爆裂野球団!

ビデオ屋さんに行くたびに、すごく気になっていたこの作品。
何と言ってもソン・ガンホ主演だし。スポ根みたいだし。
で、借りてみました。

日本では劇場未公開ですが、ソン・ガンホ、『愛の群像』のキム・ヘスが主演し、日本の軍人役で伊武雅刀と鈴木一真が出ています
友情出演として『ラブストーリー』のチョ・スンウ、『宮廷女官チャングムの誓い』カン・ドック役のイム・ヒョンシクも顔を出しており、なかなかの豪華メンバーです。
監督・脚本は『JSA』の脚本を担当していたキム・ヒョンソク。

お気楽、極楽なスポ根映画を想像していたら、ちょっと違っていました。
舞台は1905年からの数年間。
日韓協約が締結され、日韓併合に向っていく時代です。
この頃、宣教師らにより朝鮮半島に初めて野球が伝えられ、ソウル最強のチームとなっていくのがYMCA野球団。
このYMCA野球団が、ひょんなことから日本軍のチームと戦うことになり・・・というのが大まかなあらすじです。

全体的にはコメディタッチで、楽しめました。
『少林サッカー』の影響が感じられるようなシーンもちらほら。
歴史的、政治的な背景を織り込んでいるので、日本人にとっては少々辛い場面もありますが、一方的な敵意は感じられませんし、ヘンな日本人も出てきませんので、そのへんは安心して観ることができます。

この映画の魅力は、やはり何と言ってもソン・ガンホでしょう。
彼の存在感は一種免罪符のような役割を果たしているのではないかと思うことがあります。
彼が良かったのか、映画が良かったのか、わからなくなっちゃうのです。
彼ほど説得力のある笑顔を持つ俳優は、他に何人いるでしょうか?


ソン・ガンホと言えば、もうすぐ『大統領の理髪師』も公開ですが、
2002年制作で、日本では映画祭のみで一般公開されていなかった『復讐者に憐れみを』が2月5日より公開されるそうです。
『オールド・ボーイ』ヒットの影響かな。
でも、この作品、観た友人によれば、トラウマになるくらいおどろおどろしかったということなので、覚悟して観に行かなくては。

爆裂野球団!@映画生活
[PR]
by leonpyan | 2005-01-23 15:48 | 映画 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし