トンマッコルへようこそ

韓国で2005年度興行収入第一位を記録したということで話題になっていた
『トンマッコルへようこそ』、
主演のシン・ハギュンもチョン・ジェヨンも好きなので、これは観なくてはと思っていました。

1950年代の朝鮮戦争時代を舞台に、戦争の世界から隔絶された村トンマッコル。
そこへひょんなことから北朝鮮軍兵士3名、韓国軍兵士2名、アメリカ軍兵士1名が迷い込みます。
戦争によって傷つき荒んでいた兵士たちの心が
平和で純粋なトンマッコルの人々によって癒されていく、と言うファンタジー。

出だしから何だか見覚えのある雰囲気・・と思ってたら、
音楽が久石譲ということもあるんですが、
映像的にもジブリの映画っぽいんですね。
村の人々との交流を描いた前半はまさにジブリの実写版という感じです。

ファンタジーではありますが、後半は戦闘シーンが中心となりにわかに現実味を帯びてきます。
ほのぼのとしたムードは消え、厳しい現実が待っています。
それでも私は鑑賞後の後味は悪くありませんでした。
この映画は願いを込めて作られた、と思うからです。

内容は多少ノ・ムヒョン大統領の北との宥和政策を反映したものになっていて、
親北、反米的になるのはまあある程度仕方がないとも言えましょう。
韓国映画にパワーを感じるのは、
未だに国全体に緊張感と危機感があるということも理由の一つだと思います。

今年の初めに韓国に初めて旅行し、JSAを見学しましたが
それまで韓国映画の中だけで観ていた、南北分断の緊張感を肌で実感しました。
隣の国とは言っても、現実問題に対する感覚的な温度差は大きいのです。
この映画が韓国で大ヒットしたのもわかるなあ、と納得の作品でした。

トンマッコルへようこそ@映画生活
[PR]
Commented by とんきち at 2006-11-12 18:29 x
『韓国映画にパワーを感じるのは、
未だに国全体に緊張感と危機感があるということも理由の一つ』
そうですよね〜。私もかねがねそう思ってます。
分断の緊張や痛みやらをしっかり見据えた作品には、本当に見応えがあります。返還に揺れた80年代90年代の香港映画にも、これは言えると思います。
Commented by チャングム大帝レオ at 2006-11-12 18:37 x
ちょし殿ちょしどのちょしどどどんぬぅうおお―――――!!

興味深い映画のご紹介ありがとうございます。実際にJSAに行ったちょしさんだからこそこの映画の訴えているものや緊迫感を肌で感じることが出来たのでしょうね。普段から緊張感を抱えている韓国の人たちにとって心の琴線に触れる映画だったのでしょうね。
Commented by leonpyan at 2006-11-12 20:42
>とんきちさん
この映画は反戦というテーマだけでなく、人間が高度な文明化と情報化で失ってしまったものにも気づかされるんですよ。
後半の展開についてはちょっと疑問もあるんですけどね。
香港映画は最近ちょっと勢いを失っていますけれど、確かに以前はアイデンティティーを模索するパワフルな作品がありましたね!
Commented by leonpyan at 2006-11-12 20:43
>チャングム大帝レオさん
レオさんもきっと気に入ってくれる(特に前半)映画だと思います。お時間があれば是非!DVDになってからでも!
Commented by ruko at 2006-11-16 22:22 x
ちょしさん、どもです。

う〜ん、TB相変わらず謎です。言及したんですけど反映されず……(LOSTも)。

>>韓国映画にパワーを感じるのは、未だに国全体に緊張感と危機感があるということも理由の一つだと思います

私もそう思いました。特にソウルで地下道が発達しているのも、有事のときの退避の意味があることとか、行って始めて知りましたし、軍事境界線の見学に行くとやはりそう思いますよね…。

なのでやっぱりラスト近く「俺たち、連合軍だよな?」「あぁ、南北の連合軍さ」っていうやり取りに泣けてしまいました。

というわけで最近やたら「泣かせ」ばかりがブームの邦画、劇場に足を運ぶ人が増えたのはいいんだけど、なんだかなぁ、と思ってしまいつつレディースデーの劇場を後にしました。
Commented by leonpyan at 2006-11-16 23:27
>rukoさん

TB、申し訳ありません。何がいけないんでしょうねえ。私自身はもう諦めムードです。でもTBをせっかく掛けてくださったブロガーさんには申し訳が立ちません。。。

そうそう、ソウルって地下道がすごいですよね。あの調子で境界線にも地下トンネルがいくつもあるみたいですが(^^;)。

確かに邦画は「泣かせ」「純愛」ブームですね。私はなるべく避けてます(笑)。
by leonpyan | 2006-11-11 21:26 | 映画 | Comments(6)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし