髑髏城の七人 Season風

c0004750_23375681.jpg


劇団☆新感線の『髑髏城の七人』花鳥風月シリーズもいよいよ第三弾、シリーズ風。
当初は観る予定がなかった風ですが、どうせなら全シリーズ観よう!とYちゃんとも意見が合いまして四度目の登城。

以下、ネタバレありです。
未見の方はご注意を!

いやー、やはり面白いです!
毎回、あ、今回はそうきたのね、とか
あ、ここはお約束だよね、とか、新鮮な面白さがあります。
今回は捨之介と天魔王が一人二役で顔がそっくりという設定。
昔、古田新太や染五郎がこの演出で演じたそうですが、私たちは観るのは初めてでした。
ストーリーとしてはこの方が王道という気がします。

松山ケンイチ、風になびく髪と着流し、明るいあんちゃん風なのもいいですね。
どちらかと言えば憑依体質な役者さんだと思うので、捨之介と天魔王の演じ分けも見どころでした。
殺陣はなかなか良かったけれど、あの側転は何・・・と思ったら、カポエラーらしい(笑)。

向井理・・・う、何も言うまい、と思いつつ、書かずにはいられない。
スーッとした抜群のスタイルにちっちゃなお顔、ビジュアルは、ええ、申し分ありません。
ただ、ただ、時代劇には合わないかも・・特に舞台では映えないというか・・・表情も薄い。
それにも増して、殺陣が・・・その場面は演技すらアウト・・・
前の蘭兵衛役が山本耕史と早乙女太一だっただけに、その差が大き過ぎて、可哀想ですらある。
(ああ、ファンの皆さま、ごめんなさい!)

田中麗奈、いい女優さんになったと思うけれど、この役には線が細すぎるかな・・・
こちらも前の極楽大夫役のりょうと松雪泰子に比べてしまうと少し迫力に欠けると言うか・・。

兵庫役の山内圭哉、狸穴治郎衛門役の生瀬勝久、贋鉄斎役の橋本じゅんさんは文句なし。
今回はこの三人の出番がかなり多くて、風を締めている感じでした。
沙霧役の岸井ゆきのもはつらつとした演技が良かったです。

今回特に脇を固める役者さんたちがよかったですね。
裏切りの三五(河野まさと)、猫好きの猿翁(逆木圭一郎)、天魔王の側近瞬眉(村木よし子)、
遣り手のおえま(保坂エマ)、鎌使いの磯平(磯野慎吾)、
皆さん新感線の役者さんたちです。

それにしても連日満席、同じお話でも花鳥風月全部観るという人は私たち以外にもたくさんいるんでしょうね。
同じお話を違う役者で観る、というのも違った面白さがあります。
(そうですね、同じお茶でも淹れ手が違うと味が全く違ったりする。)
次回は月。若手中心の上弦の月を観る予定。
入城が楽しみです!

[PR]
by leonpyan | 2017-10-13 23:50 | 観劇 | Comments(0)

いらっしゃませ!ちょしと申します。映画・観劇の感想、旅行記、カメたちの写真などを載せています。よろしかったらコメント残してくださいませ♪


by ちょし