってるし(笑)。
ロック、勇気を出して実行押さないでみてごらん、と言いたい(^^)。
Commented by leonpyan at 2006-11-22 21:11
>かっこさん
オカルトに走るのか?でも死後の世界や昏睡状態よりはマシかな、と思ったんですが、江原スピリチュアルもちょっと・・よねぇ。
島に来て50日だっけ?クレアの綺麗なお肌とお化粧はやっぱりいつ見ても違和感(笑)。男優は髭生やしても、女優は汚くはできないものねえ。
Commented by ruko at 2006-11-24 20:59 x
ちょしさん、こんばんは。

ヒーリングスポットですか……。そんな所があったら「ルルドの泉」とかローズたちのフラッシュバックに出てきたような一大名所にでもなりそうですよね。ダーマの狙いはそこだったりして(汗)。

ただ、久しぶりに見応えのあるフラッシュバックだったので満足です〜。いやはや、あの年で初婚だったとは、バーナードさん。そしてよくアナ・ルシアの圧政に耐えたものですねw
Commented by leonpyan at 2006-11-24 23:26
>rukoさん
もしかして、ウォルトはヒーリングスポットの教祖に育て上げられるんじゃ・・?超能力もあるし(^^;)。
バーナードさん、温厚な方かと思いきや、意外と熱い人でしたね。
by leonpyan | 2006-11-22 10:44 | LOST -海外ドラマ- | Comments(6)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし