ネバーランド

ケイト・ウィンスレットもジョニー・デップも大好きなので、とても期待して観たんだけど、今回はちょっと不完全燃焼でした。

いえ、いい映画だとは思うんですよ。
一つ一つのエピソードも情景もグッときて、ツツーッと涙がこぼれそうになる。
でも、その次の瞬間、フッとはぐらかされるような感じで、いまひとつ集中できないんです。
すごく淡白なんですね。
観客が自分のイマジネーションを広げていく、という意味ではこの演出は成功しているのかもしれません。

でも、『ビッグ・フィッシュ』をDVDで観た直後のせいか、私にはどうも物足りない感じだったのですよ。
ファンタジーは大風呂敷を広げてくれたほうが乗りやすいんですが(^^;)。

あと、バリの奥さんの気持ちの方に感情移入してしまって、そこから抜け出せなかったのも乗れなかった理由のひとつかな。

マーク・フォースター監督の前作『チョコレート』はものすごく好きな作品だっただけに、残念。
ちゃんと事前に『ピーター・パン』を観ておくんだった。お話、忘れちゃってたし。

公式サイト
ネバーランド@映画生活
[PR]
Commented by うーすけ at 2005-01-22 02:15 x
いやはや、まさに、ちょしさんの仰るとおり!でしたわ~。 ワタシも大期待してたんですが(^^;)  そぉ、 ファンタジーだったら『ビッグ・フィッシュ』のほうが思いっきり納得できちゃう作品でしたね♪  そして曖昧なウィンスレットとの関係よりも(ああいう関係もアリだとは思うし美しい関係かもしれないけど)、 現実的なバリ夫人の心理のほうが判りやすかったです~ワタシも(苦笑) でも、とにかくジョニデ好きってことでヨシとしてます自分ってば・・・(爆!)
Commented by leonpyan at 2005-01-22 09:35
うーすけさんも同意見で良かったぁ。
世間的にはとても評判いいですよね・・この映画(^^;)。
ジョニデは相変わらず魅力的です(^^)。端正!
でも、この映画に関してはジョニデは完璧とは言えない気がするんですよねえ。。。
Commented by にゃんこ at 2005-01-23 23:59 x
とりあえず、去年『ピーターパン』劇場で観てたので(笑)そのせいもあってか猫はわりと素直に入り込んでました
ただ、結構変なとこで受けたり噴出しそうになってたりしてたから
隣の人は怪しいと思っていらっしゃったかも^^;;;
Commented by leonpyan at 2005-01-24 08:48
>にゃんこさん
TB&コメントありがとう♪
『ピーターパン』見逃しちゃったんですよね。遠い劇場でやっていたんだもん(笑)。
観ていれば違う思い入れがあったかもしれないですねえ。
Commented by 小月 at 2005-01-27 16:45 x
ちょし様お久しぶりです。

「アカデミーノミネート」のニュースを聞いて遅ればせながら観てきました「ネバーランド」。評判聞いて先入観持ってみたけれど、私的にはよかったです。歳のせいか、すべてにおいて鈍感になりつつあるのか、見た直後より映画館からの帰り道、シーンを思い出しながらだんだん感動が蘇るというパターンの映画が最近多いです。そういう映画好きです。
後からジワジワジワーってくるんですよね。ストレートに感情に訴える映画より好きだなあ・・・・

デップ様的には「ショコラ」「耳に残るは君の歌声」がいいですね。
どちらもジプシー役ですね。セクシーです~~

いつもデップ様見ると堂本兄弟の一人に似てると思うんですけれど・・・・?「妹の恋人」のときなんかそっくりだったと思うんですが、誰も同調してくれないのよね・・・・・
Commented by leonpyan at 2005-01-27 20:18
小月さん、コメントありがとうございます。
『ネバーランド』世間的にはとても評判いいみたいです(^^)。アカデミーはどうでしょうねえ。作品賞は難しいかなあ。
ジョニデは私も大好きです。堂本兄弟・・・?思ったことなかったわ(笑)。
by leonpyan | 2005-01-21 18:45 | 映画 | Comments(6)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし