単騎、千里を走る。

東京国際映画祭でもプレミア上映された本作品、
イーモウ&健さんコラボということは以前から知っていたけれど、
この日中合作映画の内容がどういうものか全く知らずにおりました。
イーモウの映画は好きだし必ず観ることにしているので、
事前情報を入れないで観ようと思っていたこともあるんだけど。
三国志に全く思い入れのない私、健さんがドキュメンタリータッチでオートバイに一人またがり
中国中を旅する話だと思い込んでいた・・・(^^;)。

息子の塾の国語の先生は本気で『たぬき、千里を走る』という題名だと思い込み、
「すっげぇたぬきだなー」と感心していたそうな。
それよりはマシか。

で、観てみたら父と子の確執と人の優しさを描いたお話でした。
降旗康男監督が撮った日本パートとイーモウ監督が撮った中国パートに別れていて、
中国パートは健さん以外はほとんど素人さん起用の『あの子を探して』にも似た作りになっています。

チャン・イーモウの映画は欠かさず観てるけど、大仰な武侠モノより、こういう小品のほうが好き。
監督は涙腺を刺激するツボを心得ていて、悔しいけどやっぱり泣かされちゃいました。

それと、イーモウ監督は役者を見つけるのが本当に上手い。
ヤンヤンのキャスティングが秀逸。
これを失敗したら映画全体に説得力がなくなるもんね。

この映画はまず健さんありき、だからストーリーはちょっと強引なところもあります。
健さんの役は下手するとただの我がまま親父、
でも健さんが健さんらしく不器用に演じるから救われているという感じもあります。

日本パートはなあ。寺島しのぶはミスキャストだと思うんだけど。
下手とかじゃないの。上手いのよ。
でもそれがかえって役者っぽくて中国パートとのバランスが悪いんですね。
中井貴一も声に張りがあり過ぎて、病気の息子には思えないのが、ね・・。


単騎、千里を走る。@映画生活
[PR]
Commented by ルチア at 2006-02-16 23:08 x
「単騎」、わたしも見ました。李主任に“謝”と“助”の旗を掲げてお願いするシーンに泣きました。高倉健ってほとんど台詞らしい台詞を言わないのに、すごい存在感ですね。この映画、地味だけど親なら共感する部分が多いのではないかなと思います。期待していたよりずっと良かったです。(来週、PROMISEを見に行く予定。こちらはどうかな?)
Commented by inusukefromtokyo at 2006-02-17 09:19
初めまして、TBさせて頂きます。
昨日映画館で見てきましたが、とても良かったです。
さすがチャン・イーモウですね。
ちなみに「たぬき、千里を走る」って惹かれます(笑)。
Commented by 中国語初心者1 at 2006-02-17 14:23 x
受験も終わり、
ちょしさんの日常にもどられましたね。
これからも、上質の映画紹介、期待してます。
Commented by leonpyan at 2006-02-17 20:39
>ルチアさん
健さんのビデオの場面はやられちゃいましたね。あれを見せられたらどんな人も引き受けちゃいますよね。
私も来週『PROMISE』観る予定です。あまり期待はしてませんけど(笑)。
Commented by leonpyan at 2006-02-17 20:41
>Inusukeさん
TBありがとうございました。
チャン・イーモウ、しっかりツボを心得ていますね。雲南省の広大な風景をバックにたたずむ健さんの絵が素晴らしかったです。
『たぬき、千里を走る』ってアニメにできそうな感じです。健さんの出番はなさそうですね(^^;)。
Commented by leonpyan at 2006-02-17 20:42
>中国語初心者1さん
そろそろル・シネマあたりにも進出しようかと思っています。その時はお声をかけますね☆
Commented by (・ε・)ヾ at 2006-02-19 16:00 x
こんにちは
この映画、来週あたり見に行く予定です。NHKで、中国パートの撮影の様子を紹介したドキュメンタリー番組を見ましたが、素人さんの演技を越えた演技が真に迫っていたので、日本パートが必要なのかな?と疑問に思っています。

唐突ですが、バトンお渡しいたしますm(__)m
http://tolauhk.blog14.fc2.com/blog-entry-438.html#more
Commented by leonpyan at 2006-02-19 21:41
> (・ε・)ヾさん
ドキュメンタリー番組はもうご覧になったのですね。あれはネタバレですからね~。私はチラッと見たのですが、すぐに封印しました。ビデオに撮ったのでそのうち見ようかと思っています。

バトン、ありがとうございます。ちょっと時間をいただけますか?
こういうの、答える時に考え込んじゃう性質でして・・・(^^;)。
Commented by (・ε・)ヾ at 2006-02-24 23:36 x
先日見てまいりました。
貴一、手紙の部分はまあいいとして、病室でほんとに声が高らかでしたね。寺島しのぶは好きな女優さんですが、今回は、彼女が出てくるとちがう映画に見えてしまいました。

カメラの前でもほぼ素でいられる中国人ってすごいです。張藝謀の技というより、ひょっとすると中国人の性質で成功している手法かもしれません。
Commented by leonpyan at 2006-02-25 23:49
> (・ε・)ヾさん
中国パートの無骨で誠実なムードに対し、日本パートの作ったような感じがちょっと違和感があって残念でした。
>張藝謀の技というより、ひょっとすると中国人の性質で成功している
なるほど。あれだけ出ずっぱりで素でいられるのは本当にたいしたものですね。
Commented by matuda at 2006-02-26 22:39 x
前宣伝が盛んにやられていた高倉健主演、張芸謀監督の「単騎千里を走る」を見てきました。
2時間の映画では展開にやや無理があったかな?顔も出てこない中井貴一はむしろ出てこなくて良かった。高倉健など日本の役者はともかく、中国の出演者の好演が光った。翻訳のできない通訳チューリンは特に良い出来栄えだった。村長などはエキストラかな?「北京好日」以来のいい映画だった。
Commented by leonpyan at 2006-02-27 00:27
>matudaさん
コメントありがとうございます。
ストーリーはちょっと強引なところもありましたが、中国パートの出演者たちは皆よかったですね。
『北京好日』は未見なんです。今度、DVDで探してみます!
by leonpyan | 2006-02-16 21:11 | 映画 | Comments(12)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし