通し狂言 霊験亀山鉾


c0004750_21103245.jpg
国立劇場の通し狂言上演、この秋は『霊験亀山鉾 ―亀山の仇討ー』。
片岡仁左衛門丈が「悪の華」を演じる、これだけでも観る価値十分です。

藤田水右衛門、古手屋八郎兵衛実は隠亡の八郎兵衛 片岡仁左衛門
石井兵介、石井下部袖介 中村又五郎
石井源之丞 中村錦之助
源之丞女房お松 片岡孝太郎
芸者おつま 中村雀右衛門
石井後室貞林尼 片岡秀太郎

仁左衛門演じる水右衛門はこれでもか、ってくらい悪い奴なんですが、不思議と陰惨な感じがしない舞台でした。

兄を水右衛門に殺され、仇討ちに来た石井兵介は謀略で返り討ちにあい、
養父の兵介の仇討ちを期する源之丞も家来も源之丞の子を宿した芸者おつまも皆返り討ちで殺されます。
その殺し方がまた冷血で、水右衛門の不敵な笑いがゾッとするほど苦み走ったイイ男でして、
なるほど「悪の華」が咲いている~と納得してしまいます。

返り討ちにされる源之丞はちょっと脇が甘いといいますか、女にも弱いし、これは仇討ち無理なんじゃ?と思っていたら、やっぱりだめだった(>_<)。
実生活でもモテるらしい錦之助さん=源之丞の色男ぶりは相変わらずですね。
孝太郎さん、雀右衛門さんの女形もいい演技でした。

水右衛門にそっくりな八郎兵衛(仁左衛門が二役)というヤクザっぽい男が出てくるんですが、
この存在がちょっと唐突で必然性があるのか疑問でした。
火葬場で働く男(=穏亡)という設定なんですが、江戸時代は被差別階級であったようで、
現代の私たちにはわかりにくい、物語のスパイス的な演出なのかもしれません。

見どころたっぷり、最初から最後まで目が離せない面白い舞台でした。


そうそう、幕間で、中村橋之助さんが今週末に開かれる歌舞伎の研修発表会のお知らせを客席で配っていました。
間近で見ると、何と爽やかなイケメン。
ブログにも宣伝が載っていましたので、10月21日(土)、ご興味ある方は是非。

[PR]
by leonpyan | 2017-10-16 22:40 | 歌舞伎鑑賞 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし