ウィンター・ソング

ライフログにも入っていますが、香港映画の中で好きな映画のひとつに『ラヴソング』があります。
この映画は語り始めると長くなるので控えますが、
返還前の香港の揺れを一組の男女の十年愛にからめて叙情的に描いた美しい作品です。
この映画の後、ピーター・チャンはプロデュースに専念し、この『ウィンター・ソング』で長編映画は実に十年ぶり。
(ピーター・チャンは「十年」という単位が好きなのかもしれません。
『ラヴソング』も『ウィンター・ソング』も十年愛のお話ですから。)

ピーター・チャン監督とレオン・ライは相性がいいらしく、
『ラヴソング』と『ウィンター・ソング』の間に撮った短編『Three-Going Home』では
哀しくも美しい夫婦愛を描いてレオン・ライは台湾アカデミー賞主演男優賞を獲っています。

当初は『ウィンター・ソング』のキャスティングにレオン・ライの名前があがっていましたが、
一体誰の役だったんだろう?
年齢から言って多分ジャッキー・チュンの役じゃないかと思うんだけど、
サーカス団の団長はあまりに合わないしなあ。
まあ、レオン・ライのことは置いておいて(^^;)
映画の感想を書かなくては。

私にとってはピーター・チャン監督の映画にハズレなし、のはずだったんですが
(あ、でも『金枝玉葉2』はいまひとつだったかな)
この作品に関してはちょっと微妙かなー。

いや、ストーリーはちゃんとしているし、俳優のバランスも悪くないとは思うんですよ。
ただ、肝心のミュージカルシーンが楽しくないんですよね。
ハリウッド・ミュージカルと比べても仕方ないんだけど、
『シカゴ』や『ムーランルージュ』の弾けっぷりが好きな私にはどうも動きが少な過ぎるように思える。

ジャッキー・チュンは歌い上げるだけだし(もちろん歌唱力は素晴らしいけれど)
金城武も踊りにはほとんど参加しないんですよね。
チ・ジニの体操のお兄さん風ダンスはまあいいとして・・。
ピーター・パオのカメラもミュージカルシーンの撮り方はキレがないように感じます。

それにしても金城武は相変わらず美しいですね。
これほどアップに耐えられる俳優もそうそういないのでは?
こんな美形がこんな女々しく片思いをするはずない、ってちょっと思っちゃうけどね。

ジョウ・シュンは上手いけど、ちょっと全盛期の透明感がなくなってしまったかなあ。
『二人の人魚』あたりは天才少女かと思ったけど、似ていると言われていた安達祐実だってもうママさんだからね~。当然か。

ジャッキーは彼のいいところが出し切れなかったような気もするんだけど
存在感はさすがです。
ラスト近くの表情もいいんだよね。この笑顔を見たら、やっぱりこっちに付いて行っちゃいそうだわ。

そう、私は金城武とジャッキーだったらジャッキーを選びます。
・・って、結局関係ない話に行ってしまいますね、失礼。

ウィンター・ソング@映画生活
[PR]
Commented by ルチア at 2006-11-19 14:08 x
行って来ました。似たような感想です。
ミュージカルが売りなら、全体にもっとドラマチックにした方がいいですね。張学友も絡みが少なすぎ。まぁ、金城君と周迅ちゃんのための映画なんでしょうね。
実は最後の方で意識がうすれてしまって^^;。「青海を青島と勘違いして云々・・・」というセリフがありましたよね。あれ、どういう意味なんでしょう。孫納はずいぶん貧し気でしたが、青海省出身とか?

あ、Ritchieの件はどなたもどうぞ、です。
Commented by とんきち at 2006-11-19 18:31 x
金城君、この人いつ老けるんだろうと思い続けて早10年。
『恋する惑星』の頃から全然変わらないような、、、。

『ラブソング』良い映画でしたよね。マギーチャンがステキでした。
あの頃のパワフルな香港映画が本当になつかしいです。

Commented by leonpyan at 2006-11-19 21:20
>ルチアさん
全体のトーンがずっと暗いので、ミュージカルシーンが生きないんですよね。ストーリーは暗くてもいいんですけど、歌うと言う行為には生きるエネルギーが感じられないとダメだと思うんです。学友さんの歌は素晴らしいんですが、ステージで聞いたほうがずっといいよなあとついつい思ってしまうんでした。
青海と青島のセリフは私もわからなかたです。何の意味があるんだろう?
Commented by leonpyan at 2006-11-19 21:48
>とんきちさん
金城君、ますます美しさに磨きがかかっているような気がします。(好みではないんですけどね)確か、お父さんも美形なので、きっと綺麗に年をとるだろうと思います。
マギー・チャン、本当上手いです。最近スクリーンで観ていないなあ。
Commented by にゃんこ at 2006-11-21 14:01 x
期待感とか、この監督の別の作品とか知らなかったので(笑)
猫的には、結構楽しく観てきました。
ついていくならジャッキー・チュンです(爆)やっぱ
金城くんは画になるけど、・・・こどもだなぁ(ぼそっ)まだまだ(ぉぃぉぃ)
Commented by leonpyan at 2006-11-21 22:35
>にゃんこさん
是非是非『ラヴソング』観てください!(宣伝)
ジャッキーは映画の中だけでなく、実生活でも妻思いの大人のオトコなんですよ。あ、先入観?あはは。
by leonpyan | 2006-11-17 22:28 | 映画 | Comments(6)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし