情義我心知 Moonlight In Tokyo

c0004750_11333551.jpg
やっと観ました、レオン・ライの最新作。
香港では昨年末に公開、
日本では今のところ劇場公開の目途が立っていないので
(きっと忘れた頃にやってくるかも)
香港盤DVDを購入いたしました。

『インファナル・アフェア』『頭文字D』と立て続けにヒットを飛ばした
アンドリュー・ラウ、アラン・マックのコンビがまたもやタッグを組んで東京で撮影を行ったもの。
今回ラウは制作にまわり、アラン・マックとフェリックス・チョンが共同監督を務めています。

主演はレオン・ライ、チャップマン・トー。
レオンはなかなかいい味出していて、ファンにとってはツボ満載で良かったのですが、
この映画の主役はチャップマンですね。
かれのための企画であることはメイキングの監督インタビューでも明らかにされています。

チャップマン・トーは東京歌舞伎町で危ない仕事に手を出し、ヤクザに借金をしてしまった黄海を演じます。
返済するあてがなく途方に暮れた彼の前に現れたのが、小学校の時同級生だったと言う李子俊(レオン・ライ)。
この子俊、なかなかハンサムですが、ちょっと知的発達の問題があり、家族と旅行で東京にやって来て兄とはぐれてしまったらしい。
彼に目を付けた黄海とクラブのママ(楊貴媚)は、子俊を出張ホストに仕立て上げ、荒稼ぎをしようと目論みます・・・。


軽い感じで観ることのできる、いかにも香港らしいコメディです。
ロイ・チョンもちょっとだけ出ていて、玄人ウケする場面あり(笑)。
ラストの展開はうーん?とも思うけれど、
レオンとチャップマンのファンにとってはかなり面白い映画なのでは。

公式サイト

・DVDを買うならこちら
[PR]
Commented by うーすけ at 2006-03-15 05:11 x
おぉ! 以前、ゲストブックの方で話題になったヤツですね^^ メチャ面白そうじゃないですか♪ あぁ、日本公開してください~~~!!!
Commented by mayahiko1 at 2006-03-15 21:30
まだ、見てませ~ん。
いかにも香港らしいコメディ・・いいですね~大好きです。
日本で公開してもらいたいです。

近頃はこの映画だけでなく「私の心を掻き乱す男」のりよんさんですが、やっぱり大好きです。
Commented by leonpyan at 2006-03-16 00:42
>うーすけさん
期待しすぎるとちょっと・・かもです(汗)。日本公開したら、広い心で観てくださいませね!(ぶらん丼は怒りそうな気がする・・・。)
Commented by leonpyan at 2006-03-16 00:57
>はなさん
この映画のりよんさんもしっかり「心を掻き乱し」てくれますよん。私もハグされたーい!
でも最近は映画とは別にリアルな画像が流出していますからね~。映画の中だけにしていただきたいものです(本音)。
Commented by ぶらん丼 at 2006-03-16 01:30 x
『ウォーターズ』の予告編を観るたびに…え、えっ!?遂に日本公開決定!?とか一瞬心掻き乱されてしまう自分が哀しいです。

怒りません、怒りません。期待は大きくなる一方です、ふふふ。
Commented by leonpyan at 2006-03-16 20:26
>ぶらん丼
小栗旬には負けないぞーっ!と胸を張って言えない自分がちょっと哀しいかも。
日本公開されたら一緒に行こうね、ふふふ。
by leonpyan | 2006-03-14 11:37 | 映画 | Comments(6)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし